« このブログも主観性を失って、歴史的遠近法の彼方で古典になっていくのでしょうか(古典部シリーズ/薔薇色) | トップページ | なんで、こんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ(プロメテウスの罠/ひまわり) »

題名やキャッチコピーにだまされちゃいけません、ビターの効いたスイーツです(小市民シリーズ/和栗のタルト)

 ども、根っから小市民でスイーツ(笑)な生活を送るおぢさん、たいちろ~です。
 先日から米澤穂信にハマっています。”古典部シリーズ”を一気読みして(*1)、今は”小市民シリーズ”に手を出してます。
 気にいった作家の作品を一気読みするのが悪い癖というか貧困の根源というか、でも、面白いんだもン。同じくやる気ない系の高校生を主人公にした推理小説ですが、まあ、似たようなテイストでこんだけ違うラストをもってるくか~~~
 ということで、今回ご紹介するのは米澤穂信の続き”小市民シリーズ”であります。


Photo
 写真はたいちろ~さんの撮影。近所のイベントで売ってた”和栗のタルト”。秋限定かどうかはわかりませんが。


【本】小市民シリーズ(米澤穂信 創元推理文庫)
 中学校時代の苦い思い出を反省し、小市民の星をめざす高校生”小鳩 常悟朗(こばと じょうごろう)”と”小佐内 ゆき(おさない ゆき)”。
 ある日、スイーツを食べようとしていた小佐内 ゆきの自転車が目の前で盗まれた。後日自転車は発見されたがどうも犯罪に関係したらしい。外見は子供っぽく見えるゆきだが、この事件をきっかけに心の奥に隠そうとした”狼”が目を覚ます・・・(春限定いちごタルト事件
 ゆきの好きなスイーツをつまみ食いしたことで、”小山内スイーツセレクション・夏”に付き合わされることになった常悟朗。ある日、ゆきが不良少女たちに誘拐された。ゆきを救出に向かう常悟朗と友人の堂島 健吾だが、この事件にはゆきの仕組んだもう一つの裏があった・・・(夏限定トロピカルパフェ事件
【スイーツ】和栗のタルト
 栗のスイーツといえばモンブランが有名ですが、こちらはタルト。
 秋だったので”いちごタルト”がありませんでした。そんだけです。


 いきなり話は飛びますが、会社員をやっていると大激論になることがままあります。まあ、どこに出しても恥ずかしい社会人ですので取っ組み合いの大喧嘩をやるこたありませんが、内容的にはほとんど喧嘩状態。で、はたから見てると(たまに当事者ってこともありますが、たまに)、”喧嘩上等!”って人と”喧嘩上手”って人がいます
 ほとんど同じじゃないか?! と思われるかもしれませんが、けっこう大きな違いがあって”喧嘩上等!”って人は後先考えずに喧嘩を売りますが、”喧嘩上手”な人は意外と冷静で二手三手先を読んでたり、ちゃんと落とし所を考えてたりするモンです(*2)。
 もう一つの違いは”喧嘩上等!”の人って、”殴ったら殴り返される”という覚悟があんましないんですね。逆に”喧嘩上手”の人ってのは”殴り返される”心の準備があるので、この手の人と対等に話をしようとすると、足をとめて2~3発殴り返す必要があります、たぶん。

 で、もっともやっちゃいけないのが”喧嘩上等!”な人が”喧嘩上手”な人に喧嘩を売ること。なんでこんな話をしてるかというと、ヒロイン?の小佐内 ゆきって子は典型的な”喧嘩上手”なんですね、これが。ゆきに危害を加えた連中はフルボッコ以上な目にあっています(かなりひどいことをやってるので無罪ってワケではないんですが)。
 このあたりが、同じような高校生の日常を描いた”古典部シリーズ”との大きな違い。ほとんど事件らしい事件ともいえない”古典部シリーズ”ですが、”小市民シリーズ”では警察が介入するような本モノの事件が発生してます。読後感で言えば、事件の大きさよりも、古典部シリーズのホータローと同じような立ち位置の常悟朗とゆきの引き起こす結末とその動機の違いが大きいのかも。自分の性癖ががいやで小市民を目指す常悟朗とゆきですが、自分の中の獣性を隠しきれないところが人間の業とでも言いましょうか。

 本書からの教訓

  人は見かけにだまされてはいけない
  喧嘩を売っちゃいけない人はいます

 まあ、”強敵と書いて友と呼ぶ(*3)”みたいな少年ジャンプ的なことを考えてる人は、そもそも人に喧嘩なんか売っちゃいけないんでしょうが。

 題名やキャッチコピーにだまされちゃいけません。タルトのように甘い作品じゃなくって、ビターの効いたスーイツ。ほのぼのしたオチにはなってませんから。
 でも、とっても面白い本です。


《脚注》
(*1)”古典部シリーズ”を一気読みして
 省エネ主義を信条とする高校1年生の”折木奉太郎”、好奇心の猛獣”千反田える”、人間データベース”福部 里志”、七色の毒舌”伊原 摩耶花”を主人公とする米澤穂信の青春ミステリーというか、日常系推理小説。詳しくはこちらをどうぞ。
(*2)二手三手先を読んでたり~
  戦いとはいつも二手三手先を考えておこなうものだ。
  戦いは非常さ。そのくらいのことは考えてある。
 ともに、シャア・アズナブルの名言。この人も喧嘩上手の人です
(*3)強敵と書いて友と呼ぶ
 ”北斗の拳”の主人公。ケンシロウから。この人も喧嘩がとっても強いです。
 ”北斗の拳”は1980年代の”週刊少年ジャンプ”を代表する作品であり、キーワードの”友情、努力、勝利”を体現する作品でもあります。

« このブログも主観性を失って、歴史的遠近法の彼方で古典になっていくのでしょうか(古典部シリーズ/薔薇色) | トップページ | なんで、こんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ(プロメテウスの罠/ひまわり) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

コメント

モンクレール ダウンベスト,自分用のダウンを買うはずが・・・@モンクレール・ダウンベスト. 皆さん、御機嫌よう・・・. せっかく、お洒落の秋がやってきて、せっせと秋冬アイテムを. 捜索中に自分的にアクシデント発生・・・(涙). 実は、先日、我家の奥様とショッピングに出かけ ...
Moncler/モンクレール ダウンベスト メンズ/フード付き/Verdon/オフホワイト 当店で取り扱う商品は複数の店舗で在庫を共有しているため、ご購入いただくタイミングによって稀に在庫切れが発生する場合がございます。あらかじめご了承ください ...
EMAIL: monclershop99@gmail.com
HOME:http://www.moncler-down-shop.com

グッチシューズ,追加の上場·アップグレード·オプションは、多くの商人に位置しています。それはあなたがeBayでより速くあなたの商品を販売するという見通しを高めるためにこの方法を利用するか検討します可能性があります。太字で強調表示しても当然と ...
GUCCI シューズ情報網. GUCCI シューズ、シャネル 時計、グッチ キーリング、ルイヴィトン アクセサリー、グッチ裕三 リゾットの最新情報。日が改まるので、こちらのサイト–GUCCI シューズ情報網をよろしくご配慮ください。
EMAIL:monclershop99@gmail.com
HOME:www.brand-shoes-shop.com 


グッチ パンプス,グッチ パンプス,こちらで、当店の一押し商品やお得な情報をどんどん発信していけたらと思っています! ツイッターもやってますので、是非ご覧くださいっ! グッチのパンプスです。 女性のための豪華な革ハンドバッグ彼らはわずかな物理オブジェクトと軽量をもたらすために構築されています。当店の一押し商品やお得な情報をどんどん発信していけたらと思っています!
EMAIL:brandshoes6@gmail.com
HOME:www.brand-shoes-shop.com

ジプシエール エルメス,エルメスをよく知るエルメスフリークやスタッフの間では実際の手にした時の感覚がとてもソフトで優しい点からも大変支持の高い素材です。超レアーなカラーリングで入荷致しました! お財布、バッグのなどアイテムを問わず信じられないようなプレミア価格で販売されている事まで見かける超人気のピンクカラーは女性,エルメスをよく知るエルメスフリークやスタッフの間では実際の手にした時の感覚がとてもソフトで優しい。
EMAIL:brandshop9@gmail.com
HOME:www.brand-copy-shop.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/55677530

この記事へのトラックバック一覧です: 題名やキャッチコピーにだまされちゃいけません、ビターの効いたスイーツです(小市民シリーズ/和栗のタルト):

« このブログも主観性を失って、歴史的遠近法の彼方で古典になっていくのでしょうか(古典部シリーズ/薔薇色) | トップページ | なんで、こんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ(プロメテウスの罠/ひまわり) »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ