« Q:欲しい物は何ですか? A:過去を消せる消しゴム(塗仏の宴 宴の支度/塗仏の宴 宴の始末/5円玉を糸で吊ったの) | トップページ | この話の結末を知りたくないですか?(ビブリア古書堂の事件手帖5/ブラックジャック/ブラックジャック像) »

まあ人間、竹を割ったようにスパっとはいかな不合理な存在のようで。(ずる/竹)

 ども、人生をごまかしごまかし生きているおぢさん、たいちろ~です。
 ほとんど勉強はしませんでしたが、いちおう経済学部の卒業です。だからというわけではないんですが、最近”行動経済学”というのが気に入ってます。これは簡単に言うと”人は経済人(経済的合理性のみに基づいて個人主義的に行動する人)ではなく、もっと不合理でいいかげんに行動する”という考え方に基づいて経済を考えるって学問です。
 まあ、私が学問した時代(マルクス経済学か近代経済学か(*1))から見れば根性曲がりと言えなくもないですが、面白いんだな~これが。ダン・アリエリーの”予想どおりに不合理(*2)”なんてはまりましたね。この人の出した新刊があったので読んでみました。ということで今回は”ずる”のご紹介であります。


写真はたいちろ~さんの撮影。偕楽園の孟宗竹です。

0405


【本】ずる(ダン・アリエリー、 早川書房)
 サブタイトルに”嘘とごまかしの行動経済学”とあるように、人はどんな時に嘘やごまかしをするのかというのを、報酬を貰えるアルバイトをエサに数々の実験をして確かめた本。この人は”高価な偽薬は安価な偽薬よりも効力が高い”ことを証明してイグノーベル賞(*3)(なぜか医学賞)を貰った人でもあります。
【花】
 イネ目イネ科タケ亜科のうち、茎が木質化する種の総称。繊維が縦に走っているのでまっすぐ割りやすいため、気性がまっすぐで,悪いことのできない性格のことを”竹を割ったような性格”といいます。


 本書の論旨を簡単にまとめると、人は
  ごまかしをして利益を得たい    = 合理的、経済的な動機付け
  自分を素晴らしい人間だと思いたい = 心理的な動機付け

の二つがあって、この矛盾する目的を達成するためにつじつま合わせをする(つじつま合わせ仮説)。なんでちょっとだけ”ずる”をしても自分を誤魔化しちゃう。まあ、銀行強盗はしないけど、おつりが多めに渡されても”まっ、いいかこんぐらい”と思って貰っちゃうっていうようなことです。

 まあ、感覚的には”そ~だろ~な~”ってとこですが、ダン・アリエリーはこれらを実験によって証明しています。まあ、人が悪い実験っちゃ実験ですが。これらの実験によって分かったことで印象的なのをあげると(*4)

〔”ずる”を抑制する要素〕
  あまり親しくない人の監視
  道徳的・宗教的戒め(ただし短期的)
〔ほとんど影響のないもの〕
  不正から得られる金額
  捕まる確率
  文化的、国家の違い
  知能(問題解決能力、知覚能力、一般常識)
〔”ずる”を増長する(抑制しない)要素〕
  まわりの人もやっている、”ずる”は感染する
  自分に対する”嘘”はいつのまにか本当にそうだと思いこむ
  ニセモノを身につける
  親しい人の監視(まあ、なれあいになるって感じ)
  創造性

 ”不正から得られる金額”なんてのは捕まる確率が同じなら、合理的に考えると”大金をがっぽり手に入れる”=経済的効用の最大化を図りそうなモンですが、”オレはそんなに悪い奴じゃない”=心理的な動機付けにより金額が大きくなったらかえってそんなことしないらしいです。まあ、言ってみれば”ビビる”ってことでしょうか。ほかにもそうだろうと思うものも意外だと思うものもおありでしょう。

 この中でもっとも興味深かったのが”創造性の高い人は誤魔化しをしやすい”ってとこです。これはどういうことかというと、創造性の高い人は言い訳=自分を正当化する物語を作りやすいからだそうです。
 ちょっと長くなりますが、本書から引用すると

  創造性は、厄介な問題を解決する斬新な方法を生み出す助けになるのと同じように
  規制をかいくぐる独創的な方法を生み出し、
  情報を自分勝手な方法で解釈し直す助けにもなる
  独創的思考をはたらかせることで、欲張りな願望をかなえる口実を思いついたり
  自分が悪漢ではなくいつも英雄であるような物語を創作することができる
  もし不正へのカギが、ごまかしから利益を得ながら、
  自分を正直で道徳的だと考える能力にあるのだとすれば、
  わたしたちは独創性のおかげてもっと「よい」物語を
  --もっと不正なことをしても、自分をすばらしく正直な人物だと思い続けるのに
  役に立つような物語を--紡ぎだすことができるのだ。

 自分が独創的だと思っている人には頭に来るような話かもしれませんが、かつての堀江貴文村上世彰なんかを思い出してもらえれば分かりやすいかも。元ライブドアの社長だった堀江貴文という人は、ニッポン放送を買収してその子会社のフジテレビとライブドアとの”テレビとウェブの融合を図る”とか、野球球団を買収してコンテンツ化するとか(*5)いろいろ独創的なことやってるんですね。規制業種の代表みたいなテレビ局を買収し、既得権益の塊みたいなプロ野球界に殴りこみかけるとかできる”独創的”な人だってのは否定できないんじゃないかと。
 村上世彰は”村上ファンド”を創設した人で、株の持ち合いが中心で経営関与に消極的な一般の株主と違い、経営者に対して積極的にアプローチするという、まあ日本人離れした”もの言う株主”として当時としては独創的な存在。二人とも時代の寵児から一転ヒール(悪役)になっちゃいましたが、ある時期は”独創的な日本人”を代表する人だったと思います。
 二人がどれだけ(結果として)”不正”(と判断されるような行為)を働いたという認識があったかどうかは分かりませんが、少なくとも絶頂期には日本中が二人の紡ぎだす”物語”に酔ったからこそ時代の寵児になりえたんではないかと。そういう意味では”独創性=物語の構成力”ってのはダン・アリエリーの言うようにもろ刃の剣なのかもしれませんね。

 本書の結論としては”たいていの人は普通の経済理論が予測するよりは道徳的。ただしまったく”ずる”をしないほど正直でもない(*6)”というもの。まあ人間、竹を割ったようにスパっとはいかな不合理な存在のようで。

 ところでこの本の原題ですが

  THE (HONEST) TRUTH ABOUT DISHONESTY
    HOW WE LIE TO EVERYONE
   - ESPECIALLY OURSELVES

  不正に関する(正直な)真実 
  我々はどのようにすべての人、特に自分自身に対して、嘘をつくのか

といったもの。大体原題は説明的なので邦題に訳す時にヘンにひねったりして元々のテイストが無くなっちゃうのが多いんですが、この”ずる”ってのは秀逸。まさに内容を一言で表した題名です。ぜひご一読のほどを。


《脚注》
(*1)マルクス経済学か近代経済学か
 マルクス経済学は、カール・マルクスによって提唱された経済理論で社会主義国家のイデオロギーの根幹。通称”マル経”。近代経済学はこれに対し資本主義国家の経済理論。通称”近経”。ゼミなんかを選ぶ時には”マル経か近経か”なんつー選択肢でしたが、最近でもやってんでしょうか?
(*2)予想どおりに不合理 増補版(ダン・アリエリー 早川書房)
 サブタイトルは”行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」”。
 人がいかにい~かげんにモノゴトを決めているかがよくわかります。詳しくはこちらをどうぞ。
(*3)イグノーベル賞
 人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究に対して与えられる賞(wikipediaより)。好きですね~、こういったシャレの効いたの。
 2013年には帝京大学の新見正則准教授が”心臓移植をしたマウスにオペラの「椿姫」を聴かせたところ、モーツァルトなどの音楽を聴かせたマウスよりも拒絶反応が抑えられ生存期間が延びた”という功績で医学賞を受賞した時にネズミの格好をした学生を連れてきたことで話題になりました(映像はこちらから)
(*4)印象的なのをあげると
 卒業論文を書いてる訳ではないので全項目を網羅する必要はないんですが、適当に読んでてモレがあるのを”印象的”って言葉で誤魔化してます、はい。
(*5)野球球団を買収してコンテンツ化するとか
 当時経営難だったオリックスを買収しようとして失敗、このことを契機として誕生したのが”東北楽天ゴールデンイーグルス”。設立は2004年とたった10年前のできごとですが、楽天優勝で大騒ぎしてる人のほとんどは忘れてるんだろ~な~、そんなこと
(*6)まったく”ずる”をしないほど正直でもない
 ダン・アリエリーが数千人を対象にした実験の費用のうち、犯罪的にごまかしをした人分の損実総額が数百ドルだったのに対し、ちょっとだけ”ずる”をした人のそれは数千、数万ドルになったとのこと。これは一人一人の”ずる”分は少額だけどあまりに人数が多いんでこうなったんだとか。まあ、それはそれで問題っちゃ問題なんですが・・・

« Q:欲しい物は何ですか? A:過去を消せる消しゴム(塗仏の宴 宴の支度/塗仏の宴 宴の始末/5円玉を糸で吊ったの) | トップページ | この話の結末を知りたくないですか?(ビブリア古書堂の事件手帖5/ブラックジャック/ブラックジャック像) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/59005497

この記事へのトラックバック一覧です: まあ人間、竹を割ったようにスパっとはいかな不合理な存在のようで。(ずる/竹):

« Q:欲しい物は何ですか? A:過去を消せる消しゴム(塗仏の宴 宴の支度/塗仏の宴 宴の始末/5円玉を糸で吊ったの) | トップページ | この話の結末を知りたくないですか?(ビブリア古書堂の事件手帖5/ブラックジャック/ブラックジャック像) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ