« ご飯を楽しみに登る山があってもいいじゃないか!(山と食欲と私/陣馬山) | トップページ | 確かに名曲だけど”母の日”のBGMに”人間の証明のテーマ”はアカンやろ!(人間の証明のテーマ/麦わら帽子) »

近場で安くてなにより”楽”な高尾山。”高尾の天狗と脱・ハイヒール単独登山女子”をガイドブックに行ってきました(高尾の天狗山と食欲と私/陣馬山)

 ども、昔は北アルプスや南アルプスも登っていたおぢさん、たいちろ~です。
 時々、山ネタでブログを書いておりますが実は昔は奥様登ってました。”昔は”といいますのはある山で奥様がヒザをいわしまして長らく登ってなかったたんですが、このゴールデンウィークはあまりに天気が良かったんで、近場で安くてなにより”楽”なとこに行ってみようということになりますした。で、チョイスしたのが世界一の登山者数が多いミシュラン三ツ星の山”高尾山”
 ということで、今回ご紹介する”高尾の天狗と脱・ハイヒール単独登山女子”をガイドブックに高尾山に登ってきました。

 写真はすべてたいちろ~さんの撮影です

【本】高尾の天狗と脱・ハイヒール(氷堂リョージ、竹書房)
 フラれたヤケで高尾山に登ったお気楽・ワガママOL御岳ノリコ。三十路、体力なしの彼女がなぜか天狗の子”聖”に懐かれて毎週高尾山に登るハメに・・・
 ビール作りが趣味の烏天狗(からすてんぐ)”幽山”、ツンデレ小天狗”くれは”やリア充タヌキや伝書バトがわりの八咫烏(やたがらす)にかこまれてちょっとずつレベルアップ?!

 ”登ってきました”と書きましたが、実際はケーブルカーを使って中腹まで行って、薬王院表参道を経由する1号路(*1)。下りも同じコースでケーブルカーを使うという超初心者コース。ノリコが最初に登ったのもこのコースと思われます(ただし下りは自力で下山)

〔高尾山ケーブルカー 清滝駅〕
 三角のデザインが特徴的な高尾山ケーブルカー(リフト)の下側の駅。”高尾山”という看板が出ているので”高尾山駅”と思っていましたが”清滝駅”が正解。
 ”高尾山はめちゃくちゃ混む”と聞いてましたので、始発(8:00)めがけて到着。それでも行列ができていて、繰り上げ発車してました。ちなみに昼ごろの下りは通常15分間隔を7分間隔で運行。それでもそこそこ混んでました

5020104
〔天狗の腰掛け杉〕
 高尾山駅(ケーブルカーの上の駅)を下りて登山開始。杉並木を進むと”天狗の腰掛け杉”と言われる杉の大木が。幽山様と聖君はいつも杉の木の上で登山客を見守るっていますが、この杉の木でしょうか?

5020125

〔薬王院〕
 真言宗智山派の関東三大本山のひとつ。行基菩薩により744年(天平16年)に開山されたそうです。ご本尊が薬師如来なので”薬王院”と称されております。
 後に烏天狗形で表される飯縄権現を守護神として奉ったことから、修験道の道場としても繁栄することに(wikipediaより要約)
 ノリコが幽山様や聖君と話をしたり、初詣や豆まきといったイベントがあるのもここ。写真は上が御本堂、下が御本社です。

5020152
5020163
〔烏天狗像〕
 薬王院をはいったところにおわす天狗像。2人おられますが写真は幽山様と同じ烏天狗です
5020138

〔薬王院のアトラクション〕
 上は”願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)”。気をつけないと頭をぶつけます
 下は”六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)”。参道にも小さい版がいくつもありますが、見た中ではこれが最大。回すにはけっこう力がいります。
 ノリコは”アトラクションいっぱい!!”と喜んでますが、幽山様から”アミューズメントパークちゃうわ”と突っ込まれています
5020142
5020132
〔高尾山山頂広場〕
 上の写真は高尾山山頂広場。ゴールデンウィーク中とはいえ平日で9時でそこそこの混みよう。右側にあるのが高尾山山頂の看板、左側にあるのが茶店”大見晴亭”。
 ノリコが山頂で力尽きてうだうだやっているのはこのへんでしょうか

5020187_3

〔高尾山山頂からの風景〕
 この日は曇っていたのであまり風景は見えませんでしたが、天気がよければ富士山とかが見えるそうです。ノリコは初日の出やダイヤモンド富士とかけっこう天候には恵まれているようです。
5020182_2  
〔京王高尾山温泉・極楽湯〕
 2015年10月にオープンした高尾山温泉・極楽湯。

  食事処にサウナにマッサージ 下山してそのままおフロとび込めるじゃん・・
  ・・今年もヤバイね高尾山 ますますヤバイね!

とはノリコさんのコメント。
 登山口側からは反対側になりますが、駅側に入り口があって通路を抜けていけます。料金はハイシーズンで1,200円(通常は1,000円)。露天風呂や炭酸風呂など多数あって下山後にひと風呂はいるのにお勧め。私も入りましたが、まったく極楽です
5020230

 今回は初めてということで風景中心。ノリコさんは”食ったり飲んだりする目的で毎週高尾山に登っておる(カラス天狗・幽山談)”だけあって、けっこう食事ネタも豊富。茶屋”細田屋”や高尾山ビアマウント(夏季限定)、蕎麦になめこ汁天狗焼きのネタがなかったんで、今度は喰いモンメインでまた行こうかな~~

《脚注》
(*1)1号路
 高尾山頂に登るには1号路~6号路といった自然研究路や、稲荷山コース、陣馬山からの縦走などのバリエーションがあります。1号路はリフト乗り場(清滝駅)から山頂駅~薬王院~山頂に至るメインルートです。
 ”超初心者コース”と書きましたが、れっきとした登山ですのでいいかげんに登ると危険です。
 ルート図は高尾登山鉄道のhpからどうぞ

« ご飯を楽しみに登る山があってもいいじゃないか!(山と食欲と私/陣馬山) | トップページ | 確かに名曲だけど”母の日”のBGMに”人間の証明のテーマ”はアカンやろ!(人間の証明のテーマ/麦わら帽子) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/63577175

この記事へのトラックバック一覧です: 近場で安くてなにより”楽”な高尾山。”高尾の天狗と脱・ハイヒール単独登山女子”をガイドブックに行ってきました(高尾の天狗山と食欲と私/陣馬山):

« ご飯を楽しみに登る山があってもいいじゃないか!(山と食欲と私/陣馬山) | トップページ | 確かに名曲だけど”母の日”のBGMに”人間の証明のテーマ”はアカンやろ!(人間の証明のテーマ/麦わら帽子) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ