« ”ヤマノススメ”、このお父さんはお勧めです(ヤマノススメ/ニッコウキスゲ) | トップページ | 桜だけじゃなく、サルスベリの下にも死体が埋まっているらしいです(百日紅の下にて/サルスベリ) »

Newボンドは”ウォッカ・マティーニ”以外、いろんなので呑んだくれています(007 白紙委任状/レモン)

 

ども、委任状なんてマンションの管理組合のぐらいしか書いたことないおぢさん、たいちろ~です。
 相変わらず○塚家具の父娘喧嘩、もとい会長と社長の経営方針をめぐるごたごたが続いています(*1)(2015年3月14日現在)。株主総会に向けて”プロキシーファイト(委任状争奪戦)”をやってるそうですが、これは”自分の意見に賛成します=委任状”をかき集めて多数決で勝ちを狙うってやり方。まあ、委任する側から見ると”あなたを信じて任せます”、悪く言っちまえば”丸投げ”と言えなくもないですが・・ しかしまあ、”プロキシーファイト”なんてゴルゴ13で知ったぐらいなんだけどな~~(*2)
 てな話をしてる時に最近読んだので”白紙委任状”のがありまして。ということで、今回ご紹介するのはジェフリー・ディーヴァーの手による世界一有名なスパイ・アクション”007 白紙委任状”であります。


写真はたいちろ~さんの撮影。近所のレモンの花です。

5190430


【本】007 白紙委任状(ジェフリー・ディーヴァー 文春文庫)
 イギリス通信本部は大規模な襲撃計画を告げるメールを傍受した。事態を重く見た政府は阻止作戦のために一人のエージェントに指令を下す。表の顔は”海洋開発グループ(ODC)”に所属するセキュリティ・アナリスト、裏の顔は”白紙委任状を持つ男”ジェームス・ボンド、暗号名”007”に・・・
 ”リンカーン・ライムシリーズ”で明晰な推理を展開するジェフリー・ディーヴァーによる新しい”007”の誕生です。
【花】レモン
 ミカン科ミカン属の常緑低木。
 ちょっとごつごつしててとっても酸っぱい実がなりますが、その花は意外に可憐な白い花が咲きます。花言葉は”愛の忠誠、愛に忠実”


 007シリーズはけっこう好きでよく観ます。スタイリッシュなスパイ像を確立した初代”ショーン・コネリー”、アメコミっぽくってコミカルな”ロジャー・ムーア”、アクションバリバリの”ピアース・ブロスナン”、なんとなく暗くっておぢさんっぽい”ダニエル・クレイグ”(*3)。(単なる印象です。007ファンの方、すいません)
 で、今回ご紹介のディーヴァー版”007”はというと、アクション派というより頭脳派・推理派とでも言いましょうか。あと女性関係についてはいたって真面目な方のようです(やることはやってるけど)。このあたりのテイストはディーヴァーが色濃くでてるんでしょうかね。イメージでいうとクレイグあたりが近いんでしょうか。

今回の表題”白紙委任状”(CARTE BLANCHE、カルト・ブランシュ)ですが、最初は”カルト”で危ないカルト集団を連想したんですがこれは間違い。カルト(carte)はフランスで献立表のこと。適当?に料理を選ぶ”ア ラ カルト”のあれです。ブランシュ(blanche)は”白い”で直訳すると”白い献立表”、好きに書いてください=白紙委任ってとこでしょうか(ちなみにカルト集団のカルトは”cult”) 一昔前なら”殺しのライセンス”とか”殺人許可証”とか言ってたヤツのようです。しかも今回は”国外限定(*4)”。時代の流れとともにいろいろ制約がでてくるんでしょうかねぇ

 今回、変わったな~~と思ったのがお酒の話。かつてのボンドの飲む酒といえば、”ウォッカ・マティーニ”。

  ウォッカ・マティーニを、ステアではなくてシェイクで
  Vodka Martini,Shaken,not stirred

いや~、かっこいいですな。私も一度だけ(カクテルはけっこう高いので)頼んだことありますが、気分はもう007!。ちなみに作り方はといいますと、ジンとベルモット、さらにウォッカを加え、冷やしたものをステア(かき回す)のではなくシェイクしてレモンの皮を入れたもの。味は確か美味しかったような気が・・・

 このウォッカ・マティーニ、ボンドはドバイのバーで注文してますが、本書ではそれ以外にもけっこういろいろ飲んでます。
 本書の題名にもなっているのもカクテル。クラウンロイヤル(ウイスキー)のロックにトリプルセック(ホワイトキュラソー)、ビターズ、オレンジピールを加えたもの。オレンジについては

  オレンジのピールをツイストして添えてくれ
  スライスではなく、ピールだ

とのこだわりよう。こういったとこがボンドらしいですなぁ。ボンド曰く”名前はまだない”ですが、後に国際飢餓対策機構代表の美女(ボンド・ガール?)のフェシリティ・ウィリングと食事で飲む時に”カルト・ブランシュ”と命名。曰く

  あなたの賛同者にこのカクテルをたっぷり飲ませたら、
  あなたの一存でいくらでも金を持っていっていいという内容の
  カルト・ブランシュをその場で書いてよこすだろうから

そ~んな不思議なカクテルが欲しい、そ~んな不思議なカクテルが欲しい♪

 敵のボス”ヘイト”の所に潜入して飲むウィスキーにも一言

  ボンド:ウィスキーを頼む。スコッチがいい。できればシングルモルト
  ヘイト:オーヘントッシャンでは?
  ボンド:いいね。水を一滴落としてもらえればなおいい

こだわるよな~~ カッコよく

 ほかにもクラウンロイヤルのロックだのベイカーズ・バーボンのロックだの、グラハム・ベック・キュヴェ・クライヴ(スパークリングワイン)だの、けっこう高そうなお酒をのんだくれてますなぁ。

 それ以外にも変わったな~~ってのがハイテク化。昔からボンドと言えば”秘密道具”ですが、ずいぶん方向が変わっちゃいましたね。”ボンド・カー”なんかはカーチェイスや攻撃用でしたが、今や偵察衛星で備考をするわ、ビックデータ解析で敵の動きを分析するわ、フラッシュドライブに内蔵された盗聴器があるわ。極め付きはiPhoneそっくりで秘密機能てんこ盛り、Q課謹製(*5)”iQPhone”?!
 思えば、”スカイフォール”でオタクっぽい新任の”Q”が、秘密道具を”古い”といってコンピューターバリバリ使って敵を追い詰めるとかやってますんで(*6)。まあ、こういう時代なんですかねぇ スパイにとってやりやすいんだかやりにくいんだか・・・

 冷戦時代を色濃く反映するボンドと、ハイテク機器を使いこなすボンドとどっちがいいかは評価の分かれるところでしょうか。まあ、古い時代のボンドも捨てがたい魅力もあるんですけどね、幼馴染みたいなもんで・・・

  幼なじみの思い出は、青いレモンの味がする♪(*6)

《脚注》
(*1)○塚家具の父娘喧嘩、もとい~
 高級路線を継続したい創業者の親父と、カジュアル路線に転換したい現社長の娘が対立。親父は親父で幹部社員をずら~っとならべて記者会見するわ、娘は娘でアメリカの助言会社から自分の経営方針を評価しているコメントを出すわとステークホルダー巻き込んでの壮大な親子喧嘩の様相。まあ、社員はたまったもんじゃないでしょうけどね。
(*2)ゴルゴ13で知ったぐらいなんだけどな~~
 ハワイの一流ホテル乗っ取りの依頼を受けたヤクザ立花は、委任状争奪戦を指揮する。一方、立花により娘を自殺に追い込まれた大富豪は復讐にため、ゴルゴ13に狙撃を依頼する。
 ”プロキシー・ファイト”より。ゴルゴ13(さいとう・たかお、 リイド社)60巻に収録
(*3)スタイリッシュなスパイ像を確立した~
 ボンド役を演じた俳優別の代表作を上げてみると
・ショーン・コネリー:ドクター・ノオ、ロシアより愛をこめて、ゴールドフィンガー
・ロジャー・ムーア:黄金銃を持つ男、ムーンレイカー、オクトパシー
・ピアース・ブロスナン:ダイ・アナザー・デイ、トゥモロー・ネバー・ダイ
・ダニエル・クレイグ:カジノ・ロワイヤル、慰めの報酬、スカイフォール

(*4)国外限定
 本書の用語解説によると”MI6(情報局秘密情報部)”が国外を、”MI5(情報局保安部)”が国内を担当ということで、範囲が分担されているとのこと。ボンドが所属するODGは外務連邦省(FCO)の下部組織なので海外担当です。昔は国内外を問わずドンバチやってたような気がしますがねぇ・・・
(*5)Q課謹製
 ボンド用の秘密道具を次々開発するQ課。以前の”Q”は人の名前でしたが、本作ではQ課というセクションになりました。映画版では人のよさそうなおっちゃんでしたが、今考えると元祖オタクだったんでしょうかね。
(*6)コンピューターバリバリ使って敵を追い詰める
 ”白紙委任状”が出版されたのは2011年、”スカイフォール”が公開されたのは2012年ですから、順番的にはこっちが先なんですが、はい。
(*7)幼なじみの思い出は、青いレモンの味がする♪
 この曲の題名はそのものズバリの”おさななじみ”。作詞は永六輔、作曲は中村八大の黄金コンビ。他にも”上を向いて歩こう”、”遠くへ行きたい”、”こんにちは赤ちゃん”など名曲が多数。昭和だなぁ・・・

« ”ヤマノススメ”、このお父さんはお勧めです(ヤマノススメ/ニッコウキスゲ) | トップページ | 桜だけじゃなく、サルスベリの下にも死体が埋まっているらしいです(百日紅の下にて/サルスベリ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

どうしてティモシー・ダルトンは忘れ去られてしまったのでしょうか?
たしかに若干のマイナー感はあるにせよ、”消されたライセンス”なんかそこそこたのしめたしねぇ。
ちょっとは取り上げてやろうよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/61278652

この記事へのトラックバック一覧です: Newボンドは”ウォッカ・マティーニ”以外、いろんなので呑んだくれています(007 白紙委任状/レモン):

« ”ヤマノススメ”、このお父さんはお勧めです(ヤマノススメ/ニッコウキスゲ) | トップページ | 桜だけじゃなく、サルスベリの下にも死体が埋まっているらしいです(百日紅の下にて/サルスベリ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ