« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

うちも作ってくんないかなぁ、秘密基地は男のロマンですし(「機動戦士ガンダム」の巨大基地をつくる!/東京スカイツリー)

 ども、100億円単位のビジネスと数万円単位のお小遣いのギャップに悩むおぢさん、たいちろ~です。
 毎年、入社の新人のお世話係をしています(これは本当)。
 で、私んとこのお仕事の説明をするんですが、ついこの前まで数万円ぐらいのアルバイトしかしたことない新人に100億円単位のビジネスを言ってもピンとこないでしょうから、なにがしかの対比物(スケール)を使って説明をします。最近よく使っているのが”東京スカイツリー”。このタワーの総事業費が650億円ということで、これが1本建つの建たないのという話です。
 まあ、リアルな建物だとこんなもんという金額がありますが、SFやアニメに出てくる建物がいくらぐらいなのかというと??? 実はこんな疑問にまじめに答えている本があります。ということで、今回ご紹介するのは前田建設ファンタジー営業部の本”「機動戦士ガンダム」の巨大基地をつくる!”であります

8010016
 写真はたいちろ~さんの撮影。東京ソラマチからの東京スカイツリーです。


【本】「機動戦士ガンダム」の巨大基地をつくる!(前田建設ファンタジー営業部 幻冬舎)
 前田建設ファンタジー営業部の4人が”マジンガーZの格納庫(*1)”だの”銀河鉄道999の高架橋(*2)”だのをまじめに作ったとするといくらかかるかを計算するシリーズの第3弾。今回の施工対象は「機動戦士ガンダム」に登場する地球連邦軍の秘密基地(総司令部)のジャブロー(*3)、はたしていくらで出来るのか??
【旅行】東京スカイツリー
 東京都墨田区押上に立つ634mの電波塔。
 建設費約400億円、総事業費約650億円。2008年7月14日に着工、4年弱の歳月をかけて2012年5月22日に開業、東京の新名所になりました。そういえば、会社の女性の人がおじいちゃんとおばあちゃん連れてくっていってたなぁ。


 この本(シリーズ)の面白い所は、前田建設工業株式会社(*4)という現実にある建設会社が、現在の技術を使って対象の建築物を作ったらいくらかかるかの見積もりをまじめに算出している点。こういう冗談のような話をまじめにやるっての、好きですねぇ
 本書で扱っているのは”ジャブロー”にあるアッガイドーム(アッガイというモビルスーツに破壊される偵察用ドーム)や、モビルスーツ”ジム”の工場など。

 上記のアッガイドームなんて、映画版では一瞬で破壊されてますが(*5)、設定資料のないドームの大きさをアッガイとの比較から推定し、破壊の様子からその為にコンピュータシミュレーションを他社にお願いしてその素材を決定し、施工方法を決定しとやっていることは極めて合理的な判断をしています。もっとも画面の大きさが正確とは限らないので要注意ですが・・・(*6)
 ちなみにこのアッガイドームのお値段は8,190万円とのこと。量産前提とか運送費を考慮してないとかはありますが(*7)、民生品ならもう少し安くできそうですので宝くじが当たったら建ててみたいなぁ

 モビルスールのジム工場の見積もり、246.9億円。工場建設にかかわったことないのでわかりませんが、高いんだか安いんだか。
 実在しないモビルスーツの組み立てにどれぐらいの設備がかかるのかを想定するために、わざわざコマツ(*8)まで取材に行ったりと、やってることはしごくまじめ。取材を受ける方も大変でしょうが、意外にガンダムファンがいてノリノリだったりするのもご愛嬌です。組み立て工場だけでなく試験場までちゃんと作ったりとかしてるのってやっぱし巨大マシンを作っている会社ならではのアイデアを反映してるんだなぁと感心。

 あと面白かったのは、ジャブローが秘密基地になる前はなんだったかの仮設。スペースコロニーを作るための閉鎖空間実験場=”バイオスフィア2”のちょ~でかいやつという発想は秀逸です。”バイオスフィア2”というのはアメリカ合衆国アリゾナ州に本当に建設された巨大な密閉空間で、人類が宇宙空間に移住する場合、閉鎖された狭い生態系で生活することができるかを実験する建物です。実際には地中の微生物の影響で酸素不足になるなどさまざまな原因で失敗に終わったそうですが、この失敗を踏まえた実験を日本でやった科学者の話なんかがあったりしてます。
 たしかに膨大なコストをかけて建設するスペースコロニーをいきなり作るってことはないでしょうから、こういった基礎研究も必要なんでしょうねぇ。

 ”「機動戦士ガンダム」の巨大基地をつくる!”は建設とかあんまし詳しくない人でも充分楽しめる本です。というかばかばかしいことをきわめてまじめにアプローチする余裕を面白がる本。お勧めです。

 余談ですが、お金があればうちも秘密基地作ってくんないかなぁ。秘密基地は男のロマンですし

《脚注》
(*1)マジンガーZの格納庫
 往年の名作アニメ”マジンガーZ”。汚水処理場(プールみたいなの)の水が割れてマジンガーZが登場するシーンはインパクトありましたが、それを忠実に再現する建物を作るといくらかかるかを算出したモノです(シリーズ第1作)
(*2)銀河鉄道999の高架橋
 宇宙を走る列車”銀河鉄道999”が地球を離れる時に使った線路を作ったらいくらかかるか算出したモノです(シリーズ第2作)。幻冬舎文庫版の本の題名は”高架橋編”になっているので、そのように書きましたが、カタパルトかと思ってました。
(*3)ジャブロー
 南米アマゾン川流域にあるとされる地球連邦軍の基地。地下の鍾乳洞を利用したという設定ですが、本書内では天井までの高さが200m、モビルスーツやホバークラフトがドンパチできる巨大なもの。素で地下空洞を作ると膨大な工数がかかりますが、天然モノを利用すればかなり削減できます。
(*4)前田建設工業株式会社
 東証一部上場の準大手ゼネコン会社。減少はしているものの連結売上高3,133億円、連結従業員数3,731名(ともに2012年3月決算)というリアルな企業です。
(*5)映画版では一瞬で破壊されてますが
 機動戦士ガンダムの劇場版”哀・戦士編”(総監督 富野由悠季、バンダイビジュアル)に登場。ホントに一瞬で破壊されています。
(*6)画面の大きさが正確とは限らない~
 ガンダムに出てくるモビルスーツはスペックが公開されているので比較は可能です。実際、画面に定規を当てて測っているそうですし。
 ただ、”ガンダムの手って、意外と小さいんです”で書きましたが、演出上の理由からかかなり巨大に書かれてたり。ガンダムの手は人が寝そべって乗れるほどでかくないとか・・・
(*7)運送費を考慮してないとかはありますが
 場所がアマゾン、秘密基地という性質上、搬送用道路が整備されているとは考えにくいので、輸送は空輸がかなり使われてそう。運送費はばかにならないと思いますが・・・
(*8)コマツ
 建設機械のシェアでは日本で1位、世界で2位を誇る株式会社小松製作所のこと。
 連結売上高 1兆9,817億円の超優良企業です(2012年3月期)。

似顔絵ってのは写実主義でしょうか、印象派でしょうか?(警視庁似顔絵捜査官001号/山藤章二のブラック・アングル25年 全体重/じゃがいも)

 ども、かつては三浦友和に似ていると言われたおぢさん、たいちろ~です。
 今となっては昔日の面影すらありません。最近は鈴木福くん(*1)に似ていると言われてます。たったそれだけの理由で先日、カラオケで”マル・マル・モリ・モリ!”歌わされました。しかも踊り付きで・・・(*1)
 まあ、世の中には似ている人は3人はいると言われてるみたいですが、じゃあそんな人の似顔絵を描いたらやっぱり似てるんでしょうか??
 ということで、今回ご紹介するのはそんな似顔絵の話、”警視庁似顔絵捜査官001号”、”山藤章二のブラック・アングル25年 全体重”であります


Photo
写真はブラック・アングル76 (新潮文庫)の表紙。
田中角栄(上)、児玉誉士夫(下左)、小佐野賢治(下右)のロッキード事件3人衆(*2)をじゃがいもをモチーフに描いたもの。
元ネタは武者小路実篤の”仲良き事は美しき哉”


【本】警視庁似顔絵捜査官001号(戸島国雄、並木書房)
 戸島国雄は元警視庁刑事部鑑識課の警察官。モンタージュ写真が犯人捜査で使われていた時代に”似顔絵”を捜査に活用し始めた人です。
 目撃者へのインタビューによる似顔絵作成以外にも、生前の面影をとどめない死体や、横顔しか見えない防犯カメラの映像からでも似顔絵を作成できるんだとか。
【本】山藤章二のブラック・アングル25年 全体重(山藤章二、朝日新聞社)
 かつて”週刊朝日”に山藤章二による”ブラック・アングル”という1ページ1コマものの連載がありました。この本はそれに掲載されていた自選の100枚を含め25年間分を1冊にまとめた本です。
【花】じゃがいも
 スーパーなどで売っているのでおなじみですが、意外にもナス科ナス属の植物です。
 ごつごつの形だったり、へこみがあったりと”似てる”と言われてもほめ言葉にはならんだろうなぁ。


 ”似顔絵ってホントに犯人に似ているのか?”と思われるかもしれませんが、戸島国雄によると意外にも良く似てるんだそうです。まあ、似ているかどうかは犯人が捕まってみないとわからないんですが、少なくとも逮捕された人については良く似てるんだとか。
 モンタージュ写真っていうのは目とか口とかのパーツを組み合わせて犯人の顔を作っていくのに対し、似顔絵ってのは全体のイメージからディテールを作っていくんだそうです。また、モンタージュ写真はそれを作る機械のあるところまでいかいといけないし(今ならiPadあたりでもできそうですが)、2~3日かかる場合もあったとか。対して似顔絵はその場で鉛筆1本で描けるし時間も30~40分ぐらいだそうです。
 人間の記憶なんてけっこういい加減だし、時間が過ぎればあやふやになっていくモンなんで、記憶に新しいその場でやったほうが似るのは確かなんでしょう。

 でも、大きな理由は、人間ってデフォルメされたイメージのほうが記憶に残ってるんじゃないかと。その例としてあげたのが山藤章二のブラック・アングルから。
 ロッキード事件といえば、戦後昭和を代表する一大疑獄事件。今の若い人にはピンとこないかもしれませんが、中高年の方にはこの3人の絵を観てると”ああ、あの人たち!”と思われるんじゃないかと。改めてご本人の写真を見るとまったくそっくりというわけではないんですが、特徴を良く出てるんですね、絵のほうが。だから記憶へのインパクトとしては山藤章二描くこの絵のほうが残ってるみたいな。それに”仲良き事は美しき哉”って、共犯関係=”仲良し”という本来と別の意味にしちゃってるエスプリも効いているし。

 ほかの絵も同様で、特徴をデフォルメされてるほうがそのままの写真より本物らしいというか、記憶に残る本人ぽいと言うか。最近のモノマネ番組なんかでも、プロですから歌や声は似てますが、全体の雰囲気を似せてるほうが本人らしく見えるのと同じようなものかと(*3)。

 どうも、人に分かってもらうためにはモンタージュ写真のような写実的なものより、印象派的なもののほうが人にはわかりやすいのかもしれません。


 ただ、”警視庁似顔絵捜査官001号”の中で言ってますが、女性被害者の証言ってのは似ないというか、実物よりイケメンになる傾向あるんだそうです。被害者の方には申し訳ない言いようですが、戸島国雄の分析によると

  女性が痴漢や暴行の被害に遭うと、不細工な男に乱暴されたとは言いたくないらしい
  たいていは「犯人はいい男だった」と、実際よりも良く証言することが多い
  このように被害者の見栄とプライドが捜査を遅らせる原因となることが
  少なくないのである

 よく、歳をとってから同窓会に行くと、昔憧れだった人が”え~~、こんな男やった??”みたいな話が出ますが、どっかで美化される心理が働くんでしょうかねえ。自分が恋した男の子はもっとカッコイイ人のはずみたいな。もっとも実物だって、腹は出るわ、頭はハゲるはしてますから全面否定はしませんが・・・

 鑑識というと最近のテレビでは科学捜査ネタ(*4)がですが、こういったアナログな技術が役に立っているのは意外。けっこう面白い本です。
 ”山藤章二のブラック・アングル”は中高年向きかな。懐かしい顔がいっぱいでてきます。

《脚注》
(*1)しかも踊り付きで・・・
 フジテレビのドラマ”マルモのおきて”のエンディング”マル・マル・モリ・モリ!”は鈴木福くんと芦田愛菜ちゃんがデュエット、大ヒットしました。
 7歳児がやればお遊戯ですが、おぢさんがやれば単なるヲタ芸です。
(*2)ロッキード事件3人衆
 ロッキード事件とは、全日空の旅客機導入選定に絡んで、前内閣総理大臣の田中角栄、行動派右翼の大物児玉誉士夫、国際興業社主の小佐野賢治をはじめ大物政治家や官僚が受託収賄などで逮捕された一大疑獄事件。
 田中角栄逮捕が1976年ですから、もう35年以上前の事件なんですねぇ。
(*3)全体の雰囲気を似せてるほうが
 この手の芸を最も進化させたのがタモリかな。
 デビュー当時のネタで”四カ国語マージャン”ってのがありました。
 これは英語、中国語、韓国語など、言葉としてはでたらめだけどそれっぽく聞こえるというシロモノ。国民性なんかも垣間見えて面白いです。
 ご興味のある方はYouTubeでどうぞ
(*4)科学捜査ネタ
 沢口靖子主演でやってるテレビ朝日のドラマ”科捜研の女”とか。
 コンピューターをばりばりに使いこなすす~ぱ~おねいさんです。

馬鹿めと言ってやれ、馬鹿めだ!(全国アホ・バカ分布考/カタツムリ)

 ども、大学入るまでは2年かかりましたが、大学は4回生で卒業したおぢさん、たいちろ~です。
 先日”けいおん! college(*1)”を読んでたんですが、その中で軽音部の見学に来た新入生のお嬢さん達に先輩が

  どうぞ、どうぞ。みんな1回生?

と尋ねるシーンがありました。これを読むと”ああ、この子たちは関西の大学に進学した”ということが判断できます。関西以外に在住されている方には分かりにくい話かもしれませんが、関西地方では大学の年次を”回生”という言い方をします(*2)。まあ、方言の一種ちゃ一種なんでしょうが、じゃあどのあたりまで回生というかというと、はて??
 そういえば、昔こんなのをテーマにした話があったなぁということで、今回ご紹介するのは”全国アホ・バカ分布考”であります。

7210087
写真はたいちろ~さんの撮影。尾瀬で見つけたかたつむりです。


【本】全国アホバカ分布考(松本 修、新潮文庫)
 東京と大阪の間の”アホ”と”バカ”の境界線があるのではないかを調べて欲しい
 ”探偵!ナイトスクープ(*3)”に来たこの一枚の手紙からすべては始まった。
 番組のためのアホとバカの分布調査は、言葉が伝播していく過程の分析や”アホ・バカ”のツールを探る研究につながっていく。
 本番組はこの発表で1991年に日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞受賞、ギャラクシー賞選奨、ATP賞グランプリを受賞。
【動物】カタツムリ
 陸に棲む巻貝の通称。漢字では”蝸牛
 ”デデムシ”(近畿地方)、”マイマイ”(中部地方・中国地方)、”カタツムリ”(関東・四国)、”ツブリ”(東北地方・九州)、”ナメクジ”(東北地方北部・九州西部)と地方によって呼び名が異なることから、柳田国男(*4)が”蝸牛考”で”方言周圏論”を展開したそうです。

 話はいきなり飛びますが、まずはアホバカの名言。宇宙戦艦ヤマト(*5)より。圧倒的な戦力差の中、敵からの降伏勧告に対する沖田艦長の発言

  通信士 :敵艦隊より入電。地球艦隊に告ぐ、ただちに降伏せよ。
       返信はどうします?
  沖田艦長:馬鹿めと言ってやれ
  通信士 :はぁ?
  沖田艦長:馬鹿めだ!  

 ”探偵!ナイトスクープ”では、アホバカを23語に集約してますが、アホ、バカを始め、東北地方の”ホンジナシ”、”タクラタ”、中部地方の”タワケ”、トロイ”、沖縄地方の”フリムン”など地方色豊か。でも、上記の沖田艦長のセリフを置き換えられるかというとかなりイメージ変わっちゃいます。たとえば、アホだと

 

 沖田艦長:アホてゆ~たれ、アホて!

 なんだかやんきぃがケンカ売ってるみたいだし(関東の人間にとっては関西弁はけっこう怖い言語らしいですが)。これが、ホンジナシ、タクラタ、フリムン、タワケあたりになるとまず通じるかどうか??(*6)

 で、こういった”アホ・バカ”をまとめたのが本書ですが、大まかに分けて3つに分かれてます。
①アホバカの分布調査
 TV番組らしく最初は視聴者からのお手紙で集めてましたが、その後各市町村の教育委員会など3245ケ所にアンケートを送付して情報を収集。学生アルバイトが宛名書きしてるってのが時代です。今ならインターネットやFacebookあたりを使うんだろうなぁ。

②言葉が伝播していく過程の分析
 読む前は①がメインかと思ってましたが、実は本書のメインはこれ。サブタイトルが”はるかなる言葉の旅路”とあるように、地理的・歴史的に”アホ・バカ”が全国に広がっていくメカニズムの解説です。
 本書に添付されてる”全国アホ・バカ分布”を見ると一目瞭然ですが、”アホ・バカ”は京都を中心に同心円に分布しています。同心円というのは離れた所で同じ言葉を使っているから。たとえば”ホンジナシ”なんかは東北と同じく九州南部でも見られるなど。
 また京都に近い方が新しく、遠いほうが昔の言葉だそうで、これは京都で流行った言葉がじわじわと地方に広がっていって、新しい言葉が京都で流行るとまた広がっていくからだとしています。なので、東北地方で話されている言葉ってのは昔の京都の古語ではないかと推測されるそうです。
 このあたりは前述の”蝸牛考”で柳田国男が”方言周圏論”として展開している内容と一致してるということで、学術的にもけっこう貴重な成果なんだとか。

③”アホ・バカ”のツールを探る
 古典文学や中国文学をひも解いて”アホ・バカ”のルーツを探る研究。
 バカは白楽天の”宅を傷む”にある”馬家”が、アホは確証はないものの中国・江南の方言”阿呆(アータイ又はアーガイ)”がルーツではないかというのが結論。
 ”馬家=バカ”は奢り高ぶった末に落ちぶれた馬家のことで、傲慢に生きてはいけない→人としてあるべき精神がダメな人に対する罵倒語に転化してったんだとか。これに対して”呆”はぼんやり、間の抜けていることでこれに親しみを込めた接頭語”阿”がついたもんではないかと考えられるそうです。(よって、沖田艦長が”アホ”ではなく”バカ”を使ったのはルーツ的には正解

 てな、話の本です。
 なんだか難しそうな話ですが、さすがに著者の松本修は娯楽番組のプロデューサーだけあって(*7)分かりやすい本になっています。特に東北地方の方にはお勧めかも。

《脚注》
(*1)けいおん! college(かきふらい 芳文社)
  女子高校生バンド”放課後ティータイム”の4人唯、澪、律、紬はそろって大学に進学、バンド活動を再開する。ユニークな先輩達や、ライバルのバンドも現れて・・・ ガールズバンドブームの火付け役となった”けいおん!(かきふらい 芳文社)”の続編。詳しくはこちらからどうぞ。
(*2)関西地方では大学の年次を~
 調べてみると、東京大学の進級制度を継承したのが”○年生”、京都大学の単位制度を継承したのが”○回生”なんだそうです。大きな違いとしては単位不足で卒業できないと東大方式は”4年生”のままですが、京大方式では”5回生”になります。私は関西の大学でしたので、大学には5回生、6回生とかいたなぁ、そういや。
(*3)探偵!ナイトスクープ
 朝日放送で1988年から放送されている長寿人気番組。視聴者から寄せられた依頼を、芸人扮する”探偵”が調べたり、希望をかなえたりするのが基本フォーマット。
 関西の都市伝説”阪神タイガース低迷の原因は、1985年優勝時の騒ぎで道頓堀川に投げ込まれたサンダース像の祟りだ!”というのを広めたのもこの番組と言われています(ちなみにサンダース像は2009年に発見されました)
(*4)柳田国男
 日本の民俗学者というか、日本民俗学の祖。
 代表作としては岩手県遠野盆地~遠野街道に伝わる民話を集めた”遠野物語”や上記の”蝸牛考”など。まだ読んでませんけど。
(*5)宇宙戦艦ヤマト
 日本を代表するアニメーションの一つ。ガミラスの侵略により放射能汚染された地球を救うため、イスカンダルにある放射能除去装置を受け取りに宇宙戦艦ヤマトは発信する(第一作)。
 一作目の大ヒットにより続編が作成されましたが、回を重ねるにつれスカになっていったシリーズ。でも、つきあっちゃんだな~~、おぢさん世代としては。
 2010年に木村拓也主演で実写化、2012年より”宇宙戦艦ヤマト2199”として第一作にわりと忠実なリメイク版が出ました。
(*6)ホンジナシ、タクラタ、フリムン、あたりになると~
 ”宇宙戦艦ヤマト2199”では通信士が直接日本語で送信してましたので、たぶん翻訳ソフトが動いてたんではないかと。翻訳用の辞書がどこまでフォローしてるか分かりませんが、YAHOO!の英語翻訳だと、アホ、バカ、タワケはちゃんと翻訳できましたがホンジナシ、タクラタ、フリムンはNGでした。
(*7)娯楽番組のプロデューサーだけあって
 関西人には懐かしい合コン番組”ラブアタック!”のディレクターを担当してたそうです。

”日常系”が成立さるためには、何らかのフレームが必要のようです。たとえば制服みたいな(けいおん! college/けいおん! highschool/セーラー服)

 ども、まったりした日常生活を送るおぢさん、たいちろ~です。
 最近はやったアニメに”けいおん!(*1)”ってのがあります。ガールズバンドブームの火付け役とか、ローソンとコラボしたりとか話題になってたのでご存知の方もあろうかと。
 その続編として”けいおん! college”、”けいおん! highschool”と2冊出たので読んでみました。で、思ったんですが、なんだか違和感があるんですね、”けいおん! college”の方が
 ということで、この違和感ってなんざんしょというのが今回のテーマであります。

Photo

写真はたいちろ~さんの撮影。アメリカ海軍横須賀基地でのセーラー服の水兵さん
女子高生のセーラー服を期待してた方、残念でした。
(そもそも、50歳すぎのおぢさんが女子高生の写真もってたら危ないでしょ!

【本】けいおん! college (かきふらい 芳文社)
【本】けいおん! highschool (かきふらい 芳文社)
 女子高校生バンド”放課後ティータイム”の4人唯、澪、律、紬はそろって大学に進学(*2)、バンド活動を再開する。ユニークな先輩達や、ライバルのバンドも現れて・・・
  (けいおん! college)
 ”放課後ティータイム”で一人高校に残った梓は唯の妹の憂、友人の純と一緒に新しく”わかばガールズ”というバンドを結成、1年生の菫と直も加わり・・・
  (けいおん! highschool)
【ファッション】セーラー服
 ”セーラー服”といえば、女子中高生の制服のイメージがありますが、元々は水兵さんの着ていた軍服。”ポパイ ザ セーラーマン♪(Popeye the Sailorman)”のあれです。
 あんまし軍事ネタは詳しくないですが、右側のセーラー服の人は階級章から二等兵曹(Petty Officer Second Class)、後ろの帽子の人は少尉(Ensign)と思われます。


 さて、この”けいおん!”という作品、”日常系”(あるいは”空気系”)と呼ばれるジャンルでのヒット作です。日常系とはwikipediaだと”美少女キャラクターのたわいもない会話や日常生活を延々と描くことを主眼とした作品群”ということですが、深刻な事件や恋愛、勝負ごとといったドラマチックなデキゴトがなく、まったりとした日常の中のエピソードが淡々と語られるというシロモノ。
 まあ、言ってみれば少年ジャンプ的世界観(*3)の対極にあるもんかと。美少女キャラの登場というとラブコメなんかが思われますが、これとも別。ちょっと古いけど”タッチ(*4)”でも、ちゃんと三角関係があったり、甲子園をめざしてうんぬん(*5)がベースなのでかなりテイストが違います。

 話は戻って、なんで”けいおん! college”に違和感があるかと言うと、どうも大学ってフリーダムすぎるんでしょうかね、日常系が成立するには。高校にしても、大学にしても、授業があって、学園祭があって、たまにはアルバイトしてとか主人公のお嬢さんたちのやってることはあんまし変わんないんですが、どうも学校というフレームの強固さが違うんですかね。高校だと、みんなで授業を受けて、同じ制服を着て、同じ時間にクラブ活動をしてと、共通体験性≒共感性が高い。まあ、高校生活の経験ってのはかなりの人が経験しているので(*6)、分かりやすいってのもあります。
 これに対して大学というのは、授業は選択なのでばらばらだわ(まあ、ほとんど受けない人もいますが、私とか)、時間の使い方も好き勝手だわ、制服なんかはありゃしないわとかなり自由度が高い。半ば強制的に同じ時間を過ごした高校と違って、大学ってのはかなり意図的にしないと一緒にいることができない。”けいおん! college”では同じ学生寮に4人が住むという設定で回避しようとしてますが、やっぱりムリがあるなぁ。

 つまり、”日常系”を形成するための”日常”ってのが、大学の自由度の高さ=フレームの弱さ故に一緒に行動する”日常”を作るための目的性が必要になってるんじゃないかと。このあたりは”けいおん! highschool”と並べて読んでみるとよけいに感じます。”highschool”の場合だとバンドのメンバーが授業中も含めて一緒にいることに違和感がないんですが、”college”の場合だと”バンドをやるために”一緒にいるという目的性を感じちゃうんですね。それが無目的がベースになっている”日常系”というジャンルに合わなくなってるのかもしれません。

 言ってみれば”日常系”を楽しむためには制服に代表されるようなフレームってのが不可欠なのかもね、別に制服フェチとかの趣味があるわけじゃないですが。
 とはいっても”けいおん! college”も”けいおん! highschool”も両方とも面白い作品。本編の”けいおん!”も含めぜお勧めです。ま、どれが好きかは結局好みの問題ですし。

ps.
 しかし、非日常の代表みたいな軍服のセーラー服がなんで日常の代表みたいな女子中高生の制服になったんでしょう?
 wikipediaで調べてみたら、現在のようなセパレート型のセーラー服って福岡女学院の校長先生エリザベス・リーが体操服として採用したんだとか。これが男子の詰襟の学生服=陸軍式に対して女子は海軍の軍服ということでの全国に広がったんだそうです。これをミリタリールックというと、非日常系になるんでしょうが・・・

《脚注》
(*1)けいおん! (かきふらい 芳文社)
 唯、澪、律、紬の4人はガールズバンド”放課後ティータイム”を結成、学園祭での演奏を始めバンド三昧の高校生活を送る。それに後輩の梓やさわ子先生も加わって・・・
 京都アニメーションにてアニメ化、2011年には映画化もされました
(*2)大学に進学
 4人の会話を聞く限りだと、それぞれ学部はバラバラみたいです。
 英語では学部が一つしかない単科大学は”college”、複数ある総合大学は”university”ですので、”けいおん! college”はヘンなんじゃ??
(*3)少年ジャンプ的世界観!
 キーワードは”友情”、”努力”、”勝利”。いまだに人気を誇るドラゴンボールや北斗の拳あたりを考えてもらえれば良いかと。
(*4)タッチ
 1980年代に大ヒットしたあだち充の漫画及びアニメ。2005年に長澤まさみで実写化、12年には続編にあたる”MIX”が連載開始といまだに続くヒット作です。
(*5)甲子園をめざしてうんぬん
 簡単に”甲子園をめざして”と言ってますがけっこう大変なことです。まずは県大会突破ってとこでしょうが、各県あたり(北海道、東京は2分割)の高校野球連盟加盟校数の最大は神奈川県の193校、最小は鳥取の25校でその格差は7.7倍。参議院選挙の一票の格差で違憲状態とされた5.0倍を超えています。仮に鳥取と島根県を統合しても3.0倍とこれでも衆院銀選挙で違憲状態(2.3倍)を超過。誰も何も文句いわないんですかねぇ?(2012年5月末現在、高校野球連盟hpより)
(*6)高校生活の経験ってのはかなりの人が経験しているので
 2014年度の高校進学率は79.3%ですんで、まあ多数派かと。大学・短大進学率は56.2%と今でこそ過半数を超えてますが、1975~2000年ごろはだいたい35~40%ぐらいでしたから、3人に一人ぐらいの割合でした。
(文部科学省 平成24年度学校基本調査より)

意外と少女マンガにしたら合いそうな推理小説です(権田原不動産気付バーネット探偵社/豚)

 ども、あとは定年まで会社に居座るしかないおぢさん、たいちろ~です。
 私んとこの部署には150人以上の社員がいます。こんだけ人がいると年に一人や二人は退職する人もいるわけですが、当然やめた後の消息ってのがはっきりしてる人もいれば消息不明の人もいます。
 で、そんな中の一人に”松永君”ってのがいたんですが、司法書士だかなんだかになるといって退職したんですが、なんと小説家になってました。ということで、今回ご紹介するのは松永君の書いた小説”権田原不動産気付バーネット探偵社”であります。
 松永君、元気でやってるか?


071316
写真はたいちろ~さんの撮影。
ちくさんフードフェアにいた黒豚です(考えたらちょっとシュールなシチュかも)


【本】権田原不動産気付バーネット探偵社(松永 和希、角川書店)
 かねてからの夢だった探偵社を設立した俺。事務所は”権田原不動産”を間借りしている。相棒は小学校6年生の女の子”権田原美奈子”、不動産屋の社長の孫娘だ。
 最初の依頼人はアパートに住むバアさん。飼っていた愛猫を探してほしいという。その事件はストーカ事件に発展し・・・
 エブリスタ(*1)電子書籍大賞2012優秀賞を受賞したミステリー。
【動物】
 哺乳綱ウシ目イノシシ科の動物。
 三十八間堂本舗というモナカ専門店のマスコットキャラ(色はピンクですが)としてブタの妖精”もなぶぅ”というのが出てきますが、いいのか甘い物屋さんのマスコットが豚で?!(*2)


 小説はけっこう読みますが、リアルな作家を知ってるケースってのは今回初めて。でも、松永君って、こんなん書くキャラだっけ?!

 主人公で探偵役は俺こと太郎丸太郎(*3)。大学を卒業したてで探偵社を開設。喘息持ち。法律に詳しく(これは司法書士・行政書士の資格とった作者の反映?)、本人に自覚はないもけどけっこうモテてる(これは作者の反映じゃないかと)。
 相棒の美奈子ちゃんも小学生ながら観察力と記憶力に優れた女の子。ワトソン役というよりこの子も探偵属性。”もなぶぅ”と三十八間堂本舗のモナカを愛する良い子です。
 ワトソン役は同じ不動産屋に務める源川新右衛門さん(*4)。
かつて愛した権田原の組長の娘”紋華”の忘れ形見である美奈子ちゃんのことを”お嬢”と呼ぶ任侠の人。

 で、物語はというと、バアさんの愛猫の失踪をきっかけにその大家さんである遠賀川さんと知り合いになった俺が、ストーカーに狙われ、借金取りに恐喝される彼女を助けることになり、そこにい~かげん警官の次郎長や幼馴染の筑前さんがからんで・・・
という内容です。ストーリーだけ書くと今風なライトノベルっぽいですが(*5)、どっちかというと少女マンガのノリかなぁ。

 各章の頭にちょっと気の抜けたポエムっぽいのがあるせいでしょうか。一昔前の少女マンガって、コマの中にポエムが書いてあってリリカルな雰囲気出してましたが、そんなの思い出しました。表紙やイラストも萌え絵系というより少女マンガ風。ジャンル的には推理小説ですが、凝ったトリックなんかもないのですらすら読めるし。

 知人でもあるので、ぜひ売れて欲しいです。そしてこれを原作で少女コミック化されないかなぁ、角川だと難しそうだけど(*6)。コミックって小説と発行部数の桁が違うそうなのでけっこう印税いっぱい入ってきそうだし。そしたら、今度会っておごってもらおう!

《脚注》
(*1)エブリスタ
 日本最大級の小説・コミック投稿サイトだそうです。読んだことないけど。
 どうも、電子書籍って慣れてなくって。iPadでも買えば始めるんでしょうが・・
(*2)甘い物屋さんのマスコットが豚で?!
 デブの代名詞のような豚ですが、wikipediaによると豚の大半は筋肉で、体脂肪率は14~18%程度なんだとか。確かにバラ肉を除けば脂身だらけの豚肉ってないもんねえ。
(*3)太郎丸太郎
 船の名前っぽいので、事件を解決してもらったオバさんに大漁旗をプレゼントされてます。
 そういえば退職した人の中に実家の船宿を継いだのもいましたが、元気でやってるのかなぁ
(*4)新右衛門さん
 どうしても、新右衛門といえば”さん”付けしちゃうんだなぁ、アニメの”一休さん”見てたおぢさん世代としては。
(*5)ライトノベルっぽいですが
 今や一ジャンルを確立した感のあるライトノベルですが、角川グループがシェアの7~8割を占めるんだとか。この本は角川書店から出てますが、なんでラノベブランドで出さなかったんだろう?
(*6)角川だと難しそうだけど?
 日本を代表するメジャー出版社ですが、なぜか女性向けのコミック誌は”月刊Asuka”だけ。アニメ系の雑誌はいっぱい出しているのになぜだ??

この惑星の住人は、答えを知りたくないことを質問しすぎる(MIB3/Apple Store Ginzaのジョーンズ)

 ども、この惑星の住人のおぢさん、たいちろ~です。
 こんな、い~かげんなブログを書いてますが、会社ではいちおう中間管理職というものをやっています。で、立場上”ホウレンソウ”てのが重要だとか能書きを垂れることもあります。
 ”ホウレンソウ”ってのは”報告”、”連絡”、”相談”の頭文字を並べたモンですが、意外に上手下手があって、端的にポイントを説明する人もいれば、”おまいは何を言いたいんや??”という人もいます。私が入社したころは”偉い人は忙しいので、まず結論から言え”と教えられましたが、聞く立場(別に偉くなったわけではないですが)になるとなるほどよくわかります。
 コミュニケーションという意味では、これ以外にも”質問”や”助言”なんかもありますが、これも同様。ということで、今回ご紹介するのはコミュニケーションに関する含蓄ある言葉を”MIB3”から。


041305
写真はたいちろ~さんの撮影。
Apple Store Ginzaにあったトミー・リー・ジョーンズとBOSSジャンです。


【DVD】MIB3 メン・イン・ブラック3
  (主演 ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、 角川書店)
 地球に生息するエイリアンの行動を監視する秘密組織MIBのエージェント”J(ウィル・スミス)”と”K(トミー・リー・ジョーンズ)”。
 かつて、Kが逮捕した犯罪者”アニマル・ボリス”が月の刑務所を脱走した。復讐を誓うボリスはタイムマシンを使って過去を改変、Kを消してしまう。相棒のJはKを救出すべく過去にタイムトラベルする・・・
 人気シリーズ”MIB”の3作目。
【旅行】Apple Store Ginzaのジョーンズ
 Apple Store Ginzaといえば、iPhoneやiPadなんかが発売されるとTV取材が殺到するアップルストアの旗艦店。私のiPhone5もここで買いました。
 契約する時に見つけたのがこの立て看板。黒づくめのスーツではないですが。
 ちょうどサントリー缶コーヒー”BOSS”のコマーシャルとコラボをやってたころです。


 トミー・リー・ジョーンズといえば、”この惑星の住民は~”のCMで有名(*1)。無愛想なおっさんですが、MIBでもそんな感じ。映画の中でJはKのことを”あまりに歳とってて、しかめっ面で、無愛想で、とにかく頑固で、あまりに融通がきかなすぎ”と言ってますが、確かにコミュニケーションしたいと思わせるキャラではないですな(*2)。上司がこんなんで机に座ってたらまあ、報告に行くにも気合が入りそうだし。

 そんなKですが、コミュニケーションに関してなかなか含蓄のある言葉を言ってます。
 JがKに幸せの秘訣を質問したシーン

  J:あんた、なぜそんなに幸せよ?
     How you live such a happy life?
  K:答えを知りたくないことは質問しないからだ
     I don’t ask questions
     I don’t want to know the answer to.

 質問というか、人に意見を求める時には2つのパターンがあります。
 一つ目は、まだ結論が出ていない場合、もうひとつは結論が出ていて同意が欲しい場合。前者の場合は純粋に結論が決め切れていないので、思ったことを言ってもそんなにもめませんが、後者の場合はちょっとやっかい。
 同意が欲しい人にダメ出しするとけっこう泥沼だったりします。最悪なのはほめて欲しいだけの人(*3)。そもそも、この手の人は質問の形をとってますが、

  答えは聞いてない!(*4)

状態です。

 未来を見ることのできる宇宙人”グリフィン”が二人に対して

  苦い真実は甘い嘘に勝る
   The bitterest truth is
   better than the sweetest lies.

 といってますが、苦い真実を聞く気がないというか覚悟がないのに、軽々に人に意見を求める人が多すぎ。人に意見を聞くってのは、何を言われても冷静に受け止められるってことが必要だと思うんですがねぇ。それにはっきり言って、ほめて欲しいだけなら私は意見を求められるには不適当な相手です。

 この手の人にダメ出しすると”何故ですか”が返ってきてちゃんと説明しだすと後はどろどろ。どうしようもなくNGならちゃんと言いますが、まあリスクが許容範囲内ならこう答えることにしています

  もし、あなたがどうしてもしたいのであれば、私は止めない
   If you want to do by all means,
   I do not stop it.

消極的否定文です。ま、責任回避以外の何物でもない答えですが・・・
 自己責任でやって成功すれば万々歳ですが、だめだったら自己責任ってことで納得してくれるでしょうし(まあ、納得しない人もいますが)

 ”MIB”はけっこうお気に入りのシリーズ。前作の”MIB2”から10年、トミー・リー・ジョーンズも御歳66歳(*5)とアクションやるにはきついかなと思ってましたが、そうですが、タイムトラベルモノになりましたか・・

《脚注》
(*1)”この惑星の住民は~”のCMで有名
 このCM、初回は2006年で、30本以上やってます。
 宇宙人で地球調査官のジョーンズが地球の人の何気ない行為をク~ルに評価するというCM。言われてみればなるほど系のコメントは結構好みです。
(*2)コミュニケーションしたいと思わせるキャラではないですな
 CMだとほとんどしゃべんないので無口キャラと思われがちですが、映画では意外とよくしゃべってます。相棒のJが以上におしゃべりなので、無口に思えるだけで。
(*3)最悪なのはほめて欲しいだけの人
 ビジネス書によく出てくる山本五十六元帥の言葉に
  やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ
てのがありますが、これって使い方が誤解されてるんじゃないかと。
 山本五十六って人は海軍兵学校、海軍大学校、ハーバード大学留学と超エリートコースの人で、まわりもきっと優秀なんでしょう。させてみればちゃんとできるだけの能力のある人なら、そうなんでしょうが、あぶなっかしくてさせられない人をおだてるってのはねぇ。
  豚もおだてりゃ、木に登る
とも、言いますけど・・・
(*4)答えは聞いてない!
 ”仮面ライダー電王”に登場する仮面ライダー”リュウタロス”の決め台詞。
 この後、問答無用に攻撃しちゃう人ですが、好きですね~、こういう態度。
(*5)トミー・リー・ジョーンズも御歳66歳
 初代仮面ライダーを演じた藤岡弘と同い年だそうなので、あながちムリってわけでもなさそうですが。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ