« ちょうど就職氷河期だったんで、コミュニケーション能力が必要でした(Googleに学ぶ幸福な職場/センダン) | トップページ | 「金融庁が来ました」という書きだしでふいにメールを消したくなりぬ(サラダ記念日/サボテン) »

ローマ皇帝も家来でも、お風呂入るときゃみな裸♪(テルマエ・ロマエ/越後湯沢駅酒風呂)

 ども、温泉大好きおぢさん、たいちろ~です。
 先日、炎天下の中、庭の草むしりをやっとりましたがあまりの暑さで1時間でダウン。”こんな日は、風呂いくべ!”と近くの銭湯へ。するとイタリア人がいるではありませんか!(*1)
 ”へ~、イタリアの人も銭湯に入るんだ”と思いましたが、考えてみればイタリア人のお風呂話のベストセラーがあるではないですか。ということで、今回ご紹介するのはお風呂建築技師のお話”テルマエ・ロマエ”であります。


03250322
写真はたいちろ~さんの撮影。JR越後湯沢駅の酒風呂です。


【本】テルマエ・ロマエ(ヤマザキマリ エンターブレイン)
 時は古代ローマ、ハドリアヌス帝のころ、失業中の風呂建築技師”ルシウス”はなぜだか、現代日本のお風呂にタイムスリップ。カルチャーショックを受けながらもそれを古代ローマのお風呂に流用することで皇帝にも信頼される風呂建築技師に・・
 題名の”テルマエ・ロマエ”は、”ローマの浴場”という意味。
 2010年マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞受賞の名作です。
【旅行】JR越後湯沢駅 酒風呂
 JR越後湯沢の駅ナカ温泉です。越後湯沢は東京から北陸方面に行く乗換え駅ですので待ち時間をちょっと長めにとればすぐ入れるので乗り鉄派の出張の折にはどうぞ。
 入浴時間は10:30~17:30(冬は19:30まで)。
 同じく駅ナカで日本酒のテイスティングのできる”越の室”もお勧めです。

  お殿さまでも家来でも、お風呂に入るときゃみな裸、
  裃脱いで刀も捨てて、歌の一つも浮かれ出る

   (中略)
  狭いお風呂も楽しい我が家

 これは映画”東京五人男”の中で、焼け跡のお風呂で古川ロッパが歌っている曲。1945年の映画ですので、さすがにリアルタイムで聞いてたとは思えませんが、妙に心に残ってます。(ニコニコ動画の映像はこちら
 なんとなく”起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半(*2)”的な達観がいいのかも。銭湯に行くと、話好きなご隠居さん、いなせな大工の棟梁っぽい人がけっこういますが、まあ人となりがわからなくても面白いおっちゃんの社交場ではあります。古代ローマもこんな感じだったんでしょうかね。

 さて、”テルマエ・ロマエ”ですが、エンターブレインのhpでは”ギャク漫画”になっていますが、秀逸なコメディでしょうね。日常目にしているものが異文化から見るととんでもなく映るというシチュエーションが楽しいです。
 フロ上がりの牛乳を腰に手を当てて飲むとか、シャンプーハットに感動するとか、ウォシュレットに”クセになりそう”するとか。
 笑いという意味ではこのへんなんでしょうが、風呂礼賛としては意外とマジ。ハドリアヌス帝が戦場で

  もう、風呂に入れぬ生活には耐えられん!!
  湯にさえ浸かる事ができれば 頭も今以上にさえるはずだろうし
  何よりも この疲労感と全身にこびりついた砂を洗い流してしまいたい・・・
  兵士達も風呂にさえ入れば 再び力を蓄えられるであろうに・・・

 といってますが、そのために風呂技師のルシウスまで戦場につれてっちゃって、大浴場からオンドルまで作っちゃうって発想がさすがに皇帝!

  ローマ人の力の源泉は浴場(テルマエ)にあり

 名言です。

 写真にあるJR越後湯沢駅の酒風呂は、富山出張の帰りに寄ったもの。だいたい東京~富山だと飛行機で移動する人が多い中、電車移動は少数派。でも、こういう余禄もあるんですね~
 爆弾おにぎりとか食べさせてくれるレストランもあるし、聞き酒もできるというベストな駅ナカです。仕事の疲れもふっとびます。ただ、お風呂の終わりが早いのがちょっと難点。せめて21時ぐらいまで開けててくれるともっとゆっくりできるのに・・・

  日本人の力の源泉は銭湯にあり

 ”テルマエ・ロマエ”をもってまた行きたいものです。

《脚注》
(*1)イタリア人がいるではありませんか!
 別に本人に確認したわけではありませんが、ジローラモさんとそっくりだったので。
 ちなみに、ジローラモさんのお父さんは建設会社社長、本人もナポリ建築大学中退とのこと。
(*2)起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半
 人間が必要な広さは、起きている時が半畳、寝ても一畳あれば足りるし、天下人でも一食に食べられる飯は二合半が限度。つまり、富貴や地位や物質的な欲望に対する批判的なご意見です。
 ”俺の空”(本宮ひろ志)で使われていたのが印象的。

« ちょうど就職氷河期だったんで、コミュニケーション能力が必要でした(Googleに学ぶ幸福な職場/センダン) | トップページ | 「金融庁が来ました」という書きだしでふいにメールを消したくなりぬ(サラダ記念日/サボテン) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/48872858

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ皇帝も家来でも、お風呂入るときゃみな裸♪(テルマエ・ロマエ/越後湯沢駅酒風呂):

« ちょうど就職氷河期だったんで、コミュニケーション能力が必要でした(Googleに学ぶ幸福な職場/センダン) | トップページ | 「金融庁が来ました」という書きだしでふいにメールを消したくなりぬ(サラダ記念日/サボテン) »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ