« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »

2017年7月9日 - 2017年7月15日

ハンドメイド 宇宙のロマン、ソフトでもハードでも(進め!なつのロケット団/増上寺 天の川ライトアップ2017)

 ども、”無限に広がる大宇宙(*1)”なおぢさん、たいちろ~です。
 7月7日と言えば”七夕”。仙台在住が長かったうちの奥様は8月と思ってましたが(*2)。あんまし天文とかに詳しくない私でもこの日だけは”宇宙のロマン”みたいな話題に乗っかっちゃうモンです。
 世の中に”鉄”と呼ばれる鉄道オタクがいますがこの趣味も”乗り鉄”、”撮り鉄”、”録り鉄”、”車両鉄”、”駅弁鉄”(*3)と人それぞれのようですが、天文マニアってのもいろいろバリエーションがありそうです。オーソドックスな天体望遠鏡で宇宙を観察する”見上げてごらん、夜の星を派”、宇宙飛行士を目指す”宇宙兄弟派”といったハード系から、星座に思いを馳せる”聖闘士派”、今や市民権を得たと言っても過言ではない(過言かな?)”SFヲタク”などソフト系まで。
 ということで、今回ご紹介するのはそんな天文マニアな趣味より、ハード系な話”進め!なつのロケット団”とソフト系な話”増上寺 天の川ライトアップ”のご紹介であります

写真はたいちろ~さんの撮影。増上寺 天の川ライトアップ。
分かりにくいですが、上左が増上寺大殿、中央上の青く光っているところが東京タワーです

1239


【本】進め!なつのロケット団(あさりよしとお、白泉社)
 小学生たちが集まってロケットを作るという”なつのロケット(あさりよしとお、白泉社)”というお話から、リアルでロケットを作っちゃうという”なつのロケット団”(キャラクターは”なつのロケット”と同じ小学生)のお話に。
 著者は”まんがサイエンス(*4)”の著者でもあるあさりよしとお。”宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた 実録なつのロケット団(あさりよしとお、学研プラス)”というのもあります(まだ読んでないけど)
【旅行】増上寺 天の川ライトアップ2017
 正式名称は”増上寺七夕祭り 和紙キャンドルナイト2017”。2017年7月7日に増上寺境内で開催。企画運営は多摩大学 村山貞幸ゼミ 日本大好きプロジェクト
 三解脱門(正門)から大殿(本堂)までの全長80mに約2,700ケの和紙キャンドルを並べて天の川を表現したもの。けっこう綺麗でしたよ!


 ということで、ハンドメイドでロケットを作っちゃうというハードな話から。
 七夕といえば宇宙ネタってことでしょうか、7月6日に”ホリエモンロケット 7月29日打ち上げ 成功すれば民間初”つ~ニュースが出てました。内容を要約すると、宇宙ベンチャー”インターステラテクノロジズ”が開発した小型ロケット(直径約50センチ、全長約10メートル、重さ約1トン)を7月29日に打ち上げると発表、高度100キロ(大気圏と宇宙空間の境界)まで上昇し、通信試験などをするのが目的、成功すれば民間単独によるロケットの宇宙空間への到達は日本初”といったもの。なぜホリエモンが出てくるかというと、本書の”なつのロケット団(リアルのほう)”が始めたプロジェクトがインターステラテクノロジズの前身で、さらにインターステラテクノロジズを創業したんが元ライブドア社長の堀江貴文からです。

 ”莫大なコストのかかる宇宙開発を民間企業なんかでできるんかい?!”と思われるかもしれませんが、実際やっちゃってる訳ですし。ただし、これはペイロードなり到達高度なりをかなり制限しているからです。このへんの話が本書の”誕生秘話 なぜ我々はマンガの中のロケットをリアルに作りはじめてしまったのか”に詳しく出ています。
 日本独自の有人宇宙飛行プランを提唱したものの国家に受け入れられなかったメンバーが”じゃあ、民間で有人ロケットを上げちゃえば”という話に。で、ホリエモンを巻き込んでロシアから買ったらと見積もりしたら足下見られて想定の10倍以上の見積もりに。ここでホリエモンからの提案

  自分の手で作るんだよ
  たとえ実用にならなかったとしても・・・
  選択肢があるとなれば相手も無視できない
  それにロケットエンジンの何たるかを知らない人間が交渉などおこがましい
  ロケットエンジンについて技術的な方向から語れない人間が
  対等な話ができるわけないじゃないか

 この発言、ホリエモンって実はすごいんじゃないかと。”選択肢を作るため”、”技術的なバックボーンをもって交渉力を高める”って、言うのは簡単ですが実際にやるってのはけっこう大変なことですし、そもそもなかなか発想しないでしょ!
 その後、ホリエモン逮捕だとかなんだとかあっていったんプロジェクトは挫折するんですが、夢が捨てられない有志が集まってプロジェクトが再起動(*5)。で、今日につながると・・・

 本書は”民間(小学生)によるハンドメイドのロケット開発”ていう内容なんですが、成功したり失敗したりと紆余曲折ありますが、やっていることは意外に地味。まあ開発なんてそんなもんでしょうが・・・ でもけっこう面白いんですね、これ。科学的な解説なんで分かりやすくのっかってるし、何のためにこれやんだっけみたいなものも明確。子供向けのマンガっぽいですが、大人の方にもお勧めです。

 さて、ソフトは話つ~ことでハンドメイドで天の川を作っちゃう”増上寺 天の川ライトアップ”のネタです。
 ハンドメイドで宇宙を作るといっても”フェッセンデンの宇宙(*6)”みたく実際に作っちゃうSFもありますが、それはまた別の話。ここでのお話はいわゆる”見立て”です。”見立て”といってもバカにしたもんじゃないです。”プラネタリウム”だって立派な”見立て”でしょ? 重要なのは”見立て”に何を求めるか。科学館にあるプラネタリウムみたいに科学的な正確性を求められるものもありますが、そこそこなら手作りキットだって売ってるし、専門家がやればかなり高度なものでも手作りできちゃうみたい。要は学問的・教育的な観点を求めるか、イメージとして宇宙への興味を高めるか。子供たちが”天の川”というものに興味を持って、実際の天の川を見たいとか(東京ではなかなか見れませんぜ!)、宇宙のことをもっと知りたいと思うなら”見立て”だって充分役にたってるんじゃないかな
 まあ、浴衣デートでちゃいちゃしてるだけのおにいちゃんとおねえちゃんはこのあとホテルでの”良いではないかゴッコ(*7)”のことだけ考えてりゃいいんです。ケッ!

 すいません、取り乱しました。”天の川ライトアップ”は”日本大好きプロジェクト”という伝統文化伝承って位置づけで”天文”ってカテゴリじゃないんでしょうが、”伝統文化”に興味を持つ人が出てくればそれはそれでOKでしょう。
 すなおに”綺麗”ってだけでもまた良しなんでしょうね

 来年も開催されるかどうかは分かりませんが、JR浜松町駅、地下鉄御成門駅や大門駅から歩いて行けますし、21時と東京近郊の人なら会社が終わってからでも行けますんでご興味のあるかたはぜひどうぞ

《脚注》
(*1)無限に広がる大宇宙
 ご存知”宇宙戦艦ヤマト”のナレーション。このアニメのパート1の放映が1974年だから、もう40年以上もなるんだな~ 1978年公開の映画”さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”のリメイク版”宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち”が2017年に公開開始。脚本が福井晴敏となるとやっぱし観ちゃうんだよな~~~
(*2)仙台在住が長かったうちの奥様は8月と思ってましたが
 東北三大祭りの一つ”仙台七夕”は旧暦なので8月6~8日に開催。関西出身ですが仙台在住が長くなると、意外と簡単にカレンダーが上書きされるようです
(*3)”乗り鉄”、”撮り鉄”~
 電車での旅行を楽しむ”乗り鉄”、鉄道や風景の写真を撮りまくる”撮り鉄”、発車メロディーや車内放送を録音する”録り鉄”、キハだのクハだのにやたら詳しい”車両鉄”、電車というよりグルメ系?な”駅弁鉄”。
(*4)まんがサイエンス(あさりよしとお、学研プラス)
 学研の”5年の科学”、”6年の科学”などで連載されていた科学学習漫画。本来は子供向けなんですが、大人が読んでも面白いしためになる本。お勧めです。
(*5)夢が捨てられない有志が集まって~
 あさりよしとおがプロジェクトを受けた理由
  まー 世の中にはやっていい事と、やったら面白い事がある・・・
  がモットーだしな

 いいですな~~、このノリ!
(*6)フェッセンデンの宇宙(エドモンド・ハミルトン、河出文庫)
 アメリカのSF作家エドモンド・ハミルトンによる短編SF小説。天文学者フェッセンデンが実験室で人工の宇宙を作っちゃうというお話。科学者のはずのフェッセンデンが神様モードになっちゃうというのが秀逸です
(*7)良いではないかゴッコ
 別名”帯クルクル”
  拉致された町娘:あれ~、お殿様、お戯れを
  お殿様    :良いではないか、良いではないか
(以下自主規制)

« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ