« ”時を超えて出逢う少女”ってモチーフってけっこう好きです | トップページ | きょうだって、あしただったのよ 一度は(ジェニーの肖像/スミレ) »

政治家が賄賂をとってもそれを批判できない状態を、政治の腐敗というんだ(銀河英雄伝説/睡蓮)

 ども、偉大なるファラオの末裔のおぢさん、たいちろ~です。(ウソです)
 ニュースを見ているとエジプトがいろいろ大変なことになっているようです。
 やれ軍部主導で憲法が停止され~の、大統領が解任・拘束され~の、反対派の”ムスリム同胞団”が大量に逮捕され~の。で、暫定大統領を立てて野党連合”救国戦線”を含めた組閣をするんだとか。
 浅学ながら、憲法ってあっさり停止できるモンだとは知りませんでした。変更するのは大変なのにねぇ(*1)。
 ということで、今回は民主主義を守るための軍部の介入のお話を”銀河英雄伝説”からです。


 写真は~たいちろさんの撮影。近所の睡蓮です。

7160156


【本】銀河英雄伝説(田中芳樹 徳間書店他)
 宇宙暦797年、帝国歴488年、宇宙は専制政治の銀河帝国と民主主義の自由惑星同盟に分かれ、150年の長きにわたって戦いを続けてきた。そして時代は二人の英雄を生み出す。銀河帝国の”常勝 ラインハルト”と自由惑星同盟の”不敗の魔術師 ヤン・ウェンリー”である。
 田中芳樹によるスペースオペラの最高傑作。ぜひご一読のほどを。
【花】睡蓮(スイレン)
 スイレン科の属、水生多年草。英語では”water lily”。よく似ているのに”蓮(ハス)”がありますが、円形の葉っぱに切り込みがあるのが睡蓮で、無いのが蓮だそうです。英語の”lotus”は蓮のほう。
 古代エジプトでは神聖な花だったそうで、エジプトの国花になってます。チュニジアの民主化運動が”ジャスミン革命”だからこっちは”スイレン革命”でしょうか?


 さて、今回の事件で特徴的なのは、軍部による政治介入が”クーデター”か否かという点。外見的な要素としてはクーデターなんでしょうが、超法規的措置として混乱を収拾させるための介入で早期に大統領選挙と議会選挙をやると言ってます。
 聞いてて思い出したのが”銀河英雄伝説”の今回ご紹介するエピソードです。

 腐敗し自浄能力を失った自由惑星同盟の政治を憂いた同盟軍部は”救国軍事会議”を結成しクーデターを実行。政権を手中にした。救国軍事会議は”国益に反する政治活動及び言論の秩序ある統制”、”全国に無期限の戒厳令。すべてのデモ、ストライキの禁止”、”議会の停止”などの布告を出す。その後、ヤン・ウェンリーの反撃により制宙権を喪失、主都星ハイネセンを守る”アルテミスの首飾り”も破壊され、敗北が決定的となる。
  (”野望編”より)

 といった話です。フィクションがノンフィクションに追いついているんだか、ただ単に歴史は繰り返しているだけなんだか・・・

 で、思い出したのが敗北を受け入れる救国軍事会議議長代行のエンベス大佐と、ヤン・ウェンリーの会話。

  エンベス:いま、政治の腐敗は誰でもが知っている。
       それを正すのに、どんな方法があった?
  ヤン  :政治の腐敗とは、政治家が賄賂をとることじゃない。
       それは個人の腐敗であるにすぎない。
       政治家が賄賂をとってもそれを批判できない状態を、
       政治の腐敗というんだ。
       貴官たちは言論を統制を布告した。
       それだけでも、貴官たちが帝国の専制政治や同盟の現在の政治を
       非難する資格はなかったと思わないか

 まあ、程度の問題はあるにしろ、政治に統治能力がないからといって軍部がデウス・エクス・マキナ(*2)のごとく登場し仕切りをするってのは、感覚に合わないでしょうかねぇ。言論の自由が民主主義の要諦であれば、結果としてうまく仕切れたとしても望ましい状況ではないんでしょうか?

 ちょっと驚いたのは、今回の軍部がエジプト国内で反対ではないという意見があるってこと。まあ、国情の違いかもしれませんが、もし日本でアベノミクスの失敗で国民生活はグダグダ、国会にデモが押しかけ安倍総理の退陣を迫るという状況で、政権を見限った小野寺防衛大臣が自衛隊を指揮して安倍総理を解任、衆参両院を解散させた上、高村副総裁、石破幹事長(*3)、野田政務会長らを逮捕、民主党と連携して選挙をやる、ってシュチュエーションはまあ受け入れられんだろうなぁ・・・

 あと、心配はもう一つ。クーデター当初に”救国軍事会議”のグリーンヒル議長とクーデターに反対するビュコック司令長官との会話 

  ビュコック :では、試みに問うが、武力をもった貴官らが腐敗したとき
         誰がどうやってそれを粛清するのだ?
  グルーンヒル:吾々は腐敗などしません
(*4)

 ま、軍事力というのはある意味頼りになる存在ではあります。
 ただし、自分の頭に銃口を突き付けられなければの話ですが・・・


《脚注》
(*1)変更するのは大変なのにねぇ
 日本の場合、衆参両院での2/3以上の賛成と、国民投票で有効投票の過半数の賛成が必要です。まあ、政権をとったからといっておいそれとできるシロモノではなさそうです。
(*2)デウス・エクス・マキナ
 ラテン語で”機械仕掛けの神”という意味。解決困難な状況を絶対的な力を持つ存在(神)が現れ表れて解決に導き、物語を収束させるという手法のこと。
 まあ、究極の他力本願といいましょうか・・・
(*3)石破幹事長
 そういやこの人、防衛庁長官や防衛大臣を歴任してたなぁ。
 どっちかと言うとこの人のほうが自衛隊に人脈ありそうですが。
(*4)吾々は腐敗などしません
  権力は腐敗する、絶対権力は絶対に腐敗する
   Power tends to corrupt,
   and absolute power corrupts absolutely.
    イギリスの歴史家 ジョン・アクトンの言葉

« ”時を超えて出逢う少女”ってモチーフってけっこう好きです | トップページ | きょうだって、あしただったのよ 一度は(ジェニーの肖像/スミレ) »

小説」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/57733926

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家が賄賂をとってもそれを批判できない状態を、政治の腐敗というんだ(銀河英雄伝説/睡蓮):

« ”時を超えて出逢う少女”ってモチーフってけっこう好きです | トップページ | きょうだって、あしただったのよ 一度は(ジェニーの肖像/スミレ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ