« 2009年11月8日 - 2009年11月14日 | トップページ | 2009年11月22日 - 2009年11月28日 »

2009年11月15日 - 2009年11月21日

喧嘩上等!とアイドルの恍惚と破滅(製鉄天使/スミレ)

 ども、バイクはアメリカン派(*1)の、たいちろ~です。
 先日、桜庭一樹の”製鉄天使”を読みました。
 元々は同じ作者”赤朽葉家の伝説”(*2)に登場するレディースのアタマ、”毛毬”のエピソードからのスピンオフ作品というか、こちらがオリジナルにあたるそうです。
 時はまさに”荒れる子供たち”の時代ですが、中学生の女の子の暴走族!
この時代では私も高校生で、暴走族はいましたが中学生とはね~~
 ということで、喧嘩上等だけど、どっかハートフルな”製鉄天使”であります。

0219
写真はたいちろ~さんの撮影。
近所の園芸店の”虹色スミレ with Licca”です。





【本】製鉄天使(桜庭一樹 東京創元社)
 赤緑豆小豆(あかみどりまめあずき)は、丙午生まれの中学生暴走族のヘッド。小豆のバイクの後ろにまたがるのはシャンな女の子穂高菫(ほだかすみれ)。
 ふたりそろって、えいえんの国まで暴走だ!! ぱらりら、ぱらりら~~~(*3)
【花】スミレ(菫)
 ”虹色スミレ with Licca”はサカタのタネと”リカちゃん人形”を販売しているタカラトミーのコラボレーション企画によって生まれた花です。(詳しくは”サカタのタネ”のHPをどうぞ)
 そうか、リカちゃんのスペルってこう書くんだ。そういえばリカちゃんてフランス人とのハーフでしたね。

 ”小豆っ子”、”赤緑豆製鉄のバカお嬢様”の異名を持つ小豆。
 小豆は、”スミレっ子”こと穂高菫は、入学式の日に機転を利かせて小豆を救ったことで、二人は親友になります。

〔赤緑豆小豆の表のプロフィール〕
 鉄に愛された女。鉄製の武器を自在にあやつり、バイクは意思を持って彼女に付き従うという、戦闘能力バリバリの人。剣のようなポニーテールと真っ赤な特攻服(*4)がトレードマーク。中学生にしてレディース”製鉄天使”を結成し、初代総長としてケンカに明け暮れる毎日。
 夢は中国地方のレディスを制圧すること。

〔穂高菫の表のプロフィール〕
 セイコちゃんカット(*5)の頭脳派美人。優秀な高校に進学して成績はトップクラス、素行も上々。ルックスも文句なし。
 夢は暴走族のアイドルになること、東大を出て外交官になること。

 二人の表面的なプロフィールを簡単に書くとこんな感じですが、それは大人の見方。
 裏のプロフィールを書くとこんな感じになります。

〔赤緑豆小豆の裏のプロフィール〕
 単に暴力だけでなく子分たちを従えさせるカリスマ性。スミレに対しては裏切られても親友としての友誼を持ち続けるなど、性格は以外と素直。
 大人になっていく焦燥感にかられるなど、高校生らしい悩みもお持ちです。

〔穂高菫の裏のプロフィール〕
 中学の時は”今日が楽しけりゃ、明日死んだってかまやしない”という刹那的な発言も。”外交官になって~”の続きは”大人になったら、夜だけワルの女豹になりまっすぅ!”。小豆と付き合っているのも、小豆に守って欲しいからというなかなかに腹黒い性格

 中学を卒業する時の二人の会話。

  小豆 :もう、あたしのバイクに乗ってくれねえっていうのかよ・・・
   (中略)
  スミレ:乗らないよ。もう二度と乗らないよ。
      道で会ったって、声、かけないかも。
      だって、退学になっちゃうもん。頭脳高って素行も厳しいんだから。

 表題の”喧嘩上等!とアイドルの恍惚と破滅”だけ見てると破滅するのは喧嘩上等の方っぽいですが、実はアイドルの方。結局、表と裏のないという方が本人にとって良い生き方かもしれませんね。周りは迷惑かもしれませんが・・・

 話は変わりますが、先に出版された”赤朽葉家の伝説”って、1年前のブログを書き出した時に取り上げています(*6)。ビギナーズラックというか@niftyのココログニュースの”もう読んだ?ライトノベルが今すごい”でとりあげてもらってけっこうアクセスもありました。気分はもう、ぱらりら、ぱらりら~~~であります。
 喧嘩とブログの違いはありますが、自分の気持ちを表出させる恍惚感って同じなんでしょうかね?!

 ”製鉄天使”、”赤朽葉家の伝説”どちらを先に読んでもokですが、桜庭ファンとしてはぜひ両方読んでいただきたいものです。

《脚注》
(*1)バイクはアメリカン派
 HONDA JAZZのオーナーでした。原付ながらアメリカンタイプという当時(1990年代)でも珍しいモデルでした。アメリカンならではの長いフロントフォークや、ティアドロップ型のタンクなど、今観ても美しいバイクだと思います。(写真はホンダのHPをご参照ください)
(*2) ”赤朽葉家の伝説”(あかくちばけのでんせつ 東京創元社)
 桜庭一樹の長編小説。鳥取県の架空の村で製鉄業を営む”赤朽葉家”三代の物語にして、戦後日本の風俗史でもあります。祖母の万葉は事故などを予言する「千里眼奥様」、母の毛毬はレディース(女性暴走族)のヘッド、そして語り部たる私。
 2007年に日本推理作家協会賞を受賞。
(*3)ぱらりら、ぱらりら~~~
 暴走を表す擬音ですが、ふと考えるとなんでこの音なんでしょうね?
 アニメ版”らき☆すた”の中で暴走族風のゴットゥーザ様がバイクで去っていく時にこの音(ぱらららでしたが)を口ずさんでましたので、今でも通用するんでしょうか?
(*4)真っ赤な特攻服
 東京創元社のホームページで作者の桜庭一樹が真っ赤な特攻服のファッションで登場されてます。結構、おちゃめな人だったんだ・・・
(*5)セイコちゃんカット
 松田聖子がデビュー当時にしていたヘアスタイル(写真はこちらから)。1980年代前半に大流行しました、今や死語の世界でしょうね。
 似合ってる子はけっこうかわういんですが、そうでない子がすると(以下自主規制)
(*6)1年前のブログを書き出した時に取り上げています
 ブログの表題は「”桜庭一樹が好き”と言えるしあわせ」でした。
 ちょうど、桜庭一樹が直木賞を受賞した翌年のことです。そうか、もう1年もたつんだ・・・

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

アクセス数を劇的にUPするテクニック、そんなのあったら私が知りたいです!(人とお金が集まるブログ作りの秘伝書/プリザーブドフラワー)

 ども、公私にわたって無理難題に取り組む単身赴任のたいちろ~です。
 先日、1ケ月振りに自宅に帰りましたところ、最近ブログを始めた奥様がいたく立腹のご様子。理由を聞きましたところ、”Yahoo!やGoogleで自分のホームページを検索しても出てこない。「たいちろ~」はちゃんと出てくるのに(*1)。私のも何とかならない?”とのこと。
 そらあ~た、ブログを初めて3ヶ月、登録件数6件で、検索エンジンの上位にランキングさせろというのはムチャぶりというものです。”マメに更新するのが一番です”と答えておきましたが、プロのフラワークラフト作家として仕事でホームページを作っているので、あまりヒット率が低いのも困りモノ。
 ということで、アクセス数をUPするテクニックというものを考えてみました(*2)。

Photo
写真は奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」から
奥様のプリザーブドフラワーの作品です。





【本】人とお金が集まるブログ作りの秘伝書(石崎 秀穂 C&R研究所)
 ブログのヒット率を上げるテクニック集。2005年8月の出版ながら、Amazon.comの”ブログ”で検索すると6番目に出てきます。ドッグイヤーと呼ばれるコンピュータ業界で4年も売れ続けているのはすごいこと。
【花】プリザーブドフラワー (preserved flower)
 専用の溶液を用いて長時間保存できるように加工された花のこと。長期間保存できる、色合いが変わらないなどのメリットがありますが、値段はお高め。
 花を乾燥させたものはドライフラワーで、製造工程が異なります。解説は奥様ブログからどうぞ。

①他力本願で、他の人からリンクを張ってもらおう
 フラワークラフトに興味のある人や、お店から相互にリンクを張ってもらうとかすればアクセス数が増えることが期待できます。特にフラワークラフト教室のポータルサイトとかへは仕事なので登録できるはず。
 興味のあるページにコメントをつけて、自分のURLを着けとくとかトラックバック(*3)するとか、コバンザメ的ではありますが、いろんなとこで紹介されてるテクニックです。

②mixiとかに投稿して、自分のページにリンクを張ってみよう
 SNSの”mixi”(*4)は同好の士が多いので、投稿してみるとピンポイントで見てくれる人が多いです。私自身も桜庭一樹や有川浩(*5)、高校の時の同窓会のコミュニティに参加しているので、メール通知もあってとっても便利。
 ただ、”mixi”は会員制なので広くあまねくとはいかないのと、”mixi”とブログを両方更新するのは大変なので、私は”mixi”に簡単なコメントだけつけて、ブログにリンクを張るようにしています。
 会員になるには登録ユーザーからの招待が必要なので、入るなら私から利用登録しますよ、奥様。
 ただし、上記のようにコミュニティに書き込みがあるとメールが配信されるので、あまりたくさんのコミュニティに入ると山のようなメールがくるので要注意。
 まあ、この手のテクニックは本来の趣旨からいくと邪道なのかもしれませんが・・・

③検索されそうなキーワードをつけてみよう
 私のサイトは検索でヒットさせることを念頭に置いているので、けっこういろんなキーワードを文章に入れるようにしています。その分、文章が長すぎると奥様からは不評ですが・・・
 ただ、Yahooでで検索すると”ドライフラワー”約613万件、”プリザーブドフラワー”は約250万件でてきますので、まともなキーワードで上位に食い込むのは難しいでしょうね。何か特徴的なキーワードだとヒットしやすいんでしょうが、マニアックになりすぎると見てくれないし、ブログの趣旨もあるので(*6)、なんでもいいというわけにはいかないので知恵を絞る必要があります。
 ちなみに、”フラワークラフト作家”で検索すると私のブログは13番目に出てきます。それはそれで、奥様のお気に召さないようですけど。

④見てもらえそうな表題を考えてみよう
 奥様ブログの表題は”ハロウィン”とか”ハッピーハロウィン”とかあっさりしたものです。これではディズニーには勝てません。私のブログでは

  ”ところで、ハロウィンって何?

という表題をつけましたが、検索された表題の一覧で何か差別化しないとなかなか見てもらえません。
 ブログの雰囲気もあるので、やたら受け狙いにすりゃいいってモンじゃありませんが、工夫の余地はあると思います。
 もっとも、検索ワードで引っかかるようにするのが先決ですけど。

 ほかにも、今回読んだ”人とお金が集まるブログ作りの秘伝書”にはアクセスランキングに登録するとかいろいろ書いてありますが、まあやってみて効果が出ればめっけモンです。
 本来は、小賢しいテクニックに頼るより、まめに更新してコンテンツの数を増やすほうが王道ではあるんでしょうけどね。

 ということで、このブログを見られた方はぜひ奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」もご覧ください。我が家の家庭平和のためにも・・・

《脚注》
(*1)「たいちろ~」はちゃんと出てくるのに
 Yahoo!で検索すると「たいちろ~」や「たいちろ」は2番目に出てきます。
 でも、”イチロー ではありませんか?”のコメントは大きなお世話だと思います。
(*2)アクセス数をUPするテクニック
 書いてる私のブログだって、せいぜい日の平均が50件程度なので、そんなに偉そうに言えたモンじゃありませんが・・・
 私の場合は純粋に趣味なのでこの程度でも充分楽しんでいられますが、奥様の場合は仕事なので、切実です。
(*3)トラックバック
 他人のブログの記事に自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。でも、むやみにやるとスパム(迷惑)になるので、内容を考えて。
(*4)SNSの”mixi”
 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はコミュニティ型の会員制のWebサービスのこと。ブログを見る人は正体不明のことが多いですが、SNSの場合はユーザのプロフィールがある程度明確になっているので安心感はあります。
 ”mixi”は日本最大級のシェアを持つSNS。会員数は2,530万人近くいます(2009.11.16日現在)。
(*5)桜庭一樹や有川浩
 私の好きな小説化です。人気があるので、なかなか図書館で順番が回ってこないのが難点です。
(*6)ブログの趣旨もあるので
 不本意ながら、私のブログでの最も多い検索キーワードは”いんらん”です。これで表示をされる”母がいんらんなときに身ごもると、娘は美しくなってしまうんだ”というページは直木賞作家の桜庭一樹さんの”少女七竈と七人の可愛そうな大人”というちゃんとした小説の紹介が出てきます。
 まあ、検索しているほうも不本意か結果でしょうが。

※今回の検索結果は2009年11月16日現在のものです

« 2009年11月8日 - 2009年11月14日 | トップページ | 2009年11月22日 - 2009年11月28日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ