« 大阪に”ラブ・アゲイン症候群”はない! と思うぞ(うちのトコでは/ハイビスカス) | トップページ | iPad、見てきました!!(StarTrekシリーズ/アップルストア銀座店) »

速い=強いとは限らないんだけど・・・(超高速の香織/仮面ライダーW/チーター)

 ども、のんびり生きてるおぢさん、たいちろ~です。
 日曜日だというのにすることもなく、朝から”仮面ライダーW”を見てました。今回登場するのは、仮面ライダーアクセルの超高速仕様”トライアル”(*1)。まあ、後から出て来る変身フォームは強いのがお約束なので、ちゃんと敵をやっつけるわけですが、兵器において”速い=強い”かという問題が実はあります
 ということで、今回ご紹介するのは超マイナーな作品”超高速の香織”であります。


Photo_2
写真はS-Hoshino.comより。チーターです。


【本】超高速の香織(風忍 太田出版)
 体を高速化する薬物を飲んだ母が、ジェット機事故から子供を守るために、ビルから脱出するという話。1978年に少年マガジンに掲載された風忍の短編読みきりマンガです。
 ”ガバメントを持った少年”に収録されていますが、今は絶版。
【動物】チーター
 四肢動物では走行速度が最も速い動物。走行してから2秒で72km/hに達し最高時速が100km/h100kmを超えるとする説もある。ただし、全力疾走できるのは約400m(Wikipediaより)


 私自身は格闘技はやりませんが、ボクシングであれ空手であれ、速い=強いというのは確かにありそうです。格闘に強い女性というのは”スピートで相手を翻弄する”というのはお約束の戦法。そのせいか、超高速で戦うするヒーローというのはけっこう多くて、古くは弾丸よりも速い8マン、加速装置のサイボーグ009、仮面ライダーシリーズではアクセルフォームの仮面ライダーファイズ
 いずれ劣らぬ強さですが、問題はこの”超高速”。実際に超高速で戦うとなるといろいろ不都合が出てきます。このあたりのことがリアルではどうなるかを初めて読んだのが、今回ご紹介する”超高速の香織”です。手元に本がないので記憶に頼ってですが、いくつか上げてみると

〔慣性力の問題〕
 たしか、方向を変えたときに赤ちゃんを入れたポッドにひっぱられるといったシーンだったと思います。
 ニュートンの”運動の第1法則(運動している質点は力を加えられない限り等速直線運動を続ける)”に従うので超高速で方向を変えると外側に振られることになります。これがもうひとつ問題なのは、摩擦力は変わらないので、急に止まろうとしてもスリップすること。前につんのめっていては戦いになりません。

〔空気抵抗の問題〕
 普通に動いている分には問題ない空気抵抗ですが、高速になるほど抵抗が大きくなります。たしが、マンガでは水の中でもがいているような描写だったと思います。
 テレビのクイズ番組で”スカイダイビングで落下する人の速度の変化を答えよ”というのがありましたが、空気抵抗は速度の二乗に比例するので、重力加速と空気抵抗が均衡するため一定速度(終端速度)になるとのこと。つまり、超高速で敵をぶん殴ろうとすると、質量としての腕を動かす以上に空気抵抗に打ち勝つパワーが必要になります。

 それ以外でも、いくつか考えられる点としては

〔ソニックブームの問題〕
 モノが空気中で音速を超えるとソニックブーム(衝撃波)が発生します。これは武器としてはありかもしれませんが、周りに広がるので周囲の人もぶっとばす可能性があるはた迷惑なシロモノ。形状によっては自分自身にも及びます。

〔防御力の低下〕
 速度を上げる方法ためには軽量化するという手がありますが、これは往々にして”装甲を薄くする”というやり方になるので、防御力の低下につながります。この例として挙げられるのが大日本帝国海軍の”ゼロ戦(零式艦上戦闘機)”。防弾による重量増加より軽量化を優先させて、速度や運動性などを向上させた機体ですが、防御力の弱さが欠点として指摘されています。
 仮面ライダーアクセルトライアルも、防御力が低下しているらしいです。

〔活動時間の問題〕
 パソコンに”オーバークロック(*2)”というテクニックがありますが、これは定格を上回るクロック周波数でCPUを動作させること。実際にやるとなると消費電力や発熱の増加、信頼性・安定性の低下を招きます。つまり無制限に長時間の利用は難しいということです。
 動物のチーターもそうですが、高速で活動できる時間というのは案外短いものです。
 仮面ライダーアクセルトライアル、仮面ライダーファイズのアクセルフォームも活動限界は最大10秒間なので、この間に相手をタコ殴りにしないと勝てないはずです。

〔反射神経の問題〕
 一般のパワードスーツ(*3)では、パワーは増加されますが、人間の反射神経系はそのままなので使いこなすにはそれなりのテクニックが必要。100Km/hの乗用車に乗れるからといって、F-1マシン(*4)を運転できるかというとそれはまた別物ということです。

 じゃあ、まったくダメかというと、トライアルメモリを渡したミイラ風のお姉さん(*5)は、”戦法を変えろ(スピードを使って相手の懐に入りこみ、殴る回数を増やせ)”とか”10秒以内にバイクでコースを回れなければ使いこなせない(反射神経トレーニング、10秒の時間を体で思える)”など、実に理にかなったアドバイスをしています。
 まあ、こういったリアルと空想科学的なほどよいブレンドがこの番組の持ち味かと。
 このへんのリアルをつきつめた作品としては山本 弘の”奥歯のスイッチを入れろ(*6)”なんかもお勧めです。

 風忍はダイナミックプロ(*7)らしからぬ絵柄ですが、永井豪ばりの卓越したストーリー、横尾忠則っぽいポップな雰囲気と、もっと再評価されてもいい人だと思います。B○○K○FFあたりで見かけたら、ぜひ買いです。

《脚注》
(*1)超高速仕様”トライアル”
 仮面ライダーは”メモリ”というUSBメモリみたいなので変身とか機能UPする仕様になっていて、トライアルメモリは”挑戦の記憶”とのこと。どんな記憶だ?
(*2)オーバークロック
 CPUは製品として安定的に可動させるために多少の余力が残してありますので、原理的には提供される性能以上を引き出すことが可能。で、”可能となればやってみたくなる”というのが人の常。スピードUPに情熱をかけるパソコンマニアというのは存在しますが、メーカーの保障対象外になるため、やるなら自己責任でやってください。
(*3)パワードスーツ
 電動アクチュエーターや人工筋肉などの動力を使ってパワーを増加さえた”着るロボット”。ロバート・A・ハインラインの”宇宙の戦士”や映画”マトリックス”なんかにも出て来るSFではメジャーなシロモノですが、介護用などで実用化もされています。
(*4)F-1マシン
 レース中の最高時速が370.1km/h,最高速度を競う大会では415km/h(Wikipediaより)。何かで読んだんですが、F-1マシンは車高が低いので、体感速度は普通の乗用車より速く感じるそうです。
(*5)ミイラ風のお姉さん
 黒ずくめの服、顔をサングラスと白包帯で覆った謎の女性、シュラウド様のこと。
 月光仮面に似てなくもない?!
(*6)奥歯のスイッチを入れろ
 超高速で可動するサイボーグを描いた短編小説。題名はもちろん”サイボーグ009”のパロディですが、内容はいたって真面目。ご本人もHPで述べられていますが、この小説自体が”超高速の香織”へのオマージュです。
 ”まだ見ぬ冬の悲しみも (ハヤカワSFシリーズ)”に収録。
(*7)ダイナミックプロ
 マンガ家永井豪の率いる漫画プロダクション。
 ゲッターロボサーガ、虚無戦記シリーズの石川賢なんかがメジャー。

« 大阪に”ラブ・アゲイン症候群”はない! と思うぞ(うちのトコでは/ハイビスカス) | トップページ | iPad、見てきました!!(StarTrekシリーズ/アップルストア銀座店) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/48436514

この記事へのトラックバック一覧です: 速い=強いとは限らないんだけど・・・(超高速の香織/仮面ライダーW/チーター):

» SOPHIAの松岡が仮面ライダーになるらしい [出来事デキゴト]
「SOPHIA」のボーカル、松岡充(38)が8月7日公開の仮面ライダー映画に出演することが決まったようです。「街」とか「黒いブーツ」とか懐かしいですね。松岡は、夏公開の『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』にゲストとして出演。演じるのは、白の仮面ライダー「エターナル」。世界各国で破壊活動を展開する“最凶”のテロリストライダーとのことです。テロ組織のリーダー「大道」が変身し�... [続きを読む]

» 仮面ライダー映画にSOPHIAの松岡大抜擢 [トピック宅配便]
人気バンド「SOPHIA」のボーカル、松岡充(38)が8月7日公開の仮面ライダー新作映画に抜擢されました。松岡は、『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』にゲストとして出演。演じるのは、世界各国で破壊活動を展開する“最凶”のテロリストライダー「エターナル」。テロ組織のリーダー「大道」が変身して「エターナル」になるらしいのですが、主人公の「W」よりも高性能で、「W」が2本の�... [続きを読む]

» 仮面ライダー松岡 [出来事デキゴト]
仮面ライダーに松岡さんが出るって言うことで、話題沸騰ですね。最近の仮面ライダーは、イケメンをそろえて子供と一緒に見るお母さんをとりこにしています。実際、オダギリジョーとか水嶋ヒロとかを輩出しているわけですから、かなりの功績になりますね。ゲーセンでバイトしてても、仮面ライダーの景品を一生懸命UFOキャッチャーで狙ってるのは主婦のお姉さんだったりします。かわいい主婦お姉さんには「とりやすくしましょうか... [続きを読む]

» オダギリジョー Wiki 新ドラマ [熱海の捜査官 オダギリ ジョー 最新情報]
空気人形 | ULTIMATE ECO DRIVE 原作/業田良家監督/是枝裕和出演/ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、他。 あらすじ/ 古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心」を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度 ... (以上、wikiより抜粋) .....えーっと先程この「空気人形」を見終わったばかりなのですが、この静かな興奮が覚めやらないうちに一気に感想を書いておこうと思います。 超☆傑☆作!! なんやこれ、... [続きを読む]

« 大阪に”ラブ・アゲイン症候群”はない! と思うぞ(うちのトコでは/ハイビスカス) | トップページ | iPad、見てきました!!(StarTrekシリーズ/アップルストア銀座店) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ