« 東日本大震災に思う”誰か- 各党とも強力な悪役はいませんかね”(国会議事堂/首都消失) | トップページ | ユニコーンガンダムって、”可能性の卵”なのかもしれない(機動戦士ガンダムUC/コロンブスの卵) »

東日本大震災に思う ”その場にある者の、責任と義務”(機動戦士ガンダムUC/ラグランジュポイント)

 ども、仙台在住のおぢさんたいちろ~です。
 ゴールデンウィークなので単身赴任先の東京から、東日本大震災後に初めて帰省しました。家は比較的無事だった場所にありますが、やはり近所を車で走ると、地面の陥没や大きなひび割れの入ったビルがあり、地震の大きさが感じられます。
 さて、東京側で震災対策本部のような仕事をしていた関係で、初動の復旧に携わった人と話をする機会がありました。そこで感じたのは仕事を超える頑張りで仕事をしてたんだなということです。


704pxlagrange_points2svg
写真はWikipediaより。L1~L5と記載されているところがラグランジュポイント。


【本】機動戦士ガンダムUC(福井 晴敏 角川コミックス・エース)
 宇宙世紀0096年。アナハイム工専に通う少年”バナージ・リンクス”は、”オードリー・バーン”こと、ザビ家の末裔”ミネバ・ラオ・ザビ(*1)”と出会う。バナージは「それが開かれる時には連邦政府が滅びる」と言われる「ラプラスの箱」をめぐる抗争に巻き込まれていく。もう1体のガンダムのパイロット”リディ・マーセナス少尉”、”シャアの再来(*2)”と言われる”フル・フロンタル大佐”との戦いの中、頭部に1本の角をもつ、白亜のモビルスーツ”ユニコーンガンダム”パイロットとしてニュータイプへと覚醒していく・・・
【自然】ラグランジュポイント
 宇宙空間で、大質量の2つの星と、この2つと比べて質量が小さな物体があるとき、重力場が遠心力と釣り合っている場所にこの小さな物体を置くと、2つの星に対して相対的に不動のままでいることができます。この場所を”ラグランジュポイント”といって5つ存在します。
 ガンダムワールドにおいては、スペースコロニー(*3)を設置される場所になっています。


 今回の震災でよく聞かれるようになったのが”現場力”という言葉。今回の大震災の特徴の一つに”通信の大規模、長期間の途絶(*4)”というのがあります。東京本社からの状況確認や指示などが十分に機能していない中、初期動作を支えたのが現場の人の頑張り。後から聞いた話ですが、連絡ができない、食糧の不足、電力不足による空調能力の低下、、水道が止まってトイレも不自由といった中、業務を継続するのに踏ん張っていたとのこと。中には、出張で東北に行っていて、そのまま現地で復旧に当たっていた人もおりました。
 思うに、この人達は”仕事だからやらないといけない”っていうより、”この場にいるオレたちがやらないといけない”っていう想いがあったんじゃないかと。でなければ、ここまで頑張れると思えないことがいっぱいあります。たまたまその場所にいたという”この場”、指示を与え、自ら動くという立場としての”この場”で、自分達が最善と思う動きをすることで、最悪の状態の中でもやっていけたんではないかと。

 確かに、警察官、消防士など”仕事”に対する職業的倫理観(*5)が格段に違う人たちもいますが、一般の人がすべてこういうレベルを期待するのは難しいこと。でも、今回の人達の動きを見ていると、それに近いものすら感じます。

 表題の”その場にあるものの、責任と義務”は機動戦士ガンダムUC(4巻)の中から。

  ミネバ:どちらにせよ、私は政治と無関係にはいられない。
      また、同じ過ちがくり返えされようとしているなら、
      命に代えても止める義務と責任がある

       (中略)
  リディ:義務と責任・・・。その場にある者としての、か

 16歳の少女の発言とは思えない重さですが、その場に立たされれば、自覚的か無自覚かにかかわらず”義務と責任”のある行動を取れるように人間はできているのかもしれません。

 誤解の無いように付け加えますと”だから何かしよう”と言ってるわけではありません。その場からとっとと逃げ出すのも”義務と責任”の果たし方の一つです。その場所にいるだけで食糧、水、トイレまで環境に負荷をかける事になるので、逃げ出せる場所があるならそこに行くのも全体から見れば大切なことです。

 ところで、上記のラグランジュポイントですが、内向き方向に安定、外向き方向に不安定に向かっていくことを表わしています。その場にいる人も同じで、集まるベクトルと離れていくベクトルが存在するってこと。ごちゃごちゃ考えるよりそれに従うぐらいと割り切ったほうが、自然の摂理にかなっているのかもしれません。

 大震災からもうすぐ2ケ月になりますが、まだまだやることはたくさんありそうです。でも、だんだん”この場”が変化してきています。新しい場でそれぞれの人が為すべきと思ったことを為すことが最善への道へ繋がるのだと思います。

《脚注》
(*1)ミネバ・ラオ・ザビ
 ジオン公国軍ドズル・ザビ中将を父に、ゼナを母に持つザビ家の中で唯一の生き残り。どう見ても母親似
(*2)シャアの再来
 ファーストガンダムに連なるシリーズに登場するライバルキャラ。アニメ史上最も多くの名言をのたまわった人。中年のおじさんが気の利いたことを言ってたらこの人のセリフのパクリだと思っても過言ではない
(*3)スペースコロニー
 プリンストン大学のジェラルド・オニール教授らによって提唱された、宇宙空間に作られた人工の居住地。
 いくつかのタイプがあり、ガンダムの舞台となるのは島3号(Island Three)と呼ばれる大型(直径6km、長さ30km)のシリンダー型、ガンダムUCの冒頭に出てくる”ラプラス”はスタンフォード・トーラス(Stanford torus)という小型(直径1.6km)のドーナッツ型。
 今やSFの定番ですが、ガンダムで初登場した時は、けっこう驚いた中年の人は多いはず。
(*4)通信の大規模、長期間の途絶
 岩手・宮城内陸地震(2008年 6月14日発生)の時も、本社側で情報収集・連絡をやっていたんですが、この時は発生直後でも主要な場所には連絡が取れました。
 今回の震災では2~3日も連絡が取れないところもあり、かなり心配したものです。
(*5)”仕事”に対する職業的倫理観
 私の義理の兄が消防署に勤めていて、阪神大震災の時は被災した家族を置いて出勤していました。”仕事だから”と言うのは簡単ですが、いざ自分が同じ立場に置かれたら同じようにできるかどうかはあまり自信がありません。

« 東日本大震災に思う”誰か- 各党とも強力な悪役はいませんかね”(国会議事堂/首都消失) | トップページ | ユニコーンガンダムって、”可能性の卵”なのかもしれない(機動戦士ガンダムUC/コロンブスの卵) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/51554382

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災に思う ”その場にある者の、責任と義務”(機動戦士ガンダムUC/ラグランジュポイント):

« 東日本大震災に思う”誰か- 各党とも強力な悪役はいませんかね”(国会議事堂/首都消失) | トップページ | ユニコーンガンダムって、”可能性の卵”なのかもしれない(機動戦士ガンダムUC/コロンブスの卵) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ