« 推理小説を読みたいなら原作を、アクションを見たいなら映画を(野性の証明/ナス/CH-47 チヌーク) | トップページ | あなたが永遠に十代だったら、あたしだって(トワイライト/プリザーブドフラワー) »

すでに(金)の息子が東大を卒業して、さらに(金)になるのが現代における「(金)の相乗効果の法則」です(金魂巻/タチアオイ)

 ども、本代で万年(ビ)のおぢさん、たいちろ~です。
 このブログでもおわかりのとおり、私はけっこうな量の本を読んだりしてます。節約のためによく図書館を利用しますが、図書館にない本だとかは買うことになります。で、よく利用するのがB○○K○FF。特に助かるのが105円のコーナー(通称 百円棚)です。このコーナーのメリットは安いってこともありますが、たまにちょと古めでおぉっというような本が出てたりします。
 で今回ご紹介するのはそんな中の1冊”金魂巻”であります。


0334
 写真はたいちろ~さんの撮影。都内で見かけたタチアオイ。

【本】金魂巻 (渡辺 和博とタラコプロダクション 主婦の友社、ちくま文庫)
 サブタイトルの”現代人気職業31の金持ビンボー人の表層と力と構造(*1)”とあるように、いろんな職業をお金持ちのマル金(金)と貧乏人のマルビ(ビ)に分類し、その実態と成立過程を明らかにした本。
 主婦の友社、ちくま文庫から出ていますが、出版社が変わっても表紙がかわらないという珍しい例でもあります。
【花】タチアオイ(立葵)
 草丈は1~3mに直立し、6~8月ごろに大きな花がほぼ縦に並んで咲きます。
 花言葉は”大きな望み、野心、大志”など。


注)本書では下記のように○の中に金やビの字をいれてマル金、マルビと読ませていますが、そんなフォントがないので(金)、(ビ)で代用しています。
 すいませんが、読み換えてください。

 さて、この本に載っている職業を見ていくと、(金)になるか(ビ)に落ちるかは教育への投資力を含めた親の財力やコネに大きく左右されるとこが分かります。代表的なものをちょと分類してみると

〔親の財力/財力に裏付けられた高い教育を受ける機会/人脈がある〕
・オートバイ・レーサー
  (金)は親の金でレース用バイクを購入し、親の金でヨーロッパのレースに参戦。
  (ビ)ば暴走族あがりで、バイトで金をためて中古のバイクを購入
・不良少女
  (金)は高校中退後にカリフォルニアに留学、商売があたって成功
  (ビ)は半同棲のヤクザにみつぎつづけ、いつまでも貧乏
・エディター
  (金)は「なにか知的で華麗なことがしたいから、お父さまにお願い」して
    大手女性誌の出版部に入社した、偏差値64以上の大学出の編集者。
  (ビ)はそれ以外
・カメラマン
  (金)は親父のコネで遊び半分にやっていた名門広告プロダクションにそのまま就職
  (ビ)ばアサヒ芸能のモノクロ活版ページの写真を見せて仕事を貰う
・フリーライター
  (金)は幼稚舎時代の幼馴染が集英社の重役の息子で、コネで就職
  (ビ)ばアザヒ芸能などのアルバイトが忙しく留年
・弁護士
  (金)は親が一流企業の社長か重役なので顧問料がはいる
  (ビ)ば社会正義に燃えれば燃えるほど費用は持ち出しに
・シェフ
  (金)は父親の(金)友人の勧めで自宅近くの西麻布でレストランを開店
  (ビ)は「コック見習い求む」の新聞広告を見てこの道に

〔親の財力にかかわりなく、本人の才能と運が左右する〕
・学者の卵
  キャッチフレーズで一発当てて、マスコミに出れば(金)
  できなければ(ビ)
・商社マン
  殺しても死なない、鉄の胃袋を持つ、元気な男は(金)に
  消化器系に難があり、かぜをひきやすいタイプは(ビ)に

 他に”親の財力にかかわりなく、本人の才能と運が左右する”職業としてはイラストレーター、マンガ家、テレビディレクター、ファッションデザイナー、ミュージシャンなどクリエイティブなお仕事の一群。成功するかどうかは一発当てられるかどうかにかかっているようです。

 本書のキーワードは”親の財力・地位”と”主張と収入の合計は(金)と(ビ)で同じ(*2)。前者をまとめると表題にある

  すでに(金)の息子が東大を卒業して、さらに(金)になるのが
  現代における「(金)の相乗効果の法則」です

 になります。

 ”知性がお金で買えるのか!”とお怒りの向きもありましょうが、少なくとも”学力”は金で買えます。正確には、お金を掛ければ学力が上がるとは限りませんが、それなりに教育投資をしなければ学力は上がらないと考えてもよろしいかと(*3)。親の学力がそれなりなのに子供が金もかけずに東大に入れるほど学力があるなんて期待するのは、5億円の宝くじの当選を夢見るようなモンです。
 あと、親のコネですが、本書が出版された1984年頃って女性の入社に関して言えばなくはなかったですかねぇ(*4)。もっとも就職氷河期の昨今、コネで入社できるほど甘くはないです。たまに仕事関連のご子弟が入社することはありますがこれはたまたま。コネなんかなくても充分入社できるだけの実力の持ち主です。

 ところでこの本、なんとなくバブル期に出た本だと思ってたんですが、出版は1984年とバブル前。(金)、(ビ)が流行語大賞となったのも1984年です。プラザ合意(*5)が1985年ですから、まさにバブルの夜明け前になります。なんとなく”お金持ちと貧乏人”を冗談で笑える余裕ってのがバブル的な印象だったのかもしれませんが、不況続きの昨今はシャレにはなんないのかもしれません。

 まあ、どんな職業にしろ(金)な上の人もいれば(ビ)下の人もいます。
 言ってみれば”職業”という一本の幹に咲くタチアオイの花のようなもの。若者が”上の方に咲きたい”といった大きな望みや野心を持つことは悪いことではないんでしょうが、(ビ)には(ビ)の人生があるんではないかと本代のやりくりに汲々とするおぢさんは思うのであります。

《脚注》
(*1)力と構造
 ”逃走論―スキゾ・キッズの冒険(ちくま文庫)”で一世を風靡した浅田彰のデビュー 作がほぼ同時期(1983年)に出版された”構造と力―記号論を超えて(勁草書房)”。当時はこういう”知をもてあそぶ”ようなのが流行ってましたね。読んでないけど。
(*2)主張と収入の合計は(金)と(ビ)で同じ
 (金)は仕事などどうでもいいかわりにお金がある
 (ビ)は不満が多く、酒場で主張が多い分だけお金が少なくなる

(*3)それなりに教育投資をしなければ学力は上がりにくい~
 やれ学費だ塾代だと、親になってみて初めて教育にお金がとってもかかるもんだと実感しました。
 今になって、簡単に二浪した自分の不明に恥じ入るばかりなのであります。
(*4)女性の入社に関して言えば~
 ”就職の平等”という意味ではとんでもない話なんでしょうが、男女雇用機会均等法もなく(施行は1986年)、女性の平均結婚年齢が25歳前後だった時代、有り余る男どもを相手に社内結婚してくれたって意味では、あながちマイナスだけではなかったのかもしれません、たぶん。
(*5)プラザ合意
 G5(先進5ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議)による為替レート安定化に関する合意のこと。
 アメリカの財政・貿易の”双子の赤字”により不安定化したドル相場を安定させるために協調的なドル安相場に誘導。このため235円(!)だった円ドル相場が1年後に150円台に減少。円高不況を回避するために低金利政策をとったことで不動産・株式に資金が流入、のちのバブル景気の原因となります。

« 推理小説を読みたいなら原作を、アクションを見たいなら映画を(野性の証明/ナス/CH-47 チヌーク) | トップページ | あなたが永遠に十代だったら、あたしだって(トワイライト/プリザーブドフラワー) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今回の本に関しては、ちょっと乱暴だけどほぼ全否定しますよ。そういう事例も一部にはあるけど、それはごく一部のこと。全部書くとめんどうだからカメラマンに関して、代理店付のカメラマンにろくなやつはいない。カメラマンが成功するのは豊富な知識と経験、感性と人間性のすべてがバランスよく備わっていないと一流にはなれませんよ!私はそれらの多くが不足していたのでしくじりましたけどね・・・。親のコネや財力で入った奴は、本当にただただ偉そうな場合が多いけど、的外れなことばかり言っていたりまともな結果を出せなかったりして、知らないうちにどこかに行ってしまったことがよくありますよ。カメラマンの場合、仕事の結果・写真を見ればそれこそ一目瞭然。仕事を貰う段階ではコネなんかで貰えるけど、まともな結果が出せない奴は居辛くなって消えてしまうものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/54070281

この記事へのトラックバック一覧です: すでに(金)の息子が東大を卒業して、さらに(金)になるのが現代における「(金)の相乗効果の法則」です(金魂巻/タチアオイ):

« 推理小説を読みたいなら原作を、アクションを見たいなら映画を(野性の証明/ナス/CH-47 チヌーク) | トップページ | あなたが永遠に十代だったら、あたしだって(トワイライト/プリザーブドフラワー) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ