« 2010年4月18日 - 2010年4月24日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »

2010年4月25日 - 2010年5月1日

おいしいばっけ味噌の作り方、ちょっとラブラブ(植物図鑑/ふきのとう/ばっけ味噌)

 ども、ゴールデンウィークは田舎暮らしの予定のおぢさん、たいちろ~です。
 単身赴任で東京にきておりますが、自宅は仙台にあります。仙台が田舎かどうかは人それぞれにご異存はあるでしょうが、ちょっと車で走ると田舎です
 で、東京にほとんどなくて、田舎に多いのが道の駅(*1)などの野菜の直売所。4月上旬に仙台に帰った時に寄ったんですが、そこで売っていたのがふきのとう。これはばっけ味噌を作ってみるしかないではないか!
 ということで、今回ご紹介するのは、ばっけ味噌の作り方in”植物図鑑”であります。

0408_4 0412_3

 写真はたいちろ~さんの撮影。左はふきのとう、右はできあがったばっけ味噌です。

【本】植物図鑑 (有川 浩 角川書店)
 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です」。
 OLの”さやか”は、行き倒れたちょっといい男”イツキ”を拾って帰りました。この男、植物には詳しいは、そのへんの雑草で料理を作るはと、ハウスキーパーとしては完璧超人でした・・・
 ハードカバー系ライトノベル作家、有川 浩のベジタリアン恋愛小説。
 この本は以前にもブログで紹介していますので、よろしければこちらもどうぞ。
【花】ふきのとう(蕗の薹)
 春に出て来るふきの花茎がふきのとう。春のてんぷらの定番メニューです。
 ふきのとうは春の季語、ふきの葉は夏の季語です。
【食べ物】ばっけ味噌
 ばっけとは秋田、宮城、岩手あたりの方言でふきのとうのこと。なので、”ばっけ味噌”はふきのとう味噌のことです。簡単なレシピのわりには美味しくできます

 実は”植物図鑑”を読むまで、ばっけ味噌って知らなかったんですね。本書の中でさやかとイツキが近所の川べりでふきのとうを採ってきてばっけ味噌を作るエピソードが載っていて、一度食べてみたいと思っていました。でも、東京でふきのとうって高いんですよね。それが、宮城県やくらい土産センターの野菜直売所では1パック150円! まあ、失敗しても150円だし~~ぃという軽いノリで購入いたしました。
 で、そこに置いてあったレシピは以下のとおり。

ばっけ味噌の作り方
〔下処理〕
1.ふきのとうは外側を1枚はがし、根本や葉先の茶色い部分を取り除く。
2.土やゴミをきれいに洗い、水を入れたボールに移します。
〔調理方法〕
1.鍋にお湯を沸騰させ、ふきのとうを茹でる。
2.茹でるとあくが出て煮汁が茶色くなるのでザルにあけた後、よく水洗いします。
3.水気を切り、細かく刻む。
4.鍋かフライパンに油を熱し、刻んだふきのとうを炒める。
5.砂糖、味噌、みりんを加え、好みの味に仕上げる。
   ※原文のまま

 文末が”~します”と”~る”が混ざっているのはご愛嬌としても分量が書いてないんです、これに。売店のおねいさんに”分量はどれぐらいですか?”と聞いたところ、”味をみながら適当に”とのお返事。このへんのアバウトさが東北人の持ち味です?!

 実際の分量は”植物図鑑”のイツキによると、ふきのとうと味噌がほぼ同量を入れて、更に砂糖、みりん、酒、一味唐辛子をぶちこんでいます。

  イツキ:ばっけ味噌の作るの見てただろ?
      花つけたままだったらフキノトウと同じ量の味噌ぶち込んで
      やっと『ほろ苦』だぜ

 実際にネットでレシピを見ていると、味噌がふきのとうの1~2倍、加えて砂糖とかを入れているので、そんなもんみたいです。

 料理をしたのは奥様ですが、奥様も始めてのご様子。
 でも、けっこう美味しくできておりました。ちょっとほろ苦の味がいけます
 ごはんに良し、酒のあてにキュウリなんかに添えるのも良しです。保存料なんかを入れていないのでどれぐらい日持ちするかはわかりませんが、大人向けのおべんとうなんかにもよさげです。

 ふきの茎は、佃煮にしたきゃらぶきも含めてわりと年中食べられますが、ふきのとうは春が旬。そろそろシーズンも終わりかけですが、安いのをみつけたらぜひお試しください。

  奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」版、ばっけ味噌のご紹介はこちら。

《脚注》
(*1)道の駅
 東京には八王子に1ケ所のみですが、宮城県には11ケ所、岩手県には30ケ所、青森県、秋田県には27ケ所、福島県には20ケ所、山形県には17ケ所と全国872ケ所のうち132ケ所、15%が東北にあります。
 詳しくは道の駅のHPをご参照ください。

こんなに情けなくて卑怯な僕を、広い心で許したりしないでくれよ(パズルの軌跡/笹)

 ども、なんも考えずにぼ~っと生きてるおぢさん、たいちろ~です。
 とはいえ、何にも悩みがないわけではなくて、例えばお金がないとか、お金がないとか、お金がないとか。それにつけても金の欲しさよ・・・(*1)
 まあ、死んでしまいたいと思うほどの悩みがあるわけはないので、そういった意味ではまずまず幸せな人生なんでしょうなあ。
 死んでしまわないまでも、人生を上書きしたいと思う人はいらっしゃるようで(*2)、それをハイテクノロジーで実現しましょうというのが、今回ご紹介するSF”パズルの軌跡”であります。


0001
 左の写真はたいちろ~さんの撮影。近所の笹です


【本】パズルの軌跡(機本 伸司、ハルキ文庫)
 大学のゼミで天才美少女物理学者”穂端沙羅華(ほずみさらか)と共に”宇宙作り”をやろうとした綿さんこと、”綿貫基一(わたぬきもとかず)”。彼の元に届いた依頼は、資産家の子息たちの失踪事件を調査して欲しいというものだった・・・
 小松左京賞受賞の”神様のパズル”の続編。
【花】(ささ)
 イネ科タケ亜科(タケ科)なんですが、タケ亜科にはタケ、ササ、バンブーが属しています。地下茎が横に伸びず大型のがバンブー、竹の子のように鞘がむけて大きくなるのがタケで、剥けなくて小さいのが笹なんだそうです。だから、オトコの人のナニを見て”笹!”とか言わないように。


 ネタバレになりますが、この話のテクノロジーのキモは、加速器による粒子線を照射することで、脳細胞の一部を破壊し、自我を上書きするといったもの。原理的には癌の放射線治療と同じ様なものと言ってますが、やっているのはトレパネーション(*3)
 個人の自我をジグソーパズルのピースにたとえると、ひとつだけだと、何の絵かわからなくて形も歪、それを粒子線を使って自我を司る脳細胞変化させて、全体の一部であるという自覚を与えると言うもの。これを”全体我”と呼んでいます。

 仏教で言うところの「自他一如」とか「涅槃」(*4)みたいなものをハイテクノロジーで実現しましょうというのがウリです。現状に対して希望を失っているけど、自殺するほどの覚悟がない(*5)といった中途半端な状態の人には魅力的な提案なんでしょうな。相手がいままでの生活を捨てて失踪を希望する人たちとはいえ、作中では”断った人はいない”と言っているし。
 クールなようですが、このような自我を喪失するような処置を受けるかどうかはその本人に”生きていることの意味”が見出せるかどうか。それは、自分だけでなく自分を取り巻く人たちを含めてのことです。だから、真剣に止める人がいれば思いとどまるべきなんでしょうね。

 で、この処理を受けようとする沙羅華を止めようとする綿さんのセリフ。ほぼ3ページにわたる中から一部を抜粋すると

  それにまた、喧嘩もしよう。
  いつもみたいに、僕のことを馬鹿にしてくれていい。
  僕は怒った顔をすると思うけど、気にしなくていいからさ。
  そうやって喧嘩して、相性も合わなくても、
  ずっと友だちでいようや、なあ沙羅華
  お前の裸を想像して興奮している、駄目な僕を叱っておくれ。
  こんなに情けなくて卑怯な僕を、広い心で許したりしないでくれよ。
  僕に今まで通り、高飛車で意地の悪いお前の言うことを聞きながら、
  陰でブツブツ言わせてくれ。
  お前だけ、悟って立派な世界に行かないでくれよ。
  馬鹿な僕を見捨てて、自分だけ立派にならないでおくれ。
  お願いだから・・・ お願いだから・・・

 はっきり言って、精神的なドMです。
 でも、こういったセリフを言ってもらえるってのは、やはり幸せなんでしょうねぇ。

 このSFのメインテーマは”宇宙とは何か、自分とは何か”。宇宙が変えれないのであれば、自分の中の内宇宙を変えてみるって所です。”神様のパズル”では宇宙を作ってみるってことをやってますが、今回は内宇宙側をいじってみるってお話です。
 そういえば、作品中に沙羅華のお兄さんが、無限大の形に似た笹舟を作るシーンがありますが、これって見ようによっては、メビウスの帯(*6)を連想させます。表と裏が一体となった形って、意外に外宇宙と内宇宙の関係みたいなものかも。

 ハードSFしながらコミカルでちょっとラブコメな面白い作品。前作の”神様のパズル”とあわせてどうぞ。

《脚注》
(*1)それにつけても金の欲しさよ・・・
 江戸時代の狂歌師、大田南畝の
  世の中は いつも月夜に米の飯 さてまた申し金の欲しさよ
 がオリジナルで、どんな上の句にも繋がる下の句の代表例として有名。
 ちなみに、この人の辞世の歌は
  今までは 人のことだと 思ふたに 俺が死ぬとは こいつはたまらん
 死に際にこれぐらい、しゃれっ気のある言葉をはいてみたい物です。
(*2)人生を上書きしたいと思う人は~
 以前、何かのアンケートで”ドラえもんに出して欲しい道具は?”という質問に”過去を消せる消しゴム”と答えた人がいました。なかなかシュールな回答です。
(*3)トレパネーション
 頭皮を切開して頭蓋骨に穴を開ける民間療法の一種で、特に治療を目的とした行為というよりも、神秘主義観におく物(Wikipediaより抜粋)。
 SFファンにはロボトミー手術における前頭葉切断といったほうが通りが良いかも。
(*4)「自他一如」とか、「涅槃」
・自他一如(じたいちによ):自分と他人は一つ如しだということ
・涅槃(ねはん):人間の本能から起こる精神の迷いがなくなった状態。さとり。
 あまり、この分野は詳しくないんですが、だいたいこんな感じのようなものです。
(*5)自殺するほどの覚悟がない
 自殺を宗教的に禁止しているキリスト教およびイスラームなどと、輪廻転生の仏教では感じ方が違うのかもしれませんが。
(*6)メビウスの帯
 帯状の紙の片方を180°ねじってもう片方にくっつけたもの。
 身近なところだと、リサイクルのシンボルマークはこのデザインなんだそうです。

大体サンリオSF文庫に食いつく人間にマトモなやつなんていねーよ!(今日の早川さん3/希少種)

 ども、中年無宿、SFモノのおぢさん、たいちろ~です。
 前回、”今日の早川さん ドラマCD”の趣味全開のブログを書きました。いや~、中年SFファンとしましては、早川さんたちのカバーレンジの広さについついはまってしまったんですね~~~。ということで、前回の反省の意味をこめて書籍版”今日の早川さん3”のご紹介であります。

Book_img2

 写真は自然環境研究センター発行の”改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータブック)”の表紙です。
 FAXで申し込めば購入可能(でも今どきFAXでといわれてもなぁ)。


【CD】今日の早川さん3
 SFオタクの早川さん、ホラーマニアの帆掛さん、純文学読みの岩波さん、ラノベ好きの延流ちゃん、希覯本(きこいうぼん)収集家の国生さん、本をこよなく愛するお嬢さんたちを描いた4コママンガ。
 本ヲタの本ヲタによる本ヲタのための本です。
【自然】希少種(Rare)
 ”希少種”というのはのレッドリストの旧カテゴリーで、現在は”準絶滅危惧(NT Near Threatened)”と言うんだそうです。でも”希少種”って言うほうがリアリティーあるかなぁ、レアメタル(希少金属)っぽくって。
 定義としては、”現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種”(生物多様性情報システムのHPより)


 さて、第3巻の主役はなんといっても、レア本マニアの国生さん。最初は登場回数も少なく、本人自体が”希少種”としてありがたがられる存在。他の4人と違って無口でおとなしそうな人ですが、この人も壮絶な”古本獲得バトル”に参戦しているのかなあ(*2)。 レア本マニアということで、特定のジャンルを持ってなさそうですが、その分けっこう広範囲の本やDVDを見ているご様子。アメコミもけっこう持っているようですし、ラピュタ、ウルトラセブン、サマセット・モームまで(*3)幅広い話題にもつっこめる人であります。
 今回、めでたく彼氏をゲットした国生さんですが、きっかけになったキーワードが”サンリオSF文庫”

  国生さん:あの・・・サンリオSF文庫で最も復刊してほしい作品ってなんですか?
  早川さん:いきなりそんなでかい釣り針はないだろう
  男の人 :ロザリンド・アッシュの『蛾』かなあ
  早川さん:食いついたっ!

 ウソだと思われるかもしれませんが、”サンリオ”はあのキティーちゃんのサンリオです。1978年から87年にかけて、ホントにSF関連の文庫を出版してました。しかも、かなりマイナーなラインナップで。いったいどういう事業ドメインの管理をしてたんだろう(*4)。私も、サキの”ベスト・オブ・サキ”とかロバート・シルヴァーバーグの”内死”ぐらいは持っていましたが、当時のSFモノにとって、”サンリオSF文庫を読む”ことがステータスと言えるほどマニアックな作品群が特徴。しかも出版されていたのが2~30年近く前と25歳あたりの早川さんや国生さんたちにとっては生まれたころのSFですから、サンリオSF文庫を知っていること自体がかなりの希少種です。早川さんが、

  あんな希少種を前に、なんで私は一歩引いちゃったんだろ

 と涙するのよくわかります。ただ、逆に、このネタを振ってくるような女性と付き合うには生半可なSFモノでは太刀打ちできません。そういう意味では希少種と希少種の幸せな出会いではあります。

  大体サンリオSF文庫に食いつく人間にマトモなやつなんていねーよ!

 は、悔し紛れの早川さんのセリフ。まあ、気持ちはよくわかりますが・・・

 本人は隠したがってますが、かなりのお金持ちのご家庭で、サービスカットでナイスバディを披露されていて、お付き合いをしてみたいお嬢さんではあります。ただ、私ごときの知識レベルでは太刀打ちできんだろうなぁ

 本好きには間違いなくお勧めの”今日の早川さん”。通常版、限定版と2種類出版されていますが、売れているのは特定いろはかるた付きの限定版のほう(*5)。まあ、マニアとはそういうモンです

《脚注》
(*1)レッドリスト
 国際自然保護連合(IUCN)、環境庁の作成する、絶滅のおそれのある野生生物のリストのこと。これを元に、掲載種の生態、分布など情報をまとめたのが”レッドデータブック”だそうです。
(*2)”古本獲得バトル”に参戦しているのかなあ
 はっきり言って、古本を集めているほうが新刊本を買っているよりお金がかかります。本との出合いは一期一会。ましてやレアな古本となると”またいつ出会えるか判らないので、とりあえず買っておく”のが基本。
 古本獲得バトルの厳しさは、唐沢俊一&唐沢なをきの一連の古本ネタの話や、”夜は短し歩けよ乙女(森見 登美彦 角川文庫)”などに詳しく出ています。
(*3)ラピュタ、ウルトラセブン、サマセット・モームまで
 ラピュタ:”天空の城ラピュタ(宮崎駿監督 スタジオジブリ)のこと
      名言至言名シーン満載のアニメ。お勧めです
 ウルトラセブン:昭和ウルトラシリーズの傑作。かなりハードSFっぽい作品です。
 モーム :代表作は”月と6ペンス”、”人間の絆”など。
      そういや、この人の作品って読んだ事ないな~。今度読んで見ませう。
(*4)いったいどういう事業ドメインの管理をしてたんだろう
 顧客と、それに対する自らの事業領域を決定するのはマーケティングの基本。キティーちゃんの購買層がSFを買う人とは思えないので、シナジー効果は期待できないはずですが。
(*5)売れているのは特定いろはかるた付きの限定版のほう
 Amazonランキングでは、通常版が327位、限定版が228位(2010年4月27日現在)。表紙がビミョ~に違うので、両方買ってるヤツもいるんだろうなあ。

本ヲタの本ヲタによる本ヲタのためのCDです!(今日の早川さん ドラマCD/ローズマリー)

 ども、”私はオタクではない、愛書狂だ!”と主張するおぢさん、たいちろ~です。
 趣味の欄に”読書”と書く人は多いくせに、ちょと度が過ぎるととたんに非難されるのが”本”。リミッターのない本読みってのは、所かまわず本を積み出すわ、マニアックな知識(だけ)には詳しいわ、空気は読めないわ・・・
 そんな本の読み手の生態を赤裸々に描いたのが今回ご紹介するこのCD、"読み聞かせ版 今日の早川さん”です。


0472


 写真はたいちろ~さんの撮影。近所のローズマリーです


【CD】今日の早川さん ドラマCD
 SFオタクの早川さん、ホラーマニアの帆掛さん、純文学読みの岩波さん、ラノベ好きの延流ちゃん、希覯本(きこうぼん)収集家の国生さん、本をこよなく愛するお嬢さんたちを描いた4コママンガ”今日の早川さん”のドラマCD版。
 このCDを聞いて納得してしまう人は間違いなく本ヲタです。
【花】ローズマリー
 CDの中で妊娠中の岩波さんに”ローズマリーの赤ちゃん”を読ませるというエピソードがありますが、これはアイラ・レヴィンの小説とこれを原作としたホラー映画。実際のローズマリーはハーブとしても使われる香りの良い木です。


 このCDは,本ヲタの本ヲタによる本ヲタのためのもの。本ヲタ界のゲティスバーグ演説、”CD of the otaku,by the okaku,for the otaku”であります。

 まずは、キャスト。
早川 量子(はやかわ りょうこ)〕
 ガンダム始め、オタクネタ満載の”ケロロ軍曹”で二重人格的お嬢さんの西澤桃華を演じた池澤春菜さん。
帆掛 舟(ほかけ ふね)〕
  ”これが私の御主人様”でメイド沢渡いずみを演じた浅野真澄さん。だから予田さんちのメイドさん?!
岩波 文子(いわなみ ふみこ)〕
 ライトノベルのベストセラー”灼眼のシャナ”のアニメ版より、“逆理の裁者”ベルペオル様を演じた大原さやかさん。タカビーです。
富士見 延流(ふじみ のべる)〕
 こちらも”ケロロ軍曹”より、くの一小雪さん役の広橋涼さん。
国生 寛子(こくしょう ひろこ)〕
  ”図書館戦争”アニメ版でクール&ビューティな柴崎 麻子を演じた沢城みゆきさん。
 ちなみにこの人は有川浩に”シアター!”を書くきっかけを与えた人です。
本の神様、ティンダロス
 涼宮ハルヒ泉こなたを担当する説明不要のアイドル声優、平野綾さん。

 このあたりまではありがちですが、けっこうすごいのがBGM。”銀河英雄伝説”ばりにBGMがクラシック曲ですが、ダブルミーイングにもなっています。

〔オープニング〕
 リヒャルト・シュトラウス 《ツァラトゥストラはかく語りき》
 いわずと知れた”2001年宇宙の旅”より人類進化の曙を象徴するオープニング。
〔早川さん、帆掛さん、岩波さんの思い出したくない過去〕
 ヨハン・シュトラウス2世 《美しく青きドナウ》
 こちらも、”2001年宇宙の旅”より。宇宙船と宇宙ステーションのドッキングシークエンスのBGM。
〔延流ちゃんのアルバイト〕
 ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編曲) 《禿山の一夜》
 ディズニーの”ファンタジア”より。1940年と第二次世界大戦の最中の封切りですが、戦争中にこのクオリティの作品を作れるような国と戦争するのは間違いとしみじみ感じてしまいます。
〔帆掛さんと予田さん、帆掛さんと早川さんの出会い〕
 ベートーヴェン 《交響曲第9番 合唱付き》
 年末の風物詩の”合唱付き”ですが、エヴァンゲリオンでシンジ君とカヲル君の出会いのシーンの曲でもあります。

〔早川さんと帆掛さんの幼年期の黒歴史〕
 ベートーヴェン 《交響曲第5番 ”運命”》
 国産アニメ第一号”鉄腕アトム”より、アトムの誕生シーンに流れるのがこの曲。三つ子の魂百までというか、成長しないアトムって大人になれない二人と一脈通じるところがあるのかも。
〔早川さんが事故にあって意識が戻らない〕
 ドニゼッティ 《愛の妙薬》
 ”ジャイアント・ロボ The Animation 地球が静止する日”より、バシュタールの惨劇の回想シーンでかかるテーマです。

 そのほかにも岩波さんの結婚式ではエルガーの”威風堂々”、ハヤカワオンライン通販はロッシーニの”ウイリアム・テル序曲”、魔道書ネクロノミコンではバッハの”トッカータとフーガ ニ短調”、予田さんにティンダロスを紹介するのはサティの”ジムノペティ”、帆掛さんとティンダロスの掛け合いはシューマンの”子供の情景”より”トロイメライ”、ティンダロスとの別れにはショパンの”別れの曲”などなど(わからんのもいくつかありました)。

 きっと元ネタがあるんでしょうが、さすがに全部は・・・
 でも、クラシックファンには”なぜこの曲がここで?”と思うんでしょうねぇ

 ところで、私のブログを見られたことがある方なら、延々下のほうにある《脚注》が、今回ないことにお気づきでしょうか?
 これらの話題で《脚注》がないとわからない人には向かない、そんなたぐいのCD。でも、わかる人にはたまらんCDでもあります。

 ”今日の早川さん 3”は次回に続きます。

« 2010年4月18日 - 2010年4月24日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ