« スマホのささやきに身をゆだねれば間違いはない、かな?(モバイルパワーの衝撃/ささやき/ビクターの犬) | トップページ | ツバメが来ないのは環境のせいだったら良いんだけど・・・(日本沈没/ツバメ) »

当てずっぽうを”WAG”と言ったらちょっとカッコイイかも(パトリオット・ゲーム/パトリオット・ミサイル)

 ども、愛国心とは程遠いい~かげんなおぢさん、たいちろ~です。
 某国からロケットだかミサイルだかが発射されてぼちぼち1ケ月が過ぎようとしています。発射後約1分で空中爆発し洋上に落下ということですが、政治ショー的な役割もあったようで、責任者が粛清されていないかが心配されてます(*1)。
 で、問題になったのは”これがロケットかミサイルか”ということですが、原理的にはこの2つに差はないんだそうです。あえて言えば平和利用っぽいのが”ロケット”で兵器っぽいのが”ミサイル”ぐらいかな。でも、”ロケット・パンチ(*2)”なんてのもあったしなぁ。
 ま、ミサイルと言えば”パトリオット”ということで、今回ご紹介するのパトリオットの名を冠する小説”パトリオット・ゲーム(愛国者のゲーム)”であります。
 つまらんネタフリですいません。


0441
0443
 写真は~たいちろさんの撮影。2010年に海上自衛隊横須賀基地のサマーフェスタで展示されていたパトリオットミサイル発射車(LS LaunchingSattion)”JM902”です。


【本】愛国者のゲーム(トム・クランシー 文春文庫)
【DVD】パトリオット・ゲーム(パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン)
 海軍兵学校教官”ジャック・ライアン”は、ロンドンでの休暇中に偶然IRA(アイルランド共和軍)の分派であるULAのテロから英国皇太子夫妻を救う。しかし、ULAの政治的な思惑から彼と彼の妻子がテロの標的となる・・・
 ”レッド・オクトーバーを追え!(*3)”に登場したCIA分析官のライアンがCIAに入局するきっかけとなった事件をあつかった小説。
 映画版ではハリソン・フォードがライアンを好演。メインストーリはそのままで、ディテールはかなり変更した内容になっています。
【兵器】パトリオット・ミサイル
 米レイセオン社がアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステム。 射程範囲は20~35kmと以外と短いです。そのせいか以外と小型で長さは5.2m程度。
 ”Patriot”は日本語で”愛国者”の意味。”パトリオット”と読んでますが発音は”ペイトリオット”に近いんだそうです。上記車輛の解説では真ん中をとってか”ペトリオット”になってました。


 さて、ライアンの妻と子供がアメリカでテロに襲われるかどうかで、CIA,FBI、ロンドン警視庁あげて情報合戦とテロ対策を行う訳ですが、合理的な回答はNo。
 理由としては、

  ①アメリカでテロを起こせばテロ資金集めが難しくなる
  ②過去にアメリカでテロを起こしたことがない
  ③ライアンへの復讐は私事でありプロらしからぬ行為である

 でも、ダン・マりーという老巧なFIB捜査官のカンに従って対策をすることになります。その場にいたアメリカ海軍少佐ロビー・ジャクソンとこの話を告げに来たFBI対テロ専門家ビル・ショーとの会話

  ロビー:数学ではそれを帰納的推理と呼びます。
      特定の証拠から演繹的に導くのではなく、結論を推断するやり方ですな。
      エンジニアリングでは、われわれはWAGと呼んでいますよ
  ショー:ワグですと?
  ロビー:当てずっぽう(ワイルド・アス・ゲス)ですよ

 なかなかしゃれたツッコミです。ここでの”ワイルド・アス・ゲス”は

  Wild Ass Guess

 ちゃんと訳すと”ばかげた当て推量(*4)”ぐらいの意味でしょうか。

 実際にダンもショーもこのテロが発生する可能性を示す証拠は何もないと言ってますが、ロビーは

  たいていの作戦情報資料がそうですが---
  有益な情報と悪い情報の区別がつくのは、後の祭りになってからのことです

 とダメ押ししています。

 ストーリーを結果論として言えばライアンの妻と子供はテロに襲われるわけですが、これはゲームのルールが違ったから。①はULAがIRAにダメージを与えるという内部分裂があってちゃら、②はその手段として有効だから、③は映画版ではほとんど私的な恨みだけで行動するテロリストが暴走しちゃってます。

 スポーツや、囲碁などのようにルールが厳密に適用されるのであれば別ですが、現実社会では暗黙のルールとか、過去の傾向からルールを想定するないうことのほうが多いんではないかと。結局のところ、社会で起こっているものごと=ゲームってのは、かなりあやふやなルールで成り立ってるんでしょうね。だから、時としてルールを飛び越えた経験者のカンってのが真実に一番近かったりして。
 もっとも見立て捜査(*5)をする危険ってのもありますが・・・

  1989年 ”愛国者のゲーム”発行(日本)
  1991年 湾岸戦争ではパトリオット・ミサイルが実戦使用
  2000年 映画”パトリオット・ゲーム”公開(日本)
  2001年 アメリカ同時多発テロ事件、世界貿易センタービル崩壊

 2001年の同時多発テロ事件の時に”事前に諜報機関はテロを察知できなかったのか?”ってな話が出てましたが、よしんば情報をつかんでいて”テロ犯が飛行機を4機同時にハイジャックして世界貿易センタービルやペンタゴンに突っ込む”なんて報告してもだれも信じなかったんじゃないのかなぁ。ハイジャック防止強化とかの対策はとっても、それまでのゲームのルールからして実現するなんて誰も想像できなかったと思います。

 余談ですが、1989年に発行された本の表題は”愛国者のゲーム”ですが、2000年の映画では”パトリオット・ゲーム”に変わっています。これは、それまであまりなじみのなかった”パトリオット”という言葉が、湾岸戦争でパトリオット・ミサイルが使用されてニュースで流れて一般的に使われるようになった後に映画が公開されたからではないかと。
 当て推量ですけどね。

《脚注》
(*1)責任者が粛清されていないかが心配されてます
 岡田斗司夫だったかが書いてましたが、”悪の秘密結社が作戦失敗のたびに責任者が粛清されてるが、そんなことしてたら人材があっというまに払底”します。
 たとえば宇宙探査機”はやぶさ”の場合、責任者の的川泰宣名誉教授は70歳と50年近くロケット研究をしてるわけで、人件費だけでも億単位の費用がかかっているはず。そんな有為な人材をあっさり粛清してたらコスト的に引き合いません。
(*2)ロケット・パンチ
 永井豪の漫画”マジンガーZ”に出てくる腕が飛んでって相手を倒すという武器。中年のおぢさんなら超合金シリースのおもちゃで遊んだことがあるはずです。
 ちなみに、腹部から発射する”ミサイルパンチ”という”どこにそんなもんが入ってるんや!”とつっこみたくなる武器もありました。
(*3)レッド・オクトーバーを追え! (トム・クランシー 文春文庫)
 ソ連の最新鋭ミサイル原子力潜水艦”レッド・オクトーバー”が処女航海で突然行方をくらました。艦長ラミウスの意図は? その謎を追うCIAのアナリスト、ジャック・ライアンは?
 1985年に発売されベストセラーとなった海洋冒険小説。詳しくはこちらからどうぞ。
(*4)ばかげた当て推量
 Ass:(名詞)ばか、とんまなどの意味。
     Make an ass of~ で”~を馬鹿にする”
 Guess:(動詞)推測する、(名詞)推測、推量、憶測
     Make a wild guess で”当て推量をする”
(*5)見立て捜査
 民主党の小沢一郎元代表の政治資金規制法違反(収支報告書の虚偽記載)罪の判決では「検察官は事件の見立てに沿う供述を獲得することに力を注いでいた」と批判されて、この言葉が話題になりました。
 4月26日に無罪判決が出て、5月9日に指定弁護士が控訴してとまだどたばたが続きそうです。

« スマホのささやきに身をゆだねれば間違いはない、かな?(モバイルパワーの衝撃/ささやき/ビクターの犬) | トップページ | ツバメが来ないのは環境のせいだったら良いんだけど・・・(日本沈没/ツバメ) »

小説」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/54674986

この記事へのトラックバック一覧です: 当てずっぽうを”WAG”と言ったらちょっとカッコイイかも(パトリオット・ゲーム/パトリオット・ミサイル):

« スマホのささやきに身をゆだねれば間違いはない、かな?(モバイルパワーの衝撃/ささやき/ビクターの犬) | トップページ | ツバメが来ないのは環境のせいだったら良いんだけど・・・(日本沈没/ツバメ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ