« 世の中には知るべきでないこともあるのですよ、知ってても何の役にも立たない知識もあるけど・・・前編(ダンタリアンの書架/サボテンの花) | トップページ | 情報統合思念体がオーバーマインドなら、長門有希はオーバーロードでせうか?(幼年期の終わり/君子蘭) »

ドーナッツって、意外とハードSFっぽい形をしてるんだ(エンゼルフレンチ/ミスタードーナツ)

 ども、無限に広がる大宇宙に想いをはせるおぢさん、たいちろ~です。
 1月23日の新聞で、宇宙搬送機”H2B”(*1)の打ち上げが成功したとのニュースがありました。10年度には、”はやぶさ”の小惑星イトカワからのサンプル採集とか、金星探査機”あかつき”の金星周回軌道への失敗と再投入へのチャレンジなど、宇宙の話題がここのところ目白押しです。
 で、宇宙を旅するのに問題になるのが距離と時間。”はやぶさ”の航行時間は約7年1ヶ月だし、”あかつき”の再突入は6年後とか(*2)。いかに引きこもり体質でも耐えれる人間はそうそういそうにありません
 これを人工知能ならやらそうという発想があっても不思議ではないということで、今回ご紹介する”エンゼルフレンチ”であります。
 注:ネタバレありますので、本書を読んでからこのブログを読まれることをお勧めします。


0489 0492


写真はたいちろ~さんの撮影。ミスタードーナツの”エンゼルフレンチ”です。


【本】エンゼルフレンチ(藤田雅矢、河出書房新社)
 工学部院生のダイチは”自分の脳の情報を探査機の人工知能に転写し、深宇宙に飛ばす”計画に参画することを、ミスタードーナッツで彼女のすばるに打ち明ける。
 エンゼルフレンチを食べながらその話を聞いたすばるのその後の行動は・・・
 大森望編集のSFアンソロジー”NOVA 1”に収録。
【グルメ】ミスタードーナツのエンゼルフレンチ
 ホイップクリームをサンドし、なめらかなチョコレートでコーティングした”ミスタードーナツ”のリング型ドーナツ(*3)。
 写真を見ていただくとわかりますが、なかなか美しい形をしています


 あらすじを簡単に書くと、ダイチが自分の情報を人工知能に転写したあと、人間の”ダイチ”は飛行機事故で死んでしまう。で、人工知能の”ダイチ”のほうは、ボイジャー3号として木星探査の後、有意な電波の観測されたくじら座タウに向かって飛び続ける。その時間30万年。
 一方、すばるは天文学者になって、人工知能の”ダイチ”からのメッセージを受け続けるんですが、その後すばるも探査機の人工知能に脳の情報を転写して、くじら座タウの情報から得られたワームホール技術によりタウに向かって飛びたつ。

 あらすじだけ読むと、かなりハードSFっぽいし実際そうなんですが、読んだ感じはかなり抒情的な内容。
 イントロのダイチ(人間)と、すばる(人間)のデートでの会話もハードSFっぽい内容なのになんとなくほんわかしているし、天文学者になっているすばるに呼び掛けるダイチ(人工知能)の”ありがとう、すばる”の一言も良い。
 それと、ダイチ(人工知能)と、すばる(人工知能)の会話。時間を超えて電波を送る方法が思いつきそうだというダイチの話で

  ダイチ:すばるのことを思い出したら考え付いたんだ。
  すばる:なに、わたしのことって
  ダイチ:ほら、すばるはミスタードーナツでいつもエンゼルフレンチを食べていただろう
  すばる:ええ。
  ダイチ:エンゼルフレンチっていうのは、ドーナツ型をした円環構造とともに、
      チョコレートのところが非対称なんだ
  すばる:それで、?
  ダイチ:わからないかな。それがヒントになった。

 とっても科学的な話題なのに、日常生活の何げない風景を切り取ったような会話のギャップが面白いです。上は人工知能同士の会話なんですが、仲の良い恋人同士のようなほんわりした感じがSFっぽさを感じさせません。

 そういえばトーラス構造って、荷電粒子を加速する加速器(サイクロトロン)とか、2001年宇宙の旅に出てくる宇宙ステーションとか、スペースコロニーのスタンフォード・トーラス型(アイランド2)とか、スターゲイトとか結構SFと相性よさそうだもんなぁ。
 それに加えてエンゼルフレンチはあのライフリングのようなねじれた山型とか、チョコレートの生み出す非対称性が、歪みによる”何か”を生み出しそうとか、微妙にSFマインドをくすぐるんだよな~

 この本を読んで、さっそく近所のミスドまでエンゼルフレンチ買いに行きました。

 ”エンゼルフレンチ”は20ページほどの掌編ながら、2冊読んだ”NOVA”の中では最もお気に入り。まったりドーナツでも食べながらご一読ください。

《脚注》
(*1)宇宙搬送機”H2B”
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が共同開発したロケット。
 全長 56.6mは東京ディズニーランドのシンデレラ城(51m、ただし視覚的には実物より大きく見える)よりやや高いぐらい。
 ブースター4基の推力で最大8,000kgの重量を静止移行軌道に乗せることが可能。
(*2)”はやぶさ”の航行時間は約7年1ヶ月だし~
 ”はやぶさ”の打ち上げは2003年5月9日、大気圏再突入が2010年6月13日。”あかつき”は2010年5月21日の打ち上げ、金星到着は同12月7日、再度の接近は2016年12月と17年1月。
(*3)リング型ドーナツ
 ドーナツ(donut)は、ドウ(小麦粉の生地)を油で揚げたお菓子のことで、必ずしもリング状(トーラス)とは限らないみたいです。
 ちなみに、”ミスタードーナツ”はCMを見てると”ドーナッツ”に聞こえますが社名は”ミスタードーナツ”が正しいです。このブログを書くのに調べるまで勘違いしてました。

« 世の中には知るべきでないこともあるのですよ、知ってても何の役にも立たない知識もあるけど・・・前編(ダンタリアンの書架/サボテンの花) | トップページ | 情報統合思念体がオーバーマインドなら、長門有希はオーバーロードでせうか?(幼年期の終わり/君子蘭) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/50665797

この記事へのトラックバック一覧です: ドーナッツって、意外とハードSFっぽい形をしてるんだ(エンゼルフレンチ/ミスタードーナツ):

« 世の中には知るべきでないこともあるのですよ、知ってても何の役にも立たない知識もあるけど・・・前編(ダンタリアンの書架/サボテンの花) | トップページ | 情報統合思念体がオーバーマインドなら、長門有希はオーバーロードでせうか?(幼年期の終わり/君子蘭) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ