« 漏れる茶碗でも千両、これって憑き物のせい?(はてなの茶碗/百器徒然袋-雨/瓶(かめ)) | トップページ | ジブリ映画観てないだけで、ひっどい言われようだなオイ!!(木根さんの1人でキネマ2/トトロパン) »

このお嬢様、変人の探偵というより、マッドサイエンティストの系譜かな(櫻子さんの足下には死体が埋まっている/蝶形骨)

 ども、骨折り損のくたびれ儲けな人生を送るおぢさん、たいちろ~です。
 さて問題です。  

誰もがみんな持っていて、食器にもネックレスにも武器にもなるもの、な~んだ? 

 答えは”骨”。いやマジで。”食器”というのは頭蓋骨を加工して盃にする”髑髏杯”というもの。織田信長が使ったのは有名ですが、最近読んだのだと”光圀伝(*1)”にも出てたな~。同じく頭蓋骨を”ネックレス”にしたのは沙悟浄。作品や場面にもよりますが9ケの骸骨をネックレスにしています。”武器”にしたのは”2001年宇宙の旅(*2)”より。人類の祖先のヒトザルが謎の物体”モノリス”に接触することで知恵を得て、動物の骨を武器に敵対する群れを攻撃するってシーン(THE DAWN OF MAN 人類の夜明け)から映画は始まります(シーンを観たい方はこちらから

 ことほど左様にけっこう使い勝手のある”骨”ですが、一般的にはあまり愛される存在ではなさそうです。ここにそんな”骨”を偏愛する美女がいたら?
 ということで、今回ご紹介するのはそんな骨愛ずる姫君を主人公にした本”櫻子さんの足下には死体が埋まっている”であります。

写真はたいちろ~さんの撮影
小樽の北一ヴェネチア美術館にあった”仮面”です

Photo


【本】櫻子さんの足下には死体が埋まっている(太田紫織、角川文庫)
【本】櫻子さんの足下には死体が埋まっている
   (原作 太田紫織、作画 水口十、角川コミック・エース)
【DVD】櫻子さんの足下には死体が埋まっている
   (原作 太田紫織、CV 伊藤静、監督 加藤誠、KADOKAWA)
 その笑顔は太陽のように、花のように輝くように綺麗で、無邪気で可愛い。眼力のある美人でスタイルもいいお嬢様。そんな彼女が大好きなものは”骨”。あらゆる生き物の”骨に恋焦がれ、耽溺している。彼女の名前は”九条櫻子。そんな彼女の我儘振り回される”僕”は平凡な高校生”館脇正太郎”。二人の訪れるところにはなぜか事件が・・
【動物】蝶形骨
 目から鼻のあたりにある骨。形が蝶の羽を広げている形に似ているのでこの名前がついたそうです。上記の写真のように仮面舞踏会に出てくる蝶の形をした目隠し(マスク)をイメージしてもらえると近いかも。これを美しいと感じるか不気味と感じるかは意見の分かれそうなところです。恐いもの見たさで正確な形を見たければWikipediaでどうぞ。


 さてこのシリーズ、前から気にはなってたんだよな~ 表紙は黒髪ロングのクール&ビューティなお嬢様だし(すいません、ドストライクなんです)。アニメ化もされたみたいだし、でも手を出したらはまっちゃいそうだし。で、たまたま図書館で見つけちゃいまして1冊目を読んだら、ダメでしたね~~ DVD6巻まとめてイッキに見ちゃったし、原作は立て続けに3巻まで読んでるし、コミックも買っちゃったし・・・

 お話はというと裏表紙の”最強キャラ×ライトミステリ!”とあるように推理系ライトノベルかな。事件そのものは”ライト”でもないけど。主人公は優秀だけど残念な性格のお姉さんとそれに振り回される弟キャラってところ。姉萌えですか? 出色なのはやはり主人公の”櫻子さん”。すごい美人で、古いお屋敷に住むお嬢様で、法医学の知識も豊富で、並はずれた推理力を持っていると書くと完璧超人のようですが、性格的にはかなり残念な人。”骨”を愛するあまり、拾った頭蓋骨を持って帰ると言いだすわ、見つけた死体をたまに見にきたいから警察に黙っとこうといってすねだすわ。保護者役の正太郎少年から”それは犯罪です!(*3)”と言われ”いいじゃないか、黙っていればきっとバレやしない”と言いだす始末。まあ、性格もそうですが、櫻子さんの行くところなぜか死体と出会うはめに 

  私の足下には、いつだって死体が転がっているんだよ

と自覚はあるもよう。まるで行く先々で殺人事件が起るどこぞの小学生のような・・・

 櫻子さんが偏愛する”骨”ですが、なぜ一般の人から愛されないかというとやはり”死”を連想させるからでしょうか。普通の人なら本物の骨って”納骨”の時ぐらいしか見ることないし、子供時代にギャートルズを見てた世代だと死神ってホネホネだし(*4)。
 でも、いったん”死”というイメージをはずして”骨”を見ると意外と美しいモノかもしれません。作中で櫻子さんがカレイの骨格標本をして

  どうだ? 非常に美しいだろう?
  平べったくて滑稽な外見からは、想像つかない繊細さだとは思わないかね?

こんな目で見てカレイの煮つけを食べたこたないですが、確かに骨って美しいフォルムをしてますね。”鎖骨美人”って言葉もあるぐらいだし。
 本書には”蝶形骨”をコレクションするために犯罪を教唆するおっさんてのが出てきますが、ここまでくるとかなりビミョ~。確かに蝶の形には似てるんですが実物見せられたらちょっと引きそうだなぁ まあ、他の骨でも引きそうだけどね

 このお嬢様、変人の探偵というより、マッドサイエンティストの系譜かな。私が見ると一般人より膨大な知識はあるけど、死などの感情に対する常識がないとか、自分の”骨”に対する偏愛が全ての価値判断に優先するとか。このあたりって、科学的興味だけで危ない実験とか平気でやっちゃったりする由緒正しき?マッドサイエンティストって感じがすんですけどね~ まあ、面白いシリーズですんで、ぜひ読んでみてください。
 とりあえず3巻目まで読みましたが、9巻目が出たとこなんでもうちっと楽しめそうです。ということで、残り6巻も骨骨(コツコツ)読んでいきます
 つまらん落ちですいません・・・


《脚注》
(*1)光圀伝(冲方丁、角川書店)
 ”光圀伝”ではのっけからこのエピソード。徳川光圀といえば好々爺の”水戸黄門様”であらせられますが、本書ではガチムチの肉体派のイメージ。まあ黄門様って実態と虚像がかなりかけ離れた人ではありますが、ここまで違うとはなぁ
(*2)2001年宇宙の旅(監督 スタンリー・キューブリック、ワーナー・ホーム・ビデオ)
 言わずと知れた不朽の名作SF映画。1968年公開とかれこれ半世紀前の映画ですが、今だに古さをまったく感じさせないのはさすが。ぜひご一見のほどを。
(*3)それは犯罪です!
 調べてみたんですが
 ・遺骨、遺髪、または棺内に蔵置した物を損壊、遺棄または領得した者は、
  三年以下の懲役に処する
(刑法第190条 礼拝所及び墳墓に関する罪)
 ・自己の占有する場所内に死体があることを知りながら公務員(警察官等)に
  速やかに通報せず放置していた場合は、軽犯罪法違反

だそうです(wikipediaより)
(*4)子供時代にギャートルズを見てた世代だと~
 園山俊二原作のアニメ”はじめ人間ギャートルズ”に登場する死神は骨の馬に乗って骨の槍をもってます。調べてみると実は”神様の使い”だそうです。まあ死に”神”ですから

« 漏れる茶碗でも千両、これって憑き物のせい?(はてなの茶碗/百器徒然袋-雨/瓶(かめ)) | トップページ | ジブリ映画観てないだけで、ひっどい言われようだなオイ!!(木根さんの1人でキネマ2/トトロパン) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/63959118

この記事へのトラックバック一覧です: このお嬢様、変人の探偵というより、マッドサイエンティストの系譜かな(櫻子さんの足下には死体が埋まっている/蝶形骨):

« 漏れる茶碗でも千両、これって憑き物のせい?(はてなの茶碗/百器徒然袋-雨/瓶(かめ)) | トップページ | ジブリ映画観てないだけで、ひっどい言われようだなオイ!!(木根さんの1人でキネマ2/トトロパン) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ