« だんだんオレとおまえのふたりっきりになっていくだな(夫とふたりでもうまく暮らすコツ/天の川(桜)) | トップページ | どこぞで見たようなタピスリーを見に行ってきました(機動戦士ガンダムUC/貴婦人と一角獣展) »

隠しごとのある人間にとって会話ほど危険なものはないんです(ABC殺人事件/クドリャフカの順番/藍)

 ども、連続殺人事件の犯人、たいちろ~です。(ウソです、ホントに)
 先日、古典部シリーズの第3作”クドリャフカの順番”を読みました。文化祭の最中、アイウエオ順にモノが盗まれるというお話ですが、このモチーフになっているのがアガサ・クリスティーの名作”ABC殺人事件”。昔読んだんですが、記憶もあやふやだったので、久しぶりに再読いたしました。


0414
写真ははたいちろ~さんの撮影。駒込で見かけた藍です。


【本】ABC殺人事件(アガサ・クリスティー ハヤカワ文庫)
 名探偵”エルキュール・ポアロ”に届いた一通の手紙、それが始まりだった。アンドーヴァーでアッシャー夫人が殺され、ベクスヒルでバーナード嬢が殺される。地名と名前がABCの順に発生する連続殺人事件。犯人は逮捕されたがその裏に隠された真犯人とは・・・
【本】クドリャフカの順番(米澤穂信 角川文庫)
 古典部の面々は手違いで大量に出来上がった文集に困っていた。そんなころ、神山高校文化祭でアイウエオの部活の名前順にアイウエオの名前のつくモノが盗難されるという”十文字事件”が発生した。事の真相を推理した古典部の折木奉太郎はこの事件を使って文集の販売を思いつく・・・
【花】藍(あい)
 タデ科イヌタデ属の一年草。藍染めに使われる植物です(*1)。
 おそらく日本の植物図鑑では一番最初に出てくる名前かと。
 そんだけです、すいません。

 ネタバレになりますが、2作品の共通点って

  ①ABC(アイウエオ)順に事件が起こる
    クドリャフカの順番:クラブの名前と盗難されたモノ(くだらないモンばっかですが・・)
    ABC殺人事件  :地名と殺される被害者
  ②犯行現場に順番を示唆する遺留品がある
    クドリャフカの順番:文化祭のパンフレット
    ABC殺人事件  :ABC時刻表

 ぐらいかな。まあ、あえて言うなら犯行声明があるぐらい(”ABC殺人事件”は事前にポアロに届いてますが”クドリャフカの順番”は事件現場の慰留品)

 だもんで、読後感はずいぶん違います。方や名探偵が主人公で殺人事件、方や高校生が主人公で日常系ミステリーなんで当たり前ちゃ、当たり前ですが。

 まあ、大きく違ってるのは主人公のアクティブさ。
 ”ABC殺人事件”の名探偵ポアロと友人でワトスン(*1)役の会話。

  ヘイスティングズ:
      あなたに協力するためには、一緒に<こってりした(クリーミー)>な
      犯罪を探さなければならないですね
  ポアロ:この前あなたが言ったことを覚えていますか。
      ディナーを注文するように犯罪を注文できるとしたら、あなたは何を選びますか
  ヘイスティングズ
     :そうですねえ。メニューを見てみましょう。
      強盗かな? 贋金造り? いや、ちがうな。それじゃヴェジタリアン向きだ。
      殺人じゃないといけないな--- 血のしたたる殺人---
      もちろん、添え物を付けて
  ポアロ:そうですとも。オードヴルをね

 別にポアロが殺人事件好きってわけでもないんでしょうが、けっこう物騒な会話です。
 一方、”クドリャフカの順番”の探偵役”折木奉太郎”はといえば

   やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に

をモットーとする省エネ主義者(好きです、こういう生き方!)。むしろアクティブなのはヒロイン役の”千反田える”だったりします。

 あと、推理の手法も違っていて、ポアロは会話から犯人を見つけるタイプ。

  言っておきますがね、ヘイスティングズ
  隠し事のある人間にとって会話ほど危険なものはないんです!

    (中略)
  人間というものは、ヘイスティングズ、会話が与えてくれる機会を利用して
  自らを暴露し、自己を表現せずにはいられないものなんです。
  そのたびに、自分をさらけ出してしまうんです

とはポアロの言葉。なんで、一見、意味のなさそうなことを質問したり、ブラフをかけたりしています。
 折木奉太郎というと手掛かり(状況証拠)から真実を推論するタイプなので、どっちかというとホームズ型かな。本人は推論が当たっているかどうかは運の良さと考えてる自覚のなさだし(*3)。むしろその実力を高く評価してるのはまわりのほうだったりします。
 ”クドリャフカの順番”の場合だと推理に関する会話って犯人に対する推理の説明ぐらいで、

  名探偵、皆を集めて”さて”と言い

すらやってないし。

 まあ、かなりテイストは違いますが両方とも面白い作品です。
 読み比べて見るのも一興かも。


《脚注》
(*1)藍染めに使われる植物です
 ”青は藍より出でて藍より青し”と言いますが、別に葉っぱが青いわけではないです。葉を傷つけると傷口が藍色になるんだそうです。人んちの植木なので試してませんけど。
 ちなみに、現在の青色の染めは化学合成したインディゴ染料が主流で、藍はあんまり使われなくなったとか。
(*2)ワトスン
 ”シャーロック・ホームズ”に登場するホームズの友人にして語り部役。
 ”ABC殺人事件”はヘイスティングズスの記述という形で書かれています。
(*3)推論が当たっているかどうかは運の良さ
 ある日俺がマイクを持ち”本日は晴天なり”と言ったとする
 それを聞いたものはこう思うだろう。折木君はマイクのテストがしたいのだなと。
 しかし、別のものはこう思うかもしれない。”今日は晴れている”と主張したいのだなと
 どちらの推論も理にかなっている
 どちらが正解かを言い当てるのは運としか言いようがない

  (アニメ版”氷菓”、”心あたりのあるものは”より)

« だんだんオレとおまえのふたりっきりになっていくだな(夫とふたりでもうまく暮らすコツ/天の川(桜)) | トップページ | どこぞで見たようなタピスリーを見に行ってきました(機動戦士ガンダムUC/貴婦人と一角獣展) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/57459952

この記事へのトラックバック一覧です: 隠しごとのある人間にとって会話ほど危険なものはないんです(ABC殺人事件/クドリャフカの順番/藍):

« だんだんオレとおまえのふたりっきりになっていくだな(夫とふたりでもうまく暮らすコツ/天の川(桜)) | トップページ | どこぞで見たようなタピスリーを見に行ってきました(機動戦士ガンダムUC/貴婦人と一角獣展) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ