« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

文化面や愛情面が満たされない精神的貧困状態にあると、結果的に金銭面においても貧困になってしまうのではないかということだ(貧困女子のリアル/ダイヤモンドリリー)

 ども、相変わらずお金のない生活を送っているおぢさん、たいちろ~です。
 最近”下流老人”に関する本を何冊か読みました。まあ、自分自身が定年後の生活をど~するんだ的な話が切実になってきまして。この手の話で問題なのは低所得層だけでなくそこそこちゃんと暮らしていた人でも、トラブル(病気や失業等々)一つで貧困になってしまうリスクがあること。まさに”一寸先は闇”です。私自身は幸いなことに今んとこ”将来に対する唯ぼんやりした不安(*1)”ぐらいですんでますが現在進行形の”リアル”で貧困に困ってる人もいます。
 ということで、今回ご紹介するのは老人じゃないですが、普通の女性の貧困事情をまとめた本”貧困女子のリアル”であります。

写真はたいちろ~さんの撮影。
横浜イングリッシュガーデンのダイヤモンドリリーです

075231


【本】貧困女子のリアル(沢木文、(小学館新書)
 シングルマザーなどではなく、短大や大学を卒業した普通の学歴を持ちで普通に働き普通に収入も得ている30代女性貧困状態に陥っている状況をインタビューを元にまとめた本。
 非正規雇用といった収入面の不安だけでなく、心の闇もまた貧困となる原因となりうることが良くわかります。
【花】ダイヤモンドリリー
 ”リリー”と名前についていますが、ユリ科ではなくヒガンバナ科。別名”ネリネ”
 花が輝いているように見えるのは花弁の表皮細胞が不規則な形をしていて、光が当たると乱反射するからだそうです(ダイヤモンドが光るのと同じ原理)。
 花言葉は”華やか、また会う日を楽しみに、幸せな思い出、輝き、忍耐、箱入り娘”など。
 この花は10月17日の誕生花なんですが、この日は”貯蓄の日”、”貧困撲滅のための国際デー(*2)”。最初に見た時はたちの悪い冗談かと思いましたよ!


 ”貧困状態とはなにか”というといろいろなご意見があるでしょうが、話を簡単にするのに下記の式で考えてください

  生活余力=現時点での預貯金+(収入-支出)×n年-イベント費用

実はこれ、先日聞きに行った”年金生活セミナー”でやってた考え方なんですね。”n年”という時間の概念があるのは、仮に80歳まで生きれるとしてそれまでお金が持つかどうかという判断になるから。イベント費用ってのは子供の結婚とかで突発的に大金が必要になるので織り込み、ローン返済は”支出”に含みます。ぶっちゃけ言うと収入が限定的(年金のみ)な高齢者にとって80歳までに”生活余力”がマイナスになると生活できなくなるということです。
 ”家とかの資産は?”って言われそうですが、”家”ってのは売れて初めて現金になるんで売れなきゃ生活の足しにならない。少子化の上に新築マンションがボンボン建てちゃって”空き家問題”が顕在化しつつある昨今、”不動産”が”負動産”化して始末に困ることだってありますし。てなことで、特に話は出ませんでした。

 この式を見ながら”貧困女子のリアル”を読むと、”低所得”だけではない様々なケースが見えてきます。てのは、登場する女性たちが必ずしも低所得ってわけではないんですな。むしろ収入に見合ったレベルを超えてお金を使っているとか(その理由がブランドモノや美容などや家族を養う(たかられる)だったりはしますが)。不足分が借金(負の預貯金)になって、これを返済するために支出(返済金)が増加しさらに生活を圧迫すると。親が借金を肩代わりして清算してくれた(外部の預貯金)ケースもありましたが、しこたま怒られた付きではあります。預貯金はというと、収入と支出がプラスにならないのでほとんどのケースでゼロになっています。
 こうなってくると”将来に対する唯ぼんやりした不安”どころではなく”今目の前にあるリアルな危機”なんでしょう。

 ”生活余力”の式自体はそんなに難しくはないですし、当たり前の話なんですが、わかっていてもなかなか”生活余力”が向上しない=貧困から抜け出せないってのはそれなりの事情があるんでしょう。本書の”はじめに”で沢木文がこのように書いています

  30人以上の女性たちの取材で感じたことは、
  愛情や文化、キャリアというお金で買えないものの資源が薄いと
  何かに依存して結果的に貧困になる可能性が高くなるという事実だ

   (中略)
  彼女たちから”私を愛して”という言葉が聞こえたような気がしたが
  30歳を過ぎた女性が、人をきちんと愛せる人から尊重されるには
  寛容、忍耐、知性、教養などさまざまな要素が必要だ

これを”あとがき”で要約しているのが表題の

  文化面や愛情面が満たされない精神的貧困状態にあると、
  結果的に金銭面においても貧困になってしまうのではないかということだ

です。沢木文自身、これが”原因”と言ってるわけではないですし(あくまで”感じた”ということ)、お金で買えない資源が薄くなったこと自体の原因は別のところにあるんでしょうが、今まで論じられてきた”低所得層の貧困”と違った”貧困”といったモノを生み出す実態の一つであることは間違いなさそうです。

 個々のケースで言えば、同情を禁じ得ないものもあれば、”あんた、それアカンやろ!”ってのもあります。読み手としてむしろ重要なのは、今貧困でない人なら”貧困に陥るリスクをどうやって回避するか”、今貧困に近い状態なら”貧困からどうやって脱出するか”を考えることかも。本書に回答が書いてあるわけではないんで、それは各人が考えるしたないんでしょうな。ぶん投げの結論で申し訳ないですが。
 ただ、こう言ったことを考えるという点では、この手の本は読んどいた方がいいかもしれませんね

 余談ですが、ダイヤモンドリリー(ネリネ)の花言葉”箱入り娘”はネリネの名前の由来となったギリシャ神話の水の妖精”ネレイデス”がエーゲ海の海底で優雅に暮らす”箱入り娘”だったから。花言葉辞典では”ちょっと引きこもり!?”というツッコミが!
 昔は”箱入り娘”といえばセレブの代名詞だったんですがねぇ やな時代になったモンです・・・


《脚注》
(*1)将来に対する唯ぼんやりした不安
 芥川龍之介の”或旧友へ送る手記”より。芥川龍之介はこの遺稿を残して1927年に自殺しました。
 本手記の中に
  僕はゆうべ或売笑婦と一しよに彼女の賃金(!)の話をし、
  しみじみ「生きる為に生きてゐる」我々人間の哀れさを感じた

という文章があります。こういうセリフは大芥川が言うからサマになるのであって、凡人がこんなこと書いて自殺しても誰も感心してくれませんぜ!(全文はこちらから
(*2)貧困撲滅のための国際デー
 国際連合が制定した国際デーの一つ。1987年に貧困、飢え、暴力、恐怖の犠牲者に敬意を表するためパリのシャイヨ宮の人権広場に集まったのが最初だそうです(Wikipediaより)

だが、野心は論理から生まれるものではない(ゴースト・スナイパー/アーティチョーク)

 ども、出世など縁がなくス~ダラに生きてるおぢさん、たいちろ~です。
 意外なようですが、会社で仕事をやっていると”指揮命令系統”なんつー言い方をする割には”命令書”という名前の書類ってお目にかかることはありません。こういうことやるぞという”中期○○計画”とか”XX度方針”や、こういった物を作るぞという”仕様書”みたいのはあるんですが”命令書”とは書いてない。”そんなこと言っても、命令(指示)はでてるやん!”と言われそうですが、実際口頭ですんじゃってるケースがほとんどじゃないかと。まあドキュメント化されているのも”稟議書”だったり”方針伺い”に対する”議事録”だったりで、上の人から”命令書”って形式にはないですな。
 まあ、この辺は企業文化だったりしそうなので一般論ではないかもしれませんが、明確に”命令書”って形のものもあるんでしょう。
 ということで、今回ご紹介するのは暗殺事件にまつわる1枚の命令書のリークをめぐる”リンカーン・ライムシリーズ”の第10作”ゴースト・スナイパー”であります。


写真は”お料理ダイスキ!ニューヨークおうちごはん”のhpより。
アーティチョークです

Photo


【本】ゴースト・スナイパー(ジェフリー・ディーヴァー、文藝春秋)
 テロリストの活動家”モレノ”がバハマで暗殺された。この事件を巡って地方検事補”ローレル”は元ニューヨーク市警中央科学捜査部長で科学捜査の天才”リンカーン・ライム”を訪れる。この暗殺に関してアメリカの諜報機関から”命令書”がリークされ、しかもモレノは無実だった。ローレルはライムに操作を依頼するが、現場は遠く離れたバハマ。難航する捜査に業を煮やしたライムはバハマに直接乗り込むが・・・
【花】アーティチョーク
 キク科チョウセンアザミ属の多年草。和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)
 日本ではあまりなじみがありませんが、若いつぼみが食用になります。食べたことないけど。本書で暗殺者が作る料理”パッチワーク・グースの贅沢な料理”のレシピの中にある食材の一つがこれ
 ちなみに、ニューヨークにはアーティチョークビジネスで大儲けした”アーティチョーク・キング”と呼ばれたマフィアのリーダーがいたそうですが、マフィアって意外なモンもビジネスしてるんですな


 本書に出てくるのは”STO(Special Task Order、特殊任務命令書)”という書類。この書類を発行しているのは”NIOS(National Intelligence and Operation Serve、国家諜報運用局(*1))という、なかなか危険な香りの組織のトップです。
 で、この”STO”ってのには書かれていることとして、”誰を”、”いつまでに”、”どのように”暗殺するか、書かれてないことに”誰が”、”なぜ”暗殺するかってことがあります。書かれている”誰を”は”暗殺するターゲット(本書では対象=タスク)”と”いつまでに”は明示的なんですが、”どのように”はオペレータ(暗殺者)がどの手段でってのと、”CD(付随的損害)”が”承認(ただし最小限とすること)”ぐらい。まあ、”大まかなやり方は決めるけど詳細は任せる、あと、巻き込まれる被害者は少なくしてね”とバクっとしかないんですな。どっかの会社で、子会社に性能実験調査を丸投げして、上司が部下に”何としてでも燃費目標を達成しろ。やり方はおまえが考えろ(*2)”的な指示があって社会問題化していますが、この手の指示だと何やりだすか分かんない手合いのも出てくるわけで。本書だと元々非合法活動を命令してるんで、どう考えてもそれはやり過ぎだろ~ってヤバい話になっちゃてます。

 ぐだぐだ書いてますが、本書のポイントは命令書に書かれざる”なぜ”暗殺するのかにあります。いちおう国家機関が命令してるんで”国家の安全を脅かすテロリストは排除する”という大義名分はあるんですが、これがどのような判断でなされるかって実はけっこうあいまい。ある上司のお話

  法は解釈と権限の移譲を要求している。全面的な移譲だ。
  私のような人間に移譲することーーー
  私のように、国を統治する法の隙間をどう埋めるかを決める人間に

   (中略)
  な? きみも私もそれぞれ法を解釈し、考え、判断を下す
  この世界は灰色なんだよ

この上司は”私の仕事に独断の入り込む余地はない”とも言ってますが、命令を決めるって多かれ少なかれ独断で決めなきゃいけないことって多いと思うんだがな~~ 国家機関のトップがこれ言いだすのってかなりアブナイとも思うんですが・・・

 ここまではまあまっとうと言えなくもないですが(言えるのか?)、問題はこの命令書を自分の野心に利用しようとする奴もいること。まあ、その人が出世するかどうかはこんな手で上司を排除しても自分がとってかわることができるとは限んないですが。印象に残ったある上司のつぶやき

  

だが、野心は論理から生まれるものではない

 独断ではないにしても、野心から情報操作なんかが混じりだすと”判断の誤り”って必ず発生しちゃいます。それもまたアブナイとも思うんですが・・・
 もっとも、逮捕する側だって自分が政界に打って出るための花火にしようとする奴もいてどっちもどっちってとこはあるんですがねぇ・・・

 推理小説って、あんまし内容を書くとネタバレになるんでバクっとした話になっていますが、ご興味のある方はどうぞ。面白いシリーズです

ps.
 ジェフリー・ディーヴァーのhpに暗殺者の作る料理のレシピが載ってます。英語ですけど(リンクはここから


《脚注》
(*1)国家諜報運用局
 アメリカ国家安全保障局(NSA National Security Agency)ってのは実在しますが、NIOSも実在するんでしょうか? やってることは冷戦時代のCIA(Central Intelligence Agency アメリカ中央情報局)っぽいんですが・・・
(*2)何としてでも燃費目標を達成しろ。やり方はおまえが考えろ
 三○自動車の軽自動車燃費不正操作事件のんです。ちなみに、私んちの車も例の4車種にひっかっかっておりまして・・・ まあ、乗ってる分には別に不便ないんですけどね

”位牌なんてただの板きれです。神も仏も、幽霊も祟りも、何もかも嘘っぱち”ですという人向けの推理小説です(陰摩羅鬼の瑕/鶴)

 ども、死体ではないですが、人生死に体(*1)なおぢさん、たいちろ~です。
 まだ20代の頃にネパールのカトマンズに行ったことがあります。パシュパティナートというヒンドゥー教の寺院があるんですが、そこは火葬場になっていて台の上で死体を荼毘に付すんですな。私が見た時には火葬はしてませんでしたが、まだ煙が残ってる状況。残った灰はそのままバグマティ川(聖なるガンジス河の支流)に流します。火葬が外から見えるってのも驚きでしたが、さらに驚いたのはその灰を流してるすぐ横の河ん中で沐浴をしてるんですな。日本人の感覚とはかなりかけ離れてはいるんですが、”死”と”死体”に対する宗教感ってさまざまだな~と思った記憶があります。
 ということで、今回ご紹介するのはある殺人事件に関する”死”と”死体”の大いなる齟齬の話、百鬼夜行シリーズの第8作”陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)”であります。


写真はたいちろ~さんの撮影。日比谷公園雲形池にある”鶴の噴水”
黒い鶴ってこんな感じでしょうかね。

Photo


【本】陰摩羅鬼の瑕(京極夏彦、講談社ノベルズ)
 巨大な屋敷””鳥の館”を受け継ぐ伯爵”由良昂允(ゆらこういん)”は過去に4度、新婚初夜に花嫁を殺されていた。5人目の花嫁との婚姻にあたり、探偵”榎木津礼二郎”に護衛を依頼する。旅先で一時的な失明状態になった彼を補佐するため小説家”関口巽”もまた鳥の館を訪れる。
 はたしてふたりは花嫁を守れるのか? ”京極堂”こと中禅寺秋彦が語る事件の真相とは・・・
【動物】鶴
 ツル目・ツル科の鳥の総称。なんとなく霊鳥とか吉兆瑞祥ってイメージから純白ってイメージがありますが、黒い羽根も混じってます。逆に”黒鶴”というのもありますが、真っ黒じゃなくって灰色みたい。
 小説の題になっている”陰摩羅鬼”は”そのかたち鶴の如くして、色くろく”とありますが、イラストに使われている古今画圖續百鬼之中の図だと鶴には見えんなぁ。色が黒でもあのフォルムは美しいと思うんですが・・・


 本書でポイントになっているのが”死とはどういう状態”のことかってのが意外とはっきりしないってのがあります。動かなくなったら死んでるのかというとそんなに簡単じゃないし、心臓が止まったからといってその時点で細胞がすべて死滅しているわけでもないし。逆に脳が活動をとめても心臓は動いている”脳死状態”ってのもあるし、最近の新聞だと”心肺停止状態(*2)”なんて記事もあるし。物理学の世界では”シュレーディンガーの猫”みたく”生きていながら死んでいる”というわけのわからん話もあるし・・
 理屈をつければつけるほど”死”ってなに、”生命”ってなにってことになりますが、突っ込んでくと意外に説明ができないんですな、これが。京極堂の説明

  僕達は死に就いて何ひとつ確実には語れないのです。知らないのですから。
  精精魂が肉体から抜けることですなどと、子供騙しの方便しを述べるしか出来ない

   (中略)
  曰く心臓が止まる。曰く意識がなくなる。曰く動かなくなる‐--
  それはいずれも、正確には死ではない
  生命活動が停止するとこと説明したなら-‐-
  生命とは何かと問われてしまいます

そうはいっても、殺人事件は成立するんですが・・・

 百鬼夜行シリーズ”の特徴である膨大な蘊蓄は本書でも健在。今回面白かったのは”葬儀”つまり、死体に対する考え方。一つの考え方として肉体と精神とを分離して考えるというもので京極堂曰く”霊魂と云う発明”。肉体から霊魂が抜けると死ぬと考えると話が簡単で、霊魂も死後も不滅であるとすると安心だから。輪廻転生なんてのはこっち。なんで、死体に魂が戻ってこないんなら死体を取っといてもしょがないんで片付ける。上記のカトマンズで見たのはこれでしょうか。

 ところが、日本でややこしいのが仏教的な輪廻転生の文化と、儒教的な魂魄(こんぱく 魂=精神、魄=肉体)の文化がまざっちゃってること。本作中で京極堂が”位牌って何”って話をしてます

  京極堂 :板きれでしょう。字が書いてあるだけだ、それ以外の何でもない
        漆は塗ってあろうと金箔が張ってあろうと板きれは板きれです

        (中略)
  楢木刑事:霊がーー依り付くんじゃないんですか?
  京極堂 :霊なんてないですよ。仏教に於いては死者は六道を輪廻する
        成仏すれば仏になる。何が何処に依り付くんです?

そう言われりゃそうですが、実も蓋もないな~~ だいたい

  神も仏も、幽霊も祟りも、何もかもーーー そんなものは全部嘘です

って、断定してんだものな~~ この人。
まったく、神も仏もないものかってぐらい・・・

 相変わらず分厚い百鬼夜行シリーズですが、本書もノベルズ版で約750ページ。で、実際に事件が起るのは約550ページ目、京極堂が現場に登場するのは660ページ目というスローペース。つまりここまで延々いろんな蘊蓄が繰り返されてるんですな。やっと登場した京極堂がまた事件の解決にかこつけた蘊蓄話。でも、この手の話が好きな人にはとっても面白いシリーズです。敬虔な仏教徒には向かないかもしれませんが・・


《脚注》
(*1)死に体
 英語だと”lame duck(レイムダック)”。足の不自由なアヒルという意味で、こっちも鳥つながりでした
(*2)心肺停止状態
 心臓と肺が両方とも機能を失っているのが”心肺停止”。救命措置などで心肺機能が甦る可能性はまだ残っているので”死”ではないんだとか。法律的に医師が死亡宣告を出すまでは”心肺停止状態”という表現が用いられるそうです。

DVD全国発売されたから、5月4日はスターウォーズ記念日!(スターウォーズ フォースの覚醒/ひよこ)

 ども、5月4日はさっそく”フォースの覚醒”のDVDを借りに行ったおぢさん、たいちろ~です。
 近所のT○UT○YAに開店30分くらいの時間で借りに行ったんですが、たいがい大量に並べてあるのにもう残り僅か。なんとか借りれましたがみんなどんだけ早くから来てんねん!!
 奥様からは”フォースの覚醒って、この前映画館に観に行ったのでしょ?”と冷ややかなリアクション。い~じゃんかよ~、面白いんだから! それにDVDはDVDの見方っつ~のもあるわけで!!(*1)、
 ということで、今回ご紹介するのはSF映画の金字塔”スターウォーズの第七作”フォースの覚醒”であります。


 写真はたいちろ~さんの撮影。平等院近くの宇治川で見かけたアヒルのひよこ(たぶん)

0478

【DVD】スターウォーズ フォースの覚醒
 (主演 デイジー・リドリー、ハリソン・フォード、監督 J・J・エイブラムス)
 ”A long time ago in a galaxy far,far away(以下略)”で通じる説明不要のスターウォーズ・サーガの最新作。
 銀河帝国崩壊から約30年後。帝国残党が組織する”ファースト・オーダー”に対抗するためレジスタンスの”レイア将軍”は最後のジェダイの騎士”ルーク・スカイウォーカー”の探索を命じる。データを持つドロイド”BB-8”を偶然拾ったことから廃品回収業のレイで生計を立てていた”レイ”はこの戦いに泣きこまれることに。彼女の窮地を救った脱走兵”フィン”や密輸業者に逆戻りした”ハンソロ”、”チューバッカ”とともに・・
【動物】ひよこ
 にわとりやアヒルなどのひな(幼鳥)の呼称。
 孵化直後のひな鳥には”インプリンティング(刷り込み)”という生まれた直後に目の前にあったものを親だと認識してしまう現象があるそうです。


 映画館にて。のっけからジョン・ウィリアムズの”スターウォーズのテーマ” おぉ、戻ってきたぞ!感満載。そっからは”スター・デストロイヤー、でっけ~(*2)”とか、ミレニアム・ファルコンのドックファイト、カッコイ~!とか、ハン・ソロ老けたけどヒ~ロ~ とか。まあ、大きくなったとはいえテレビの画面って映画館とは比べモンにはなんないし、大音量でぶちかまされるし、なんてったって3Dだし!! みたいな。
 でも、落ち着いてお家でDVD観てると、やっぱし違う面が見えてくるな~~


〔実は影の主役は”BB-8”だったりして〕
 ルークと共に活躍したドロイド”R2-D2”。任務にあくまで忠実な頑固者(物?)ですが、一方Xウイングのナビゲーションからデス・スターのハッキングまでこなすという万能な側面も。かたや”フォースの覚醒”では”レイ”と冒険を共にする新しいドロイド”BB-8”が登場。ところがこの”BB-8”って先代”R2-D2”と違ってあんまし役に立ってないな~~ スターキラー基地攻略戦ではポーの搭乗するXウイングのナビゲーションをやっておりますが、あとはメモリチップを抱えて逃げ回ってばっかりで(*3)。でも、かわういんだな~ これが。砂漠の真ん中で拾われて優しくしてくれたレイに任務そっちのけてついてちゃうし。インプリンティングかおまいわ! と突っ込んじゃいそうな
 スリープモードの”R2-D2”によりそう姿とか、ルークの居場所を示した地図をいっしょに投影するシーンとか観てると、”メカフェチ”というより”メカ萌え~”のレベルでしょうか。
 ”BB-8”ってころころ転がる丸いフォルムに白を基調にオレンジのカラーリング。これってモロにあひるのひよこちゃん! カワウイ!!


〔実はファースト・オーダーってとってもお金持ち〕

 銀河帝国に変わって、今回の悪の組織は”ファースト・オーダー”。銀河帝国の”残党”っていう設定になっとりますが、これって”残党”ってイメージからほど遠い経済力の持ち主みたいです。
 かつて、企画のお仕事をやっていた性で”これを作るのにいったいいくらかかるんや?”って考えることがあります。で、今回の映画で”ファースト・オーダー”が大盤振る舞いしているのが”スターキラー基地”。恒星系まるごと吹き飛ばすという剣呑なシロモノ。星を丸ごとくりぬいて作ったビーム兵器で、駐留艦隊はいるわ、惑星レベルのシールドはあるわと規格外の超兵器です。で、これを作るにいったいいくらかかるんや! テクノロジーレベルがぜんぜん違うので比較は難しいですが、たった15.1Km、海底トンネルだけだと9.6Kmぽっちしかない”東京湾アクアライン”ですら総事業費が約1兆4,409億円かかったそうですが(wikipediaより)、惑星ごとの工事となると何千兆円レベルでもおっつかないんじゃない??
 スターウォーズ・サーガでは”金”なんつ~みみっちい話はでてきませんが、戦争(冷戦状態でも)ってのは莫大なコストがかかるもの。”ファースト・オーダー”は少なくとも”残党”なんていう生易しい単語ですませられないほど広大な経済圏を背後に持っているものと思われます。

〔実はスカイウォーカーの家系って子育て失敗の歴史〕
 今回の悪役”カイロ・レン”。レイア・オガーナを母に、アナキン・スカイウォーカー(ダース・ヴェイダー)”を祖父に持つという強いフォースの一族の末裔。この人がまたやんちゃモンで、ダース・ヴェイダーを崇拝するわ、部下の失敗にキレるとライトセーバーであたりを壊しまくるわ、最後には実の父親であるハン・ソロを殺すわというとっても危ないにーちゃん!
 でも、よくよく考えるとスカイウォーカーの家系って子育て失敗の歴史なんですな。アナキン・スカイウォーカーもエピソード1ではとっても良い子だったのにエピソード3では師の”オビ=ワン・ケノービ”を裏切ってシスの暗黒卿になっちゃうし(エピソード6では新しい師の”皇帝パルパティーン”も裏切っているし)
 その息子、同じくジェダイの騎士”ルーク・スカイウォーカー”。甥っ子のレイを預かっていたものの子育てに失敗、彼に次世代のジェダイをレンに殺されて、責任感じて宇宙のどっかに引きこもり状態
 唯一まともそうなのが”レイア・オーガナ”。惑星オルデランではオーガナ家のプリンセス(今でもC3-POは間違えて”姫”と呼んでるし)。帝国元老院の議員でもあったというエリートんんですが、現在の職業はレジスタンスの将軍。正義の味方の立場とはいえ平和な人生とは程遠い人です。ダンナのハン・ソロとの間に生まれたレンをルーク・スカイウォーカーに預けることになったのはこの二人して子育てに失敗したから。

  ハン :もっと、ちゃんと向き合ってやるべきだった
      でも、俺達は自分の世界に逃げ込んだ
  レイア:そうよね
  ハン :俺達は息子を、失った

まあ、母親が危険と隣り合わせのレジスタンスのリーダ、父親が一匹狼の密輸業者とあっては、子育てに向く家族とは言いにくそうですなぁ・・・

 映画館で観るとミレニアム・ファルコンのドックファイトとかレイとレンのライトセーバーのちゃんばらとか、派手なシーンに目を奪われがちですが、お家でDVDで観るとけっこう突っ込みどころ満載ですなぁ。まあ、こういう見方をしちゃうってのもSFファンの悲しい性ではありますが・・・


《脚注》
(*1)DVDはDVDの見方っつ~のもあるわけで!!
 オタキング”岡田斗司夫”がかつて”その場でほとんど一回限りしか見れなかったアニメが、VHSの登場により保存しリピートやスロー再生が可能になったことで見方か変わった”といった趣旨のことを書いています。今やVHSどころかソッコーネットに動画がアップされる時代ですが、昔は流れて消えていく泡沫(うたかた)が当たり前だったんですよ~
(*2)スター・デストロイヤー、でっけ~
 本作に登場する”スター・デストロイヤー ファイナライザー”は全長3,000m(3Km)”。ダースベイダーの乗船する”インペリアル級スター・デストロイヤー”の全長が1,600mなのでほぼ1.9倍。デザインはほほ同じなので体積比だと(約6.6倍!)。ちなみに人類が保有する最大の宇宙建造物”国際宇宙ステーション(ISS)”は全長73m、全幅108.5mにすぎません。
(*3)メモリチップを抱えて逃げ回ってばっかりで
 キャタピラ移動でのたのたしていたR2-D2に比べてかなり俊足なのは確か。ファースト・オーダーのTIEファイターから必死に逃げ回るレイとフィンとほとんど同じスピードで転がってます

確かに名曲だけど”母の日”のBGMに”人間の証明のテーマ”はアカンやろ!(人間の証明のテーマ/麦わら帽子)

 ども、母の日と言われてもあんまし母になんもせんかったおぢさん、たいちろ~です。
 最近、バラエティやCMに昔のドラマやアニメの曲が使われてるのをよく聴きます。まあ、雰囲気合ってるのもあれば、考えオチのものもあったりしてけっこう面白いです。先日テレビのバラエティを見てると”母の日”のネタにこの曲が・・・

  Mama,Do you remember
  the old straw hat you gave to me

人間の証明のテーマ”です。確かに”母”は出てくるし、スローバラードな名曲ですが、映画を見た人間からすりゃ、母の日にこの曲はアカンやろ! と思わず突っ込みいれちゃいました
 ということで、今回ご紹介するのは昔懐かしい角川映画(*1)”人間の証明”から”人間の証明のテーマ”であります。

 写真はたいちろ~さんの撮影。公園に忘れられた麦わら帽子。演出なしてこんなふうに忘れられていました。

8045135

【CD】人間の証明のテーマ(BRIDGE-INC)
 映画”人間の証明”で使われた主題歌。作詞・唄は映画で殺された黒人青年”ジョニー・ヘイワード”を演じたジョー・山中。作曲は”大野雄二”。大野は映画版の音楽監督も務めておりますが、”ルパン三世”のテーマ音楽も手掛けた人で映画を見ているとなんとなくルパンっぽいテイストが流れていたりします
【道具】麦わら帽子
 麦わらで作った帽子。英語だと”straw hat(ストローハット 藁+帽子)”。ジョニーの発音だと”ストウハ”。昔は松崎しげるの影響か”夏の美少女”ってイメージだったんですが(*2)、今では海賊王志願の少年なんでしょうかね


 まずは”人間の証明”の予告編から。


”人間の証明”のあらすじ

 ホテルのエレベーター内で胸部を刺されたまま乗り込んできた黒人青年”ジョニー・ヘイワード(ジョー・山中)”が”ストウハ”という謎の言葉を残して死亡した。遺留品は古ぼけた麦わら帽子と”西條八十詩集”。事件を追う”那須警部(鶴田浩二)”、”棟居刑事(松田優作)”、”横渡刑事(ハナ肇)”らはやがて有名ファッションデザイナーの”八杉恭子(岡田茉莉子)”にたどり着く。

 、森村誠一の原作が1975年、映画版は角川映画第二作として1977年に公開。もう40年近く昔になるんですな~~ そりゃ若い人は知らんはずです。

 この映画の主題歌として使われているのが”人間の証明のテーマ”です。歌詞は

  Mama,Do you remember
  the old straw hat you gave to me
  I lost the hat long ago
  flew to the foggy canyon

(直訳)
  お母さん、覚えていますか、あなたがくれた古い麦わら帽子を
  昔、私が霧深い谷に飛ばしてしまって、失くしたあの帽子を

この歌詞の元になっているのが、西條八十の”ぼくの帽子”

  母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?
  ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、
  谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。

 映画ではおでん屋の客を演じる大滝秀治がこの詩を朗読する場面がありますが、大滝がいい味出しています

 ここまで読んでると、え~話や!と思われるかもしれませんが、なぜ”母の日”に合わないかと言うと、この映画に出てくる”おかん”がめっちゃ悪い人なんですな。ネタバレになりますが、母を慕っている息子を殺すわ、溺愛する息子は海外逃亡させるわと。
 まあ、原作が1975年とまだ戦後の混乱期を引きずっている時代ではありますが、許される犯罪ではないですなぁ。 映画はそれなりに綺麗にまとめてはいますが、母の日前に金曜ロードショーとかで放送される映画じゃね~な~

 まあ、母の日を離れてみれば、往年の松田優作はかっこいいし、鶴田浩二は渋い演技を見せてるし、ハナ肇も意外な名演技を見せてるし。岩城滉一がへたれなに~ちゃんを演じているのはご愛嬌(*3)。
 今見てもけっこう面白いので、よろしければどうぞ


《脚注》
(*1)角川映画
 当時の角川書店社長”角川春樹”が製作した映画シリーズ。テレビCMを多用して書籍と映画を売り込むというメディアミックスのはしりにして最大の成功事例の一つ。角川書店はニコニコ動画などのコンテンツビジネスを展開した”ドワンゴ”と経営統合して”KADOKAWA”に。 元々、この手のDNAはあったんでしょうね。
(*2)松崎しげるの影響か~
  黄色い麦わら帽子の女の子 今年も逢えるかな 夏の日出遭った女の子
 ”黄色い麦わら帽子(作詞 ちあき哲也、作曲 中村泰士、唄 松崎しげる)”。いや~甘酸っぱいですなぁ 聞かれる方はこちらをどうぞ
(*3)岩城滉一がへたれなに~ちゃんを演じて~
 同じく角川映画の”野性の証明(原作 森村誠一)”では舘ひろしがへたれなに~ちゃんを演じてます。角川春樹ってロック歌手が嫌いなんでしょうか?

※”名作童話 西條八十100選”は読んでません。ネットで調べたら”ぼくの帽子”が載っているようなので、記載しました

近場で安くてなにより”楽”な高尾山。”高尾の天狗と脱・ハイヒール単独登山女子”をガイドブックに行ってきました(高尾の天狗山と食欲と私/陣馬山)

 ども、昔は北アルプスや南アルプスも登っていたおぢさん、たいちろ~です。
 時々、山ネタでブログを書いておりますが実は昔は奥様登ってました。”昔は”といいますのはある山で奥様がヒザをいわしまして長らく登ってなかったたんですが、このゴールデンウィークはあまりに天気が良かったんで、近場で安くてなにより”楽”なとこに行ってみようということになりますした。で、チョイスしたのが世界一の登山者数が多いミシュラン三ツ星の山”高尾山”
 ということで、今回ご紹介する”高尾の天狗と脱・ハイヒール単独登山女子”をガイドブックに高尾山に登ってきました。

 写真はすべてたいちろ~さんの撮影です

【本】高尾の天狗と脱・ハイヒール(氷堂リョージ、竹書房)
 フラれたヤケで高尾山に登ったお気楽・ワガママOL御岳ノリコ。三十路、体力なしの彼女がなぜか天狗の子”聖”に懐かれて毎週高尾山に登るハメに・・・
 ビール作りが趣味の烏天狗(からすてんぐ)”幽山”、ツンデレ小天狗”くれは”やリア充タヌキや伝書バトがわりの八咫烏(やたがらす)にかこまれてちょっとずつレベルアップ?!

 ”登ってきました”と書きましたが、実際はケーブルカーを使って中腹まで行って、薬王院表参道を経由する1号路(*1)。下りも同じコースでケーブルカーを使うという超初心者コース。ノリコが最初に登ったのもこのコースと思われます(ただし下りは自力で下山)

〔高尾山ケーブルカー 清滝駅〕
 三角のデザインが特徴的な高尾山ケーブルカー(リフト)の下側の駅。”高尾山”という看板が出ているので”高尾山駅”と思っていましたが”清滝駅”が正解。
 ”高尾山はめちゃくちゃ混む”と聞いてましたので、始発(8:00)めがけて到着。それでも行列ができていて、繰り上げ発車してました。ちなみに昼ごろの下りは通常15分間隔を7分間隔で運行。それでもそこそこ混んでました

5020104
〔天狗の腰掛け杉〕
 高尾山駅(ケーブルカーの上の駅)を下りて登山開始。杉並木を進むと”天狗の腰掛け杉”と言われる杉の大木が。幽山様と聖君はいつも杉の木の上で登山客を見守るっていますが、この杉の木でしょうか?

5020125

〔薬王院〕
 真言宗智山派の関東三大本山のひとつ。行基菩薩により744年(天平16年)に開山されたそうです。ご本尊が薬師如来なので”薬王院”と称されております。
 後に烏天狗形で表される飯縄権現を守護神として奉ったことから、修験道の道場としても繁栄することに(wikipediaより要約)
 ノリコが幽山様や聖君と話をしたり、初詣や豆まきといったイベントがあるのもここ。写真は上が御本堂、下が御本社です。

5020152
5020163
〔烏天狗像〕
 薬王院をはいったところにおわす天狗像。2人おられますが写真は幽山様と同じ烏天狗です
5020138

〔薬王院のアトラクション〕
 上は”願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)”。気をつけないと頭をぶつけます
 下は”六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)”。参道にも小さい版がいくつもありますが、見た中ではこれが最大。回すにはけっこう力がいります。
 ノリコは”アトラクションいっぱい!!”と喜んでますが、幽山様から”アミューズメントパークちゃうわ”と突っ込まれています
5020142
5020132
〔高尾山山頂広場〕
 上の写真は高尾山山頂広場。ゴールデンウィーク中とはいえ平日で9時でそこそこの混みよう。右側にあるのが高尾山山頂の看板、左側にあるのが茶店”大見晴亭”。
 ノリコが山頂で力尽きてうだうだやっているのはこのへんでしょうか

5020187_3

〔高尾山山頂からの風景〕
 この日は曇っていたのであまり風景は見えませんでしたが、天気がよければ富士山とかが見えるそうです。ノリコは初日の出やダイヤモンド富士とかけっこう天候には恵まれているようです。
5020182_2  
〔京王高尾山温泉・極楽湯〕
 2015年10月にオープンした高尾山温泉・極楽湯。

  食事処にサウナにマッサージ 下山してそのままおフロとび込めるじゃん・・
  ・・今年もヤバイね高尾山 ますますヤバイね!

とはノリコさんのコメント。
 登山口側からは反対側になりますが、駅側に入り口があって通路を抜けていけます。料金はハイシーズンで1,200円(通常は1,000円)。露天風呂や炭酸風呂など多数あって下山後にひと風呂はいるのにお勧め。私も入りましたが、まったく極楽です
5020230

 今回は初めてということで風景中心。ノリコさんは”食ったり飲んだりする目的で毎週高尾山に登っておる(カラス天狗・幽山談)”だけあって、けっこう食事ネタも豊富。茶屋”細田屋”や高尾山ビアマウント(夏季限定)、蕎麦になめこ汁天狗焼きのネタがなかったんで、今度は喰いモンメインでまた行こうかな~~

《脚注》
(*1)1号路
 高尾山頂に登るには1号路~6号路といった自然研究路や、稲荷山コース、陣馬山からの縦走などのバリエーションがあります。1号路はリフト乗り場(清滝駅)から山頂駅~薬王院~山頂に至るメインルートです。
 ”超初心者コース”と書きましたが、れっきとした登山ですのでいいかげんに登ると危険です。
 ルート図は高尾登山鉄道のhpからどうぞ

ご飯を楽しみに登る山があってもいいじゃないか!(山と食欲と私/陣馬山)

 ども、今でも時々山に登っているおぢさん、たいちろ~です。
 この春、会社の山仲間が2名、いなくなってしまいました。一人は会社を変わって、もう一人は転勤で広島に。とはいえ”今年のゴールデンウィークも山行くぞ!”と誘われたんですが、行き先が広島に近い四国の石鎚山ということで、財力がついていかずパスさせていただきましたが、これからも誘ってくれるかなぁ
 かつて大学のクラブの時はひたすら登る(いちおう体育会系でしたので)だったですが、今では登るのもそうですが、飲んだり食ったり温泉入ったりにシフトしていきます。”軟弱モノ!”とつっこまれそうですが、中高年になりますと人間いろいろ変わってくるモンです。以前、陣馬山に”鍋登山”ってのをやりまして、登り1時間20分、宴会3時間というなんのこっちゃの登山ですが、いいじゃんかよ~ 楽しかったんだから。山でのご飯ってとっても美味しいんだよ!
 ということで、今回ご紹介するのは山ガールならぬ”単独登山女子”のお話”山と食欲と私”であります。

 写真はたいちろ~さんの撮影。陣馬山山頂の馬のモニュメントです

9060668

【本】山と食欲と私(信濃川日出雄、新潮社)
 日々野鮎美 27歳会社員。”「山ガール」って呼ばないで・・・「単独登山女子」 そういうことでお願いします”が信条の孤高?の単独行派のOLです。そんな彼女の山の楽しみは”食べる”こと。今日もまた、どこかの山で美味しいご飯を食べています。
【旅行】陣馬山
 東京都八王子市と神奈川県相模原市の境にある標高845.8mの山。関東の富士見百景にも選ばれていて、天気がよければ富士山が見えるそうです(私が登った時はダメでしたが)。近くには高尾山や景信山などがあります。
 写真は山頂にある”白馬の像”です。

 日々野鮎美さんは単独行派なので、計画や地図を読むといった技術面から荷物を全部自分で持つといった体力面まで、原則全てを一人でやんないといけなくなります。ご飯を作るということもその一つ。ですんで、ひとりでもちゃっちゃとやれる方がいいですが、さらに言うと美味しいにこしたことはない。
 ということで、日々野鮎美さんはいろいろ工夫しながら山ご飯を作っちゃうというのが本書のお話。いくつかのエピソードをピックアップしてみます

〔簡単、スピーディーなホワイトシチューパスタ〕
 登山ルートの形態に”縦走”といういくつかの頂上を続けて歩くというパターンがあります。本書では高尾山~陣馬山がそれ。高尾山登山口から陣馬山山頂まで小休止込みで約6時間とありますが(*1)、到着12:30でかなりお腹は空いていたことでしょう。
 そこで登場するのが”水戻しパスタ”。乾麺を1~2時間水で戻しておいて、下ゆでした野菜とシチューのルーをぶち込んで煮るというもの。私はこのやり方でパスタを作ったことがないので味まではわかりませんが、見た目結構美味しそう。ポイントは速くできる点でしょうか。下界で作るパスタってのは大量のお湯を沸かしてバスタを10分程度茹でないといけないし、そのお湯は捨ててしまう(スープ用のお湯は別に沸かす)ので時間がかかるし山頂で水が確保できないと茹でる分の水も持って登らないといけないし。まさに山屋向けの料理法でしょうね

〔あったかグリューワイン〕
 グリューワインというのはワインと香辛料を温めて作るホットカクテルクリスマスマーケット(*2)なんかに行けば飲むことができます。
 鮎美さんは赤ワインにブルーベリージャムと黒コショウで味付け。疲れている時は甘いモノが欲しくなるので雪の降る夜にはうってつけでしょうね。

〔豆から挽いたコーヒー〕
 軽量、コンパクトを重視する山の荷物ですので、かさばったり重量が増えてでも作る料理ってのは贅沢になります。鮎美さんは山頂で豆から挽いたコーヒーをいれていますが、贅沢だな~~ なんせ、ドリーッパーとペーパーフィルターを持参、豆は京都・小川珈琲のオーガニック・ハウスブレンドというこだわりよう。手挽きコーヒーミルも持参でその場で豆挽き。いーなーこのコーヒーミル! 重さも300gしないし、値段も2,000円以下で入手できそうなので、買ってみようかな~~

〔メスティンの飯盒で熱々ご飯〕
 おぢさん世代の飯盒ていうと上から見るとそら豆型でダークグリーンのですが、鮎美さんが購入されたのはスウェーデン トランギア社製の”メスティン”。長方形のフォルムが美しい世界最小の飯盒です。これで炊いたご飯の上にレタスとオイルサーディンの缶詰を使った”豪快オイルサーディン丼”をクッキング。うまそうだな~~
 おぢさん飯盒(兵式飯盒)って、1回に4合炊ける大型の上、薪を使って煮炊きする用に吊るせる金具が着いてるとか、今向きじゃないのかも。まあ、ノスタルジックで嫌いってわけではないんですが。
 メスティンも見てると欲しくなるな~~

 しかし、山の料理も変わったな~~。総じて山の道具が軽量化・小型化したせいか(なんせ学生の時って帆布製のキスリングに家型テントの時代ですぜ!)、食料にまわせる余力もできたってことでしょうか?

 本書に限らず、山屋から見て気になることが一つ。なんで、ワインとか調味料とかをビンのまま持ってくんでしょうね? 割れると危険ですし、そもそも思いです。マンガという媒体だと絵的に面白くない(表現が難しい)というのはわかりますが。実際に山に持っていくんだったら、お酒はペットボトルかスキットルに移しかえて、調味料はジップロック等で持ってくのがよろしいかと。

 あ~、これ読んでると、また山に行きたくなるな~~

《脚注》
(*1)高尾山登山口から陣馬山山頂まで~
 明確にコースが書いてあるわけではないですが、手元にある”山と高原地図27 高尾・陣馬”(昭文社)で推測すると
  高尾山登山口~1:40分~高尾山頂~1:20~小仏峠~0:40~
   景信山~2:10~陣馬山
のコースで6時間弱。このコースタイムには休憩時間は含まないので、実時間でこのコースを走破した鮎美さんはけっこう健脚だと思われます。
(*2)クリスマスマーケット
 元々はドイツやオーストラリアなどでクリスマスに行われるイベント。クリスマスタワーを中心に出店がでるというもの。日本でも最近流行りでシーズンになると日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫なんかでやってます。グリューワインはだいたい1杯1,000円、カップはデポジット制になっていて、おかわりだと少し安く、使い終わったカップを返すとお金が戻ってきます(記念品として持って帰るケースも多いですが)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ