« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年5月16日 - 2010年5月22日

世界征服ってのは意外と報われないもんらしいです(「世界征服」は可能か?/六本木ヒルズ)

 ども、”愚民ども、我の前にひざまずけ”のおぢさん、たいちろ~です。
 以前、六本木ヒルズで開催されたセミナーに行きました。休憩時間にタバコを吸いながら、
  見ろ、人がごみのようだ(*1)
 なんかつぶやいていると、世界征服をしたような気になります(*2)。勘違いっちゃ勘違いなんですが、それなりにハイな気分には浸れます。
 ということで、今回ご紹介するのはオタキング、岡田斗司夫の”「世界征服」は可能か?”であります。

六本木ヒルズ・52階その2
六本木ヒルズ・52階その2 posted by (C)itokoichi

写真はフォト蔵から。六本木ヒルズ52階から眼下を見下ろした写真。
こんなブログを書くことになるなら、自分でも写真とっとけば良かった・・・


【本】「世界征服」は可能か?(岡田 斗司夫 ちくまプリマー新書)
 男と生まれたからには、一度は夢見る”世界征服”。では、何のために世界征服をするのか? 世界征服は実現可能か? という根源的な理由をアニメ、マンガ、特撮から紐解いた書。
【旅行】六本木ヒルズ
 日本の不動産王”森泰吉郎”が創業した”森ビル”が再開発した複合施設。上記のセミナーは超高層ビル”六本木ヒルズ森タワー”で開催されました。
 単独で立っているビルなので、とても見晴らしが良いです。


 本書で開設されている世界征服の手順としては
  1)目的設定 : 実現する目的の明確化
  2)人材確保 : 目的を同じくする人材の調達と組織化
  3)資金調達と設備投資 : 資金確保と秘密基地作り
  4)作戦と武装 : 実行計画の策定と実行手段の確保
  5)部下の管理と粛清 : 人事政策
  6)世界征服とその後 : 体制の定着化
 が上げられています。”:”の左側が本書の記載ですが、内容を右側のように読み替えると、あることが見えてきます。つまり、世界征服のプロセスというのは会社なんかで言うところの”マネジメント(*3)”なんですね。

 特に重要なのは”なぜ世界征服を行うか?”、つまり目的の明確化です。会社なんかの場合だと”当社の提供するソリューションを通じて、お客様の成長と社会への貢献、それを通じて会社の継続的な成長”云々のきれいごとが通じますが、世界征服を企む悪の組織としてはそうはいきません。本書では例として

 ・人類の絶滅  : 地球への移住を意図する宇宙戦艦ヤマトの”ガミラス人”
 ・お金が欲しい : 非合法な手段で富を集める初期007の悪役”スペクター”
 ・支配されそうだから逆に支配する :機動戦士ガンダムの”ジオン公国”
 ・悪を広める  : 自分の信念に忠実なドラゴンボールの”ピッコロ大魔王”
 ・目的が不明  : 仮面ライダーの悪の秘密結社”ショッカー”(*4)

なんてのを上げています。

 あと、私のほうで追加するなら、”地位復権のため”。まあ、地位を取り戻した後に何をするかという別の目的があるので、”中間目標”といってもいいかもしれません。意外なことに世界征服を実現しているのこのパターンでもあります。代表例としては、

悪魔神サタン
 永井豪の傑作マンガ”デビルマン”に登場する神。神々との戦いに勝利し、次なる戦いのために冬眠についている間に勝手に地球を占拠した人類を滅亡させます。まあ、サタンからしてみると、寝てる間に自宅に繁殖していたゴキブリを駆除するようなもの。
 目的は、神々との戦いに勝利することなので、邪魔者を片付けるのは中間目標ではあります。

アルカンフェル
 高屋良樹の長編マンガ”強殖装甲ガイバー”に登場する秘密結社”クロノス”の長。おそらく、もっともスマートに世界征服を成し遂げた人です(*5)。
 最終目的は自らの軍団を率いて、”降臨者(ウラヌス)”に戦いを挑む事。

 どうも、このパターンは世界征服が成功しないと次の段階に行かないというドラマ的な都合もあるんでしょうか、根底には”貴種流離譚(*6)”といったところにロマンを感じるのかも。

 ところで、現実社会で一番ありがちなのがこれ。世界征服までいかなくても、国のトップに返り咲こうとするパターン。物語なら”めでたし、めでたし”もありですが、現実では、それが幸福(誰にとって?)になるかはまた別。正義と悪という二項対立が成り立つほど現実は簡単ではなく、複雑に絡み合ったステークホルダーの利益調整が政治の役割なら、だれがやってもどっかに不満は出てきます。本書でも”征服者の欲望の充足”の観点で考えると、世界征服は苦労の割には報われないもんだといってます。ま、紆余曲折の末に日本のトップに立った鳩山総理を見てると判らんでもないですが。

 フィクションであれば笑ってみてられますが、タイの混乱を見ていると(*7)いろいろ考えてしまう今日このごろであります。

《脚注》
(*1)見ろ、人がごみのようだ
 宮崎駿の”天空の城ラピュタ”に登場する世界征服を企む”ムスカ”の名セリフ。本名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタとラピュタ王家の末裔。
 声を担当するのは、仮面ライダーWで秘密結社“ミュージアム”の長、園咲 琉兵衛を演じる寺田農。
(*2)世界征服をしたような気になります
 勝ち組の代名詞だった”ヒルズ族”ですが、ライブドアの堀江貴文や、村上ファンドの村上世彰、グッドウィル・グループの折口雅博と、成功の後にずっこける人が多いのはこの勘違いのせいかもしれません。
(*3)マネジメント
 マネジメントにご興味のある方は”もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら”なんかが入門書としてはお勧め。こちらのブログもどうぞ。
(*4)悪の秘密結社”ショッカー”
 悪の秘密結社の代名詞のようなショッカーですが、確かに言われてみると何のために世界征服をするのかはわかりません。まあ、それはそれで納得して見ていられた時代というのは、シンプルな世界観ではあったんでしょうが。
(*5)もっともスマートに世界征服を成し遂げた人です
 力押しというより、自分の部下を各国に潜入させクーデターに近い形で政権を奪取しています。また、全体としては民生面を含む政権維持がわりと上手くいっている例でもあります。
(*6)”貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)
 日本の民俗学の泰斗、折口信夫が日本の物語文学の原型として論じた概念。
 「高貴な生まれの、弱く、力ない人間が、遠い地をさすらう苦悩を経験する」(Wikipediaより抜粋)というもの。世界征服ではないですが、ディズニーの”美女と野獣”や、”かぐや姫”なんかもこの系統です。
 上記の例でいうとサタンは神様だし、アルカンフェルは司令官(王)として調整された人です。
(*7)タイの混乱を見ていると
 タイ王国の第31代首相タクシンは、クーデターにより首相の地位を追われましたが、タクシン元首相派勢力が暴徒化しバンコクなどが大混乱しました。とりあえずは正常化しつつあるようですが、まだまだ予断を許さない状況みたいです(2010.5.22)。

なんで女子高生がこんなイラストが好きだったんだろう?(千夜一夜物語/ジャスミン)

 ども、春の香りを楽しむおぢさん、たいちろ~です。
 近所にジャスミンの花が咲きました。小さくて白い花が群がって咲くのがとっとも可憐です。なにより甘い香りが特徴で、この季節なら離れていてもすぐ気がつきます。ジャスミンティー(*1)と言えばおわかりになるかと。
 ところで、ジャスミンはその可憐さのせいか、女性の名前としてもよく使われます。その代表例がディズニーの”アラジン”に登場するヒロインの”ジャスミン”。ということで、今回ご紹介するのは”千夜一夜物語”であります。
 あっ、デカレンジャー(*2)でも良かったかも・・・

0381_2
写真はたいちろ~さんの撮影。近所のジャスミンです。

【本】古沢岩美画集 千夜一夜物語(ノーベル出版)
 日本の画家(1912~2000年)。
 裸婦像や超現実主義絵画を残した人ですが、私が知っているのは”千夜一夜物語”のイラストの人です。
【花】ジャスミン
 モクセイ科ソケイ属の植物の総称。漢字では茉莉(まつり、まり)茉莉花(まつりか、まりか)。原産地はアジアからアフリカの熱帯あるいは亜熱帯地方。ジャスミンの語源はペルシャ語に由来するそうなので、”アラジン”に使われるのはたぶん正解です。

 素直に、ディズニーの”アラジン”をやればいいんでしょうが、山ちゃんのはっちゃけたジニー以外に印象がないので(*3)、ちょっとひねって原作版のほうから。
 でも、”千夜一夜物語”の原作って、シェヘラザードが1001夜に渡って物語するのでかなりの超大作。文庫版で10巻以上が当たり前のボリュームです。
 実は、原作の”千夜一夜物語”って読んだ事なかったりします。特に”バートン版 千夜一夜物語”(大場正史訳)ってのが大人向けっぽくって。絵が古沢岩美という画家の人。実にセクシーというか色っぽいというか・・・

 今回ご紹介するのは”古沢岩美画集 千夜一夜物語”なんですが、意外なことにあとがきをみると、この本までは主人公のイラストはみんな西洋人だったそうです。古沢岩美はこれを東洋人にして、”イスラムの世界を象徴するモスク、コーランの甲高い祈りの声まで絵の中に閉じ込めてみたかった”とのこと(あとがきより抜粋)
 そうすると、実にセクシーで、退廃的で、享楽的で、残酷な作品になります。たとえばこんな感じ。

0386_2 0387_2

左は”ハルン・アル・ラシッド教主とオマンの商人アブ・ハサンの話”(ちくま文庫版11巻の表紙)、右は”少女と父”(ちくま文庫版9巻の表紙)


 有名な話の船乗りシンドバットや、今回のアラジンにしてもけっこうえぐいイラストになります。

0392_3 0384_2

左は”アラジンまたは不思議なランプ”、右は”船乗りシンドバットと軽子のシンドバッド”


 ディズニー版に出て来るランプの精”ジニー”は歌って踊れるゆかいなおっさんというイメージがありますが、古沢岩美版だと、夢に出てきたらうなされそうな悪役顔だし(ピアスとかしてちょっとおしゃれかも?)。シンドバットにしても、悪役はちゃんと串刺しにして焼いて食べる(レアっぽいけど)とこなんか念がいってます。


 ところで、この本を紹介してくれたのは、高校時代に女性の友人からで、”高い本だったけど、買えて嬉しい!!!”と言ってました。(ちなみに定価で18,000円します)。
 ずいぶん後になって、たまたま古本屋で同じ本を見つけたので買ってみましたが、なんで女子高生がこんなイラストが好きだったんだろう? 今だに謎です。


 まあ、妻の不貞で女性不信になった王様にシェヘラザードが寝物語にする話なので、ディズニー的な勧善懲悪的な話のはずがないんだろうな~ 今度、まじめに読んでみよう。 古沢岩美画集は1979年出版とすでに絶版、中古品で買っても3,500円以上と入手は難しいですが、図書館あたりを探すと読むことはできます。
 バートン版の”千夜一夜物語”自体は現在でもちくま文庫で入手できますので、真面目に(?)読んでみたい方はこちらのほうもどうぞ。


《脚注》
(*1)ジャスミンティー
 ジャスミンの花と緑茶などをブレンドして作ったお茶。中国茶のイメージがありますが、緑茶のブレンドなので日本茶の系列にもはいりそうです。
 どうなんでしょう、日本茶インストラクターの奥様?
(*2)デカレンジャー
 ”特捜戦隊デカレンジャー”は2004年に放映された”スーパー戦隊シリーズ”第28作目。宇宙警察モノです。
 デカイエローを担当する通称”ジャスミン”のお名前は礼紋 茉莉花(れいもん まりか)。だからジャスミン。
 演じたのは木下 あゆ美さんですが、そういえはこの人は仮面ライダーWでも刑事さん役をやってました。
(*3)山ちゃんのはっちゃけたジニー以外に印象がないので
 日本語版の”ジニー”の声を演じたのが、山ちゃんこと山寺 宏一。
 とてもエヴァンゲリオンの加持リョウジと同じ中の人とは思えん・・・

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ