旅行・地域

知れ、息子よ。老いて旅するのは賢明ではない(カーブースの書/タビビトノキ)

 ども、まだ60歳前ですが、いいかげん枯れているあるおぢさん、たいちろ~です。
 ここんとこ、文春砲でもって不倫ネタにされてるおぢさん世代の人が続出しています。まあ、若けりゃいいとか言うつもりはなかですし、個人の話なんでほっときゃよさそうなモンですが、なんだかな~~という感じ。てなことを思っていると、ある本にこんな話が

  かつてある老人がいったとおりである
  年寄りになったら、美女たちが私に見向きもしないだろうと長年悲しんできたが
  いざ年をとってみると。私自身彼女らをほしくないし、
  またほしかったら無様である

 まあ、年をとったら相応に枯れるってことでしょうか。また、このようにも

  

老いて若気のふるまいをする者は、退却時に進軍らっぱを吹くに似る

とも。
 といくことで、今回ご紹介するのは”知れ、息子よ”で始まる人生の忠言集”カーブースの書”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。羽田空港にあるタビビトノキです

0313


【本】カーブースの書(カイ・カーウース、平凡社)
 著者の”カーウース”はセルジューク朝時代の地方王朝ズィヤール朝の七代目の王(*1)。この君主が愛する息子のために残した人生の忠言集が”カーブースの書”。11世紀ごろの本です。
 老いた王が”別離の文が届く前に運命の叱責、名声獲得の益について書を記して”おかれた父性愛にあふれた内容ですが”時代の風潮として、息子は父親の忠言を実践しない”とも。今も昔も変わらんなぁ・・
 ”ペルシア逸話集(平凡社)”に収録
【花】タビビトノキ(旅人の木)
 英名はまんま”トラベラーズツリー”。羽田空港のプレートによると原産地はマダガスカルで、”大きな葉が扇状に広がって一定の方角を示すことから、旅人に方角を示す木として、各国で旅人を意味する名前が付けられている”とのこと


 本書は44章にわたり、神や富、恋愛、作法からいろんな職業に就き時の心得など広範にわたるもの。さすがに、結婚するなら”処女を娶とらねばならぬ”とか”欲情のためなら市場で女奴隷を買うことができる”といった今の時流に合わないもの、”金のない恋人は目的を果たせない”みたいな身も蓋もないものもありますが、全体的にはたいへん”なるほど”と思わせる内容。お国柄イスラム教的なものもでてきますが、虚心で読めばそれもまた忠言です。

 全部を扱うと多すぎるので、ここでは第九章”老齢と青春について”から”老い”の話題を。冒頭の老人の話もこの章からです。
 で、気にいった忠言をいくつか

〔老人は死なぬ限り老齢の病から安らげない〕
 まずは、老齢に関するもの

  老人とは見舞客がいない病人で、老齢とは死以外に癒す薬がわからぬ病気である
  そこで老人は死なぬ限り老齢の病から安らげない

けっこう老齢についてのぼやきが多いんですが、決して死そのものを恐れてはいないんですな。太陽が昇り沈んでいくようにそれは必然だということ。”老齢は私の敵であり、敵については嘆くだけ”との達観も。
 だからこそ

  軽薄な年寄りになるな、また不潔で不正な老人になるな
  老人は知性、行動に若気があってなならぬ。老人はつねに情け深くせよ
  若いうちは若者らしく、年をとったらと年よりらしくせよ
  年をとってから若者らしくするのはみっともない

などなど。まあ、健康に気をつけて長生きするにこしたことはないですが、アンチエイジングとかで若モンになんとかしがみつこうとするのもなんだかなと。”年相応”って意外と重要なのかもね。まあ、行動の話ですが。

 ただし、若者に対しても脅しのひとことも

  老人を敬い、老人に対して下らぬ口をきくな
  老人と賢者の返報は厳しいぞ

〔老いて旅するのは賢明ではない〕
 次は”老人と旅”に関する話。

  老いたら一つの場所に落ち着くよう心掛けよ
  老いて旅するのは賢明ではない
  特に資力のないものはそうである
  老齢は敵であり、貧困もまた敵である
  そこで二人の敵と旅するは賢くなかろう

 ただし、どうしても旅に出ないといけないなら、神の恵みがあれば”異郷を旅することは家にいるよりもよい”とのフォローはしてますが、それでも”決して家を恋しがらず、好きな場所に落ちつけ”とも。

 少し補足すると、カーウースの時代は11世紀なんで、現代みたいに飛行機とかに乗って、安全で快適な旅がホイホイできる時代じゃなかったんですな。大国に挟まれた弱小王朝なんで政情も不安定だったようですし、また交通機関も安全じゃなかったでしょうし。また、”商取引について”の章で商人が利益を得るために商品を運ぶのに”盗賊、追い剥ぎ、人食い動物や道の危険”てのをあげてるし。そんなとこに老人がひょこひょこ旅をするってのは確かにリスキー。

 また、カーウース自身が王族ということもあるんでしょうが、けっこう貧乏人に対してシビアなんですな。”富によりいっそう信仰に励むことについて”の章より巡礼=旅に関してのコメント

  神は体力も資力もない貧しい者には旅を命じなかった
   (中略)
  知れ、息子よ。もし貧しい者が巡礼をしたら身を破滅に陥れよう
  金持ちのすることをする貧乏人は、健康な人がすることをする病人を同じである

 実はこの本を読むきっかけになったのは、沢木耕太郎の”深夜特急(*2)”の4巻に出てたんですな。沢木がイランのシラーズのモスクで日本人から譲り受けた本がこれ。この時沢木はまだ20代半ばですが、貧乏旅行の真っ最中。時代も1974年ごろの話です。
 特に上記の”老いたら一つの場所に落ち着くよう心掛けよ”はこの本の中でも引用されていて、まだ年が若いとはいえ、お金もなく将来の展望もない中、異郷の地で一人この本を読むのってどんな気持ちだったんだろうと思ってこの本を読む気になりました。

 まあ、私も老齢と貧困のダブルパンチ喰らってる人ですが、定年したら、キャンピングカーとか乗って、旅を住処とする生活もいいかな~とか思ってたりもするんですがね。一応”異郷を旅することは家にいるよりもよい”とかも言ってくれているし・・・

 今回は引用が多くなってすいません。まあ、私のつたない文章より本書のほうがよっぽど面白かったんで。
 収録している”ペルシア逸話集”は1969年と古い本ですが、図書館で探すか、高くてもよければオンデマンドで入手が可能。好き嫌いはあるかもしれませんが、私は楽しく読ませんていただきました。

《脚注》
(*1)地方王朝ズィヤール朝の七代目の王
 解説によるとズィヤール朝が927~1090年頃、カーウースが1049年~?。本書が書かれたのは諸説あるようですが、1082~83年ごろだそうです。
(*2)深夜特急(沢木耕太郎、新潮文庫)
 沢木耕太郎がインドのデリーから、イギリスのロンドンまでバスだけ使って旅行するという紀行小説。なけなしのお金、全6巻中第3巻でやっとスタート地点のデリーに到着というスピード感、この無計画さがこの手の旅行の醍醐味なんでしょう、たぶん。
 発刊当時はバックパッカーの間でいわばバイブル的な存在だったそうです。

”霊的な祝福付き”の首都大改造計画、ってありでしょうか?(帝都物語/日本橋)

 ども、自分の結婚式はキリスト教ですが、葬式はたぶん仏教になりそうなおぢさん、たいちろ~です。
 おそらく、日本人ってのは世界でも類をみないほど宗教や占い、おまじないに関してよく言えば寛容、悪く言えば無節操な国民性なんじゃないかと思います。
 生まれたら神社にお宮参りに七五三、結婚式はキリスト教、葬式は仏教。正月に初詣に行って、夏にはお盆、秋にはハロウィン(*1)、年末の一大イベントがクリスマス・イブ。神社に行けばおみくじを引くけど、恋愛運は星占い、結婚式や葬式は六曜にこだわるけど、家を買う時は風水云々言い出すし。まあ、バレンタインデーみたいなマーケティングの勝利!(*2)みたいのもありますが。
 こんだけ無節操だと”霊的に祝福された都市計画”なんつ~のも滑稽無糖って訳でもないのかな~なんて。まあ、議会で予算が通るかどうかはビミョ~ですが。
 ということで、今回ご紹介するのはそんな都市計画から始まるサイキック奇伝小説”帝都物語”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。東京の日本橋(上)と欄干に飾られている麒麟です。

9130705
9130721


【本】帝都物語(有栖川有栖、日本経済新聞出版社)
 明治40年、東京を軍事のみなならず霊的にも祝福された都市に改造する、渋沢栄一を中心に秘密裏にプロジェクトが開始された。集められたメンバーは天皇家に使える”土御門一門”、理学博士”寺田寅彦”、平将門の復権を目指す”織田完之”、若き大蔵官僚の宮辰洋一郎”など。そして陸軍からは陰陽道にも通じる”加藤保憲”の姿もあった・・・
 平将門の怨霊により帝都破壊を目論む”加藤保憲”とその野望を阻止すべく立ち向う人々との物語がここから始まる(第一巻”神霊編)
【旅行】日本橋(東京)
 東京都中央区の日本橋川に架かる橋。読み方は”にほんばし”。大阪にも道頓堀川にかかる”日本橋”というのがありますが、これの読み方は”にっぽんばし”。初代は1603年(慶長8年)に徳川家康の全国道路網整備計画によって作られた五街道の起点。そのため、今でも国道1号線を始めとする7つの国道の起点となっています。

 さて、”帝都物語”の第一巻ですがまずは主要キャラクターの登場編。上記以外にも文学者の”幸田露伴”に”森鷗外”、物理学者の”長岡半太郎”、地政学者”カール・ハウスホーファー”など、実在の人物がキャラクター化して話を紡ぐってのは”文豪スレイドックス(*3)”の御先祖様って感じでしょうか?

 本作の悪役といえば”加藤保憲”。あらゆる魔術に精通し、陰陽道を始め暗殺術の蠱毒だの式神使いもよくし、剣も達人。中国語や朝鮮語にも通じてるんだから大陸進出には重宝されたんでしょうな。確かに有能な人のようで登場時には陸軍少尉ですぐに中尉に昇進しています。
 悪者感満載の”加藤保憲”ですが、ちょっと意外だったのはこの人少尉とか中尉ってことで軍隊組織の中では意外と偉くないんですな。態度はLサイズで、大佐ぐらいの感じなんですけど。本を読んでいて困るのが”組織の中での地位”ってのがけっこう分かりにくいことです。これによって組織の中での権力(意志決定への影響力、動員できるリソースなど)がどの程度あるかが決まるンでリアリティが違ってきちゃうんで。調べてみると時代や組織でかなり異なりますが”少尉”だと小隊長(10~50人)、”中尉”だと中隊長(4個小隊相当 200人程度)だそうです。現在の会社組織だと200人の部下がいるならかなりの偉いさんですが・・・ 偉そうな加藤中尉ではありますが、原隊に帰れば中間管理職としていろいろ苦労してんでしょうかねぇ・・・

 さて、第一巻のメインの話は東京を”霊的に祝福された都市”に改造するための基礎設計をするってことです。渋沢栄一をリーダーとするプロジェクトですが、初期段階なんで防災計画の専門家、裏付けとなる財政の担当者、防衛の観点から軍部の関与なんかはわかりますが、これに”霊的”が混じると陰陽道の専門家が入るわ、なぜだか物理学の専門家まで。まあ、こんだけ専門の違うメンツを集めてのプロジェクトだからまとめんの大変だろうな~~ という出だしです

 ところで、平安時代や江戸時代ならともかく、”霊的に祝福された建築”なんてできるかというと実は近代でもあったりなんかするんですな。その一例が本書の中でもちらっと出てくる”日本橋”がそれ。写真では上に走っているのが首都高速道路でその下が日本橋です。橋のたもとにあるのが”獅子”で、橋の中央にあるのが霊獣”麒麟”。麒麟は東京市の繁栄を、獅子は守護を表しています(中央区教育委員会の看板より)。橋の完成は1911年(明治44年)で、時代的には日露戦争終了後(1905年)、江戸幕府が締結した不平等な”日米修好通商条約(*4)”から脱却し新しい”新日米通商航海条約”を締結した年で、議会制民主主義を推進する第一次護憲運動(憲政擁護運動 1912年~)の直前あたりです。日本史の授業でやりましたが覚えてますか? 私はまったく忘れてましたが
 ”合理主義”的なメンタリティとしては江戸時代よりは現代に近いと思われる時代なんですが、それでも守護獣たる”獅子”や霊獣たる”麒麟”が登場するんですな。”橋”を”河川を横断する道”という機能に限定すれば多少の意匠はあっても獅子や麒麟である必要はないはずなんですが、それでもこの獣にしたのはやっぱり”霊的な祝福”を望むメンタリティが色濃くあるんではないかと。さすがに現在で”霊的に祝福された都市計画”を正面切って国会や東京都議会に提出したら会議はけっこう紛糾しそうだし、ネットでは格好の炎上ネタになりそうですが、個別建築物の意匠レベルで極小化しちゃえば意外とすんなり通っちゃうかも。まあ、最後は小○さん次第ってことになりそうですが・・・

 本書の中で語られる都市計画のなかでユニークさでは出色なのが”寺田寅彦”の提案した”地下都市構想”。約100尺(約30m)の地下に建築物の基礎を作って帝国の中枢建築物を移し地下道路や鉄道で結んで、地上には緑地や水路を作るというもの。渋沢栄一はノリノリですが、大蔵官僚の宮辰洋一郎は渋い顔ですが、当たり前です。国家財政の困窮でストップしていたのが、事業公債の発行でやっとこ財源の裏付けできたのに、地下都市なんか作った日にゃいったいいくら掛かるネン!!
 現在、2020年の東京オリンピック目指して首都高速道路の老朽化対策をどうするかの議論をやっていますが、高架のまま改築すると約1,400億円で、地下化すると約5,000億円かかるんだとか。予算ベースでこれですから実際にやったらもっと掛かるんでしょうね。たかだか道路の改修工事でこんだけかかるんだから、街ごと地下化すればいったいどんだけ掛かるんでしょう?? 学者の論としてはありうるんでしょうが、国家財政を預かる大蔵官僚としては”はい、わかりました”と言えるシロモノではないんだろ~な~

 ”帝都物語”における加藤保憲の悪者話はこれからのようですが、前から一度読んでみたかったので(*5)、これからが楽しみです

《脚注》
(*1)ハロウィン
 最近盛り上がっているハロウィンですが、元々は古代ケルト人が起源の秋の収穫祭り兼悪霊なんかから身を守る行事。でも、正確に理解できる人ってどれぐらいいんだろ? どう見ても政府公認のコスプレイベントとしか思えんが・・・
(*2)バレンタインデーみたいなマーケティングの勝利!
 元々はローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(バレンタイン)に由来する記念日ですが、日本式の女性から男性にチョコレートを贈るというのはモロゾフ製菓が考案したんだとか。まあ、土用の丑の日にウナギを食べるを定着された平賀源内みたいなもんかと。
(*3)文豪スレイドックス(原作 朝霧カフカ、作画 春河35、角川コミックス・エース)
 横浜を舞台に異能と呼ばれる超能力を駆使して戦う福沢諭吉率いる”武装探偵社”と森鷗外をボスに仰ぐ”ポートマフィア”の抗争を描くサイキックアクションコミック自殺マニアの太宰治やらやたらコンプレックス丸出しの芥川龍之介など、文豪をイメージしたキャラ設定が秀逸。お勧めです。
(*4)日米修好通商条約
 1858年(安政5年)に日本とアメリカの間で結ばれた通商条約。日本に関税自主権がないなど不平等な内容でした。で、関税自主権を回復したのが”新日米通商航海条約”(1911年)です。
(*5)前から一度読んでみたかったので
 本書は1985年の発表、1987年に日本SF大賞受賞、映画がヒットしたのが1988年なんで、30年近くほったらかしにしてたんだなぁ。ちなみに本書を読む気になったのは、”虚実妖怪百物語(京極夏彦、KADOKAWA)”のモトネタだったから。こちらも面白い本。詳しくはこちらをどうぞ。

インドやネパールと日本の文化の違いって本書を読んでみるとか行ってみるとかしないとピンとこないかもしれませんが(深夜特急/リキシャ)

 ども、ネパールとインドに行ったことのあるおぢさん、たいちろ~です。
 といっても、もう両方とも四半世紀以上昔の話ですが。ネパールには”世界で最も美しい谷”と言われた”ランタン・リルン(*1)”へのトレッキングで、インドにはアフリカからの帰りに”ボンベイ(*2)”でのトランジットで半日いました。この程度で知ってるというのもおこがましいんですが、この本を読んでると確かにあったな~というネタも。
 ということで、今回ご紹介するのは貧乏旅行のバイブル”深夜特急”からインド・ネパール編であります


写真上はネパール カトマンズのリキシャ(wikipediaより転載)
写真下は中尊寺で見かけたベロタクシーです(たいちろ~さんの撮影)

Img133
P1050151


【本】深夜特急(沢木耕太郎、新潮文庫)
 沢木耕太郎がインドのデリーから、イギリスのロンドンまでバスだけ使って旅行するという紀行小説。今回読んだ3巻でやっとデリーに到着(しただけ)。全6巻の半分でこのスピード感って無計画さこの手の旅行の醍醐味なんでしょう、たぶん。
【乗り物】リキシャ
 いわゆる”人力車”のこと。日本だと観光地だと今でもある人が引っ張るタイプを思い出しますが、本書で沢木耕太郎が乗ったのは”サイクルリクシャー”と呼ばれる自転車タイプのようです。写真下の”ベロタクシー”のベロ(Velo)は自転車という意味で電動アシスト付きだそうです。両方ともタクシーとして使われていますが、最近のはずいぶんハイカラなんですなぁ


 今回のブログを書くに当たり、昔の写真とかビデオ(*3)とか探したんですが行方不明。どこ行ったんだろう? せっかく自慢したかったのに! ということで今回は記憶に頼って書いてます。

 本書ではインドのアシュラム(共同生活体)で生活したり、ネパールのカトマンズでぶらぶらしたり、ガンジス河のほとりの死体焼き場で茫然としたりといったお話。日本とは文化や風習、宗教感や生死観、生活水準がまったく違うんでこのへんの空気感ってのは、本書自体を読んでみるとか、実際に行ってみるとかしないとピンとこないかもしれません。でも、多少とも体験した感じからいうとあるあるネタがけっこうあります。いくつかをご紹介

〔最大のインパクトは死体焼き場でしょうか〕
 沢木耕太郎がベナレスで死体焼き場を訪れる話がでてきます。台地の上で死体を焼いて燃え尽きた灰をガンジス河に流すとか小舟から死体を流すとか,その死体が河から浮いてくるとか。そのすぐ近くに沐浴所があって平然と河の水に浸っているとか。
 私もネパールのパシュパティナー(ネパールの聖地)で同じようなのを見ました。時間が遅かったのでもう火葬はしてませんでしがた、けむりの残る台地から灰をバクナティ川(ガンジス河の合流する聖なる川)に流していて、その横でやっぱり沐浴を。
 日本の仏教も火葬という意味では同じですが、見るからに清潔そうな火葬場の炉で火葬して骨上げで骨壷に納めてというのとはかなり違います。日本だと棺桶に入れて焼けるところは見えないんですが、インドの場合は布にくるんで(体の形が見える!)、面前で焼くんですがらそりゃ違うでしょうな。お骨も日本はお墓に納めるものですが、インドでは聖なるガンジス河に流す。今風に言うなら”散骨”なんでしょうがやっぱり日本のそれとは違うと思います。
 私も話には聞いていましたが、火葬そのものを見たわけでもないのにインパクトありましたね。火葬そのものは普通の日本人にとってもこうなんですがら、埋葬が当たり前のキリスト教徒だともっとすごいんだろうなぁ

〔とにかく値切らないとダメ!〕
 ネパールに行ってフリーでカトマンズ市内観光をした時のこと。若いおにいちゃんと小さい弟が声をかけてきて、市内観光のガイドをするとのこと。いくらだったか忘れましたが、ネパールの水準からするとまずますの値段でしたがまあいいかとお願い。この時値切ればよかったんですが、なんせ海外旅行ビギナーで値切るなんて感覚なくて(関西人なのに)、ネパール語なんか”ナマステ(こんにちわ)”ぐらいしか知らん中、まあ英語がしゃべれたんで2時間ほどダルバール・スクェア(旧王宮広場)だとかスワヤンプーナート(有名な寺院)だとか回って。で、最後にお金を払う段になったらなんと倍の値段を請求されました。”○○ルピーでしょ?”と言ったら、”for an hour(1時間ごとに)”だと。まあ、こっちの英語力のなさのせいだというのと、頼るすべのない異国の地でケンカになるのも怖いのでまあ払いました。高い勉強代についちゃったな~~と
 でも、沢木耕太郎って、ちゃんとビジバシに値切ってるんですな。リキシャに乗る時の値段交渉で”2ルピー”を”1ルピー25パイサ”とかの交渉を延々と。これって日本円にすると45円程度ですぜ。しかも降りる時にまた”2ルピーの約束だった”というリキシャの車夫にまた延々と交渉を。まあインドの人のバイタリティも凄いですがひるまず交渉する沢木ってのもすごいな~~

  果てしない言い分を続けながら、まさにこれがインド風なのだな、
  とどこかで面白がっている自分を感じてもいた

 こういう根性と感性がなければ貧乏旅行なんでできないんでしぃうなぁ。私には出来んかったけど・・・

〔とにかくチャイはよく飲む〕

 ランタン・リルンのトレッキング中は私も”チャイ”は良く飲みました。”チャイ”というのはインド式に甘く煮出したミルクティーのことで、トレッキングではそこここにある茶店のを買っていました。一つには高山病予防には水分を多めに取るってのもありますが、第一の理由は生水はNGだから。日本人が生水を飲んだ日にゃ一発でお腹壊してソーゼツな下痢に。チャイはまあ煮沸してあるので大丈夫ってとこですし、コカコーラなんかは街中では売ってますが、チャイに比べるとかなり割高でしたしね。まあ、それでも日本よりはすごく安いんですが
 沢木の場合は下痢対策とはかいてませんが、けっこうよくチャイを飲んでいます。私の場合は茶店だったんで、コップで出てきましたが、沢木は列車の中で飲んでるシーンもあって、こっちは素焼きのぐい飲みのような容器で売っていたとか。飲み終わったら容器を窓から叩きつけるようにして割ってしまうとのこと。まあプラスチックじゃないんでエコっぽいんですがねぇ。私もやってみたかったな。ちなみにこのチャイは1杯30パイサ、約10円だそうです。

 てなぐあいの旅行でしたが、あの頃は若かったな~ また行ってみたいな~~
 今回はドヤ話になってすいません。本書はけっこうスルっと読める本ですので、ぜひご一徳のほどを

 あっ、そうだ。私の中学校の同級生が2015年に首都カトマンズで大地震があった時、久々に名前を聞いてびっくりしました。ヤプー(*4)、元気にしてる?

※”深夜特急”は1974年ごろ、私が行ったのが1980年代後半なので現在とはかなり事情が異なっていると思われますので、これから行かれる方の参考になるかどうかはわかりませんので念のため

《脚注》
(*1)ランタン・リルン
 ランタン・リルンはヒマラヤ山脈の山の一つで標高7,234m。当然ながら素人がそんな高山に登れるはずもなく、トレッキングは最奥の村キャンジンゴンバ(それでも標高3,730mとほとんど富士山頂とほとんど同じ)までを往復するツアー。シャクナゲが美しかったです。
(*2)ボンベイ
 当時の呼び方で現在では”ムンバイ”(1995年に変更)。首都”ニューデリー”を上回るインド最大の都市です。
(*3)昔の写真とかビデオ
 写真はもちろんスチルカメラ。ビデオは”S-VHS-C”という規格。当時としてはコンパクトなタイプだったんですが、それでもかなり肩からかけないと持ち運べないような大型の機械。スマホで写真から動画からとれる現在と比べると隔世の感があります。
(*4)ヤプー
 この男は中学生でありながら”家畜人ヤプー(沼正三、幻冬舎)”というなかなかにマニアックがSF・SM小説を愛読してまして、で、付いたあだ名が”ヤプー”です

歴史への転換点。バブルに踊った人達の記憶が記録になっていく時期に来てんでしょうか(バブル 日本迷走の原点/経団連会館とフクロウのモニュメント)

 ども、バブル時代を駆け抜けたはずなんですが、な~~んも良い思いした記憶のないおぢさん、たいちろ~です。
 時代には”歴史への転換点”てのがあるような気がします。”歴史の”ではなく”歴史への”です。まあ、散文的な言い方をすると、リアルな”思い出”とか”体験”といった”記憶”から俯瞰的に事実を見つめる”記録=歴史”に転換する時かと。
 まあ、”歴史の転換点”というのは第二次世界大戦終結とか、9.11テロみたいに、振り返って見た時に”この時、時代が動いた”っぽい社会的なコンセンサスがありそうですが、”歴史への転換点”ってのは個人的な関わり方(影響の規模、関わりの深さなどなど)に依存するので個人的にばらつきがありそうです。第二次世界大戦だって戦前・戦中派にとってはあるいは死ぬまで歴史にはならないでしょうし、戦後派にとってはすでに歴史かも。
 で、何の話をするかというと”バブル”の話です。”バブル弾けて20年♪(*1)”、いや四半世紀か・・・ 中高年のおぢさん世代にとってなんとなく”バブル”がぼちぼち”歴史への転換点”に来ているんじゃないかな~~ って感じしてます
 ということで、今回ご紹介するのは最近出版されたバブル本から”バブル 日本迷走の原点”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。
経団連会館(上)とそこにあるフクロウのモニュメント(下 拡大版)です

3042756
Photo

【本】バブル 日本迷走の原点(永野健二、新潮社)
 住銀、興銀、野村、山一・・・ 日本を壊した「真犯人」は誰だったのか?(本書の帯より)
 日本経済新聞証券部の記者としてリアルタイムでバブル時代の取材をした永野健二によるバブル史の本。エスタブリッシュ側の政治中枢から一流銀行・証券会社のトップ、バブル紳士と呼ばれた時代の寵児にして破滅していった人まで広範な登場人物たちによって織りなされるバブルの物語は圧巻です
【旅行】経団連会館とフクロウのモニュメント
 ”経団連(日本経済団体連合会)”は東証第一部上場企業を中心に構成される企業の団体で、日本経済の中枢をになう総本山ってとこでしょうか。
 下のフクロウは御手洗冨士夫キヤノン会長が退任時に寄贈したものだそうで、なぜフクロウかというと”フクロウは知恵の使者で経済の象徴”なんだとか。


 別に”平野ノラ(*2)”がきっかけって訳ではないんでしょうが、昨今バブル本ブームのような感じがします。まあ今までだってバブル本ってのは山ほど出版されてるんですが、ここんとこのはどうも”時代の当事者”が書いているのが多いような。
 ”住友銀行秘史(國重惇史、講談社)”、”バブルと生きた男 ある日銀マンの記録(植村修一、日本経済新聞出版社)”、”野村證券第2事業法人部(横尾宣政、講談社)”まどなど。本書も当時一線で働いていた記者の著者なんでかあ、このくくりかな。本書以外はまだ読んでないんですが、これからぼちぼち読んでいこうかと。

  本書の”おわりに”で書いているんですが、本書で取り上げた事実には新しいニュースがあると。

   あの頃には書けなかったこと
   あの頃には見えていなかったこと
   今の時代になって明らかになったこと

があるからだと
 この話でいくと最近の書き手って”あの頃には書けなかったこと”が今になって書いたりできるようになったんじゃないかな~~ って。本書に出てくる懐かしい名前の方ってけっこう鬼籍に入られた方も多いんですよね。それに書き手そのものが一線を離れて自分自身も鬼籍に入ることにリアリティーを感じているのだとしたら(*3)、振り返って”あの時代を記録に残す”ことにある意味での意義を見出しているんじゃないかと・・・

 てなことを考えながら、本書から印象に残ったのを(コトの重要性ではないです)

〔なんでこんなおばちゃんに金貸したんや? 尾上縫〕
 かつて大阪に”東洋信用金庫”という信用金庫がありました。当時確か3,000億円を超える大阪有数の信金だったんですが、預金量に匹敵する3,240億円の架空預金証書を発行して破綻。で、東洋信用金庫を分割して、大阪のほとんどの信用金庫総がかりで救済合併をすることに。この仕事に一時期携わっておりました。
 この事件を引き起こしたのは 章のタイトルに”謎の相場師”と書かれている料亭の女将”尾上縫”。この人に合った事がある訳じゃないですが、破綻を聞いた時には”何でまた、料亭の女将に日本興業銀行を始めそうそうたる金融機関が金かしたんやろか?”と不思議に思ったもんです。他の金融機関も踊ったってのはある意味時代そのものがどっかおかしかったんでしょうね。バブルの狂気の代表的な事件だったのかも

〔他のバブル紳士と一線を画す慶応ボーイ 高橋治則〕
 ずいぶん昔ですがお仕事で”イ・アイ・イ・インターナショナル(EIE)”経由で営業をしたことがあります(まっとうな商取引です)。商談の最終局面でEIE経由の商流が決まったんですが、当時のEIEといえば不動産の買い占めのほうが有名だったので、”なんでまた?(*4)” まあ、当時はそれがお約束だったとしか言いようないんですが。で、この会社の社長が高橋治則。
 なんでこの人が印象に残ったかというと、上記のこともありますが、秀和の小林茂、麻布建設の渡辺喜太郎、光進の小谷光浩といった俗にいうバブル紳士たちとちがって何が夢だったかいまだにわからんという話

  彼ら(他のバブル紳士)はみな、貧しさのなかで生まれ育ち、
  反骨の精神を持って社会と向き合う”まじめさ”があった
  激しい成り上がりの精神があった
  恐喝、、相場操作で逮捕・投獄された小谷光浩でさえ
  私は犯罪にいたる過程と心象風景を正確に理解できると思っている

   (中略)
  (高橋治則は)あえて名付けるなら「慶応ボーイ」の人生だった
  慶応ボーイの世界を軽やかに生きながら
  同時に薄っぺらな「アメリカンドリーム」を実現しようとしていた

    ( )内はたいちろ~さん補記

ざっくりくくると、バブル紳士のメンタリティって戦前戦中生まれで戦後の高度成長期っぽいのに対して、高橋治則はエリート型のそれっぽいのかと。
 サブプライム・バブルとかITバブル、起業家ブームみたいのの動機というかモチベーションの底がいまいち分かりにくい構図に似てんですかね? このあたりもあと四半世紀もすればいろいろ見えてくるかなぁ

〔以外と時代が見えていた人 田淵節也と宮沢喜一 でも知恵だけでは解決できんと〕
 さて、エスタブリッシュ側から2名。一人目は野村証券会長の”田淵節也”。バブルがピークをつける直前の1989年11月に発した”海の色が変わった”、つまり熱狂相場が終わるぞという読み。でもこのままつき進んじゃうんですな。証券会社のトップなんだから相場はある程度読めるのは確かなンでしょうが”これから下がります”とも言えない立場。田淵節也が自嘲気味につぶやいた言葉が印象的

  阿波踊りのようなものだな 踊る阿呆に見る阿呆
  踊っても踊らなくても、その後の暴落局面での投資家の損失は変わらない
  だから、踊らにゃ損々となるのだよ

 至言ではありますが、踊らされて大損喰らった投資家はいい面の皮です

 もう一人が 後に平成の三悪人となった一人”宮沢喜一”首相不良債権処理のために公的資金をぶち込もうとして、大蔵省や金融機関の反対でとん挫した人。その理由は大蔵省の問題先送り論理金融機関トップの保身だというのだからなんだかな~~ 公的資金投入を宮沢首相から相談されたことを元住友銀行会長の西川善文は”ザ・ラストバンカー(講談社)”の中で書いてるそうですが

  頭取は皆、反対したよ。当時は財界も否定的だったからね
  あの時に決めておけば、
  こんな(不良債権処理をめぐって)大騒ぎにならなかっただろうに

といったそうですが、後の祭り。タイミングを外した戦力の投入は役に立たない好例です
 まあ、組織のトップまで上り詰めた人なんだから、それなりに知恵はあったようですが、そんだけでは自体は良い方向にもってけないんでしょうな。
 そういえば、知恵の象徴”フクロウ”の生態って日中は枝などにとまってほとんど動かず目を閉じて休息しているんだとか。フクロウ気取ってっととんでもないことになるってことかしら・・・

 本書は当時を知る人は記憶と重ね合わせて読むとなるほど感のある本。記憶にない若い人も現代史として読んでも面白いです。ご一読の程を

《脚注》
(*1)バブル弾けて20年♪
 おばちゃんたちが”バブル弾けて20年♪”と歌いながら踊っている”キンチョー 虫コナーズ バブル篇”の登場が2012年4月。バブルがいつはじけたかは諸説あるようですが、日経平均株価のピークをつけた1989年大納会(12月29日)の日と考えるとあながち四半世紀というのもはずれではなさそうです。
(*2)平野ノラ
 バブルネタでブレイクしたお笑い芸人。肩パッドスーツロングソバージュ太い眉強い色味の口紅ショルダーホンで”しもしも~”なんつーのはある世代以上の方には懐かしいアイコンで笑わせてくれます。まあ、今から見ると笑っちゃえる時代だったんでしょうなぁ・・・
(*3)自分自身も鬼籍に入ることに~
 國重惇史が最年長で72歳、永野健二が68歳、横尾宣政が63歳、植村修一が最年少で61歳。鬼籍に入るはさすがに失礼ですが定年で第一線を離れるのは確かではないかと・・
(*4)なんでまた?
 EIEの本業は電子周辺機器商社なので、コンピュータ関連の売買をするのがむしろ本業だったんですが、まったくそんな印象なかったですねぇ

京極堂で南極夏彦で妖怪馬鹿のお話。でも実写でやって欲しいな~~ これ!(虚実妖怪百物語/妖怪お守り)

 ども、早く人間になりた~いなおぢさん、たいちろ~です。
 このブログでは花を紹介するのに、”○○科XX属”というのが出てきます。これは生物学・分類学での”階級”というものでまあ近しいもののくくりなんですが、どこまで実感とあっているかというとけっこうアバウト。たとえばサクラだと”バラ科モモ亜科スモモ属”(wikipediaより)なんですが、サクラを見てバラとか、スモモとか言われてもそ~なんだとは感じにくいんじゃないかな。
 で、なんの話かというと”妖怪”の話です。一言で妖怪といっても亜人ちゃんやら、動物の化けたんやら、物が歳を経てなっちゃったんやらひとくくりにするんかこれみたいな。これに文化的な背景がからんじゃうと何がなんだか。日本では”人魚”は立派な妖怪ですが(*1)、人魚姫の”ア○エル”を見て妖怪扱いしたらディ○ニー・ファンから石投げられんダろうな~~(*2)
 ということで、今回ご紹介するのは、そんな妖怪がいきなり現れたらどうなるかという話”虚実妖怪百物語”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。イベントで展示されていた妖怪お守りです
写真上は境港にある”妖怪神社”にある金運上昇?!ねずみ男がモチーフのお守り
写真下は赤城神社にある厄災守護の”磐筒雄命(いわつつおのみこと)お守り
ゲゲゲの鬼太郎のチャンチャンコがモチーフ

4300290

【本】虚実妖怪百物語(うそまこと ようかいひゃくものがたり)
   (京極夏彦、KADOKAWA)
 シリアの砂漠に現れた男。旧日本兵らしき軍服に、五芒星が染め付けられた白手袋。その男は、古今東西の呪術と魔術を極めた魔人・加藤保憲(*3)に、よく似ているように見えた――。妖怪専門誌『怪』の編集長と共に水木プロを訪れたアルバイトの榎木津平太郎は、水木しげる氏の叫びを聞いた。「妖怪や目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」と。(序)
 という話のはずなんですが・・・
【道具】妖怪お守り
 妖怪とお守りの組み合わせって冗談っぽいですがホントにありました
 鬼太郎のチャンチャンコ柄のお守りは磐筒雄命をお祀りしている東京の赤城神社のもの。水木しげる大先生が、”ゲゲゲの鬼太郎”アニメ化の時にこの神社でヒット祈願をしたことが由来だそうです。
 まあ、こっちはわかるんですが、妖怪神社のねずみ男お守りってのはどうなんでしょう。コレクターズアイテムていう意味ではありですが・・・


 で、妖怪ってのは何かというと水木しげる大先生曰く”気配”とのこと

  妖怪というのは、気配デスよ、気配
  それに相応しい気配があって、その中にいて、漸くこう、うっすらと感じるもんデすよ
  そこで、ハッ、と思うワケです。見えないんです!

 なんで、ホイホイ見えちゃいかんモンだそうです。ところがこれがみんなにはっきり見えちゃって、しかもデジタル媒体に記録されちゃう。これがまた見た人が見た感じのものを記録されちゃうんだから大混乱、ってのが本書で起こっている事柄です。

 こんだけ読むと”虚実妖怪百物語”という本の名前っぽいんですが、実際読んでみるとなっじゃこりゃ! ざっくりまとめると、南極夏彦テイストのノリ(*4)に京極堂の蘊蓄のっけて(*5)、オタクネタをばら撒いたような妖怪馬鹿話! しかも登場人物がほとんど実在の人物。京極夏彦本人に始まって、水木しげる大先生に荒俣宏。平山夢明に村上健司に黒史郎なんといった妖怪・ホラー系ライターとかも、読んだことないけど。なあ、ほとんど楽屋オチな面々が集まってほとんど妖怪馬鹿の面目躍如な大騒ぎ!!! 
 だいたい”加藤保憲”ドコいったんや! 1巻目”序”の冒頭でオイシイ出方してるのにあと登場するのは2巻目、3巻目の冒頭。最後の最後での登場は荒俣宏に呼ばれて飛び出てジャジャジャヤジャ~ンの8ページのみ。1400ページ近くあんですぜ、この本

 こんだけ読むと単なるふざけている馬鹿本かと思われるでしょうが、実はその背景ってかなり今の世相を反映してそうでけっこうホラー。妖怪という対象がなくなったとたん、社会がお互いを監視し、無駄を憎み、冗談に苦情をいい、駄洒落だけで教師を懲戒免職にするという殺伐とした世の中に・・・

  全員、自分が善だと信じ込んでいるのである 誰一人、人の話ををきこうとしない
   (中略)
  国民共通の敵・悪の権化たる妖怪を失ってしまったために
  怒りや不満のはけ口がなくなってしまい、
  仕方なく大衆はその矛先を隣人へと向け始めたのだろう
  溜まりに溜まったフラストレーションをお互いにぶつけ合っているだけなのだ
  なんちゅう乾いた人間関係だろうか

 冷戦構造の崩壊からこっち(*6)、対立構造が多極化、局所化していく中、国民共通の敵・悪の権化というような大物キャラクターが消失してった中で、インターネットやSNSなんつーイージーな発信ツールが登場することで、ネットの炎上やクレーマーといった自己主張をぶつける人が(以下自主規制)

 ”虚実妖怪百物語”はふざけているようで、実はけっこう真面目にヤバいネタを扱った本。京極夏彦はじめての人でもけっこう楽しめます。ぜひご一読の程を

 余談ですが、この本実写化せんかな~~~
 お亡くなりになられた水木しげる大先生はどなたか役者の方でもしょうがないですが、それ以外の方はほとんど実在の人物。俳優は嶋田久作に佐野史郎に室井滋、声優は野沢雅子に八奈見乗児に千葉繁に高山みなみに山本圭子と夢のラインナップ。キャラクターでも水木大先生を始め、高橋留美子に藤子・F・不二雄に魔夜峰央に藤田和日郎となれば著作権なんぼのモンじゃい! 鈴木光司がいるから貞子もご出演ok! ”シン・ゴジラ”や”図書館戦争”、”空飛ぶ広報室”とかにも協力してるんだから、自衛隊もけっこうノリノリで協力してくれそうだし。あとはKADOKAWAの財力とメディアミックス力があれば怖いモンなしだと思うんですが。ぜひご検討の程を


《脚注》
(*1)日本では”人魚”は立派な妖怪ですが
 京極夏彦の本でよく引用される鳥山石燕の妖怪画集”今昔百鬼拾遺”に載ってます。ビジュアル的には上半身が人間で下半身魚ってのはア○エルと同じですが、顔はネズミっぽいし水かきあるし背びれあるし・・・
(*2)人魚姫の”ア○エル”を見て~
 ”ア○エル”の父親はギリシア神話に登場する海神”トリ○ン”ということなので、ア○エルは妖怪ではなくて神様の一族ってことになります。いちおうフォローしましたよ
(*3)加藤保憲
 ”帝都物語(荒俣宏、角川文庫)”に登場する強力な霊力持ち魔術に精通する悪役。関東大震災を引き起こしたという結構アブナイ人。1988年に嶋田久作が主演で映画化されるなどけっこう流行ったんだけど、まだ読んでないな~~ これから読みます。
(*4)南極夏彦テイストのノリ
 京極夏彦の”南極探検隊シリーズ(集英社)”に登場する簾ハゲ。最初は単なる四流小説家だったのが、どんどん妖怪化しているような・・・
(*5)京極堂の蘊蓄のっけて
 京極夏彦の”百鬼夜行シリーズ(講談社)”に登場するで古本屋主人にて憑物落とし。京極夏彦の小説が超長いのはこの男が延々蘊蓄語るからといっても過言ではないかと
(*6)冷戦構造の崩壊からこっち
 アメリカ合衆国を盟主とする資本主義・自由主義陣営と、ソビエト社会主義共和国連邦連邦を盟主とする共産主義・社会主義陣営との対立構造。1989年のアメリカのパパ・ブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長がマルタでの会談で終結。ってな話を脚注で書いとかんと、若い人にはわからんかもねぇ。なんたってもう四半世紀も昔の話だし・・・

このご時世”PAC-3”のネタで書いてお咎めなしってのは日本はいい国なんでしょうね(PAC-3/「シン・ゴジラ」私はこう読む/空飛ぶ広報室)

 ども、自衛隊のメカニズムは好きですが、戦争は嫌いなおぢさん、たいちろ~です。
 ここんとこ、ア○リカと北○鮮の間がきな臭くなってます。言葉の応酬がますます過激になってきて、方やグアム周辺へ弾道ミサイルを4発ぶっぱなす用意があるとゆーとるわ、方や核攻撃をちらつかせたことをゆーとるわ。まあ言ってるのが小学生のガキ大将同士のケンカならまだしも、やってるのが核保有国のトップ同士、しかも方っぽがこの前までなら止める立場の先生がやってんだからなぁ
 で、こちらニッポンは”島根県、広島県、高知県の上空を通過する計画がある”ってことで”PAC-3”を島根、広島、高知、愛媛の陸上自衛隊の駐屯地に移動して迎撃体制を整えることに。国防上、やるべきことはやってるんでしょうが、なんだかこの手の話があったな~~~
 ということで、今回ご紹介するのは、元国防大臣が語る配備計画の問題”「シン・ゴジラ」私はこう読む”とPAC-3移送ネタの”空飛ぶ広報室”であります

写真はたいちろ~さんの撮影。
海上自衛隊の”ヨコスカサマーフェスタ(*1)”にて(2010年、2016年)

【道具】PAC-3
 ややこしいんですが、PAC-3って”ペトリオットミサイル”そのものの”PAC-3弾”と、”PAC-3弾”を発射するためのペトリオットミサイル発射システム”PAC-3形態”ってのがあるんだそうです。”PAC-3形態”はトレーラー移動式のシステムであり、1つの射撃単位はペトリオット発射中隊、10台以上の車両(ミサイル発射機トレーラー、電源車輌等)で構成されてます。

PAC-3の解説パネル (2016年撮影)

Pac3_20168060172
発射機(Launching Station,LS) (2016年撮影)
 PAC-3等のペトリオットミサイルを最大16発発車する装置
 テレビとかで”PAC-3”というと出てくるのがこの車両

Pac3_20168060170
Pac3_20168060171
Pac3_20168060175
レーダー装置(Radar Set、RS) (2010年撮影)
 多機能フェーズド・アレイ・レーダーを装備し目標の捜索、発見、追尾、識別及びペトリオットミサイルの誘導を行う装置

Pac3_20100438
発電機(Electric Power Plant、EPP) (2010年撮影)
 ECS及びRSに電力を供給する機械。トラックに車載したままでも運用可能

Pac3_20100436

 写真はないですが、その他射撃管制装置(Engagement Control Station, ECS)、情報調整装置(Information Coordination Central, ICC)、無線中継装置(Communication Relay Group, CRG)なんてのもあるようです。

【本】「シン・ゴジラ」私はこう読む(日経ビジネス、日経BP社)
 2016年に公開された”シン・ゴジラ(*2)”をネタに、ビジネス情報中心の(はず)の日経BP社が”日経ビジネスオンライン”で連載された各界のキーマンへのインタビューなどをまとめた本石破元防衛大臣、枝野元内閣官房長官、梅澤TAカーニー日本法人会長などそうそうたる顔ぶれ。何を考えてんだか日経BP社?!
【DVD】空飛ぶ広報室(原作 有川浩、主演 新垣結衣、綾野剛)
 いきすぎた報道姿勢が元で報道から外されたディレクター”稲葉リカ”はTV番組”働く制服シリーズ”の作成のために防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室=”空飛ぶ広報室”を訪れる。そこには”詐欺師 鷺坂”の異名を持つ鷺坂室長以下、個性あふれる?面々が。そしてリカの担当になったのは交通事故でパイロットの道を断たれた”空井大祐”だった。
 自衛隊員という実態があまり知られていない職業の中でもさらにマイナーな広報室(失礼!)を舞台にした非戦闘系ラブコメ。2013年にTBSでドラマ化。主演は新垣結衣、綾野剛、柴田恭兵。


 当然のことですが、あらゆる兵器には物理的な限界があります。ミサイルには射程距離があり、戦車には最高時速があり、飛行機には航続処理があり。また量的な限界ってのもあります。予算が無限ではなく、人的教育には時間がかかり、工場の生産力の制限がある以上、兵力や機器を装備する量にはおのずと上限値が(少なくとも短期的には)設定されます。

 てなことを踏まえて”「シン・ゴジラ」私はこう読む”の石破元防衛大臣の発言です。ゴジラが上陸して東京への侵攻を食い止めるために多摩川河川敷に最新鋭の戦車がズラーッと並んべて迎撃するってシーンがあるんですが、これに対して

  あの戦車、どこから、どうやって来たんでしょうね
  本州にはあんな数の戦車がないんですけどね
  日本では、最新鋭の戦車はだいたい北海道に配備してある

   (中略)
  北海道から戦車が駆けつける頃には、みんな終わっている

 なんで北海道に戦車が配備されてるかというと、ロシアが攻めてきて北海道内で戦車同士でドンパチやるって想定だからだそうです。この想定にリアリティがあるんかどうかはわかりませんが、要はある戦略思想に基づいてリソースを配置するってことです。
 で、今回みたく島根、広島、高知の上空をミサイルが通過するってことになると、そこにPAC-3を移動して防空体制を引くってことになるわけです。

 まあ、書くのは簡単ですがいざ移動するとなると簡単ではないみたい。”空飛ぶ広報室”の第五話で”パトリオット部隊の展開訓練(*3)”て話がありました。これは入間基地から武山分屯基地、習志野分屯基地から入間基地へそれぞれの高射隊が移動するって訓練をマスコミに公開するって内容。
 航空自衛隊の全面協力ってことで、防衛省航空幕僚監部やら各基地やらのロケで各装備がバンバンでてきてわりとマジで作っている作品ですが、それでも移送されてるのメインって発射機なんですな。TVのニュースもそんな感じだったし。これだけ見てると発射機だけ持っていきゃよさそうなんですが、実際は機材をいっぱい持ってってそれを動かす人も移動しなきゃなんなさそう。なんせ超爆発物なんだからテロ対策やなんやらもやんなきゃいけなさそうだし。つまり、素人目に見てもほいほいお出かけできるシロモノじゃなさそうってコトです。
 それだけやってもパトリオットミサイルの有効射程距離が20~30kmってんですから、有効性を求めるにはしこたま配置せんといかんのでしょうなぁ・・・(*4)

 で、何を言いたいかとゆ~と、日本ってないい国ですな~~ってこと。
 広報の一環とはいえ基地の公開があって、最新鋭のPAC-3の展示があって写真撮り放題。こうやって写真をブロクにのっけてもお咎めうけることなさそうだし。テレビはテレビで自衛隊の航空機なんぞ出っぱなしだし・・・ あまつさえ元防衛大臣がゴジラネタにひっかけて国防上の問題点を語っても問題にならないって、けっこういい国だと思いませんか? このへんの話題って世が世なら国家機密ですぜ!(*5)

 改めて言いますが、私は自衛隊のメカニズムが好きなだけで、戦争はやっちゃいけないと思ってます。核兵器のみならず兵器なんてのは理屈の上での抑止力としては成り立つんかもしれませんが撃っちまったら終わりです。まあ、こんなことぐらいチキンレースやってる人はわかっちゃいると思いたいんですがねぇ

《脚注》
(*1)ヨコスカサマーフェスタ
 海上自衛隊横須賀地方総監部で開催される基地開放のイベント。毎年8月の第一土曜日の”よこすか開国祭”に合わせて開催されます。2017年度開催は8月5日(土)。この日は米海軍横須賀基地にて”ヨコスカフレンドシップデー”も開催されて軍艦乗船もできるとあって、この手のんが大好きなオタクが朝から群れております。私は違いますが・・
(*2)シン・ゴジラ(総監督 庵野秀明、監督 樋口真嗣、東宝)
 ”新世紀エヴァンゲリオン”の庵野秀明と”ローレライ”、”日本沈没(2006年版)”の樋口真嗣によるSFファン注目のゴジラ映画。2016年公開
 ゴジラ登場にあたふたする政治とか、超科学兵器(オキシジェン・デストロイヤーとか)なんぞ登場せず、自衛隊ががんばってゴジラを倒すこだわりなどSFゴコロをくすぐる名作です。
(*3)パトリオット部隊の展開訓練
 ミサイルの愛称”Patriot”は”Phased array Tracking Radar to Intercept on Target(目標物迎撃用追跡位相配列レーダー)”の略。発音は”ペイトリオット”に近いですが、マスコミは”パトリオット”、政府や自衛隊は”ペトリオット”を使っています(wikipediaより)。ですんで、本ブログ内で混在しているのは出典に忠実なだけで間違いではないです、はい
 ちなみにPAC3だったりPAC-3だったり、あぁややこしい
(*4)しこたま配置せんといかんのでしょうなぁ・・・
 仮に島根県を通る山陰本線の米子駅~益田駅間に一列で配備したとして、この距離が192Kmあるんで、射程距離20km(直径で40km)で割ると5単位必要。これをメッシュでやったら何単位ありゃ足りるんでしょうね??
(*5)世が世なら国家機密ですぜ!
 まあ、地図や天気予報が機密情報だった時代もあるみたいなんで何が機密って難しいんですけンドね

どうせ何時かは執行される自分の葬式なんだから、それまでの猶予期間を旅でもするかってこの本読んで考えちゃいました(深夜特急/サテー)

 ども、歳を取るといたって出不精になっているおぢさん、たいちろ~です。
 かつて、有吉先生が猿岩石だった頃、”進め!電波少年(*1)”というテレビ番組で”ユーラシア大陸横断ヒッチハイク”という企画をやっておりました。これは当時売れていない若手お笑いコンビ猿岩石(有吉弘行、森脇和成)のふたりが香港からロンドンまでヒッチハイクで旅行するというもの。大して真面目に見てたわけではないですが、いかに売れていないとはいえ、けっこうきつい事やらせんだな~と思った記憶があります。
 ふと思ったんですが、昔はこういったヒッチハイクというか貧乏旅行みたいな本とかけっこうあったような気がすんですが。私がその手の本を読まなくなっただけなのか、実際世の中でも少なくなってんだか?
 ということで、今回ご紹介するのはそんな貧乏旅行系の本、ちょっと昔の話ですが”深夜特急”でありますあ


写真はたいちろ~さんの撮影。
シンガポール料理の”海南鶏飯(HAINAN CHI-FAN)の”サテ”です

S1266


【本】深夜特急(沢木耕太郎、新潮文庫)
 沢木耕太郎がインドのデリーから、イギリスのロンドンまでバスだけ使って旅行するという紀行小説。といっても私が読んでる2巻ではまだデリーどころかマレー半島あたりでうろうろしてますが。まあ、こういう無計画さがこの手の旅行の醍醐味なんでしょう。
 1974年ごろの旅行なので事情がだいぶん違うんでしょうが、今読んでも充分面白いです。
【料理】サテー(Sate)
 マレーシア、シンガポールなど東南アジア諸国で食される串焼き料理
 本書では”マレー風焼き鳥といった趣”と記されていますが、他の肉でもあり。海南鶏飯では鳥と豚のセットでした。
 ほんのりとしたカレーの香りのする小ぶりの鳥肉や豚肉に甘辛ピーナッツソースをつけて食べるというもの。ピーナッツソースは日本だと肉味噌に近い食感でしょうか。美味しゅうございました。


 沢木耕太郎の経歴ってのが大概で、横浜国立大学経済学部卒業で富士銀行入行が決まっていたのに大学紛争で卒業が遅れ初日出社の日に”雨のせい”という理由で退社(企業名はwikipediaより)。就職もせずぶらぶらしていたのを見かねた大学のゼミの教官が雑誌社を紹介してくれたのをきっかけにルポライターに。仕事は増えてきたものの、こなしきれなくなって、”間もなく外国に行くので仕事が受けられない”と苦し紛れに嘘をつき。これもある人物の”男は26歳までに一度は日本から出た方がいい”という言葉から。
 ここまででも凄いですが、さらに輪をかけてすごいのがこのおかん。家にまで外国旅行の問い合わせ電話がかかってくるに及んで息子に申し渡した一言がこれ

  私はもう弁解したり嘘をついたりするのはいやだから
  とにかく日本を出ていってくれないか、
  どこでもいいから外国とやらに行ってくれないか・・・

 本書ではサラッと書いてますが、これってすごい発言ですぜ! 一流大学を卒業して一流企業に就職するハズだった息子が、ブラブラしたあげくルポライターになったのに、息子の弁護をするのがイヤだからどこでもいいから外国に行って来いって、凡百の親がはける発言じゃないって! 普通の親なら”関係にワビ入れてマジメに働け!”でしょ?
 まあ、それで出ていく息子ってのも思い切りがいいのは確かですが・・・

 で、一方息子の方。シンガポールのサテー屋でニュージーランドから大学を中退して世界一周に出かけた若者二人にいろいろ蘊蓄たれることに。そこで何気なく聞いた”どのくらいの期間でまわるつもり?”の答え”三年か、四年”にショックを受けることに。”旅行から帰ったらどうするつもり?”と聞くと暗い顔つきで”わからない”と・・・

 沢木耕太郎のモノローグ

  あるいは、彼らも人生における執行猶予の時間が欲しくて旅に出たのかもしれない
  だが、旅に出たからといって何かが見つかると決まったものでもない
  まして、帰ってからのことなど予測できるはずもない
  わからない。それ以外に答えられるはずがなかったのだ
  そして、その状況は私にも大して変わらないものだった
  わからない。すべてがわからない
  しかし人には、わからないからこそ出ていくという場合もあるはずなのだ
  少なくとも、私が日本を出てきたことのなかには、
  何かが決まり、決められてしまうことへの恐怖ばかりではなく
  不分明な自分の未来に躙り寄っていこうという勇気も
  ほんの僅かながらあったのではないかという気がするのだ・・・

 引用が長くなってすいません。”執行猶予”って言葉がココロに引っかかったモンで
に登場する”モラトリアム”や”ニート”のようになんだかオブラードにつつんだような語感とは違って(*3)、もっとストレートで切迫感のある状態っぽくって。
 雑駁ないい方ながら”モラトリアム”が大人になることへの拒絶であり、”ニート”が通学も就業もしていない状態(*3)とまったく同じではないですが、時代を経るほど”働たらかない”ということへの意識が自覚的でなくなっていくような
 少なくとも本書では”何かが決まり、決められてしまうこと”=”執行”をされてしまうことへの恐怖を自覚してるようだし、”未来に躙り寄っていこうという勇気”をもって今の状況を選択している自覚があるようだし。

 まあ、なんとなくですが、1970~80年代には猶予期間にお金ももたずに海外に行くってアクティブさがあったし、もうちょっと前だとヒッピームーブメント(*4)みたいな政治的メッセージみたいのもあったようですし(さすがにこの時代は良く知らんですが・・) つまり”外向的”な若者イメージがあったんじゃないかと
 それに比べて今だと”引きこもり”が増えていますみたいな”内向的”なイメージが前面にでているような(まあ、社会問題化しているのはたしかですが)
 ”執行猶予”ってのは必ずどこかで”執行”されるわけで、別に執行されなくなる訳じゃない。であれば、執行までの時間をどう作るか、使うかが重要なんだろ~な~と思う訳であります。

 なんでこんなこと考えるかというと、定年を指折り待ってる歳になってくっと、その後の人生って自分の葬式までの執行猶予期間かな~~とこの本を読んで思っちゃったからかも。どうせ何時かは執行される葬式なんだから、定年したあとにできる自由な時間に旅暮らしなんかも悪くないかもなんて考えちゃいます。ということで、キャンピングカーに乗って全国旅に出ている人の本なんかも読みだしちゃって。
 あとは残った住宅ローンをどう片付けるだけか・・・

《脚注》
(*1)進め!電波少年
 1992年から98年に日本テレビ系で放送されたテレビ番組。アポなしでいろんなとこ押し掛けてムチャぶりなお願いするという企画などで当時はけっこう人気あったような。上記のユーラシア大陸横断ヒッチハイクは1996年の放映だそうです。
 しかしこの企画もももう20年以上前なんだな~~
(*2)”モラトリアム”や”ニート”のように~
 ”モラトリアム”は1978年の”モラトリアム人間の時代(小此木啓吾、中公文庫)、)の”ニート”は2004年の”ニート―フリーターでもなく失業者でもなく(玄田有史、曲沼美恵 幻冬舎文庫)”が出始めだとか(wikipediaより)。
(*3)”ニート”が通学も就業もしていない状態
 誤解のないように補足しますが、”ニート”は”15〜34歳の非労働力人口の中から、求職活動に至っていない者(専業主婦を除く)”であって、決して労働意欲がないわけではないそうです
(*4)ヒッピームーブメント
 既成の価値観に縛られない生活信条とかベトナム戦争への反対からの徴兵拒否とかがベースにあったようです。

ハンドメイド 宇宙のロマン、ソフトでもハードでも(進め!なつのロケット団/増上寺 天の川ライトアップ2017)

 ども、”無限に広がる大宇宙(*1)”なおぢさん、たいちろ~です。
 7月7日と言えば”七夕”。仙台在住が長かったうちの奥様は8月と思ってましたが(*2)。あんまし天文とかに詳しくない私でもこの日だけは”宇宙のロマン”みたいな話題に乗っかっちゃうモンです。
 世の中に”鉄”と呼ばれる鉄道オタクがいますがこの趣味も”乗り鉄”、”撮り鉄”、”録り鉄”、”車両鉄”、”駅弁鉄”(*3)と人それぞれのようですが、天文マニアってのもいろいろバリエーションがありそうです。オーソドックスな天体望遠鏡で宇宙を観察する”見上げてごらん、夜の星を派”、宇宙飛行士を目指す”宇宙兄弟派”といったハード系から、星座に思いを馳せる”聖闘士派”、今や市民権を得たと言っても過言ではない(過言かな?)”SFヲタク”などソフト系まで。
 ということで、今回ご紹介するのはそんな天文マニアな趣味より、ハード系な話”進め!なつのロケット団”とソフト系な話”増上寺 天の川ライトアップ”のご紹介であります

写真はたいちろ~さんの撮影。増上寺 天の川ライトアップ。
分かりにくいですが、上左が増上寺大殿、中央上の青く光っているところが東京タワーです

1239


【本】進め!なつのロケット団(あさりよしとお、白泉社)
 小学生たちが集まってロケットを作るという”なつのロケット(あさりよしとお、白泉社)”というお話から、リアルでロケットを作っちゃうという”なつのロケット団”(キャラクターは”なつのロケット”と同じ小学生)のお話に。
 著者は”まんがサイエンス(*4)”の著者でもあるあさりよしとお。”宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた 実録なつのロケット団(あさりよしとお、学研プラス)”というのもあります(まだ読んでないけど)
【旅行】増上寺 天の川ライトアップ2017
 正式名称は”増上寺七夕祭り 和紙キャンドルナイト2017”。2017年7月7日に増上寺境内で開催。企画運営は多摩大学 村山貞幸ゼミ 日本大好きプロジェクト
 三解脱門(正門)から大殿(本堂)までの全長80mに約2,700ケの和紙キャンドルを並べて天の川を表現したもの。けっこう綺麗でしたよ!


 ということで、ハンドメイドでロケットを作っちゃうというハードな話から。
 七夕といえば宇宙ネタってことでしょうか、7月6日に”ホリエモンロケット 7月29日打ち上げ 成功すれば民間初”つ~ニュースが出てました。内容を要約すると、宇宙ベンチャー”インターステラテクノロジズ”が開発した小型ロケット(直径約50センチ、全長約10メートル、重さ約1トン)を7月29日に打ち上げると発表、高度100キロ(大気圏と宇宙空間の境界)まで上昇し、通信試験などをするのが目的、成功すれば民間単独によるロケットの宇宙空間への到達は日本初”といったもの。なぜホリエモンが出てくるかというと、本書の”なつのロケット団(リアルのほう)”が始めたプロジェクトがインターステラテクノロジズの前身で、さらにインターステラテクノロジズを創業したんが元ライブドア社長の堀江貴文からです。

 ”莫大なコストのかかる宇宙開発を民間企業なんかでできるんかい?!”と思われるかもしれませんが、実際やっちゃってる訳ですし。ただし、これはペイロードなり到達高度なりをかなり制限しているからです。このへんの話が本書の”誕生秘話 なぜ我々はマンガの中のロケットをリアルに作りはじめてしまったのか”に詳しく出ています。
 日本独自の有人宇宙飛行プランを提唱したものの国家に受け入れられなかったメンバーが”じゃあ、民間で有人ロケットを上げちゃえば”という話に。で、ホリエモンを巻き込んでロシアから買ったらと見積もりしたら足下見られて想定の10倍以上の見積もりに。ここでホリエモンからの提案

  自分の手で作るんだよ
  たとえ実用にならなかったとしても・・・
  選択肢があるとなれば相手も無視できない
  それにロケットエンジンの何たるかを知らない人間が交渉などおこがましい
  ロケットエンジンについて技術的な方向から語れない人間が
  対等な話ができるわけないじゃないか

 この発言、ホリエモンって実はすごいんじゃないかと。”選択肢を作るため”、”技術的なバックボーンをもって交渉力を高める”って、言うのは簡単ですが実際にやるってのはけっこう大変なことですし、そもそもなかなか発想しないでしょ!
 その後、ホリエモン逮捕だとかなんだとかあっていったんプロジェクトは挫折するんですが、夢が捨てられない有志が集まってプロジェクトが再起動(*5)。で、今日につながると・・・

 本書は”民間(小学生)によるハンドメイドのロケット開発”ていう内容なんですが、成功したり失敗したりと紆余曲折ありますが、やっていることは意外に地味。まあ開発なんてそんなもんでしょうが・・・ でもけっこう面白いんですね、これ。科学的な解説なんで分かりやすくのっかってるし、何のためにこれやんだっけみたいなものも明確。子供向けのマンガっぽいですが、大人の方にもお勧めです。

 さて、ソフトは話つ~ことでハンドメイドで天の川を作っちゃう”増上寺 天の川ライトアップ”のネタです。
 ハンドメイドで宇宙を作るといっても”フェッセンデンの宇宙(*6)”みたく実際に作っちゃうSFもありますが、それはまた別の話。ここでのお話はいわゆる”見立て”です。”見立て”といってもバカにしたもんじゃないです。”プラネタリウム”だって立派な”見立て”でしょ? 重要なのは”見立て”に何を求めるか。科学館にあるプラネタリウムみたいに科学的な正確性を求められるものもありますが、そこそこなら手作りキットだって売ってるし、専門家がやればかなり高度なものでも手作りできちゃうみたい。要は学問的・教育的な観点を求めるか、イメージとして宇宙への興味を高めるか。子供たちが”天の川”というものに興味を持って、実際の天の川を見たいとか(東京ではなかなか見れませんぜ!)、宇宙のことをもっと知りたいと思うなら”見立て”だって充分役にたってるんじゃないかな
 まあ、浴衣デートでちゃいちゃしてるだけのおにいちゃんとおねえちゃんはこのあとホテルでの”良いではないかゴッコ(*7)”のことだけ考えてりゃいいんです。ケッ!

 すいません、取り乱しました。”天の川ライトアップ”は”日本大好きプロジェクト”という伝統文化伝承って位置づけで”天文”ってカテゴリじゃないんでしょうが、”伝統文化”に興味を持つ人が出てくればそれはそれでOKでしょう。
 すなおに”綺麗”ってだけでもまた良しなんでしょうね

 来年も開催されるかどうかは分かりませんが、JR浜松町駅、地下鉄御成門駅や大門駅から歩いて行けますし、21時と東京近郊の人なら会社が終わってからでも行けますんでご興味のあるかたはぜひどうぞ

《脚注》
(*1)無限に広がる大宇宙
 ご存知”宇宙戦艦ヤマト”のナレーション。このアニメのパート1の放映が1974年だから、もう40年以上もなるんだな~ 1978年公開の映画”さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”のリメイク版”宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち”が2017年に公開開始。脚本が福井晴敏となるとやっぱし観ちゃうんだよな~~~
(*2)仙台在住が長かったうちの奥様は8月と思ってましたが
 東北三大祭りの一つ”仙台七夕”は旧暦なので8月6~8日に開催。関西出身ですが仙台在住が長くなると、意外と簡単にカレンダーが上書きされるようです
(*3)”乗り鉄”、”撮り鉄”~
 電車での旅行を楽しむ”乗り鉄”、鉄道や風景の写真を撮りまくる”撮り鉄”、発車メロディーや車内放送を録音する”録り鉄”、キハだのクハだのにやたら詳しい”車両鉄”、電車というよりグルメ系?な”駅弁鉄”。
(*4)まんがサイエンス(あさりよしとお、学研プラス)
 学研の”5年の科学”、”6年の科学”などで連載されていた科学学習漫画。本来は子供向けなんですが、大人が読んでも面白いしためになる本。お勧めです。
(*5)夢が捨てられない有志が集まって~
 あさりよしとおがプロジェクトを受けた理由
  まー 世の中にはやっていい事と、やったら面白い事がある・・・
  がモットーだしな

 いいですな~~、このノリ!
(*6)フェッセンデンの宇宙(エドモンド・ハミルトン、河出文庫)
 アメリカのSF作家エドモンド・ハミルトンによる短編SF小説。天文学者フェッセンデンが実験室で人工の宇宙を作っちゃうというお話。科学者のはずのフェッセンデンが神様モードになっちゃうというのが秀逸です
(*7)良いではないかゴッコ
 別名”帯クルクル”
  拉致された町娘:あれ~、お殿様、お戯れを
  お殿様    :良いではないか、良いではないか
(以下自主規制)

外部記憶装置なしにはさっぱりついて行けん会話だな(クラウド時代の思考術/狐)

 ども、広大なネットにたゆたうおぢさん、たいちろ~です。
 ”攻殻機動隊 S.A.C.(*1)”というアニメにこんなシーンが出てきます。電脳化という技術で人間の脳とインターネットがダイレクトに接続されている未来。通称”笑い男事件”とよばれるサイバーテロ事件の首謀者”笑い男”と、その事件を追う公安9課の”草薙少佐”が図書室(草薙少佐曰く”まるで情報の墓場”)で対峙する場面での会話ですが、なんせ会話に出てくるのがドアノーにサリンジャーにジガ・ヴェルトフにフレドリック・ジェイムソンに大澤真幸(*2)。後から登場した公安9課の”荒巻課長”の一言がこれ。

  さっきから聞いていたが、外部記憶装置なしにはさっぱりついて行けん会話だな

 その通りで、私もまったくついて行けませんでした。
 最近のネット技術だとダイレクトに脳と接続まではいきませんが、テキストのみならず会話や画像なんかも検索できる社会にはなっとりますが、だからといってそれが知的な会話や判断に結びつくかどうかはまた別。
 ということで、今回ご紹介するのは、クラウド化する社会と知性のお話”クラウド時代の思考術”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。京都”伏見稲荷”で見かけた狐の絵馬です
多くの絵馬がいろいろ見つめている図はちょっと象徴的かも

167143


【本】クラウド時代の思考術(ウィリアム・パウンドストーン、青土社)
 ”検索”によりさまざまな情報が調べれる現代における知のあり方をまとめた本。
 原題は”Head in the Cloud:Why Knowing Things Still Matters When Facts Are So Easy to Look Up(クラウドの中の頭脳。事実を調べるのがとても簡単である時、まだものを知っていることが重要ですか
 邦題で見るとなんかのノウハウ本のようですが、これはミスリードじゃないかなぁ
【動物】
 ネコ目イヌ科イヌ亜科の一部。狭義にはキツネ属のこと。
 本書ではキツネを”さまざまな要素を取り入れる折衷主義者で、多くのアプローチに開かれていて、矛盾をこともなく容易にこなすことができる”象徴として出てきます。(これに対するのが”ハリネズミ(*3)”)


 本書から面白かったトピックをいくつか

〔無知の人は自分の無知を知らない:ダニング=クルーガー効果〕
 ”ダニング=クルーガー効果”というのは心理学者のダニング教授と大学院生のクルーガーが1999年に発表した”未熟さと無知 自分の無能力を認識できないことが思い上がった自己評価を導く”という実も蓋もない論文によるもの。簡単に言うと

 知識や技術にもっとも欠けた者の特徴は、知識や技術の欠損をまったく理解できない
 獲得点数の低い人は高い自己評価をし、高い人は低い自己評価をする

というもの。確かに知らないということを知らなければ”自分は知ってる”と勘違いすることもあるんでしょが、予想以上の結果だったとか

〔知識がある人のほうが所得が高い傾向がある(但し書き付き)〕
 質問事項にもよりますが、知識を豊富な人々はたくさんのお金をかせぐんだとか。
 いろんなパターンで実証してみるとそんな傾向があるようで、同じモデル(パターン)の人で比較したケースでは倍ほど違うなんてのが記載されてます
 これは、知識のある人のほうがない人よりさまざまな質問に対してクリエイティブな解決策を導き出せるからとか、お金の扱いを学んでいるとかなんて理由が指摘されています。

〔相関関係と因果関係は違う〕
 上記の但し書きがこれ

  相関関係は因果関係を証明していない
  相関関係の欠如を因果関係が間違いであることを証明する

というもの。上の例だと知識があることが理由で裕福になっている可能性以外に、裕福だと余暇の時間が十分にあるのでニュースを観たり本を読んだりできるので知識が豊富とか、親が裕福(第三の理由)で子供が金持ち、知識があるという理由も推察されています。
 概して統計データってのは事実は同じでも解釈が違ったりするんで、このへんもちゃんと突っ込んでいるのが好感できます。

〔学ぶことの意義:グーグル効果〕
 覚えておかなくてもアーカイブで保存できる(グーグルみたいの)だと非常にしばしば忘れ去られてしまうってこと。まあ”検索すりゃかわる”と思えばいちいち記憶しようなんて思わないのもわかりますが。
 受験生時代(はるか昔ですなぁ)だと、まず”覚えること”が山ほどあったんで、”なんでこんなこと覚えにゃならんのだ!、これを覚えてなんの得があるんだ!!”と思ったもんですが、今の若い人ならなおさらでしょうなぁ。
 知識を身につけるためにかかるコストが、知識を身につけたことによる利得を上回ることはままあること(てか、ほとんどの知識ってそうじゃね?)。まあ、覚えなきゃ受験に合格はしないんですけどね・・・ 本書でもロンドンのタクシードライバーが仕事に付くために要求されるテストがGPSナビにとって代わられるなんて話が出てきますが、クラウド化すりゃますますこのアンバランスが拡大するんでしょうね

〔学ぶことの意義:学習はすぐれた脳の機能を生み出し、より高い所得をもたらす〕
 上記に対しての救いの言葉(かな?)がこれ
 知識と所得の相関関係について考えられる説明として

  学習が認識能力を改善するということだ
  この能力はほとんどどんな仕事―― 一生従事する職業も含めて ――にも役に立つ
  学習はすぐれた脳の機能を生み出し、より高い所得をもたらす

ってのが書いてます。ちょっとは気休めになりますか、受験生のみなさん

〔キツネのように幅広い一般知識の取得を第一とする哲学は逆風に。だが・・・〕
 本書の最終章には、キツネのように幅広い一般知識の取得を第一とする哲学は逆風にさらされていて、ハリネズミのような大きな概念に関連づけるやり方のほうが支持されているてな記述があります。なぜなら情報はクラウド(ネット)にあって必要に応じて利用できるから。本書の結論としてはこれではダメなんだとか。これは情報をきちんと持っていることは、その文脈についても情報をもっているということ。

  それ(文脈)は、個々のものの評価を可能にしてくれ
  われわれが知らないことに、きわめて重要な洞察を与えてくれる全体への展望だ

 まあ、ブチブチの情報だけではなくって、全体の流れを含めた情報や認識能力がなきゃ、ネットにつながってるだけじゃ不十分ってことなんでしょうかね

 まあ、冒頭の笑い男と草薙少佐の会話もみたいに電脳空間にダイレクトにつながってなけりゃ成立しそうにないってのもありますが、これって単なる知識のひけらかしじゃないんですね。

  草薙少佐:それは経験から導きだされた貴方の言葉?
  笑い男  :Yes

 ネットと検索がはびこる世の中、この質問ってより重要になるんでしょうね、きっと

《脚注》
(*1)攻殻機動隊 S.A.C.(原作 士郎正宗、監督 神山健治、バンダイビジュアル)
 正式名称は”攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX”。現代のネットワーク社会が究極進化するとこうなりそうな未来社会を描いたSF。テレビ版は全26話ありますが、160分にまとめた総集編”攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man(バンダイビジュアル)”もありますので、初めての方はこちらをどうぞ。上記のセリフは総集編版のです。
(*2)ドアノーにサリンジャーにジガ・ヴェルトフに~
ドアノー:ロベール・ドアノー。フランスの写真家
J.D.サリンジャー:アメリカ合衆国の小説家。”ライ麦畑でつかまえて(白水社)”など
ジガ・ヴェルトフ:ソビエト連邦の映画監督。”カメラを持った男(メディアディスク)”など
フレドリック・ジェイムソン:アメリカの思想家。”政治的無意識(平凡社)”など
大澤真幸:日本の社会学者。”ナショナリズムの由来(講談社)”など。
 すいません、どれも読んだり観たりしてません。
(*3)ハリネズミ
 ハリネズミ目ハリネズミ科ハリネズミ亜科に属する哺乳動物の総称。
 本書では”すべてのことを、ある一つの中心となる大きな概念に関連づけるエキスパート”と記されています

山登りには星座早見盤を持って!(野尻抱影 星は周る/富士裾野演習場)

 ども、そろそろ”死兆星(*1)”が見えそうな歳になりつつあるおぢさん、たいちろ~です。
 ペンネームというのは本人の自由に付けられるので、意図的によく似た名前ってのがでてきます。まあ、オマージュの一種なんでしょうがこれが漫画みたいに絵柄が違えばすぐに気が付くでしょう。まあ、絵柄をひと目見れば山上たつひこと山止たつひこを混同する(*2)なんてことはなさそうですし。
 でも、これが文章のみとなると、読んでみないとわかんない。うっかりするとちょっと読み進めてから”あれっ?”ってことも。ましてやジャンルが同じだとなおさらのことです。
 ということで、今回ご紹介するのは、女子高生をロケットで宇宙に飛びださせたりしない方の”野尻さん”の本”野尻抱影 星は周る”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。旧”富士裾野演習場”、現”陸上自衛隊 東富士演習場”です。

2013_8225680


【本】野尻抱影 星は周る(野尻抱影、平凡社)
 ”星の文人”と呼ばれた英文学者にして天文随筆家だった野尻抱影による随筆集。
活躍したのは1920年代半ばからで没年1977年と戦前戦後の時代の人ですが、今読んでも十分面白いです。
【旅行】富士裾野演習場
 富士山東麓の御殿場市、小山町、裾野市にまたがる陸上自衛隊の演習場。面積は約88㎢。行った時はどこからが演習場かわかりませんでしたが、とにかく人家もない広大な敷地だったのは確か。
 写真は2013年の”富士総合火力演習(*3)”の予行演習の時のもの。左側が標的になっている台地、右下にちっちゃく写っている戦車っぽいんは”99式自走155mmりゅう弾砲”です。こいつを始め、10式戦車多目的誘導弾だを使って実弾ぶっぱなすんですから、近くに家なんかあろうはずがございません。


 すいません、実はこの本”野尻 抱介”と間違えて借りたんですな。こっちは”ロケットガールシリーズ”、”ふわふわの泉”、”南極点のピアピア動画”(ともに早川書房)などを書いたSF作家。上記の”女子高生をロケットで宇宙に飛びださせた”のは”ロケットガールシリーズ”のことです。いや~~、最初はまったく気付かんかったんですが、読んでみるとこれがけっこう面白い。気にいったとこをいくつかご紹介。

〔宇宙の知識は変わっていく〕
 最初に違う人の本を読んでると気が付いたのが本文の中でアンドロメダ大星雲までの距離が95万光年、註で約250万光年とあったから。科学技術の発達で変わったんでしょうか。これなかったらもうちょっと先まで誤解したまま読んでたかも。
 ちなみにこの人は”冥王星”の和訳命名者だそうです。発見されたのは1930年でこのころはまだ惑星でしたが、2006年に”準惑星”に。科学の進歩がいろいろ変えてくんですな。

〔変わらないのは星の悠久感〕
 逆に星座の位置の形や星の位置は数万年たっても目立った変化はないとのこと
4000年前のミイラやギリシャの詩人ホーメロスを現代に甦らせて星を見せてもその当時とほとんど変わらないだろうという感覚って、言われてみればすごいな~~

〔望遠鏡で星を覗くのは距離を近づけるのと同じ〕
 200倍の倍率で望遠鏡を使って星を見るということは1/200だけ星の位置がこっちへ近づくってこと。あるいはこっちが地球を離れて星に近づくってこと。この感覚ってすごいな~~っと感心。だって上記のアンドロメダ大星雲だったら10万光年分ですぜ!!
 そりゃ、実際に近づくわけじゃないことは百も承知ですが、でもこれってロマンを感じませんか?

〔減っているのは星の数〕
 科学の発達で望遠鏡の倍率は高くなったかもしれませんが、逆に見える星の数は減っているみたい。野尻抱影は桜新町に住んでましたが、戦前に比べると星数がげっそり減ったと。駒沢球場(1962年に廃止。現駒沢オリンピック公園)でナイターがあると天頂までダメになるとお嘆き。ほかにも横浜の空明かりでカノープスが見えなくなったなんて話が出てきます。まあ、今の感覚から言うと桜新町あたりで夜の星が見えたってほうが驚きです。行ったことないけど(*4)。

〔山の頂でみる星が良い〕
 じゃあ、どこがいいかというと高い山の頂驚くばかり鮮やかで数も夥しいと。友人から聞いた話として、奥穂高で北斗七星の枡の中の小さい星が数えられたとか、富士の裾野へ演習に行った人が北冠座(かんむり座)で細かな星が直角三角形をなしているのを見たとかの話を紹介

 こんな星は、下界では、特に都会の濁った空では見えないのが普通である

 富士の裾野が山かどうかってのはありますが、要は回りに空を照らすような明かりがない所。ビルや民家がない広大な演習場って確かに星は綺麗にみえそうです。民間人なら山の上もそう。空気も澄んでいるんでなお良いんでしょう。私も山登りをしますが確かに山での星ってすごいんですよね!

〔山行であると同時に、時には星行〕
 ことほどさように山と星ってのは相性が良いようで、山と星の話題もいくつか出てます。そん中から下記の名言をどうぞ

  願わくばアルピニストの紀行も、山行であると同時に。時には星行出会って欲しい
  これは独り天文ファンのみからの註文ではないと思う
  かつ登山家自身が星を知ることによって登山の楽しみを加え得ることは
  おそらく予想以上だろう

 今年は夏休みで八ヶ岳に行く予定ですが、星座早見盤でも持っていきましょうかね。最近はスマホのアプリもあるみたいなんで荷物にもならなさそうだし。むしろ星観る前に酔っぱらって寝てしまわんようにしなくっちゃ!

《脚注》
(*1)死兆星
 北斗七星の脇に輝く小さな星”死兆星”が見えると死ぬという。”北斗の拳(武論尊、原哲夫、集英社)”でのフィクションだとばっかり思ってたらホントに”アルコル”というのがあって、”見えると死ぬ”、”見えないと死ぬ”という伝説が各地にあるんだとか。へぇ~~
(*2)山上たつひこと山止たつひこを混同する
 ”山上たつひこ”は”がきデカ”、”喜劇新思想大系”などで一斉を風靡した漫画家。”山止たつひこ”は”こちら葛飾区亀有公園前派出所”の作者”秋本治”のこち亀連載開始当時のペンネーム。実際に100話まではこのペンネームだったとか。まあ、40年以上前の話ですけど。
(*3)富士総合火力演習
 東富士演習場で行われる陸上自衛隊の演習の一つ。実弾をぶっ放す戦車が走りまわり、戦闘ヘリが飛び回りとその手の好きモン垂涎のイベント。一般公開はされているものの競争率が28倍(2016年度 陸上自衛隊hpより)となかなかのプラチナチケットです、はい。
(*4)行ったことないけど
 隣駅の駒沢大学駅は先日行きましたので、一応。東急田園都市線の桜新町駅は渋谷から4駅目、距離にして6キロ程度に位置します。

より以前の記事一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ