« ねむりぐすりはうわごと謂うと申すから、それが怖くってなりません(儚い羊たちの祝宴/外科室/ケシ) | トップページ | 重い本を持って毎日通勤したので背骨に歪みが出ています(ボーン・コレクター/“下山手ドレス”2nd/骨) »

ほとんどのギークは最高の重役にはなれない。だが上のキャリアへと進ませる必要がある(ザ・グーグルウェイ/えんじゅ)

 ども、一部上場企業のシニアマネージャーのおぢさん、たいちろ~です。
 会社の役職というのは別の組織の人にはわかりにくいモンですが、一般的に言うと”シニアマネージャー”ってのは部長か副部長あたりの役職(*1)になります。”こんない~かげんなブログ書いてるのにうっそで~~”と思われるかもしれませんが、これはホントウ。世間ってのは分からないもんです(自分で言うな!) ポスト不足に悩む中堅社員の方には張り倒されそうですが、部長級でも同期の中では出世していない方ですから、身から出た錆というかなんというか・・・
 まあ、組織の中で出世するかどうかはその人の資質と組織の運営方針のありように関わってきます。
 ということで、今回ご紹介するのは世界有数の企業、グーグルに見る出世のお話”ザ・グーグルウェイ”であります。


写真はたいちろ~さんの撮影。川中島古戦場(八幡原史跡公園)にある逆槐(さかさえんじゅ)です。

0410


【本】ザ・グーグルウェイ(ベルナール・ジラール、ゴマブックス)
 サウブタイトルが”グーグルを成功へ導いた型破りな戦略”とあるように、IT企業としても後発(*2)であるグーグルがいかに世界的大企業に成長したかという戦略をまとめた本。”ウェイ(Way)”は日本語に訳すと”道”ではなく”やり方、流儀”の意味がしっくりきます
 実はこの本”How Google Works(*3)”と間違えて読んだんですが、これはこれでけっこう面白かったです。
【花】えんじゅ(槐)
 マメ科エンジュ属の落葉高木。”幸福の木”、”出世木”と呼ばれ庭に植えると幸福を呼ぶらしいです。えんじゅは大変丈夫な木で根や葉がなくなっても復活することから縁起木になったそうですが木へんに鬼で縁起がいいと言われてもなぁ
 写真の逆槐は、武田信玄が上杉軍狭撃の陣地を作るのに土塁の土どめに槐の杭を根を上にして打ち込んだところ、芽を出て巨木に成長したものと伝えられてるそうです。


 偉くなることが幸せかどうかは別として、その人が偉くなるかは一つには”その人の資質”、ぶっちゃけ”運と実力”によります。”運も実力のうち”ってまま言いますが、実力があってこその運。少なくとも私が見てる限り”なんでこの人はこんなにできるのに管理職にならなかったんだろう?”という人はままいますが、”なんでこの人はできんぼなのに幹部社員になったんだろう?”って人はまずいません。一般論として断言はしませんが(*4)、上の人の目はそれほど節穴ではないですし、運やおべんちゃらだけで出世できるほど会社は甘くありません、たぶん。あえて例外を上げるとしたら”私”ぐらいでしょうかねぇ

 この問題をさらにややこしくしているのが、現場のエースプレーヤーである資質と偉い人=管理職の資質が必ずしも一致するとは限らないこと。”一流の選手が一流の監督であるとは限らない”ってあれです。おおむね現場のエース級の人ってのは自分でちゃんと取りまわしのできる人なんですが、管理職になるとこれを”部下にやらせる”必要がてきます。まあ、この手の人にとっては自分でやった方が楽だし早いんでついつい自分でやっちゃうんですが、これは管理職がやっちゃうのはちょっとマズイって言われちゃうんですな。

 そこで出てくるのが”複線人事”、つまりジェネラリスト(管理職)とスペシャリスト(専門家)をそれぞれ評価、処遇しようってのですが、これはこれで難しい。なぜならトップが”一流のプレーヤー=一流の管理職”っていう幻想を捨てないといけないし、現場の人も専門家であることにモチベーションとステータスを感じないとうまくいかない。
 前置きが長くなりましたが、本書で印象に残ったのがグーグルの会長、”エリック・シュミット”の言葉。この人がノベル(*5)のヘッドだったころに”二重のキャリアの梯子(エグゼクティブのキャリアの梯子と、技術の梯子)”について語った話です。

  ギークたちを失いたくなければ、
  彼らをマネージャーにしないで昇進させる方法を見つけなければだめだ
  ほとんどのギークは最高の重役にはらならい ---
  正直に言えば、大半はひどいマネージャーになることだろう
  だが、彼らに上のキャリアへと進ませる必要はある
  こちらが彼らを認めていると知らせる必要がある
  彼らにもっと金を与える必要がある

 ギークてのは”技術オタク”ぐらいの意味(*6)。しかし、経営トップが”大半はひどいマネージャーになる”と断言しちゃうのもすごいな~~ 
 グーグルは、ギークを上のキャリアに進ませ、認めさせるために、仕事の20%を自分の選んだテーマを研究させる時間に割り振って、その成果を同僚に査定させるということをやってるそうです。ちょっと見るとうらやましそうなルールですが、実際これってきつそうだな~~ まず20%の時間やエネルギーをねん出するのに単純計算で20%分の人を追加で雇用してくれなければ、80%の時間で100%の成果をあげなきゃなんないし、仲間内での評価が得られなければ”人から認められない”わけですし。通常の仕事であれば周りから認められようが認められまいがまあ、済む訳ですが(済ましちゃいけないんですけど)、自分が好きでやってるテーマを認められないとへこみそうだしなぁ

 この手の本を”ノウハウ集”として読んでる人も多いと思いますが、この本は”あとがき”でおもいっしきちゃぶ台返し。

  しかし実際にこれらの方法を別の企業に適用するのは難しい
   (中略)
  グーグルの真似をするだけでは成功できないということだ

たしかに、普通の会社ではそうそうマネのできないでしょうねぇ

 本書には書いてませんが、出世をしたいな~と思ってる人(思ってない人にも)に一言。出世の前にまず”健康”。健康を害すると出世できないとは言いませんが、人生にとってプラスにならないのは確か。えんじゅ(槐)のごときタフネスがあればなあ、なんとかなるもんです。間違ってもえんじゅ(呪怨)(*6)にならないようにね

PS.
 実は本日をもちまして、役職離任、つまり管理職を定年になりました。ひと昔前ならこの時点で退職金を貰えたんですが。まあ、実際の定年退職までは雇用保障されますが給料下がってやることあんまし変わんないんだしなぁ


《脚注》
(*1)部長か副部長あたりの役職
 これとて組織によってはかなり違うもの。会社によっては部長が”役員”だったりしますが私はそんなに偉くはないです。ややこしい例の代表としては警察官。調べてみると警察組織で”部長”というと警視監(警視総監につぐ上から2番目)か警視長(上から3番目)が任じられるかなり偉い人ですが、”巡査部長”は上から8番目(下から2番目)。警部や警部補より下ですので、”こちら葛飾区亀有公園前派出所”に登場する”大原巡査部長”より”ルパン三世”の”銭形警部”や”相棒”の”杉下警部”、”古畑任三郎”の”古畑警部補”のが偉いってことになります。
(*2)IT企業としても後発
 名だたるIT企業を設立順に並べるとマイクロソフト(1975年)、オラクル(1977年)、Amazon.com(1994年)、Yahoo!(1995年)、グーグル(1998年)、フェイスブック(2004年)になります。
(*3)How Google Works(エリック・シュミット、日本経済新聞出版社) インターネット、モバイル、クラウドという環境激変が、企業から消費者へのパワーシフトを引き起こした。いま企業が成功するためには、考え方を全部変える必要がある。グーグル会長が新時代のビジネス成功術を伝授(amazon.comより)
(*4)一般論として断言はしませんが
 と書いてるハナから財閥会長の娘で副社長が引き起こした”ナッツリターン”で盛り上がってるからな~ 
(*5)ノベル
 おぢさん世代だと、MS-DOSの時代にネットワーク接続するのに”NetWare”なんか使ってたの覚えてますでしょうか? 最近はあんまし名前聞きませんなぁ なんせ、栄枯盛衰の激しい業界ですから
(*6)ギークてのは”技術オタク”ぐらいの意味
 wikipediaを見るとギーク(geek)は元々サーカスとかでヘビやニワトリを食いちぎったりする芸人、さらにさかのぼるとドイツ語で”愚者”、”嘲笑すべきもの”、”騙されやすい者”なんだとか。どっちにしても、褒め言葉じゃなさそうだな~~
(*7)えんじゅ(呪怨)
 ”高校鉄拳伝タフ”(猿渡哲也、集英社)に出てくる必殺ワザの一つ。この技ににかかると半身不随、失読症、記憶喪失、幻覚を起こすという怖いもの。
 最初に”えんじゅ”というのを聞いたのはこっちが先だったので、”槐”ってなんか怖い木ってイメージが染みついちゃって。なんせ木へんに鬼だからなぁ


« ねむりぐすりはうわごと謂うと申すから、それが怖くってなりません(儚い羊たちの祝宴/外科室/ケシ) | トップページ | 重い本を持って毎日通勤したので背骨に歪みが出ています(ボーン・コレクター/“下山手ドレス”2nd/骨) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/60841726

この記事へのトラックバック一覧です: ほとんどのギークは最高の重役にはなれない。だが上のキャリアへと進ませる必要がある(ザ・グーグルウェイ/えんじゅ):

« ねむりぐすりはうわごと謂うと申すから、それが怖くってなりません(儚い羊たちの祝宴/外科室/ケシ) | トップページ | 重い本を持って毎日通勤したので背骨に歪みが出ています(ボーン・コレクター/“下山手ドレス”2nd/骨) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ