« 江ノ島で猫見て思い出したんですか、あのネットの事件ってどうなってるんでしたっけ?(ネットフォース/江ノ島の猫) | トップページ | ”エースをねらえ!”ってより”ブラックジャック”でしょうか? でもすんごい面白いんだ、これが(さよならドビュッシー/ブラックジャック/月) »

主の御目はどこにでもあり、あなたのことをTVに流している、かもしれない(トゥルーマン・ショー/おれに関する噂/スワヤンブナート)

 ども、世の中の片隅でだれに注目されることなく生きてるるおぢさん、たいちろ~です。
 先日、エド・ハリスのネタでブログ書くんで(*1)いろいろ調べてると、この人って”トゥルーマン・ショー”にも出てたんですね。この話って、自分の人生が知らない間にTVで放映されてるって内容らしいですか、それってなんだか”おれに関する噂”みたいな話?
 ということで、今回ご紹介するのは単なる社会人がマスコミに取り上げられる話”トゥルーマン・ショー”と”おれに関する噂”であります


写真は”トリップアドバイザー”のHPより。スワヤンブナートです。
ネパールに行ったんで写真あるはずなんですが、見つかりませんでしたので・・・


【DVD】トゥルーマン・ショー(主演 ジム・キャリー、 エド・ハリス、パラマウント)
 トゥルーマンは保険会社に勤める平凡なセールスマン。ある日死んだはずの父親にであい、拉致されるという事件に遭遇する。そしてトゥルーマンは自分を取り巻く世界に違和感を覚える。街を脱出しようとする彼を街中が阻止しようとし・・・
 ジム・キャリーがトゥルーマンを、エド・ハリスがTVの敏腕プロデューサーを演じるシュールなコメディ(かな?)
【本】おれに関する噂(筒井康隆、新潮社)
 NHKテレビのニュースを見ていると、だしぬけにアナウンサーがおれのことを喋りはじめたのでびっくりした。(本書より)
 一介のサラリーマン”森下ツトム”がいきなりマスコミのニュースに流れ出すというスラップスティックコメディー
【旅行】スワヤンブナート
 ネパールのカトマンズ盆地にあるネパール仏教寺院。仏塔に仏陀の知恵の目が四面に描かれているのが特徴。まあ、神様の目はどこにでもあるってことでしょうか。


 まあ、結果から言えば似てると言えば似てる、別物といえば別物。”トゥルーマン・ショー(The Truman Show)”はトゥルーマン(true man)(*2)のシャレが気持ちいいぐらい、虚構と現実がごちゃまぜ。”おれに関する噂”はどっちかつ~と不条理劇のテイストでしょうか。

 ”トゥルーマン・ショー”は一言でいうと、冒頭にエド・ハリス演じる敏腕プロデューサー”クリストフ”のモノローグでしょうか

  だが、このショーでお見せする、まあ言ってしまえば作り物の世界は
  トゥルーマンにとっては現実なんだ

  While the world he inhabits・・・
  is,in some respects,counterfeit,
  there’s nothing fake
  about Truman himself

 で、いろいろあってジム・キャリー演じるトゥルーマンが世界の真実に気づく訳ですが、この時にクリストフが天から語りかけるシーン

   多くの視聴者に希望と歓びを与えている
   私が作った世界こそ真実なんだ
   私の世界では何も恐れるものはない
   私は君より君をよく知っている

 これはもう神様の視点ですなぁ。エド・ハリスの慈愛に満ちた表情が秀逸。
 でもその前には、神の怒りのごとく雷落っことしてるけど・・

 方や”おれに関する噂”はというと、主人公は”なぜ自分がマスコミに報道されるのか”って点以外はかなり状況に自覚的です。で、こっちの世界観はというと森下ツトムが問い詰める週刊誌の副編集長の言葉

  マスコミが報道すれば、なんだってビックニュースになるのです
  報道価値なんて、報道したあとからいくらでも出てくるんです

 につきますな。

 まあ、テイストの違う作品ではありますが、共通点の一つとしては”マスコミに取り上げられなくなった後の主人公は幸せか?”って疑問符が付くとこでしょうか? トゥルーマンはセットの外に出ればただの失業者だし、ラストシーンでは視聴者が番組終了しだい”チャンネル変えろよ!”って、あっというまに商品価値がなくなる暗示をしてるし。”おれに関する噂”でも森下ツトムがマスコミに取り上げられてるうちは同僚にお姉さんとエッチできてるけど、無名人になったとたんデートすら断られているし(まあ、本人は彼女の本性がわかって満足してるようですが)。森下ツトムはまだしも、トゥルーマンはエデンを出たアダムみたいなモンになりそうだな~

 余談ですが、”トゥルーマン・ショー”みたく小国の国家予算なみの金を使ってセットを組むのはともかく”おれに関する噂”なみに追っかけまわすのはできそうだな~~ 最近の犯罪捜査の報道なんて防犯カメラの映像が当たり前ですが、なんでも正式統計はないものの日本に防犯カメラって300万台ぐらいあるんだとか(日経BizアカデミーのHPより)。さらには携帯電話の契約者数では1億3800万台で(電気通信事業者協会HPより)ほとんどカメラ付きだとすると単純計算で国民全部で何かを監視するってのはやる気になりゃできそうなノリです。
 先日読んだ”臨機巧緻のディープ・ブルー(*3)”の中に地球のあらゆるところにカメラが設置されていて、どこでも見れるようになったから”こんどは宇宙を見にいこう!”ってなノリで宇宙に進出するって話がでてましたが、知的好奇心があればなんだってやっちゃいそうだし。

 意外と神様だって、天国のテレビで人間見ながら笑ったり感動したりしてるのかもな~~ でも浄玻璃鏡(*4)はちょっとご勘弁を・・・


《脚注》
(*1)エド・ハリスのネタでブログ書くんで
 ”ファントム 開戦前夜”の話です。そんときのブログはこちらから、映画の公式HPはこっちです。
(*2)トゥルーマン(true man)
 直訳すると”真実の人”ってとこでしょうか。
 ちなみに、第33代アメリカ大統領”Truman”は綴りは一緒ですが”トルーマン”と表記されます。
(*3)臨機巧緻のディープ・ブルー(小川一水、朝日ノベルズ)
 宇宙を調査する宇宙船艦隊に乗り込んだカメラマンのタビト。彼はとある惑星で人魚のような囚われの少女と出会う。この惑星を支配する鳥型宇宙人と対立することになった地球人は・・・
 ファースト・コンタクトというよりボーイ・ミーツー・ガールなSF小説
(*4)浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)
 閻魔様が亡者の裁判で亡者の善悪の見極めに使用する鏡。亡者の生前の行動が映し出される”鏡”というより録画機能付きテレビのようなモンです。確かにこれで過去の証拠を突きつけられたらウソは付けないだろうなぁ


« 江ノ島で猫見て思い出したんですか、あのネットの事件ってどうなってるんでしたっけ?(ネットフォース/江ノ島の猫) | トップページ | ”エースをねらえ!”ってより”ブラックジャック”でしょうか? でもすんごい面白いんだ、これが(さよならドビュッシー/ブラックジャック/月) »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/59431978

この記事へのトラックバック一覧です: 主の御目はどこにでもあり、あなたのことをTVに流している、かもしれない(トゥルーマン・ショー/おれに関する噂/スワヤンブナート):

« 江ノ島で猫見て思い出したんですか、あのネットの事件ってどうなってるんでしたっけ?(ネットフォース/江ノ島の猫) | トップページ | ”エースをねらえ!”ってより”ブラックジャック”でしょうか? でもすんごい面白いんだ、これが(さよならドビュッシー/ブラックジャック/月) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ