« この本の主張を一言で言うと”貧すれば鈍する”でしょうか(いつも「時間がない」あなたに/サラセニア) | トップページ | あと何年で年金貰えるか数えてるじじいにイノベーションなんか考えさせちゃいけないんじゃいかと・・・(How Google Works/月見草) »

居酒屋料理の家呑み、正なりや邪なりや?!(ワカコ酒レシピブック/朴(ほお))

 ども、これでもけっこう料理もできるおぢさん、たいちろ~です。
 一昨年まで単身赴任をしておりまして、この時はけっこう自分でも料理を作っておりました。レシピ本なんかも持っていてその中には”居酒屋のXXレシピ”みたいのも入ってます。じゃあ、それ見て作ったかと言うとあんまし作んなかったですな~~ だってこれ面倒くさいんだモン。美味しく作ろうとするとそこそこ手間がかかるのも多くてね。でもまた買っちゃいました。なんとコミックに出てくる料理のレシピ本
 ということで今回ご紹介するのはコミック”ワカコ酒”に登場する料理を自分で作ってしまおうというレシピ本ワカコ酒レシピブック”であります。

写真はたいちろ~さんの撮影
東高根森林公園(神奈川県)のホオノキです

4273298


【本】ワカコ酒(新久千映 徳間書店)
 村崎ワカコ26歳。酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに、今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。あなたの隣にいるかもしれない、おひとり様仕様の呑兵衛ショート♪(裏表紙より)
 ワカコさんが居酒屋でおひとりさま呑みするって単なるそんな漫画ですが、なんとも言えず味があるんですな~~ 単行本の出始めから読んでますが、いつのまにか武田梨奈(*1)主演でTVドラマ化するわ、沢城みゆき(*2)CVでアニメ化するわと人気出てました
【本】ワカコ酒レシピブック(朝日新聞出版編、朝日新聞出版)
 ”ワカコ酒”に登場する料理を”すぐ出るおつまみ”、”煮物・蒸し物”、”焼き物・炒め物”、”揚げ物”に分けて、美味しそうな写真とレシピ、原作のイラストに加えどこに登場したかまでを書いてくれている本。ちょっと作ってみようかという気になります
【花】朴(ほお)
 モクレン科の落葉高木。かなり大きくなる樹で30mぐらいになるんだとか。水滴状の大きな葉が特徴です。味噌にネギなどの薬味を加え肉や野菜などを朴の葉をフライパン代わりに焼く”朴葉味噌”は飛騨高山地方の郷土料理。このあたりに生える樹かと思ってましたが、かなり大きな公園に行けばたまに植えられていたりしますので探してみてください。


 以前にも書きましたが(*3)、会社で一緒に仕事をしているおひとり様女子でN子さんという方がいらっしゃいます。この方が”だれやみ”という”家呑み会”に誘ってもらっています。”だれやみ”というのは宮崎県地方の方言で晩酌のこと”だれ=疲れ”を”やみ=止み”から一日の疲れをいやすってことで晩酎のことなんだとか。N子さんの手料理&お酒は持ちより、7~8名で集まって女性は全員独身というシロモノ(*4)
 で、何ゆえにお呼ばれになっているかというと、突発的にN子さんが”鍋料理食べたい!”ってなってしまうのが理由の模様です。いや~、気持ちわかります。さきほど居酒屋料理をあまり家でしない理由が面倒くさといと書きましたが、実はあまり作らない最も大きな理由が”量のコントロールが難しい”もっとはっきり言うと”一人分作るのが難しい”からなんですね。

 料理をされる方ならおわかりかと思いますが、料理のレシピってのはだいたい”×人分”で書かれています。それに合わせてじゃがいも何個だとか牛肉××gだとか醤油大さじ×杯の分量になるんですが、これに合わせて食材を準備するのって意外とムダが多いんですね。最近はスーパーでジャガイモや玉ねぎって1ケ単位で買えますがちょっと割高。かといって袋で買うとあまっちゃうし。お肉もg単位で売ってくれるところもありますが、さすがにいい大人が”豚バラ肉 50g”って買うのもねぇ。調合済の調味料なんかもそうで、こっちは半分使っておいとくってのもなんとなく痛みそうだし。わかりやすい例だと、カレーなんかがそうで、最小単位が4皿分とかになっていて、これに合わせて人参だ肉だ買ってきて作りますが、そうすると2~3日カレーデーになっちゃいます。まあ、おかず系だとそれでもいいんですが、家呑みで3日続けて同じアテになるとちょっと・・

 よく”鍋物はたくさん作った方がおいしい”と言われますが、確かに少量の鍋だと味付けは難しいし(1リットルの水に1gの塩の誤差は0.1%ですが、100ccだと1%ブレちゃいます)。鍋も料理のサイズにあわせていろいろ用意できるといいんですが、よくある”ひたひたになるまで水を入れて”なんてのも、鍋のサイズが材料の量にあっていないと水が多すぎになっちゃうし。それに小鍋で弱火って意外と難しいんですよね、すぐ吹きこぼれちゃうし。

 あと、食材の入手ってのもあります。N子さんは九州出身なので”醤油は甘いもの(*5)”らしいですが、ほかの土地でも売ってんでしたっけ?(ネットだと入手できるんでしょうけど)。味噌なんかも地域色がある食材で、地元の味を出そうとすると意外にバラエティ豊かにそろえないといろいろ作れないしな~~
 売ってるの見たことないのの代表格なのが”朴葉(ほおば)”。本書でも朴葉味噌焼きのレシピが出てますが、食材以上に朴の葉っぱって入手できるんでしたっけ?(*6) 拾ってくりゃタダなんですが(拾ってきていいかどうかはビミョ~ですけど) 

 鍋物以外でも事情は似たり寄ったりで、モノにもよりますがまあ1人分作るってのは難しいのはあんまし変わらないんではないかと。最近スーパーやコンビニで個食サイズのお惣菜ってよく売ってますが、こんだけ独身や単身世帯が増えてくるとけっこうニーズがあるんでしょうね

 結局のところ、居酒屋料理って”いろんな料理をちょっとずつ食べたい”のか”少ない料理をじっくり食べたい”と思うかによりそうです。ワカコさんはどっちかというと単品をじっくり食べる派(まあ、酒があればいいのかも)のようですが、私はどっちかっつ~とみんなでわいわいやりながらいろんなのを食べる方が好きです。まあ、好みの問題なのでどっちが正しくてどっちが邪というわけではないですが、私自身は家で居酒屋料理を作るのには向いていないのかも。オカズするのに大量に作ることはありますけどね

 本書に載っている料理はけっこう美味しそうですし、レシピもわかりやすいですし(自分で作ってないけど)、なんてったってそこここでワカコさんが”ぷしゅ~”してます。ワカコファンならお手元に置いときたい1冊です


《脚注》
(*1)武田梨奈
 セゾンカードのCMで頭突で瓦を割ってたあのお姉さんです。まあ、ギャップ萌えとでも言いましょうか。
(*2)沢城みゆき
 アニメ版はTOKYOMX他で2015年7月5日より放映予定。ワカコさん役は、峰不二子の3代目CVの沢城みゆきさん。ちょっと意外なキャスティングですがちょっと、楽しみにしています。
(*3)以前にも書きましたが
 ”酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに、今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。いるんですよね~~身近に!”より。登場する花や樹が出てますので、こちらもどうぞ
(*4)女性は全員独身というシロモノ
 こう書くと”うらやましい!”と思われるかもしれませんが、出席する男性陣は全員50代の既婚者という、な~んの展望もない呑み会です、はい。
(*5)N子さんは九州出身なので”醤油は甘いもの”
 九州や北陸では甘い醤油が一般的らしいですが、N子さんちにいって初めて食べさせてもらいました。ちなみに私は関西出身なので、実家には濃口醤油と薄口醤油の両方ありました。
(*6)朴の葉っぱって入手できるんでしたっけ?
 amazon.comで入手可能です。恐るべしネット通販!

« この本の主張を一言で言うと”貧すれば鈍する”でしょうか(いつも「時間がない」あなたに/サラセニア) | トップページ | あと何年で年金貰えるか数えてるじじいにイノベーションなんか考えさせちゃいけないんじゃいかと・・・(How Google Works/月見草) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コミック/DVD」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/61804995

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋料理の家呑み、正なりや邪なりや?!(ワカコ酒レシピブック/朴(ほお)):

« この本の主張を一言で言うと”貧すれば鈍する”でしょうか(いつも「時間がない」あなたに/サラセニア) | トップページ | あと何年で年金貰えるか数えてるじじいにイノベーションなんか考えさせちゃいけないんじゃいかと・・・(How Google Works/月見草) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ