« 隠しごとのある人間にとって会話ほど危険なものはないんです(ABC殺人事件/クドリャフカの順番/藍) | トップページ | 最強のカードって”愚者”かもしれません(のぼうの城/たんぽぽ) »

どこぞで見たようなタピスリーを見に行ってきました(機動戦士ガンダムUC/貴婦人と一角獣展)

 ども、貴婦人とお付き合いをしてみたいな~と思ってるおぢさん、たいちろ~です。
 先日、街を歩いていると貴婦人と一角獣が描かれているポスターを見かけました。
 このデザイン、どこぞで見かけたような・・・
 おぉ、これは”ガンダムUC”でビスト家に飾ってあったタピスリー(*1)ではないか!! なんでも、国立新美術館で展示会があるとのこと。ということで、さっそく見に行ってきました。


Photo
写真は”貴婦人と一角獣展”のポスターです。


【本】機動戦士ガンダムUC(福井晴敏 角川文庫)
【DVD】機動戦士ガンダムUC(原作 福井晴敏、制作 サンライズ、バンダイビジュアル)
 宇宙世紀0096年。政財界に絶大な影響力持つビスト財団は、ネオ・ジオン残党軍に”それが開かれる時には連邦政府が滅びる”と言われる”ラプラスの箱”を託すことで新しい時代を拓こうとしていた。しかし、それには鍵である”ユニコーンガンダム”と箱に至る道をクリアしていく必要があった。
 戦争の危機を阻止するために、ザビ家の遺児であるミネバ(オードリー・バーン)と、その争いに巻き込まれたバナージ・リンクスは・・・
【旅行】貴婦人と一角獣展
 フランス国立クリュニー中世美術館所蔵のタピスリー”貴婦人と一角獣”の展示会。
国立新美術館にて2913年4月24日より7月15日まで開催されています(大阪に国立国際美術館は7月27日~10月20日まで)。
 詳しくは公式HPをどうぞ。


 私は知らんかったんですが、この”貴婦人と一角獣”ってもともと有名な作品だったそうで、リルケの”マルテ・ラウリス・ブリッケの手記”にも出てくるんだとか。リルケの”オルフィイスのソネット”という詩も”機動戦士ガンダムUC”に引用されているので、因縁浅からぬ作品です。

 タピスリーは”触覚”、”味覚”、”嗅覚”、”聴覚”、”視覚”に”我が唯一の望み”を加えた6枚。で、これがまたでかいんだな~~。最大の”我が唯一の望み”で高さ約3.8m、幅約4.7m。6枚並ぶとさすがに迫力あります。

 展示会に行って初めて知ったことも結構ありました。
 まずは、このタピスリーの発注者ですが”ル・ヴィスト家”とのこと。えぇっ、ヴィスト家ですか!? ”機動戦士ガンダムUC”でこのタピスリーを所有して、ユニコーンガンダムを開発(発注)したのがビスト家当主のカーディアス・ビスト。ここから持ってきてるんだ!

Photo_2
 アニメを見てた時には気が付きませんでしたが、侍女の持っている白い箱。これはガンダムでは”ラプラスの箱”と対になっているんですね。

  侍女が小さな櫃の蓋をあけた。
  その中かから貴婦人は鎖をひとつ取りあげる
  ずうっと蔵いこまれていた重い、立派な装身具。

   (リルケ”マルテ・ラウリス・ブリッケの手記”)

 箱をあける貴婦人と侍女がオードリーとバナージ鎖がビスト家を縛りつけたもの装身具がビスト家に繁栄をもたらした価値ずうっとしまいこまれていたというのは宇宙世紀の誕生から1年戦争~シャアの反乱に至る歴史の流れのメタファーでしょうか。

池田昌子(*2)が語る音声ガイドでは、貴婦人はこの装身具を箱へしまおうとしている説と、出そうとしているという説があるんだとか。このあたりも、ラプラスの箱の秘密を明かすか明かさないかというガンダムのストーリーとの重ね合わせになっているような。

 当日の展示会の様子ですが、タピスリーということもあってか、年配のご婦人方が多いように見受けられましたが、ハイティーンや20代前半ぐらいの若者もちらほらと。2~3割ぐらいかなぁ。きっと、ご婦人方は純粋に”中世フランス芸術としての貴婦人と一角獣”を見に来てて、若者は”ガンダムUCに出てたタピスリー”を見に来てんだろ~な~

 不思議に思ってたんですが、この展示会の宣伝に”ガンダムのネタ”ってのをほとんど使ってないんですね。配布用のパンフレットには一言も触れていないし、公式HPを見ても

  詩人リルケの小説『マルテの手記』を朗読するのは、
  「機動戦士ガンダムUC」フル・フロンタル役でも知られる池田秀一さん!

とあるだけ。こっちは絶対狙ってやってるキャスティングなんだから、角川書店やサンライズとコラボして宣伝すればもっと若者が集客できるだろうに。なんだか大人の事情があるんでしょうか?

 逆に図録のほうには新国立美術館の南雄介副館長(*3)が解説で

  ≪我が唯一の望み≫に描かれた宝石箱は「ラプラスの箱」に重ね合わされ、
  また「第六感」がガンダム・サガを通じて登場する「ニュータイプ」
  (直感力や反射神経が常人より優れた新人類)と関係づけられるなど、
  タピスリーは小説版で全8話・10巻に及ぶ長大な物語全体の鍵となっている。

と書いてます(*4)。
 まあ、こっちは年配のご婦人方にはなんのこっちゃまったくわからんだろうなぁ・・

 ”貴婦人と一角獣”はガンダムうんぬんは別にしてもそれ自体が高い美術的価値を持つ作品。一見の価値はある作品だと思います。


《脚注》
(*1)タピスリー
 壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物のこと。
 タピスリー(tapisserie)はフランス語で、英語だとタペストリー(tapestry)。
 ”我が唯一の望み”はフランスの作品ですので説明はタピスリーになってました。
(*2)池田昌子
 貴婦人のイメージということで、”ローマの休日”のアン女王=オードリー・ヘプバーンの吹き替えをされた池田昌子さんになったんでしょうか?
 ミネバ・ラオ・ザビの偽名”オードリー・バーン”のモトネタがオードリー・ヘプバーンなので意外とかぶっているのかも。
(*3)南雄介副館長
 1959年生まれとのことですので、私と同世代。ファーストガンダムから見てるガンダムファンだったりして?!
 今回の展示会を仕掛けたのもこの人でしょうかね?
(*4)と書いてます
 こういった展示会の図録でアニメ作品の解説を半ページ以上にわたって、しかもアニメの図入りで入れるってけっこう異例じゃないかなぁ。少なくとも私は初めて見ました。

« 隠しごとのある人間にとって会話ほど危険なものはないんです(ABC殺人事件/クドリャフカの順番/藍) | トップページ | 最強のカードって”愚者”かもしれません(のぼうの城/たんぽぽ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/57461184

この記事へのトラックバック一覧です: どこぞで見たようなタピスリーを見に行ってきました(機動戦士ガンダムUC/貴婦人と一角獣展):

» レクチャー:フランス [薔薇に恋したお月様]
イベント講演会: 「クリュニー美術館と《貴婦人と一角獣》タピスリー (Le musee de cluny et La tenture dela Dame a la licorne)」 へも行って来ました。 15世紀ライン川で制作されたタピスリ...... [続きを読む]

« 隠しごとのある人間にとって会話ほど危険なものはないんです(ABC殺人事件/クドリャフカの順番/藍) | トップページ | 最強のカードって”愚者”かもしれません(のぼうの城/たんぽぽ) »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ