« 世間とは大体において不条理・不公平であり、就活はその第一歩である(アホ大学のバカ学生/ルドベキア) | トップページ | 家族って・・・、あたしの義理の息子になるつもりなの!(トワイライト/ホトトギス) »

家族を苦しめているのはあなたが知恵と称している”虚偽”だ(私が殺した少女/十月桜)

 ども、世界の影の支配者のおぢさん、たいちろ~です。ウソです。
 さて、このブログを書いているのは4月1日、エイプリルフールです。
 年に1日、ウソをついてもシャレで済む日ですが、同時にビジネスマンにとっては予算が達成できたかどうかが確定する日でもあります。最近は、期初に”○○をやります”という約束をして、翌期初にそれが出来たかどうかという成果評価をやりますが、できなかったからといってそれが即”虚偽”ってわけではないですし。もっとも、会社全体の決算から見ると株主に対して経営目標を守れなかったという意味では問題ではあります。AIJ投資顧問は論外としても(*1)、経営者ってのは結果責任を問われるわけで、それも給料の内なんでしょうね、たぶん。
 ということで、今回ご紹介するのは、虚偽が不幸を生む話、最近はまっているハードボイルド小説から”私が殺した少女”であります。


0252

 写真はたいちろ~さんの撮影。清水公園の十月桜です。撮影は2009年11月15日。

【本】私が殺した少女(原 尞 ハヤカワ文庫)
 私立探偵沢崎は電話の依頼を受け真壁家に向かうが、そこでは天才ヴァイオリン少女”真壁清香誘拐”の誘拐事件が発生していた。父親の真壁脩の依頼を受け身代金六千万円を運ぶことになるが・・・
 1989年、第102回直木賞を受賞したハードボイルド小説の傑作。
【花】十月桜
 桜と言えば春に咲くモンだと思っているでしょうが、十月桜は4月上旬頃と10月頃の年と年2回開花します。これは本当。
 ちなみに、4月1日、エイプリルフールの誕生花はサクラです。

 ハードボイルドの探偵がなぜにかっこええかというと、己の矜持にかけて自らに課したルールに忠実であること。そこには虚偽の生き方なんてのが入ってくるスキはありません。フィリップ・マーロウしかり、サム・スペードしかり(*2)。日本では沢崎もまさにこの系統です。

 マイク・ハマーや、ススキノ探偵の”俺”なんかも読んでみたいなぁ(*3)。

 まずは沢崎の名言から。謎解きのシーンでの沢崎と真犯人の会話

  沢崎 :人間のすることはすべて間違っていると考える方がいい。
      すべて間違っているが、せめて恕される間違いを選ぼうとする努力はあっていい
(*3)
  真犯人:そこが、あなたと私の違いだ。私には誇りというものがある。
      家族を守っているという誇りだ。
  沢崎 :私も誇りの話をしているつもりだ。
      家族を守るというが、○○や奥さんを一番苦しめているのは、
      あなたが知恵と称している”虚偽”だし、
      つまりは、あなた自身ではないのですか

 まあ、人間のやることにすべて間違いがなければ神様の立場がないわけで、努力はするけど、営業がノルマを達成できなかったとしても、怒っちゃいけないんです
 単なるグチです。すいません。

 本書の沢崎は探偵モノとしては珍しく虚偽の依頼で事件に関与するという”巻き込まれ型”。解決までの過程でいろいろ振り回されてますが、それは家族を守ろうとした真犯人の虚偽。動機は純粋であっても、罪は罪です。
 それぞれの登場人物の真実と虚偽との想いが交錯しつつ話は進みます。

 ”私が殺した少女”をはじめ、沢崎シリーズはハードボイルド小説の傑作。お勧めです。

PS.
 今日、近所で桜祭りがあって行ってきましたが、桜の開花はまだまだ。
 開花予想を見て決めてるかどうかは知りませんが、予定はず~っと先に決まっているはずです。だから、見どころの時期を外したからと言って文句を言うモンじゃありません。  しょせんは、人間のできることなんてそんなもんです。

《脚注》
(*1)AIJ投資顧問は論外としても
 AIJ投資顧問は中小企業を中心に企業年金から1984億円の運用を受託し、顧客に対して240%の運用利回りを確保していると説明していながら、その実態はほとんど資金が消失していたという事件。
 この事件が難しくなりそうなのは、決算報告書の虚偽記載は罪に問えても、運用の失敗そのものが罪に問えるかどうかという点運用の失敗が犯罪だと言うなら、世の中の金融機関はすべて犯罪を犯していることになりますし。
(*2)フィリップ・マーロウしかり、サム・スペードしかり
 フィリップ・マーロウはレイモンド・チャンドラーの”大いなる眠り”、”長いお別れ”などに、サム・スペードはダシール・ハメットの”マルタの鷹”などに登場する私立探偵。映画ではともにハンフリー・ボガートが好演。とにかくカッコイイです!
(*3)マイク・ハマーや、ススキノ探偵の”俺”~
 マイク・ハマーはミッキー・スピレーンの”裁くのは俺だ”などに、ススキノ探偵の”俺”は東直己の”探偵はバーにいる”などに登場する私立探偵。

« 世間とは大体において不条理・不公平であり、就活はその第一歩である(アホ大学のバカ学生/ルドベキア) | トップページ | 家族って・・・、あたしの義理の息子になるつもりなの!(トワイライト/ホトトギス) »

小説」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/54364671

この記事へのトラックバック一覧です: 家族を苦しめているのはあなたが知恵と称している”虚偽”だ(私が殺した少女/十月桜):

« 世間とは大体において不条理・不公平であり、就活はその第一歩である(アホ大学のバカ学生/ルドベキア) | トップページ | 家族って・・・、あたしの義理の息子になるつもりなの!(トワイライト/ホトトギス) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ