ガーデニング

自慢のベリー園、その名は”ラブandベリー”?!(おいしいベリーを育てる本/ベリー)

 ども、単身赴任寮の庭を勝手に耕すおぢさん、たいちろ~です(*1)。
 4月といえば人事異動の季節。ガーデナーとしては3月に土作り(*2)をしないといけないので、”4月に転勤したら、この仕事ムダになるんだろうな~~”と思いながらやってました。まあ、今年も転勤がなかったので、また1年、この単身赴任寮でお世話になることになりました。
 で、今回のお題は”家庭菜園、やってますか?”ですが、野菜とか、ベリー類とかけっこう植えています

0097
 写真はたいちろ~さんの撮影。昨年夏にみのったラズベリーです。
 ジャムにして美味しくいただきました。

【本】おいしいベリーを育てる本(平野 威、えい出版社)
 ブルーベリー、ラズベリーなんかの育て方とお菓子のレシピの載った本。ベリー園を作るので参考に買いました。写真とイラストがとってもかわうい本です。
【花】ベリー
 ベリーと名がつくものとしてはストロベリー(イチゴ)、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、クランベリーなどはありますが、ストロベリーはバラ科、ブルーベリーはツツジ科など、植物分類上からは全くの別物も総称しています。
 英語ではもうちょっと広い範囲もベリーに入れるそうですが、ナスやトウガラシをベリーといわれてもなぁ・・・

 どんなものを植えているかと言うと

〔野菜系〕
 プチトマト、キュウリ、なす、アスパラガス、オクラ、ニラ
〔ハーブ・薬味系〕
 みょうが、ねぎ、山椒、バジル、シソ、とうがらし、らっきょ
〔ベリー系〕
 ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー

 お気づきかもしれませんが、食べられるモノばっかりです。いや、お恥ずかしい。
 おかげで、夏の間は野菜は買わずに生活ができます。ただ、プチトマトとかキュウリなんかはある時期に山ほど収穫できてしまうので、単身赴任の一人暮らしでは食べきれず、会社でおすそ分けなんかもしてます。
 プチトマトは真っ赤に熟してから食べるのでとっても美味くできます。昨年は取れすぎて実割れがしたので、ピクルスにして会社の女性陣に差し上げました(*3)

 無農薬栽培のせいか、バッタなどの虫もよくつきます。一昨年、バジルを会社でおすそ分けした時には、会社までバッタがついてきて、会社のフロアで飛んでた時は、”なんでこんな所にバッタがいるんだ?!(*4)”と言われてました。
 ただ、バジルは虫食いすると見栄えが悪いので、自宅に持って帰ってジェノベーゼソース(*5)にしました。子供たちに評判であっというまに使い切り。まあ、喜んで食べてくれるとこちらも作り甲斐がありますし。

 実際に野菜を育ててみると、けっこうスーパーで買ってくるだけでは思いつかないような”野菜の正体”みたいのがわかって面白いです。アスパラガスはスーパーに売ってる時はせいぜい20cmぐらいですが、成長すると2m以上になるとか、オクラは上向きに実がなるとか。

 で、ちょっと珍しいところでは、ベリー類を植えています。一昨年、寮の庭にあった貯水層が撤去になって土地が増えたので、跡地を耕してベリーを植えさせてもらいました。 植えたのは、ブルーベリー、ラズベリーとブラックベリーの3種類。一番育ったのがラズベリーであっというまに横2mほどに広がって、昨年はジャムを作るぐらい収穫できました。ちゃんと根の広がりを止めるようにブロックで囲ってあるんですが、それを超えて広がるぐらい元気です。育ってるけど実付きが悪いのがブルーベリー。3本も植えてるのになぁ(*6)。ブラックベリーは土が合わなかったのかあまり大きくなりません。

 ベリーを植えるメリットとしては、まず”食べることができる”こと。一般にベリー類は日持ちがしないので、生ではあまり売ってません。でも、自分で育てると冷凍モノでないのを食べることができます。生食のほかにヨーグルトやパンにつけても美味。
 次に”見た目がきれい”なこと。かわいい花が咲くし、壁にあわせて伸ばすこともできるので、コンクリートの壁を隠すのにも使えます。
 3っつ目には”世間体が良いこと”。トマトやきゅうりというとどうもおっちゃんが実用で植えているという感じですが、ベリー類だとなんとなくかわういイメージがあるので”ガーデニングが趣味です”とか言えそうです。まあ、やる作業自体はあんまし変わんないんですけどね。

 家庭菜園をやっていて良いことは、やはり季節のうつろいを身近に感じられることと、成長を見る楽しみでしょうかね。それに食費も助かるし。
 ”おいしいベリーを育てる本”もそうですが、ガーデニングの本はきれいなものが多いので、本を見ているだけでも楽しくなります。

 暖かかったり寒かったりする毎日ですが、それでも春は一歩ずつ近づいてきています。余暇の趣味としてはお勧めですので、皆さんもぜひどうぞ!

《脚注》
(*1)単身赴任寮の庭を勝手に耕す~
 いや、ちゃんと許可とってますけど。
 何かを植えている所は私が草むしりするし、適当に収穫して使えるので助かると、寮のおばさんには言ってもらってます。
(*2)土作り
 雑草を抜いて、土を耕して、石灰をまいて、堆肥を入れてと、やることはいっぱいあります。間を開けてしないといけない作業もあるので、植え付けから逆算すると3月から始めないと間に合いません。
(*3)実割れがしたので~
 土の乾湿が激しいと実が割れます(裂果)。まあ、雑に育てている証拠なんですが。
 ピクルスはちょっと酸味が強すぎたかも。美味しくなかったらごめんね~~
(*4)なんでこんな所にバッタがいるんだ?!
 まあ、新橋の高層ビルの中ですから、あたりまえですが・・・
(*5)ジェノベーゼソース
 バジル、にんにく、松の実、オリーブオイルをフードプロセッサーで攪拌して作るソースです。ピザやスパゲッティーなどイタリア料理に合います。
 葉っぱを一枚ずつ外すのは手間ですが、それ以外は簡単に出来るのでぜひお試しください。
(*6)3本も植えてるのになぁ
 ブルーベリーは自家受粉しにくいので、同系統を複数植えないといけないとのこと。花は咲くんですが、どうも実が少ないのは種類を間違えたかなぁ?

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

アカルサハ、ホロビノ姿デアロウカ(地価融解/わく植え)

 ども、投資する金なぞ持っていないたいちろ~です。
 仕事がら、金融関係の本は良く読みますが(*1)、今回は”地価融解”という本のご紹介です。住宅ローン返済の参考にはなりませんが、新聞等でサブプライム問題に関心のある方はしばしお付き合いのほどを。

0113
写真はたいちろ~さんの撮影。
ワク植えの例。左はラズベリー、右はみょうがです。




【本】地価融解(太田康夫 日本経済新聞出版社)
 副題は”不動産ファイナンスの光と影”。1980年代のバブル前夜から現在のサブプライム問題に至る不動産にまつわるお金の話がわかりやすく解説されています。
【家庭菜園】わく植え
 ミントやラズベリー、みょうがなど、地下茎を広げる繁殖力の強いものは露地植えにするとどんどん広がるので、仕切り板や穴のあいたバケツ等で地中を囲います。これを”わく植え”と言います。


 唐突ですが、家庭菜園の手法として”わく植え”というのがあります。普通、菜園にできる面積というのは決まっているので、ひとつの植物があまり際限なく広がっていくのは困りもの。特に地下茎で広がるものは芽が出るまでわからないので、わく植えなどで”範囲を限定=広がりを遮断”というコントロールをする必要があります。

 お金に関しても同じで、”儲かれば何でもあり”と言うわけではなく、リスクを合わせてコントロールする必要があります。バブルがなぜ起こったかというと、当時の日本経済は構造的に銀行にリスクが集中するという問題を抱えていました(*3)。
 で、銀行から不動産融資へのリスクを遮断する手法として使われたのが”証券化”。簡単に言うと、資産から上がる収入を金利に見たてて、小口に別けた”証券”にして売ること。不動産の場合、家賃などの収入などを裏づけとして証券化で行ったものが”REIT(リート 不動産投資信託)”です。買う側から見ると、高い利回りがあるし、売る側から見ると、リスクを自分で抱えるわけではないので安心できるわけです。ただし、”ちゃんと運用されている限りは”という前提条件が付きます。

 サププライム問題の諸悪の根源のような言われ方をしていますが、手法自体には経済合理性があるので間違ってはいないと思います。では何がいけないかというと運用面で”なにが混ざっているかわからない”状態のものを売ったり買ったりし始めたこと。
 サブプライムのように回収が怪しい層の債権を組み込んだり、そんなものが入っているかどうかもわからないのに、格付けが高いからといって売買したこと。毒入り餃子事件と比較するのわかりますが、ごくごく一部の製品に毒が入っているだけなのに、全部の製品が一斉に売れなくなります。
 
 さらに、CDS(*4)のようにリスクがさらに移転させるなど、はっきり言ってどこにどれだけのリスクがあるかわからなくなっていることが、問題を深刻化させています。
 金融機関にとって一番問題なのは、信用が毀損すること。豊川信用金庫事件(*5)のように何気ない女子高生の冗談が取り付け騒ぎに発展するように、何の問題もなくても取り付け騒ぎに発展する例もあります。
 ましてや、本当に問題が起こっていても損失がどれぐらいあるかわからない状態というのは、つまり疑心暗鬼を拡大させていきます。バブルの時に、発表のたびに不良資産額が拡大していって、だれも発表された金額を信じなくなったようなものです。
 
 あまつさえ、本来は銀行からのリスクを遮断するために証券化された商品を銀行が買っていたりと、わけのわからない状態も発生しているようです。

 投資信託の窓口販売で一番重視されているのは、”コンプライアンスチェック(法令遵守)”。ぶっちゃけ言うと、”理解できない人に投信を売ってはいけない”ということ。銀行ではコンプライアンスチェックシートというのがあって、"内容をちゃんと理解しました”という書類にサインしないと投資信託を買うことはできません(*6)。金融機関は”運用のプロ”ということで、内容を理解しているという扱いをされていますが、現実を見るとプロの目をもってしても、なかなか難しいようです。

 この本を読んで思ったのは、外から見てうまくいっている時にすでに滅びの遺伝子が組み込まれているということ。表題の”アカルサハ、ホロビノ姿デアロウカ”は太宰治の”右大臣実朝(*7)”から。源実朝が平家の物語を聞いての一言です。

 株や投信で損をされている方にはなんの役にも立ちませんが、最後にささやかな応援ということで全文を・・・

 アカルサハ、ホロビノ姿デアロウカ。
 人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。



《脚注》
(*1)仕事がら、金融関係の本は良く読みますが
 一応、銀行、信用金庫向けシステムの拡販なんぞをやってます。以前、投信窓販(*2)の支援システムも扱っていましたが、自分で投信を買った事ありません(お金ないから)。
(*2)投信窓販
 1998年から銀行窓口で投資信託の販売が解禁されました。顧客にとっては定期預金等に比べて高い利回り(うまくいけばですが)、銀行にとっては手数料収入とリスク分離の観点から拡大していきましたが、一般の銀行商品と違って元本保証はしていないので、損をすることもあります。
(*3)構造的に銀行にリスクが集中~
 ノンバンクや住専を通した迂回融資を含め、不動産業者への資金の出し手は銀行に限られていました。
(*4)CDS
 クレジット・デフォルト・スワップ (Credit default swap) の略。AさんはBさんから保証料を貰う代わりに、Bさんがお金を貸しているCさんからお金を返してもらえなかった場合にBさんの損失を補償するというもの。何もまければAさんは丸儲け、Bさんはリスクを回避できますが、Cさんかお金を返せなくなると、Aさんはとんでもないお金を負担することになります。
(*5)豊川信用金庫事件
 1973年に豊川信用金庫に就職が決まった女子高校生に友人が冗談で「信用金庫は危ないよ(強盗に襲われてあぶない)」とからかったことから、取り付け騒ぎが発生した、銀行員にとっては悪夢のような事件。デマがパニックに発展する過程が解明された珍しい事例としても有名。(詳細はWikipediaをご参照
(*6)"内容をちゃんと理解しました”という書類に~
 以前、奥様が投信を買いたいというので、銀行に付き合ったことがあります。どう見ても理解していると思えないのにサインしようとしたので、さすがに止めて私がサインしました。
(*7)右大臣実朝
 鎌倉幕府の第三代征夷大将軍”源実朝”をモデルにした太宰治の小説。

心に花を、胃に果実(おいしいベリーを育てる本/家庭菜園)

【本】おいしいベリーを育てる本(平野威編 枻出版社)
 ブルーベリーやラズベリー、カラントなどさまざまなベリー類の育て方、レシピが掲載されたかわいらしい本です。
【花】家庭菜園
 何か植物を育てれば、それはすべて家庭菜園です。花を選ぶか、野菜を作るか、ハーブに凝るかは人それぞれ。ただ、サルマタケ(*1)はちょっといただけません。

Dcf_0012 20090201 写真は、たいちろ~さん撮影。
左はきゅうりの花。花の根元が延びてきゅうりの実になります。
右はネギ。ほとんど手間要らずです。


 今週から、4月。この土日で引っ越しをされている新入社員や、新入生も多いのではないかと(*2)。ガーデナーからの言葉として、下記の一言を。

 心に花を、胃に果実

 花やハーブを植えるのは女性の趣味のように思っておられる方も多いでしょうか、男性がやっても面白い趣味ではあります。

 ・”花を愛でる暇などない(*3)”というのは、心に余裕のない証拠。
  人間力をUPするには心のゆとりが必要です
 ・発芽、開花、結実と季節のうつろいを感じることができます。
 ・たくさんできれば、会社や友人におすそ分け(*4)
 ・一応評価されている趣味。アキバ系と公言するよりは世間体はいいです(*5)。
 ・うまく収穫できれば家計の足しになります
 ・定年後の就農の予行演習(*6)
 ・少なくとも庭仕事中は、奥様と会話する必要はありません(離婚防止になります)

 と、色々メリットがあります。

 何を植えるかは人の好き好きですが、私としては実が生るものがお勧め。花は開花時期というのがあるので、咲いている時期は限られますが、実の生るものなら、その後も楽しめます。

 女性なら、ブルーベリーなんかが良いですね。春先に釣鐘状のかわいい花が咲きますし、初夏には実が生りますので長時間楽しめます。アントシアニンを豊富に含んでいるので、目にも良いです。ポイントは同系種を2本植えること。

 男性で庭がないなら、プランターでネギやシソでもOK。うどんや刺身のツマとして重宝します。一人暮らしにとって、薬味はスーパーで買うともてあますもの。ちょとしたことですが、有ると無いとでは気分が違います。

 アパートの1階で地植えができればラッキ~。ぜひ野菜を植えましょう。キュウリやプチトマト(*7)がお勧め。スーパーで見ることはできませんが、キュウリもプチトマトも黄色くてかわいい花が咲きます。ポイントはちゃんと支柱を立てること。思いのほか大きくなりますし、ベランダに絡ませると布団を干す場所がなくなります。

 キュウリもプチトマトを植えるメリットは野菜が”食べさせられる”こと。”食べられる”ではありません。強制です。両方ともうまくいけば一時に相当量の収穫があります。さすがに自分で育てたとなると捨てるには忍びないので、がんばって食べることになります。つまり毎晩呑みに行ってては食べ切れません。体とお財布にやさしい生活になります。

 スコップ、肥料、野菜の種などほとんど百均でそろえることができます。
 苗はピンキリですが、数百円~数千円程度。お好きなものをどうぞ。
 土はちゃんと買ってください。そのへんの土を穿り返すのは窃盗になります。
 植木鉢はプラスチックでよければ百均でも売っていますが、気分を出したいならテレコッタ製がお勧め。長年つかえますので多少高くてもお金を払う値打ちはあります。
 お店捜しは、インターネットで可能。初めてそろえる方はけっこうかさばるります。自転車なら2往復ぐらいかかるケースもあるので、まずはご近所で探すのがよいかと。車があれば、郊外のホームセンタで大人買いです。

 まあ、金銭的に元が取れるかというと微妙ですね。初年度は赤字でしょうが、収穫量しだいでは数年で黒字転換するでしょう。本来、趣味に投資回収の概念を持ってくるのは邪道です(*8)。こじんまりと始めるなら、1回呑みに行く金額でお釣りがくる程度ですので、決して贅沢な趣味ではありません。ただし、はまると天井知らずですが・・・。

 たまに、”何を植えてもからせてしまう”という方がいらっしゃいますが、本職でもなければ、縁がなかったと思ってあきらめましょう。花というのは進化論的には受粉のための虫を引きつけるものです。人間なんて、”彼女がこっちを見たから私に気があるんだ”とおっかけを始めるストーカだ、ぐらいの割り切りがあれば腹も立ちません。

 解説書は図書館で借りるという手もありますが、息の長い趣味なので、できれば1冊は購入したほうが良いです。毎年変わるようなものではないので、BookOffで古い本を買っても充分です。

 それでは、すばらしいガーデニングライフを!


《脚注》
(*1)サルマタケ
 男おいどん(松本零士)に登場する空想?のキノコ。山積みのサルマタ(パンツ)に生えるのでサルマタケです。食用可能とのこと。同じ貧困学生でも、昔はバイタリティがありました。
(*2)この土日で引っ越しをされている新入社員や~
 このブログは2009年3月30日に書いています。昨日は寮にも引越し用のトラックが停車してました。
(*3)花を愛でる暇などない
 ”アンドロイドはミスティブルーの夢を見るか?”(川原泉)より。
 星間会社の社長のまねっこアンドロイドが、宇宙船の船長に花をプレゼントをしますが、”花? んなもん見てる暇ねーよ”というの船長に傷つきます。うなだれている姿にしみじみ。ぜひ読んでいいただきたいマンガです(白泉社文庫”空の食欲魔人”に収録)
(*4)会社や友人におすそ分け
 ”よーするに、花をもらっておこる人間は、あんましいないってことだ”
 同じく”アンドロイドはミスティブルーの夢を見るか?”より
(*5)アキバ系と公言するよりは~
 別にアキバ系に恨みがあるわけではありませんが、いざ事件の被告になった時に、ご近所を味方につけているほうが何かと有利ではないかと。残念ながら、オタクに対するいわれなき偏見は、未だに払拭できているとは思えません。
(*6)定年後の就農の予行演習
 今や、定年まで会社が雇用してくれる保障なんかありません。
  Heaven helps those who help themselves
 (天はみずから助くる者を助く)
(*7)プチトマト
 トマトは、結実させるにはトマトトーンという薬が必要になりますので、お勧めできません。
(*8)趣味に投資回収の概念を持ってくるのは邪道です
 以前、船釣りにつれていってもらったことがありましたが、サバ1匹3000円になりました。とても奥様には言えません。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ