« 当てずっぽうを”WAG”と言ったらちょっとカッコイイかも(パトリオット・ゲーム/パトリオット・ミサイル) | トップページ | 推理の鮮やかさではなくて、お嬢様を罵倒することが受けてる理由ではないかと推理します(謎解きはディナーのあとで/バラ) »

ツバメが来ないのは環境のせいだったら良いんだけど・・・(日本沈没/ツバメ)

 ども、ツバメ返しはできないけどちゃぶだい返しならできるおぢさん、たいちろ~です(*1)。
 5月11日の日経新聞の”春秋”を読んでましたら最近ツバメが来ていないという話題がでていました。なんでも日本野鳥の会(*2)が調査をするとのこと。
 確かに、最近ツバメって見ませんねぇ。昔は家の軒先のツバメの巣を時々見ましたが、今はないですねぇ。マンション生活が長いせいだと思ってましたがツバメそのものが減少しているとのこと。
 野鳥の会の分析では、水田や耕作地の減少によるエサ場の減少、巣作りに適した日本家屋の減少などを理由として挙げていますが、確かにそうなんでしょうね。
 でも、そんだけかな~とちょっと不安になりましたということで、今回ご紹介するのは小松左京の名作”日本沈没”であります。


Photo

 写真はPHOTOSTOCKERのHPより。餌付けをするツバメです。


【本】日本沈没(小松左京 小学館文庫)
【DVD】日本沈没(原作 小松左京、主演 藤岡弘、小林桂樹、東宝)
 地球物理学者である田所雄介博士は、地震の観測データから日本列島に異変が起きているのを直感し、一つの結論に達する。それは「日本列島は2年以内に陸地のほとんどが海面下に沈降する」というものだった・・・
 原作は1973年に発刊。映画版は2006年にリメイクされてますが、今回のネタは1973年版。こっちのがオススメです。
【動物】ツバメ(燕)
 スズメ目、ツバメ科に属する鳥類。全長は約17 cmと小柄ですが、夏は日本で繁殖し、冬は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部などで越冬するという東南アジアをまにかけるインターナショナルな鳥です。


 で、なんで”日本沈没”なのかと言うと、この話の中でツバメがいなくなった話題が出てるんですね。
 物語の前半で、渡老人という政財界の黒幕みたいなじぃさんが、地球物理学者の田所雄介博士にこんな質問をするシーンがあります。

  渡老人 :子供のようなことを聞くと思うかもしらんが、
        この老人に、ひとつだけ気がかりなことがある。--つばめじゃ。
  田所博士:つばめ?
  渡老人 :そうじゃ。-- わしの家の軒先に、毎年つばめが来て巣をかける。
        もう二十年来のことじゃ。
        それが、去年、5月に来て巣をかけ、どういうわけか、
        七月になるといなくなってしもうた。生まれたばかりの卵をおいてじゃ。-
        そして今年はついに来なかった。
        わしの家の近所でも、そうじゃ。--これは、どうしてかな?
         (中略)
        いったいどうしたんじゃろう? ・・何かの前ぶれかな?
  田所博士:何ともいえまえん。まったく、何ともいえないんです。
        --私自身も、その何かをつかもうと思って、必死になっているのですが。

 この後、科学者にとって大切なものは何かという議論になるんですが、この会話がその後”D計画”という日本人の大脱出計画のスタートにつながっていく重要な場面です。
 本来なら”ツバメが何故いなくなった”という質問を地球物理学者にするってのもヘンですが、渡老人にも何か思うところがあったんだろうと。ことほどさように、”予兆”ってのはなにげないことの中にもあってそれを感じとる人にとって初めて重要な情報になるんでしょうねぇ。

 日本野鳥の会の調査は環境変化によるツバメへの影響っていう観点のようだし、日経新聞もその論調になっていますが、逆にいうと、このエピソードを覚えている世代にとってそれだったらまだ良いのかななんて思ってしまいます。

 大ベストセラーになったとはいえ、よもや30年近く前の小説の1シーンを覚えてる人がいて、その人が政府の秘密組織にいて、野鳥の会を隠れ蓑にが調査を始めて・・・ なんてフィクションの世界だったら面白いですが、現実だったら考えるとけっこう怖いです。
 東日本大震災の後ですし、相変わらず地震の続いている地域もありますから、ツバメの話がきっかけだろうが何だろうが今後のことがはっきりした方がいいなぁ。

 で、もしほんとに日本が壊滅的な状況になるんだったら、日本人はツバメのように全世界に渡っていくことができるんでしょうか・・・

《脚注》
(*1)ツバメ返しはできないけどちゃぶだい返しならできる~
 ちゃぶだい返しは星一徹の、ツバメ返しは佐々木小次郎の必殺技。
 ”仏壇返し”というアダルトビデオの必殺技もありますが、下品なのでやめました。
(*2)日本野鳥の会
 ”自然にあるがままの野鳥に接して楽しむ機会を設け、また野鳥に関する科学的な知識及びその適正な保護思想を普及することにより、国民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資することを目的とする”ための公益財団法人。(野鳥の会のHPより)
 ”消えゆくツバメを守ろうキャンペーン”のページはこちらから。

« 当てずっぽうを”WAG”と言ったらちょっとカッコイイかも(パトリオット・ゲーム/パトリオット・ミサイル) | トップページ | 推理の鮮やかさではなくて、お嬢様を罵倒することが受けてる理由ではないかと推理します(謎解きはディナーのあとで/バラ) »

小説」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

日本沈没を読んでDVDを見たら、筒井康隆の”日本以外全部沈没”も読みましょう。DVDもレンタルで見れるよ。
その流れで田辺聖子の”お聖どんアドベンチャー”なんてのはどう?実在の作家が実名で出まくるわ、ポセイドンアドベンチャーのパロディから”あひるのあんたはん”(かもめのジョナサンのパロディ)まで、なんでもありの古き良き時代。アマゾンで中古が買えますよ。

宮城県で亡くなった方々〈5月21日・県警発表〉
880770

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/54697940

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメが来ないのは環境のせいだったら良いんだけど・・・(日本沈没/ツバメ):

« 当てずっぽうを”WAG”と言ったらちょっとカッコイイかも(パトリオット・ゲーム/パトリオット・ミサイル) | トップページ | 推理の鮮やかさではなくて、お嬢様を罵倒することが受けてる理由ではないかと推理します(謎解きはディナーのあとで/バラ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ