学問・資格

失礼ながら、閣下は樽に住んだ哲人をご存知でしょうか?(ディオゲネスは午前3時に笑う/樽)

 ども、哲学的な人生を送るおぢさん、たいちろ~です。
 先日DVDで”コクリコ坂から(*1)”を見てると、どう見ても武道系にしか見えない”哲学研究会”の巨漢の学生と(*2)、学校の理事長がこんな会話をしてました。

  理事長:君は新しい部室が欲しくないかね? かわいい後輩もいるようじゃないか
  哲学研:失礼ながら、閣下は樽に住んだ哲人をご存知でしょうか?
  理事長:ディオゲネスか! あはははは。
       校長先生、いい生徒達じゃありませんか!

 なかなか、エスプリの聞いた会話ですが、なつかしいなぁディオゲネス。
 といっても、こっちは世界史や倫社・政経の授業じゃなくある小説からの知識ですが。ということで、今回紹介するのはちょっと昔の推理小説”ディオゲネスは午前3時に笑う”であります。


0383

 写真はたいちろ~さんの撮影。仙台のニッカウイスキー工場にあった樽です。


【本】ディオゲネスは午前3時に笑う(小峰元 講談社)
 高校3年生の”正之”は姉”信子”の不倫相手が金沢で列車事故で亡くなったことを知る。しかもその男はまったく別の女性”多可子”と抱き合って死んでいた。
 正之は偶然知り合った”チン浪”、落語家の卵”五六”、多可子の妹”英理”たちことの真相の究明に乗り出す・・・
 ”アルキメデスは手を汚さない”で江戸川乱歩賞を受賞した小峰元の青春推理小説。
【道具】
 主に液体を詰めておくための円筒形の容器。写真の樽はウイスキーを発酵させ熟成させるためのものです。
 写真は手前からButt(477.3リットル)、Puncheon(318.2リットル)、Hogshead(238.7リットル)、Barrel(119.3リットル)(カッコ内はイギリスのワイン樽の容量)
 ディオゲネスの住んでいた樽がどれかは分かりませんが、現在のカプセルホテルと比べても相当狭そうです。


 この本、初版が1976年なんでたぶん高校生ぐらいの時かなぁ、読んだの。
 ストーリーはほとんど覚えてませんでしたが、権力や権威に媚びることなく自由に生きたディオゲネスってのがミョ~に印象に残ってました。
 本書のストーリーは上記のとおりですが、登場人物の中でディオゲネス的なのが”チン浪”。何かとディオゲネスの言葉を引用する人ですが、実は東京大学を3ケ月で自主退学した優秀だけど変わり者。東大をやめた理由ってのが

  ディオゲネスが、白昼、アテネの目抜き通りを、
  ランプをかざして歩いてたって話を知っているだろう?
  なにをしているんだと尋ねられたら、
  人間を探してるのさと、答えたっていうが・・
  同じことを、おれは大学で感じたね。
  あそこはマージャンとマンガで明け暮れるアホの楽園か、
  でなけりゃゲリラ予備軍の養成所さ。
  ときたま講義に出席率がいいやつがいると思えば、
  成績をあげて官庁か一流企業を目指しているススけた野郎さ。
  つまり学生は、数えるほども、いやしない

 まあ、そのアホの楽園に入るのに人様より2年も余分にかかったアホですのであんまし偉そうには言えませんが、リアルタイムで読んだ時ってのはそんな空気でしたねぇ。
 実際、主人公の正之も”大学に行くべきか、行かざるべきか”なんて悩んでますが、大学全入時代(*3)の若者たちもおんなじように感じるんでしょうか。
 大学に入ることが敷かれたレールのレールを走るだけなのでいやだという正之に対してチン浪は、その意見に賛成しつつも

  実際はレールの上を走らされるだけさ。
  ただ、鈍行か急行か特急かを選ぶことが許されている
  もっとも、その男に、金か、能力があればの話だがね

 のちに”ドラゴン桜(*4)”で”東大卒はプラチナチケット”ってな発言をしていますが、状況認識としては同じでしょうか。でも”ドラゴン桜”ではチケットを手に入れること自体に疑問を持たない(持たせない)ってのが今の時代風です。

 チン浪は本書の中では突出した状況判断能力の持ち主として描かれています。本書の中でディオゲネスをして

  ディオゲネスは、何でも見えすぎたんだ。
  人間の心の裏の裏まで知りすぎたものだから
  人間に失望したのかもしれないな

 という評価をしていますが、これは一面チン浪にも当てはまること。
 優秀なのはいいけど、優秀すぎることが必ずしも幸せとは限んないのかもしれません。
 とはいえ、正直なとこ受験生を持つ親としては、せめて急行列車ぐらいには乗って欲しいもんです。ディオゲネスは哲学者として名を残し、アネテの人々にも愛されていたそうですが、現代で樽に住んでりゃ”ホームレス”としか言われんでしょうしねぇ・・・

 ”ディオゲネスは午前3時に笑う”は、ちょっと今風ではないかもしれませんがお父さん世代が”あの頃”を振り返って読むには良い本かも。”コクリコ坂から”だっておじいさん世代のお話なんだし。

《脚注》
(*1)コクリコ坂から(監督 宮崎吾朗、スタジオジブリ)
 東京オリンピックの開幕を目前に控えた日本。横浜にある高校では古い部室棟”カルチェラタン”の建て替えを巡って論争が巻き起こっていた。女子高性のメルはあるきっかけから知り合ったった俊とカルチェラタン存続に向け奔走することになる。
 ”ゲド戦記”に続く宮崎吾朗監督の第2作目。
(*2)どう見ても武道系にしか見えない
 別に武道系に含むところがあるわけではありません。
 でも、カルチェラタンの大掃除の時に3人がかりで押さえつけてるとこみると力はありそうです。
(*3)大学全入時代
 2007年頃に日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る、つまり”大学・学部を問わなければ希望者全員が大学に入れる”ようになりました。
 だからと言って大学入試が楽になったわけではなさそうですが・・・
(*4)ドラゴン桜(三田紀房 講談社)
 このマンガが連載されたのは2003~07年と全入時代直前のころ。
 プラチナチケットうんぬんの発言をしているのは元暴走族の弁護士の桜木建二先生。チン浪と違いは社会の荒波にもまれた人だからの発言ではあります。

インターネットははたして純粋経験なりや?(善の研究/哲学の道)

 ども、哲学するおぢさん、たいちろ~です。
 先日、京都の哲学の道に行ってきました。あいにくの雨でしたが、逆に考えると雨にけぶる疎水のほとりに咲くあじさいなんてのはかえって風情があり、世俗の塵芥にまみれたおぢさんも”哲学してみましょうか”って気になります。
 ということで、今回ご紹介するのは日本哲学の泰斗、西田幾多郎(*1)の”善の研究”であります。


0368 0363_2


写真はたいちろ~さんの撮影。左は哲学の道とあじさい、右は哲学の道の碑です。


【本】善の研究(西田 幾多郎 岩波文庫)
 純粋経験の立場から、哲学の全領域にわたって整然と組織された哲学の本。のちに西田哲学の基礎となったそうです。初版は明治44年(1911年)と百年に及ぶロングセラー。解題を書いている下村寅太郎いわく”西田哲学の入門書に最適”とのことですが、とっても難しかったです。
【旅行】哲学の道
 京都の南禅寺付近から銀閣寺まで続く疏水のほとりの散歩道。西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたそうです。
 確かにこの閑静な小道を歩いていると哲学の気分にひたれます。派手さはないけど京都観光のお勧めスポット。


 さて、西田哲学の要諦にあるのが、”純粋経験”。本書から抜粋すると

  経験するというのは事実其儘(そのまま)に知るの意である。
  全く自己の細工を棄てて、事実に従うて知るのである。
  純粋というのは、普通に経験といっている者も
  その実は何らかの思想を交えているから、
  毫も思慮分別加えない、真に経験其儘の状態をいうのである。

 この色は何とかの判断もなく、こいつは何を言っておるのだという推理もない本当に感じたままの状態のこと。この上に”思惟”があり、”意思”があるらしい。で、ただ、”私は哲学の道を歩いている”という純粋経験から、”ここはひとつ西田幾多郎でも読んでみましょうか”ということになるわけです。
 正直言って、この本を読むまで”幾多郎”を”きたろう”ではなく”いくたろう”と読んでるぐらいで、”哲学の道”に行かなければこの本を読むことはなかったでしょうねぇ。

 さて、今回のお題の”インターネットははたして純粋経験なりや?”でありますが、ネット上のこんなブログを読んだりとか、バーチャルチアリティってのは”純粋経験”になるんでしょうか?
 ブログを読むこと、本を読むこと、あるいは映画を見ること、直接的には経験であることには変わりはありませんが、そこに誰かさんがした経験を切り出すという意思が入っているので、そういった意味では二次的な経験ともいえます。まあ、見た瞬間は”純粋経験”といえるでしょうが・・・
 本書の中で”個人あって経験あるのではなく、経験あって個人ある”といっているので、こういった駄文のブログを読む経験でも、誰かさんの個人形成や意思に影響してるんでしょうかねぇ。よくわからん。

 実は、”経験って何?”ってどんどん難しくなっている話です。かつて寺山修二が”書を捨てよ、町へ出よう(*2)”といった時代ほど簡単ではななってきています。インターネインターネットで世界中とつながるわ、コンピュータグラフィッスばりばりの映画がでてくるわ、テレビは3D化するわ(*3)、ものすごい勢いで現実をバーチャル技術が追っかけていて、部屋のにいても一昔とは比べられないくらい、いろんな経験ができるようになりました。
 まあ、現実の”哲学の道”に立ってみる経験から得る実感と、テレビから得られる実感は違いますが、そこに付帯する知識はテレビやインターネットのほうがはるかに上。娘が大学で”情報メディア論”ってのを受講していて、講義のテキストを見せてもらいましたが、情報メディアの高度化というのは、ある意味”現実感をどう表現するか”といった要素も大きいので、こういった哲学方向での素養も抑えておいたほうがいいのかな。点数にはならなさそうだけど。

 あと何十年もたたずしてマトリックス(*4)がリアルになりかねないような技術進歩の勢いなので、”経験”に対する社会的な評価のコンセンサスを作っとかないと、”実体験だけが正しい”みたいなことになりかねません。在宅のデイトレーダーがリアルに働いてる人より稼いでいるとか、テレビや本ばっかりみているオタクの人が実は知識(限定的だけど)が豊かとかに対する否定的なニュアンスって、実はそうじゃないと思う時もあったりなんかしちゃいます。

 ”善の研究”は、戦前の日本では学生の必読書だったそうですが、昔の学生は頭がよかったのか、おぢさんの理解力が貧困なのか、1回読んだぐらいじゃその深遠にふれることはできなさそう。でも、たまにはこういった浮世のしがらみから離れて哲学書に触れるのもいいかも。老眼入った人用にワイド版も出版されています。

 余談ですが、同じく歩いた奥様もブログを書いてますのでよろしければごらんください。ま、同じ経験をしてもこんだけアウトプットが違うってのは、人の多様性ということで・・・

《脚注》
(*1)西田幾多郎(にしだ きたろう)
 日本を代表する哲学者(1870年(明治3年)~1945年(昭和20年))。
 第四高等学校(金沢大学の前身)講師から、京都大学教授となり、京都学派を創始。
(*2)書を捨てよ、町へ出よう
 平均化された生活なんてくそ食らえ。本も捨て、町に飛び出そう。永遠の青春の旗手が贈る、自分を知る一冊。(Amazon.comより)
 高校の時ぐらいに読んだはすなんだが・・。こんとまた読んでみよう。
(*3)コンピュータグラフィッスばりばりの映画がでてくるわ~
 左右の眼球の視野差を利用して立体に見せる技術で、今後の家電メーカーの戦略商品となっている模様。
 かつてつくば博(1985年開催)の富士通パピリオンで世界初のCGによる全天周立体映を見たときは驚きましたが、当時は水の分子やDNAといった比較的幾何学的な画像を赤青(だったかな)の2色で表示させるだけでも超大型コンピュータを並列につないぐ必要がありました。そんなのをはるかに高度な表現で当たり前にやってるのを見ると隔世の感があります。
(*4)マトリックス
 1999年から公開されたウォシャウスキー兄弟が監督したアメリカ映画。
 現実と思っていた世界が、実はコンピュータの反乱によって作られた「仮想現実」だというお話。主人公のネオが超人的な動きをするとこを除けば、どれが現実でどれが仮想空間かの区別はつきません。

ちょうど就職氷河期だったんで、コミュニケーション能力が必要でした(Googleに学ぶ幸福な職場/センダン)

 ども、人材育成担当のおぢさん、たいちろ~です。
 先日、中堅社員向けの”コミュニケーション能力強化研修”があるので、誰を出席させるかという話題になりました。入社年次順に並べて30代前半の同僚とあ~じゃこ~じゃ話をしていて気がついたんですが、異様に元気がある世代と、わりとおとなしいのがいる世代が分かれるんですね。特に00年以降に入社しているのにとんがってるヤツが多い。ちょうど話をしていたのがこの世代だったので聞いてみたら

  私達の時代はちょうど就職氷河期だったんで、
  コミュニケーション能力がないと就職がままならない時代でした
  なので、学校でもこの強化に力を入れてました

 とのこと。なるほどね~~~
 大学で真面目にベンキョしてなかったおぢさん世代には耳の痛い話です。


0270

写真はたいちろ~さんの撮影。埼玉県清水公園の”センダン”です。


【本】Googleに学ぶ幸福な職場(きよみ ハッチングス 朝日クリエライブラリー)
 著者は日米グローバル企業の企業内教育コンサルタントの人。なので内容は”幸福な職場を実現するための教育”の重要性に重点をおいて書かれています。
 表題が”Google”ですが、”Googleだからできた”んじゃないことを理解させてくれる本。
【花】センダン(栴檀)
 センダン科の落葉高木。大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえ”栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し”に出てくる木ですが、このセンダンは白檀(びゃくだん)(*1)のことで別物だそうです。
 ま、珍しいので載せてみました。


 今回ご紹介する”Googleに学ぶ幸福な職場”ですが、その中でGooglegが優良企業ランキングの上位に入っている理由として以下の3つをあげています

1.企業文化に5つのキーとなる要因が入っている

 信頼、尊重、公正、プライド、仲間と楽しく仕事ができる
2.従業員のやる気を醸成する職場環境がある
 従業員への感謝の気持ちとしてのベネフィット、ワークライフ・バランス、
 ダイバーシティ(多様性の尊重)、従業員流出率の低さ
3.企業の成長を促す文化がある
 自由な発想の奨励をイノベーションにつなげる、社会・地域貢献、
 双方向でオープンなコミュニケーションの浸透、
 社内外のコラボレーションの奨励
 グローバルな視野のある従業員育成

 まあ、言うだけならどこの会社でも言ってる内容ですが、実行できるかどうかが重要。そこでポイントになるのが”企業文化”。文化ってのはお題目だけでは文化にならないんでしょうから、文化として定着するためのは教育とかの努力が必要になります。
 この本では従来型の会社提供型の教育カリュラム(フォーマル・ラーニング)や自分で率先して学ぶ(インフォーマル・ラーニング)に加えソーシャル・ラーニングが重要と説明しています。
 ソーシャル・ラーニングってのはカリキュラムがあって先生から教えてもらうんじゃなく、わいわいがやがやあ~でもない、こ~でもないと話合いながら学ぶやり方。これによってコラボレーションに必要なソーシャルスキル、コミュニケーションスキルを身に付けると言うもの。
 上記の30代以降のとんがってるヤツってのは、これが上手いんですな。いわゆる自己主張がちゃんとできてる。自分の意見を自分の言葉で相手を納得させられる能力ってのはなかなか得がたいものです。年のわりに偉そなヤツがいるのも確かですが(*2)

 まあ、私の会議のやり方は”言いたいことははっきり言ってみそ!”ってのが基本にあるので、とにかくコミュニケーションできなければ話にならない。私自身が”座ってるだけなら会議に出るな!(*3)”と教育されて来ているので、ちゃんと自分の意見を言えるスキルが大前提になるのは理解しやすいトコロであります。
 今後、グローバルに展開していかなかれば日本の国自体が成り立っていかないご時勢、”沈黙は金”とか”以心伝心”なんてのは通用しなくなってくんでしょうね。そういう意味ではちゃんと双葉の時代から鍛えてかないと難しいスキルではあるかもしれません。

 ”Googleに学ぶ幸福な職場”は教育担当者というより幹部社員に読んで欲しい本。会社の雑談ってのも決してムダでゃないし、言いたいことを言い合える環境をちゃんとつくれば、以外と面白いアイデアってのが出て来るモンです。
 耳が痛いのも多いけど、これを受け止められるかどうかが会社と人間の度量ってものですぜ!

《脚注》
(*1)白檀(びゃくだん)
 ビャクダン科の熱帯性常緑樹。良いにおいがするのでお香などに使われます。発芽のころから香気を放つことから、この例えに使われているとのこと。
(*2)年のわりには偉そなヤツがいるのも確かですが
 誤解したいでいただきたいですが、これは最大級の賛辞なんですよ。
 ”あしたのジョー”の中で矢吹ジョーが少年院でのボクシング対決前に大口叩いているのを見て白木財閥の総帥が”相手が自分より実力が上と判っていて強がるのは覚悟がいる。負けたときに大恥をかくことになるから”といった趣旨のことを言ってます。
 単なるビックマウスが評価されるほど、会社は甘くありません。
(*3)座ってるだけなら会議に出るな!
 配属が関西でしたので、黙っている人間なんてほとんどいませんでしたが・・・

京都でも勉強したな~、予備校だけど・・・(受験生ブルース/街/北野天満宮)

 ども、受験生の父親たいちろ~です。
 今年の夏に京都の北野天満宮に行ってきました。理由は受験のお守りを貰いに。そう、息子が高校、娘が大学とダブル受験です。まあ、気は休まらんわ、お金はかかるわと大変ですが、私自身も2浪して親に迷惑かけたし、こればっかりは文句も言えんわな~
 ということで、今回のお題は”受験と京都と私”、高石友也の名曲から”受験生ブルース”と”街”であります。

0181


写真はたいちろ~さんの撮影。
京都の北野天満宮です。







【CD】受験生ブルース(高石友也)
 受験生のつらさをコミカルに歌った関西フォークの古典的名曲。私が受験生であった時より10年近く前の曲(シングル発売は1978年)ですが、やっぱり歌ってました。
 曲中に出てくる”ラジオ講座”は旺文社の”大学受験ラジオ講座”のこと。大学祝典序曲(*1)”は今聴いてもうぎゃ~~となります
【CD】(高石友也)
 京都のイメージソングとも言える名曲。1975年、京都市民まつりのテーマソングの一つとして歌われたそうです。京都の町並みを淡々と歌っている歌詞ですが、”この街が好きさ、君の微笑みあるから”にはぐっときます。
【旅行】北野天満宮
 学問の神様”菅原道真”を祀った神社。多くの受験生らの信仰を集めていて、受験合格の祈願の定番です。娘の高校受験の時は大宰府天満宮に、今回は娘と息子を合わせて京都の天満宮でお守りをいただきました。

 上記にありますように、2年間浪人をしましたが、2浪目に通ったのが京都の駿台予備校京都校。ちょうど二条城の真横にありまして、ここで1年間受験にいそしんでおりました。ちょうどカーター大統領(*2)が訪日していて、ご家族が二条城を訪問されるということで厳重な警戒の中で勉強をしてました。予備校の窓から見てたけど・・・
 さすがに受験生とあって二条城には一度も行きませんでしたが、せっかく近所だったんからデートぐらいすればよかったな~、彼女いたんだし・・

  恋しちゃならない受験生、やけのやんぱち石投げた♪

 その年、やっとこさ同志社大学と京都産業大学に合格しましたが、国公立もなんとか合格しましたので、そちらに行きました。でも、今考えると京都の大学も良かったかな~
 高石友也の”街”を聴いているとそう思います。
 京都という街は神社仏閣の多いところという印象がありますが、大学も多い学生の町です。京都大学を始め、同志社大学、立命館大学、京都産業大学、龍谷大学、ノートルダム女子大などなど。京都市内だけでも38校の大学・短期大学があるそうです(*3)。もっとも、京都大学の赤本(*4)で問題を見たときには、回答の説明を読んでもさっぱり理解できませんでしたが・・・

 その後は、遊びに行ったりとか、アルバイトに行ったりとか(*5)、今では京都に両親を納骨したお寺さんがあるので年に数回行きますが、やはり落ち着いたいい街です。古いものが多いにもかかわらず、国際的な都市だし、静かな流れの川や疎水、山並みなどの自然もあって、学問するにはいいところなんでしょうね。でも、受験勉強はもうイヤですが。

  大事な青春無駄にして 紙切れ一枚に身を託す
  まるで河原の枯れすすき こんな受験生に誰がした

    (”受験生ブルース”より”結論でございます”)

 現役、浪人と3年間も受験勉強をした経験から言いますと、あまり浪人してもいいことないです。できれば息子、娘にはストレートで合格をして欲しいものです。
 京都に住んで”街”を聴いてとまでは言いませんから、予備校のブルースだけは勘弁してください

 ”受験生ブルース”は高石友也のベストアルバム等で比較的入手可能ですが、”街”のほうは入手が難しそうです。高石友也の曲の中でも有数の名曲なので、ぜひ復刻して欲しいものです。

《脚注》
(*1) 大学祝典序曲
 作曲はブラームス。オープニングに使われたことから、おぢさん世代には”大学祝典序曲=受験勉強”というイメージがDNAに刷り込まれ
(*2) カーター大統領
 第39代アメリカ大統領。任期は1977年~1981年。バラク・オバマ大統領に先立つこと7年、2002年にノーベル平和賞を受賞。
(*3)京都大学を始め、
 関西では有名大学をまとめてトップ校を”関関同立”、その次のクラスを”産近甲龍”といいます。”できれば関関同立、なんとか産近甲龍”が当時の関西受験生の希望でした。
  関関同立:関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学
  産近甲龍:京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学
 うち、同志社大学、立命館大学、京都産業大学、龍谷大学と半分が京都に立地する大学。
(*4)赤本
 教学社(世界思想社)が発行している大学入試過去問題集のこと。
 私が見たのは、目の出る確率がふぞろいなサイコロを振った結果を出す方程式の問題。誰がこんなの考えるんだ?。
(*5)アルバイトに行ったりとか
 友人の紹介で、同志社大学前にある地下鉄今出川駅ホームの天井のパネル張りにいきました(地下鉄開通は1981年)。
 地下の作業ですので、この時はお昼休み以外は太陽を見ない生活だったです。

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ