« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

資本主義社会で商い打ってる大人をなめるな!(シアター!2/新神戸駅)

 ども、本部予算編成担当のおぢさん、たいちろ~です。(これは本当)
 ちょうど今、2011年度の売上・受注計画をたてております(*1)。まあ各部門から上がってくる見込み数字と、天から降ってくるノルマのギャップがほえ~というぐらいあるので、各部門にはなんらかの計算式でどひゃっと積み増しをすることになります。
 受け取ったほうはうげっっとなって、”こんなもん、できるわけね~~だろ”と文句を言ってくるのをなだめすかして、押しつけるわけであります。


0104


写真はたいちろ~さんの撮影。新神戸駅です。


【本】シアター!2 (有川 浩 メディアワークス文庫)
 ”2年間で、劇団の収益から300万円を返せ。できない場合は劇団を潰せ!”
 劇団主宰の春川巧は、鉄血宰相こと兄の司が出した厳しい条件に向けがんばるが、劇場のことでもめて神戸に家出してしまう・・・
 有川浩の小説”シアター!”の続編。1巻目はこちらから。
【旅行】新神戸駅
 兵庫県神戸市中央区にある山陽新幹線、神戸市営地下鉄、北神急行電鉄の駅。
 近くには北野異人館通り、布引の滝、布引ハーブ園など、観光スポットが多数。私が結婚式をした新神戸オリエンタルホテル(現ANAクラウンプラザホテル神戸)もここにあります。


 まあ、売上を上げるためには当然買っていただくお客様がいるわけですが、値引き要請はあるわ、要求仕様の拡大があるわで現場の営業はたいへんです。

  

そんなにおっしゃるなら、貴方に買っていただかなくても結構です

 営業ならこんな啖呵を切ってみたいと夢見るものですが、実際に言ったらお出入り禁止間違いなしです(*2)。
 とはいうものの、やっぱり理不尽と感じるケースってのはありまして、そこで出てくるのが表題の春川司の一言。

  こっちゃ劇場をタダでかせとか言ってるわでじゃないだろうが!
  正規の手続きを踏んで正規の料金を払うっつってんのに
  なんでそこまで上からだ!
  金で賃貸借契約を結ぶ以上、貸し主と借り主は対等な契約者同士だ!
  金と物を交換する商取引でどっちが絶対的に偉いなんて法はない!
   (中略)
  表向きにしている手続き以外に訳の分からん裏ルールを作って弾くなんざ、
  客をバカにするにも程がある! そんな劇場こっちから願い下げだ!
   (中略)
  それとこれとは話が違う!
  こんなふざけた商売捨て置けるか!
  資本主義社会で商い打ってる大人をなめるな!
   (中略)
  大人を本気にさせたら何ができるか見せてやる!

 売ってナンボの営業の世界ですが、かといって言いなりに値引きをしていては利益がでません。良い意味でケンカをする必要があるわけです。
 そこで重要なのが”大人”ってこと。先を見越して、どこまでができてどこで引くかを考えるのが大人のケンカ。やみくもに自己主張をするだけってのは子供のケンカ。だから”大人を本気にさせたら何ができるか見せてやる!”って言ってる場合はだいたい何をするかがイメージ出来てるます(そうでない時もありますが)
 この手の人に軽々にケンカを売ると痛い目に合います。

 そういえば、同じ作者の”阪急電車(*3)”でも、婚約者を寝取られた翔子さんのケンカの売り方も大人。”女って怖わ~~~”と思っちゃいます。

 ”シアター!2”は、小劇団を舞台にした小説ですが演劇系にぜんぜん詳しくない私でも楽しめた小説です。”有川浩にはずれなし”です。ぜひご一読を!

PS.
 予算編成をしたのは私ですが、決めたのはもっと上の人です。だから私にケンカうらないでね・・・ (^^;)ゝ 

《脚注》
(*1)ちょうど今、2011年度の~
 5月27日に各部に通知しました。本来なら4月には完了している作業ですが、今年は東日本大震災で約1ケ月遅れであります。
 ちなみに、私の本部の1年分の売上金額は東京スカイツリーの総工費(約650億円)を上回っております。はぁ~~~~
(*2)お出入り禁止間違いなしです
 時代劇ががった言いまわしですが、実際にお出入り禁止になる営業ってのはいます。
 同じようなのに”取引停止”ってのがありますが、”お出入り禁止”は個人が対象、”取引停止”は会社が対象。どちらにしても、営業にとって死活問題になるのはかわりませんが・・・
(*3)阪急電車(有川 浩 幻冬舎文庫)
 関西のローカル線、阪急電車今津潜を舞台に繰り広げられる、オムニバス形式の短編小説。名作です。
 婚約者と寝取った後輩OLに出した婚約解消の条件は”二人の結婚式に呼ぶこと”。その方法は小説でお楽しみください。
 2011年に中谷美紀主演で映画化
 ちなみに、阪急電車には新神戸駅から地下鉄で三宮まで行けば乗れます。

今の若い人が聴いたら、ものすごい早婚だと思うんでしょうね(22才の別れ/花ろうそく)

 ども、結婚して22年になるおぢさん、たいちろ~です。
 先日、会社の男性Uさん(36才、独身)と結婚の話になりまして、なんでだか昔のフォークソング”22才の別れ”の話題が出ました。
 こっちは当たり前のように知ってるもんだと思ってましたが、意外にも”知りません”とのお返事。
 ということで、こんな曲です。

0379

写真はたいちろ~さんの撮影。福島県大内宿で見かけた花ロウソクです。


【CD】22才の別れ(風)
 ”かぐや姫(*1)”の伊勢正三と”猫(*2)”の大久保一久が結成したフォークグループ”風”のシングル。作詞・作曲は伊勢正三。おぢさん世代にはアコースティックギターの定番曲の一つです。1975年にリリースなので36才の人にとっては生まれたころの曲だもんなぁ。こっちは高校生だったのに・・・
 曲中の”そんなー”と、”気がして”の間に一呼吸おいてギターで”ちゃんちゃん”を入れるのが印象的です。
【花】花ろうそく
 四季の花を転写した絵ろうそくの一種。
 写真の6月のひめさゆり(姫小百合)は別名オトメユリ(乙女百合)、7月の立葵は”たちあおい”と読みます。
 ひめさゆりは日本特産のユリで、宮城県南部や飯豊連峰などにしか群生してないそうですが、立葵は1~3mぐらい真っ直ぐ伸びる茎に赤い大輪の花が6~8月ごろ咲きますので、けっこう街中でも見つけられます。


 まずは、お聞きください




 ところで、改めて聴くとこの曲に出てくる女性って、22才で彼氏と別れて別の男性と結婚するって内容なんですね。

  わたしには鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに
  わたしの目の前にあった幸せにすがりついてしまった

  わたしの誕生日に22本のローソクをたて
  ひとつひとつがみんな君の人生だねって言って
  17本目からは一緒に火をつけたのが、昨日のことのように
  今はただ、五年の月日がながすぎた春といえるだけです
  あなたの知らないところへ嫁いでゆくわたしにとって

 つまり、高校生に付き合い始めた二人が大学卒業の時に別れて女性が別の男と結婚するぐらいの時間感覚です(*3)。今の基準でいくと相当に早婚って感じでしょうか。
 男性にとっては22才の大学卒業時点で、生活力が低い入社早々に結婚とか言われても、なかなかふんぎりがつかない点が問題。実際に私の友人にも高校時代に付き合っていた彼女と結婚した人もいますが、結婚できたかどうかは卒業のあと数年待てるかどうかにかかってました。
 ただ、75年ごろでいうと女性にとって、これはかなり難しい選択肢です。
 1980年だと、24才までの女性の累積初婚率が48.9%、75年の平均初婚年齢(*4)が24.7才って時代ですから、女性にとって2~3年待たされた上にふられたら、かなりやばい状況。ましてや、女性は高卒や短大卒で大学卒の男性より一歩先に社会人になる人が多いわけで、生活力のある大人からアプローチされたら、”大学時代の彼とこのまま付き合っていていいのかしら”と不安になるのも、まあわからなくはない状況ではあります。

 こういった時代背景がわかってこの曲を聴くと、女性側がムチャぶりをしているってわけではないんですが、まあ、男性にとってはきつい時代ではありました。
 実際のとこ、私が高校の時に付き合っていた彼女も、短大を卒業して22才で結婚しましたし・・・

 この曲には”風”のオリジナルの他に中森明菜(*5)のカバーバージョンってのがあります。




 オリジナルは”貴方と別れて違う男性と結婚してごめんなさい”っていう感じですが、中森明菜の低音でカバーすると”私と結婚してくれないから、他の男と結婚することになったじゃない。どうしてくれるのよ!”っていう恨み節っぽく聞こえます。
 同じ曲でも、これだけ違うってのも意外。

 まあ、結婚に関して言えば当時よりのんびりと構えられているという点では良い時代かもしれませんが、ロウソクみたいにじっと見てると長さがかわんないけど、いつのまにか短くなってるってこともあります。
 わかってますか、Uさん!

  ※すいません、今回はセクハラっぽい内容でした m(_ _;)m

《脚注》
(*1)かぐや姫
 1970年代に活躍した南こうせつ、伊勢正三、山田パンダによるフォークグループ。”神田川”、”赤ちょうちん”、”妹”など名曲が多数。”時をかける少女(2010年度版)”の中で銭湯帰りのカップルに仲里依紗が”リアル神田川!”といってるのがこれです。
(*2)猫
 1970年代に活躍したフォークグループ。代表曲は”雪”、”地下鉄にのって”など。このグループの紹介が”ニューミュージック”の語源になったとの説があるそうです。
(*3)大学卒業に合わせて結婚するぐらいの~
 もっとも、1975年の女性の短期大学進学率は20.2%(2010年 10.8%)年、大学は12.7%(同 45.2%)、男性の大学進学率は41.0%(同 56.4%)なので、短大進学や高校卒業して就職するほうが女性にとっては多数派
(*4)平均初婚年齢
 実はこの数字がかなりくせものです。かつては平均初婚年齢をピークにかなり尖った山を描いてます(最近はかなりなだらかな山)。つまり、現在だと平均初婚年齢をかなり超えても結婚してない人が相当数いるのに比べ、当時はこれを超えると急速に未婚者が少なくなるということになります。

Photo グラフは”平成20年版 少子化社会白書”より
(*5)中森明菜
 1982年にデビューしたアイドル歌手。代表曲は”スローモーション”や”少女A"、”飾りじゃないのよ涙は”など。
 最近では”CR中森明菜 歌姫伝説”としてパチンコ屋さんの看板で見かけますが、誰の趣味なんだ???

東日本大震災に思う”国民の理解なんか得なくていいから、やるべきことをちゃっちゃとやるべきだと思うんだが・・・”(復活の地/ハナズオウ)

 ども、宮城県民のおぢさん、たいちろ~です(これは本当)。
 東日本大震災から、早くも2ケ月経ちました。
 世の中の関心がだんだん復興に移っていく中、出てきているのがやはりお金の話。復興の資金の話やら、東京電力の保障問題とか難しい問題山積みであいかわらず右往左往といった感じです。
 で、以前これに似たような話を読んだ気がするなぁということで、今回ご紹介するのはSFというよりポリティカルフィクション(*1)の”復活の地”であります。


0426
写真はたいちろ~さんの撮影。近所のハナズオウです。


【本】復活の地(小川 一水 ハヤカワ文庫)
 帝都トレンカを襲った大地震は、一瞬にして市民数十万の生命を奪った。植民地総督府参事のセイオ・ランカベリーは、レンカ帝国 復興院総裁として政府との軋轢の中、帝都復興を進める。その時、再度の震災が再び帝都を襲うとの情報が・・・
【花】ハナズオウ(花蘇芳)
 中国原産のジャケツイバラ科の落葉低木。春に蘇芳色(黒味を帯びた色)の花が咲きます。イスカリオテのユダ(*2)がこの木で首を吊ったという伝説から”ユダの木”とも呼ばれてるそうです。
 花言葉は”裏切り、疑惑、不信”など。


 思うんですが、最近の政治家って人気というかなんというか、国民の目を気にしすぎじゃないかと。そりゃ落選すればただの人ですが(*3)、万人に喜ばれるような政策なんかありゃしないんだから、多少強引でも良い意味で”悪役”を買って出るような政治家ってのがいるんでしょうかね(この辺は”首都消失”の時にも書きましたが)

 民主主義の世の中なので、なんでもやっていいとは言いませんが”民意”にばかりおもねってると最悪の結果を招きかねません
 ”復活の地”の中で、再度の災害に対応するやり方の会話からちょっと長いけど引用を

 セイオ:首相はこの件を公表しない。抜本的な対策もとらない。
     だが、その日が来るにつれて信じはする。そして土壇場になってから、
     極めてまずいやり方でこれをきりぬけようとするだろう。
 サルカンド:なぜそう思うんです?
 セイオ:彼は民意とともに動くからだ。
     彼が民意を誘導し、それによって醸成された世論に乗るという循環的な形だが
     とにかく彼は民意の意に反した行動はとらない。

     (中略)
     最後の時になれば、その力と意思のある者だけが帝都から脱出し、
     残された者は自分だけは助かるようにと神に祈りながら
     破滅に吞みこまれるだろう
     (中略)
 ベレルクス:そんなお粗末な最後を、サイテン(政府首相)が
     甘んじて受け入れるというのか
 セイオ:奴が第一次震災の時の後にやったことを思い出せ
 ベレルクス:・・・どんなことだ?
 セイオ:何もしなかった

 実はこの前、知人の家の片づけの手伝いで石巻市の被災地に行ってきました。まだがれきの残っている中、驚いたのは、壁ごと壊れた家とかなり無事であった家がすぐ近くに混在していること。行政としては、復興や今後の災害対策を考えれば”区画”として取り扱うことにならざるを得ないんでしょうが、取り壊して更地にせざるを得ない人と、多少修理すれば住み続けられる人が同じ場所にいて”民意だから”と一人一人の意見を聞いてたらお金も時間もいくらあっても足んないでしょう
 本書の中でも、土地の強制収用のエピソードで

  これはもう災害だ、法災だ。震災よりひどい!

 ってな意見が書かれていますが、まあ何やったって何か言われるんだから”金融機関の債権放棄なしで東京電力の支援の国民理解が得られない(*4)”とか気にしてないで、中長期的観点からやるべきことをちゃっちゃとやった方がいいんじゃないかねぇ。

 ユダだって、キリストから

しようとしていることを、今すぐ、しなさい(*5)

 と言われてるんだし。

 ”復活の地”は政治家、官僚の人を始め多くの人に読んどいて欲しい本。震災対応に当たって出てくる課題への心構えになります。

《脚注》
(*1)ポリティカルフィクション(political fiction)
 いろいろな状況(災害など)に対し社会・政治的な側面に重きを置いて書かれた小説。小松左京の”日本沈没”のようなSF色の強いものや、戦争(内乱)を扱った福井晴敏の”亡国のイージス”など。
(*2)イスカリオテのユダ
 イエス・キリストを裏切ったことから、”裏切り者”の代名詞として扱われることが多いですが、イエスへのアンチテーゼを体現する役回りの人でもあります。
 萩尾望都のSFマンガ”百億の昼と千億の夜”(原作 光瀬龍)なんかがお勧め。
(*3)落選すればただの人ですが
  「猿は木から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればただの人だ」
 元自民党副総裁の”大野伴睦”の言葉。
(*4)金融機関の債権放棄なしで~
 枝野官房長官は5月13日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所事故の賠償の枠組みについて、公的資金注入は「(銀行から)債権放棄がなされない場合でも国民の理解を得られると思うか」との問いに対して、「国民の理解の得られるかといったら、得られることはないだろう」と回答。その上で、金融機関の一部債権放棄などがなければ賠償枠組みの見直しもあり得るとの考えを示唆した。
(*5)しようとしていることを、今すぐ、しなさい
   イエスは「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人(裏切り者)だ」と答えられた。それから、パン切れを浸して取り、ユダにお与えになった。ユダがパン切れを受け取ると、サタンが彼の中に入った。そこでイエスは、「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」と彼に言われた。
 最後の晩餐 ヨハネによる福音書 第13章24~27節より

ユニコーンガンダムって、”可能性の卵”なのかもしれない(機動戦士ガンダムUC/コロンブスの卵)

 ども、オールドタイプのガンダムファンのおぢさんたいちろ~です。
 最近、読んだ小説とかを東日本大震災と結びつけて考えることが多いです。こんな時なのでまあしょうがないですが、やはり読書とかは純粋に楽しみたいもの。ということで今回は楽しむための読書しましょうと。では、前回に引き続き”機動戦士ガンダムUC”のご紹介であります。

Tamago

写真はたいちろ~さんの撮影。”コロンブスの卵”で有名な立っている卵です。


【本】機動戦士ガンダムUC((福井 晴敏 角川コミックス・エース)
 宇宙世紀0096年。アナハイム工専に通う少年”バナージ・リンクス”は、謎の少女”オードリー・バーン”に出会う。その出会いは彼を頭部に1本の角をもつモビルスーツ”ユニコーンガンダム”のパイロットとして、「それが開かれる時には連邦政府が滅びる」と言われる「ラプラスの箱」をめぐる抗争に巻き込でいく・・・
【動物】コロンブスの卵
 「誰でも出来る事でも、最初に実行するのは難しい」、「逆転の発想」という意味の故事。
 コロンブスが人々に”卵を机に立てる”という問題を出しましたがだれも解答できませんでした。実際にやってみせたコロンブスに人々からの「そんな方法なら誰でも出来る」と反論したのに対して、「人のした後では造作もないことだ」と切り返したことから。
 (トリックの方法は一番最後に)


 50歳過ぎのおぢさんが”いまさらガンダムかよ!”と思われるかもしれませんが、ファーストガンダム(*1)放映時は高校生ですから、まあ”青春時代のアニメ”なんですね。”ニュータイプがど~の”とか、”人の革新がこ~の”とやってたんですから、今の若い人とやってることは変わりません。そういった意味では人が革新してるというより、”歴史は繰り返す(*2)”といったほうが言いのかも。

 さて、”機動戦士ガンダムUC”ですが、広げに広げまくった各種設定をみごとに整合性を持ってまとめた構成力、10冊にもなる長編小説ながら一気読みさせる筆力はさすが福井晴敏(*3)だけのことはあります。
 この中で今回キーデバイスになるのが”サイコフレーム(*4)”という素材。おぢさん世代には”逆襲のシャア(*5)”に登場するアムロ・レイの”νガンダム”vs シャア・アズナブル総帥の赤いモビルスーツ”サザビー”を思い出す因縁の技術です。
 ただ、”逆襲のシャア”でのサイコフレームってのが、何の説明もなくνガンダムを包んだ光がアクシズ(*6)の軌道を変えるという扱いだったので

  

うわ~、ご都合主義!!!

 という印象でありました。
 今回の小説版では、動作原理は不明としながらも一応の説明がされていて、なんとなく納得させられてるのは、やはりストーリーテリングの上手さでしょうかね。他にも、対立する地球連邦軍とネオ・ジオン軍になぜ同じようなモビルスーツが配備されたのかとか、亡国の民であるジオンがなぜああも何回も戦争行為ができたのかの理屈付けとかはたいしたものです。

 あと、ユニコーンガンダムのデザインですが、ふと思ったんですがこれは”卵”がモチーフではないかと。およそ有視界戦闘を基本とするモビルスーツ戦において(*7)、ああも真っ白ってのはどうかと思いますが、表面が分離していくところを”可能性を秘めた卵の孵化”をイメージしているとしたら、けっこう面白い表現ではあります。
 コロンブスの卵が”最初に実行するのは難しいが、やり方さえわかれば誰にでもできる”ように、ニュータイプも”最初の可能性を実証するのは難しいが、宇宙に出た人は皆ニュータイプになれる可能性を秘めている”といったアナロジーと思うのは理屈に縛られているオールドタイプの感性なんでしょうかねぇ・・・

 お話としては、宝探しあり~の、ロミオとジュリエットあり~の、貴種流離譚あり~のと、あんましネタバレできませんが掛け値なく面白いです。今年度前半で読んだ本としては一押しの一つです。

ps.
 オールドタイプのファンから見ると、サイコフレームが人の思念を吸収するとか、エネルギーをが無尽蔵に発生させるとか、”イデオン(*8)”へ繋がる壮大な序曲って気もするんですが・・・
 福井晴敏も”イデオン”好きみたいだし。

《脚注》
(*1)ファーストガンダム
 1979年から放送されたガンダムシリーズの第一作”機動戦士ガンダム”のこと。おぢさん世代にとって”ガンダム”といえば、やっぱりコレですぜ!
(*2)歴史は繰り返す
 同義語としては”近頃の若いモンは・・・
 いつの時代でも言われる言葉であります。
(*3)福井晴敏
 ”亡国のイージス”、”終戦のローレライ(映画”ローレライ”の原作)”、”戦国自衛隊1549”などの作者としても有名ですが、”∀ガンダム”のノベライゼーションである”改題 月に繭 地には果実”の作者でもあります。年代順に並べると、前記3作よりも、こっちが先。
(*4)サイコフレーム
 サイコミュの基礎機能を持つコンピューター・チップを、金属粒子レベルで鋳込んだもの。現在のコンピュータでも、集積回路の立体構造(多層化)による集積度の向上は原理的には可能。だとすると、ユニコーンガンダムはモビルスーツではなく”動くスーパーコンピュータ”みたいなもんでしょうか。
(*5)逆襲のシャア
 正式名称は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。1988年に劇場公開されたファーストガンダムシリーズの完結編(当時)。
 大人のシャア(モテモテ)総帥と、ブライト(中年お父さん)ノア艦長が魅力です。
(*6)アクシズ
 ガンダムシリーズに登場する小惑星を改造した宇宙基地。
 設定上は移動するのに4基の核パルス・エンジンが必要という巨大さなので、モビルスーツのバーニアで落下を阻止しようとするの相当ムリが・・・
(*7)およそ有視界戦闘を基本とする~
 ミノフスキー粒子によりレーダが無力化されているってのがお約束の世界なので、漆黒の宇宙で目立ちやすい白ってのはどうなんでしょうか? 本来なら真っ黒に塗る方が見つからなくて有利だと思うんですが。
(*8)イデオン
 1980年テレビアニメ”伝説巨神イデオン”のこと。監督はガンダムと同じ富野喜幸(現・由悠季)。
 伝説の無限エネルギー”イデ”は第6文明人の数十億の意識を集めたものという設定で、このイデで作られた第6文明人の遺跡の巨大人型メカ”イデオン”は発動条件がよくわからないながら、惑星を真っ二つにする無限力を発揮するなど、なんとなくユニコーンガンダムの進化系を思わせるところがあります。

※コロンブスの卵のトリック
 コロンブスのトリックは、軽く卵の先を割ってから机に立ててみせるというやり方。もっともこのエピソード自体は後世の創作らしいです。
 私のやったのは机の上に塩を一つまみ置いて、その上に卵を乗せてから塩を息で吹き飛ばすというもの(何回かやれば僅かな塩の残りで立っているように見えます)
 ちなみに、卵の表面も僅かながら凹凸があるので根気よくやればトリックなしで立てることは可能なのだそうです。やったことないけど。

東日本大震災に思う ”その場にある者の、責任と義務”(機動戦士ガンダムUC/ラグランジュポイント)

 ども、仙台在住のおぢさんたいちろ~です。
 ゴールデンウィークなので単身赴任先の東京から、東日本大震災後に初めて帰省しました。家は比較的無事だった場所にありますが、やはり近所を車で走ると、地面の陥没や大きなひび割れの入ったビルがあり、地震の大きさが感じられます。
 さて、東京側で震災対策本部のような仕事をしていた関係で、初動の復旧に携わった人と話をする機会がありました。そこで感じたのは仕事を超える頑張りで仕事をしてたんだなということです。


704pxlagrange_points2svg
写真はWikipediaより。L1~L5と記載されているところがラグランジュポイント。


【本】機動戦士ガンダムUC(福井 晴敏 角川コミックス・エース)
 宇宙世紀0096年。アナハイム工専に通う少年”バナージ・リンクス”は、”オードリー・バーン”こと、ザビ家の末裔”ミネバ・ラオ・ザビ(*1)”と出会う。バナージは「それが開かれる時には連邦政府が滅びる」と言われる「ラプラスの箱」をめぐる抗争に巻き込まれていく。もう1体のガンダムのパイロット”リディ・マーセナス少尉”、”シャアの再来(*2)”と言われる”フル・フロンタル大佐”との戦いの中、頭部に1本の角をもつ、白亜のモビルスーツ”ユニコーンガンダム”パイロットとしてニュータイプへと覚醒していく・・・
【自然】ラグランジュポイント
 宇宙空間で、大質量の2つの星と、この2つと比べて質量が小さな物体があるとき、重力場が遠心力と釣り合っている場所にこの小さな物体を置くと、2つの星に対して相対的に不動のままでいることができます。この場所を”ラグランジュポイント”といって5つ存在します。
 ガンダムワールドにおいては、スペースコロニー(*3)を設置される場所になっています。


 今回の震災でよく聞かれるようになったのが”現場力”という言葉。今回の大震災の特徴の一つに”通信の大規模、長期間の途絶(*4)”というのがあります。東京本社からの状況確認や指示などが十分に機能していない中、初期動作を支えたのが現場の人の頑張り。後から聞いた話ですが、連絡ができない、食糧の不足、電力不足による空調能力の低下、、水道が止まってトイレも不自由といった中、業務を継続するのに踏ん張っていたとのこと。中には、出張で東北に行っていて、そのまま現地で復旧に当たっていた人もおりました。
 思うに、この人達は”仕事だからやらないといけない”っていうより、”この場にいるオレたちがやらないといけない”っていう想いがあったんじゃないかと。でなければ、ここまで頑張れると思えないことがいっぱいあります。たまたまその場所にいたという”この場”、指示を与え、自ら動くという立場としての”この場”で、自分達が最善と思う動きをすることで、最悪の状態の中でもやっていけたんではないかと。

 確かに、警察官、消防士など”仕事”に対する職業的倫理観(*5)が格段に違う人たちもいますが、一般の人がすべてこういうレベルを期待するのは難しいこと。でも、今回の人達の動きを見ていると、それに近いものすら感じます。

 表題の”その場にあるものの、責任と義務”は機動戦士ガンダムUC(4巻)の中から。

  ミネバ:どちらにせよ、私は政治と無関係にはいられない。
      また、同じ過ちがくり返えされようとしているなら、
      命に代えても止める義務と責任がある

       (中略)
  リディ:義務と責任・・・。その場にある者としての、か

 16歳の少女の発言とは思えない重さですが、その場に立たされれば、自覚的か無自覚かにかかわらず”義務と責任”のある行動を取れるように人間はできているのかもしれません。

 誤解の無いように付け加えますと”だから何かしよう”と言ってるわけではありません。その場からとっとと逃げ出すのも”義務と責任”の果たし方の一つです。その場所にいるだけで食糧、水、トイレまで環境に負荷をかける事になるので、逃げ出せる場所があるならそこに行くのも全体から見れば大切なことです。

 ところで、上記のラグランジュポイントですが、内向き方向に安定、外向き方向に不安定に向かっていくことを表わしています。その場にいる人も同じで、集まるベクトルと離れていくベクトルが存在するってこと。ごちゃごちゃ考えるよりそれに従うぐらいと割り切ったほうが、自然の摂理にかなっているのかもしれません。

 大震災からもうすぐ2ケ月になりますが、まだまだやることはたくさんありそうです。でも、だんだん”この場”が変化してきています。新しい場でそれぞれの人が為すべきと思ったことを為すことが最善への道へ繋がるのだと思います。

《脚注》
(*1)ミネバ・ラオ・ザビ
 ジオン公国軍ドズル・ザビ中将を父に、ゼナを母に持つザビ家の中で唯一の生き残り。どう見ても母親似
(*2)シャアの再来
 ファーストガンダムに連なるシリーズに登場するライバルキャラ。アニメ史上最も多くの名言をのたまわった人。中年のおじさんが気の利いたことを言ってたらこの人のセリフのパクリだと思っても過言ではない
(*3)スペースコロニー
 プリンストン大学のジェラルド・オニール教授らによって提唱された、宇宙空間に作られた人工の居住地。
 いくつかのタイプがあり、ガンダムの舞台となるのは島3号(Island Three)と呼ばれる大型(直径6km、長さ30km)のシリンダー型、ガンダムUCの冒頭に出てくる”ラプラス”はスタンフォード・トーラス(Stanford torus)という小型(直径1.6km)のドーナッツ型。
 今やSFの定番ですが、ガンダムで初登場した時は、けっこう驚いた中年の人は多いはず。
(*4)通信の大規模、長期間の途絶
 岩手・宮城内陸地震(2008年 6月14日発生)の時も、本社側で情報収集・連絡をやっていたんですが、この時は発生直後でも主要な場所には連絡が取れました。
 今回の震災では2~3日も連絡が取れないところもあり、かなり心配したものです。
(*5)”仕事”に対する職業的倫理観
 私の義理の兄が消防署に勤めていて、阪神大震災の時は被災した家族を置いて出勤していました。”仕事だから”と言うのは簡単ですが、いざ自分が同じ立場に置かれたら同じようにできるかどうかはあまり自信がありません。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ