« 忠臣蔵をこういった冷徹なマキャヴェリズムの視点から見ると意外な側面が見えてくんだな~と感心(書楼弔堂 炎昼/時計草) | トップページ | 外部記憶装置なしにはさっぱりついて行けん会話だな(クラウド時代の思考術/狐) »

山登りには星座早見盤を持って!(野尻抱影 星は周る/富士裾野演習場)

 ども、そろそろ”死兆星(*1)”が見えそうな歳になりつつあるおぢさん、たいちろ~です。
 ペンネームというのは本人の自由に付けられるので、意図的によく似た名前ってのがでてきます。まあ、オマージュの一種なんでしょうがこれが漫画みたいに絵柄が違えばすぐに気が付くでしょう。まあ、絵柄をひと目見れば山上たつひこと山止たつひこを混同する(*2)なんてことはなさそうですし。
 でも、これが文章のみとなると、読んでみないとわかんない。うっかりするとちょっと読み進めてから”あれっ?”ってことも。ましてやジャンルが同じだとなおさらのことです。
 ということで、今回ご紹介するのは、女子高生をロケットで宇宙に飛びださせたりしない方の”野尻さん”の本”野尻抱影 星は周る”であります


写真はたいちろ~さんの撮影。旧”富士裾野演習場”、現”陸上自衛隊 東富士演習場”です。

2013_8225680


【本】野尻抱影 星は周る(野尻抱影、平凡社)
 ”星の文人”と呼ばれた英文学者にして天文随筆家だった野尻抱影による随筆集。
活躍したのは1920年代半ばからで没年1977年と戦前戦後の時代の人ですが、今読んでも十分面白いです。
【旅行】富士裾野演習場
 富士山東麓の御殿場市、小山町、裾野市にまたがる陸上自衛隊の演習場。面積は約88㎢。行った時はどこからが演習場かわかりませんでしたが、とにかく人家もない広大な敷地だったのは確か。
 写真は2013年の”富士総合火力演習(*3)”の予行演習の時のもの。左側が標的になっている台地、右下にちっちゃく写っている戦車っぽいんは”99式自走155mmりゅう弾砲”です。こいつを始め、10式戦車多目的誘導弾だを使って実弾ぶっぱなすんですから、近くに家なんかあろうはずがございません。


 すいません、実はこの本”野尻 抱介”と間違えて借りたんですな。こっちは”ロケットガールシリーズ”、”ふわふわの泉”、”南極点のピアピア動画”(ともに早川書房)などを書いたSF作家。上記の”女子高生をロケットで宇宙に飛びださせた”のは”ロケットガールシリーズ”のことです。いや~~、最初はまったく気付かんかったんですが、読んでみるとこれがけっこう面白い。気にいったとこをいくつかご紹介。

〔宇宙の知識は変わっていく〕
 最初に違う人の本を読んでると気が付いたのが本文の中でアンドロメダ大星雲までの距離が95万光年、註で約250万光年とあったから。科学技術の発達で変わったんでしょうか。これなかったらもうちょっと先まで誤解したまま読んでたかも。
 ちなみにこの人は”冥王星”の和訳命名者だそうです。発見されたのは1930年でこのころはまだ惑星でしたが、2006年に”準惑星”に。科学の進歩がいろいろ変えてくんですな。

〔変わらないのは星の悠久感〕
 逆に星座の位置の形や星の位置は数万年たっても目立った変化はないとのこと
4000年前のミイラやギリシャの詩人ホーメロスを現代に甦らせて星を見せてもその当時とほとんど変わらないだろうという感覚って、言われてみればすごいな~~

〔望遠鏡で星を覗くのは距離を近づけるのと同じ〕
 200倍の倍率で望遠鏡を使って星を見るということは1/200だけ星の位置がこっちへ近づくってこと。あるいはこっちが地球を離れて星に近づくってこと。この感覚ってすごいな~~っと感心。だって上記のアンドロメダ大星雲だったら10万光年分ですぜ!!
 そりゃ、実際に近づくわけじゃないことは百も承知ですが、でもこれってロマンを感じませんか?

〔減っているのは星の数〕
 科学の発達で望遠鏡の倍率は高くなったかもしれませんが、逆に見える星の数は減っているみたい。野尻抱影は桜新町に住んでましたが、戦前に比べると星数がげっそり減ったと。駒沢球場(1962年に廃止。現駒沢オリンピック公園)でナイターがあると天頂までダメになるとお嘆き。ほかにも横浜の空明かりでカノープスが見えなくなったなんて話が出てきます。まあ、今の感覚から言うと桜新町あたりで夜の星が見えたってほうが驚きです。行ったことないけど(*4)。

〔山の頂でみる星が良い〕
 じゃあ、どこがいいかというと高い山の頂驚くばかり鮮やかで数も夥しいと。友人から聞いた話として、奥穂高で北斗七星の枡の中の小さい星が数えられたとか、富士の裾野へ演習に行った人が北冠座(かんむり座)で細かな星が直角三角形をなしているのを見たとかの話を紹介

 こんな星は、下界では、特に都会の濁った空では見えないのが普通である

 富士の裾野が山かどうかってのはありますが、要は回りに空を照らすような明かりがない所。ビルや民家がない広大な演習場って確かに星は綺麗にみえそうです。民間人なら山の上もそう。空気も澄んでいるんでなお良いんでしょう。私も山登りをしますが確かに山での星ってすごいんですよね!

〔山行であると同時に、時には星行〕
 ことほどさように山と星ってのは相性が良いようで、山と星の話題もいくつか出てます。そん中から下記の名言をどうぞ

  願わくばアルピニストの紀行も、山行であると同時に。時には星行出会って欲しい
  これは独り天文ファンのみからの註文ではないと思う
  かつ登山家自身が星を知ることによって登山の楽しみを加え得ることは
  おそらく予想以上だろう

 今年は夏休みで八ヶ岳に行く予定ですが、星座早見盤でも持っていきましょうかね。最近はスマホのアプリもあるみたいなんで荷物にもならなさそうだし。むしろ星観る前に酔っぱらって寝てしまわんようにしなくっちゃ!

《脚注》
(*1)死兆星
 北斗七星の脇に輝く小さな星”死兆星”が見えると死ぬという。”北斗の拳(武論尊、原哲夫、集英社)”でのフィクションだとばっかり思ってたらホントに”アルコル”というのがあって、”見えると死ぬ”、”見えないと死ぬ”という伝説が各地にあるんだとか。へぇ~~
(*2)山上たつひこと山止たつひこを混同する
 ”山上たつひこ”は”がきデカ”、”喜劇新思想大系”などで一斉を風靡した漫画家。”山止たつひこ”は”こちら葛飾区亀有公園前派出所”の作者”秋本治”のこち亀連載開始当時のペンネーム。実際に100話まではこのペンネームだったとか。まあ、40年以上前の話ですけど。
(*3)富士総合火力演習
 東富士演習場で行われる陸上自衛隊の演習の一つ。実弾をぶっ放す戦車が走りまわり、戦闘ヘリが飛び回りとその手の好きモン垂涎のイベント。一般公開はされているものの競争率が28倍(2016年度 陸上自衛隊hpより)となかなかのプラチナチケットです、はい。
(*4)行ったことないけど
 隣駅の駒沢大学駅は先日行きましたので、一応。東急田園都市線の桜新町駅は渋谷から4駅目、距離にして6キロ程度に位置します。

« 忠臣蔵をこういった冷徹なマキャヴェリズムの視点から見ると意外な側面が見えてくんだな~と感心(書楼弔堂 炎昼/時計草) | トップページ | 外部記憶装置なしにはさっぱりついて行けん会話だな(クラウド時代の思考術/狐) »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/65399190

この記事へのトラックバック一覧です: 山登りには星座早見盤を持って!(野尻抱影 星は周る/富士裾野演習場):

« 忠臣蔵をこういった冷徹なマキャヴェリズムの視点から見ると意外な側面が見えてくんだな~と感心(書楼弔堂 炎昼/時計草) | トップページ | 外部記憶装置なしにはさっぱりついて行けん会話だな(クラウド時代の思考術/狐) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ