« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月1日 - 2009年11月7日

奥州筆頭、政宗弁当!(戦国BASARA/独眼竜政宗辨當)

 ども、駅弁はけっこう食べますたいちろ~です。
 今回のお題は”食べ物の産地、気にしてますか?”自炊派のわりにはあまり気にしません。が、駅弁だけは別。駅弁は地元産の食材で作られているので、けっこう珍しいものも入っていて旅行に行くとよく食べています
 で、今回JR仙台駅にて買ったのは”独眼竜政宗辨當(べんとう)”。
 これアリ?というお弁当のご紹介であります。

0208 0205_2









写真はたいちろ~さんの撮影。
左はパッケージ、右は中身です。
新幹線の中で撮ったので、いまいちピントがあってなくてすいません。

【DVD】戦国BASARA(カプコン、Production I.G) 
 ジャンルとしては戦国アクションゲームがベースですが、私自身はゲームをしないので、見たのはProduction I.Gによるテレビアニメ版
 歴女ブームの火付け役なんだそうですが・・・
【旅行】独眼竜政宗辨當(べんどう)
 仙台駅の代表的な駅弁のひとつ。3種類のおにぎりに笹かまぼこ、シソ巻き、長ナス漬、ホタテなどの仙台名物のおかずもいっぱい入っていて、お値段1000円はとってもリーズナブル。製造、販売は株式会社こばやし
 ”戦国BASARA”版のパッケージが2009年9月19日~12月31日の期間限定で販売中。歴女の方はお急ぎください。

 パッケージに使われているのはアニメ版”戦国BASARA”に登場する仙台藩主”奥州筆頭 伊達政宗”。このアニメ版”戦国BASARA”、けっこうハマります。実在の戦国武将が登場しますが、ちょびっとだけ史実に忠実であとはやりたい放題の作品。間違っても日本史の勉強にはなりませんが、エンタテインメントとしては一級品だと思います。

〔伊達政宗、片倉小十郎(伊達軍)〕
 ロロノア・ゾロ真っ青(*2)の六刀流を扱う暴走族のアタマっぽい伊達政宗。しかも変な英語を使うという国際派? 
 片倉小十郎は政宗の右腕ともいうべき存在ですが、このアニメ中、唯一の常識人。無茶ブリの上司に仕えて気苦労の耐えないことと思われます。
 元々はどちらかというとマイナーな武将でしたが、このシリーズで大ブレイク。

〔武田信玄、真田幸村、猿飛佐助(武田軍)〕
 武田信玄は獅子頭に軍配を思わせる大斧を持つ武将。真田幸村は二槍を持つ信玄の部下。この二人、熱血するのはいいんですが、何かというと拳で語り合うんですな、これが。 真田幸村は辻村ジュサブロー版(*3)を知る世代にとっては別人としか思えません。
 それにひきかえ、みょ~に達観しているのが猿飛佐助。こういった肩の力の抜けたキャラクターって好きです。

〔上杉謙信、かすが(上杉軍)〕
 武田信玄のライバル、上杉謙信はちょ~美形。”私の美しき剣”ことムダにせくし~なくの一、かすが。この二人のからみは戦国モノというより、気分はもうタカラヅカ。この二人が主人公なら、宝塚歌劇団でやればベルばら以来の大ヒットになるかも(*4)。いや、マジで。

〔織田信長、明智光秀、農姫(織田軍)〕
 第六天魔王こと渋い魅力の織田信長。中の人が穴子さんとは思えません(*5)。
 サディスト全開の明智光秀。あまりお友達になりたくないタイプです。
 ガドリングガン(*6)をぶっぱなすのは織田信長の奥さん、農姫。

 と、まあ、つっこみどころ満載&BL(ボーイズラヴ)ネタてんこもりのと~っても笑える作品です。日本史が苦手でも楽しめますが、中毒性があるのでご用心。

 ところで、”独眼竜政宗辨當”は売れてるんでしょうね。私も思わず買っちゃったし。駅弁は百貨店の駅弁フェアを除けばその土地に行かないと変えないので、仙台へご旅行の際はぜひ食してください。おせじ抜きに美味しいです。
 食材のウンチクについては、”駅弁ひとり旅(*7)”に詳しいので、そちらのほうをどうぞ。

《脚注》
(*1)Production I.G
 ヤッターマンや、ガッチャマンなどを作成した”竜の子プロダクション”の流れを汲むアニメスタジオ。”攻殻機動隊”、”スカイ・クロラ”、図書館戦争”なと味のある作品を作成しています。
 次回作の劇場版“文学少女”(2010年公開予定)も心待ちにしていますよ、おぢさんは。
(*2) ロロノア・ゾロ真っ青
 尾田栄一郎の漫画”ONE PIECE”に登場する三刀流の使い手(両手に二本+口に咥えた一本目で合計三刀)。これだって、最初に見たときは相当無理があると思いましたが・・・
(*3)辻村ジュサブロー版
 NHKの連続人形劇シリーズ”真田十勇士”のこと(1975~77年)。辻村ジュサブロー(現 寿三郎)の人形が使われました。当時はこれと”新八犬伝”はけっこう見てましたが、当時のマスターテープがほとんど残っていないらしく見るのは困難のようです。NHKももったいないことをしています。
(*4)ベルばら以来の大ヒットになるかも
 池田理代子のマンガ”ベルサイユのばら”を宝塚歌劇団でミュージカル化。宝塚最大のヒット作となりました。
(*5)中の人が穴子さんとは思えません
 声を担当しているのは若本規夫。サザエさんに登場するマスオさんの同僚、穴子さんを担当されている声優さんですので”ああっ、あの声の”と思われた方も多いかと。カツオくんのガールフレンド?、花沢さんのお父さんもこの人が担当されています。
(*6)ガドリングガン
 多数の銃身を並べて斉射するガトリングガンが製品化されたのは、1861年のアメリカ。なので、1600年以前の戦国時代にこんなもんを発明できたとしたらトンデモない天才がいたんでしょうな。
 ちなみに、ガドリングは製品化した医師ガトリングの名によるもの。
(*7)駅弁ひとり旅 (アクションコミックス 櫻井 寛、はやせ 淳)
 全国の駅弁を食べ歩くというコンセプトのマンガ。第8巻は東北編で、”独眼竜政宗辨當”も載っています。初出は2009年前半なので通常版のパッケージ。でも、アニメ版のパッケージは書けないんでしょうね、著作権問題ありそうだし。

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

深夜のお食事、”美女の生き血”ってダメですか?(宇宙で暮らす道具学/ラズベリー)

 ども、ミッドナイトブロガーたいちろ~です。
 おおむねブログは深夜か早朝に書いています。頭を使う(使っているか?)作業なのでシュークリーム分(*1)が不足してきますから、本当はシュークリームを食べたいところです。でも買い置きがないので、チョコレートやジャム付きトーストなどを食べています。ということで、今回のお題”深夜に食べたくなるものは何?”ですが、答えは”甘いもの”であります。
 ところで、深夜にお食事をする人といえばこのお方、”吸血鬼”。で、今回のお話は唐突に”吸血鬼と宇宙飛行”であります。

0223 0198








写真はたいちろ~さんの撮影。
左はラズベリーの実、右はこの実で作ったジャムです(実、ジャムとも私のお手製)
とってもぶらっでぃ~~

【本】宇宙で暮らす道具学(宇宙建築研究会 雲母書房(*1))

 ”道具学”となっていますが、宇宙船、軌道エレベーター、から宇宙基地等まで、多くの宇宙で暮らす技術を紹介しています。各項目も短く写真も多用されているので、この分野の広範な知識を理解するには良い本。
【花】ラズベリー
 フランス語ではフランボワーズ。甘ずっぱい実がとても美味しいですが、生の実はあまり売っていません。栽培はそんなに難しくないので、自分で育ててみるのもよいかも。ラズベリーケトンという香り成分にはカプサイシン(唐辛子に含まれる)の3倍の脂肪燃焼効果があるそうですが、砂糖いっぱいのジャムにして食べたら意味あるのかな?

 以前、何かの短編で吸血鬼が宇宙飛行士になる本を読んだんですが(*4)、確かに考えてみると吸血鬼属性ほど宇宙飛行士に向く生き物っていないですね。強みがより強みに、弱みが弱みにならないんでしょうから。吸血鬼属性は諸説ありますが、主だったところをまとめてみると以下のようになります。

食事は血液だけでOK
 人間が生きていくためには食事が必要ですが、毎日同じものでは飽きてしまいますし、調理をするためのギャレーも必要です。なんでもチューブに入れてペッタンコというわけにはいきませんので保存するための場所もそれなりに必要になります。
 しかし吸血鬼の場合、血液があればOK。液体ですので保管場所も少なくても大丈夫ですし調理スペースも不要、空間利用効率から見てもベストな選択です。

棺桶の中で冬眠状態になれる
 長期間の宇宙飛行では酸素などを節約するために、”2001年宇宙の旅(*5)”では船員が長期間の冷凍睡眠になっています。しかし吸血鬼の場合には、こんな大げさな装置を使わずとも自分の意思で冬眠状態になれる様子。ドラキュラの映画なんかで棺桶の中で寝ているシーンでてきますがあれです。
 映画によっては灰になったドラキュラが生き血で復活するなんてのがありましたが、こうなってくると棺桶すら不要なのかもしれません。

コウモリ、狼、霧などに変身出来る
 人間というのは以外と移動速度は遅くて、最高速度で時速37.6Km、長距離で時速20.4Km、巡航速度で時速4Km程度です(*6)。
 これに対し狼は最高速度の時速70kmなら20分間、時速30km前後まで速度を落とせば一晩中獲物を追い回すことができるのだそうです(Wikipediaより)。もちろん人間はコウモリのように道具なしで空を飛ぶことはできません。
 荷物の搬送などもあるので車両は必要でしょうが、ちょっとした移動であれば、コウモリ、狼に変身できる吸血鬼のほうが走破能力としては人間をはるかに凌駕しています。でも、霧に変身できるってな? まあ、凶暴な敵から逃れるためにはすごい能力なんでしょうけど・・・

 逆に弱点として太陽の光に当たると灰になるとか、十字架に弱いとかありますが、太陽光は遮光型の宇宙服を持っていけば済みますし、十字架は逆に持っていかなければいいだけの話です。白木の杭を心臓に打ち込む、銀の弾丸を撃ちこむと死ぬというのがありますが、そんなことされりゃ人間だって死にます。

 ”宇宙で暮らす道具学”には人間が極限状態である宇宙で生存するためのさまざまな道具が出てきます。最大のネックは運送コストが高いことなので、軽量化、コンパクト化が図られていますが、吸血鬼を宇宙飛行士にすればかなり改善余地があると見込まれます

 てなことを、夜食のラズベリージャムを塗ったトーストとトマトジュース(*7)を飲みながら、うだうだ書いているわけであります。
 ホントはそんなことをしているより、絶世の美女の首筋に牙を突き立てながら、めくるめく官能の夜を(以下、自主規制)

《脚注》
(*1)シュークリーム分
 シュークリームそのものが持つ成分。シュークリーム分が足りなくなると疲労や集中力・思考力の低下等の症状が現れる。出典は”あずまんが大王”。詳しくはこちらのブログをどうぞ。
(*2) 雲母書房
 ”うんも”ではなく”きらら”と読みます。”きらら”と聞いて”まんがタイムきらら(*3)”を連想された方もいらっしゃるでしょうが、こちらは介護、福祉、医療などを主なジャンルとする出版社です。
(*3)まんがタイムきらら
 芳文社から出版されている萌え・癒し系コミック誌。最近では”けいおん”、”GA”、”ひだまりスケッチ”など、深夜アニメの原作コミックを出しています。雑誌は読んでいませんが、単行本化されたのはけっこうお気に入りで持っています。なにもすることのない時にぼ~~読むには良い作品が多いです。
(*4)何かの短編で
 星新一だったかな~ どなたかご存知じゃありませんか?
(*5)2001年宇宙の旅
 原作アーサー・C・クラーク、監督スタンリー・キューブリックによるSF映画の名作。宇宙船ディスカバリー号による木星探査の航行中、活動しているのは船長のデビッド・ボーマン、フランク・プールの2名ですが、それ以外に3名が人工冬眠中。
 ”2001年宇宙の旅”のブログもありますので、ご興味のあるかたはこちらから。
(*6)最高速度で時速37.6Km~
 最高速度は2009年度に100m走でサイン・ボルトがマークした9秒58、長距離は2008年にマラソンでハイレ・ゲブレセラシェがマークした2時間03分59秒から計算しました。もちろん100m走で1時間も走るわけではないですし、歩行についても1時間に10~15分程度の休憩が必要なので、あくまで理論値です。
(*7)トマトジュース
 、藤子不二雄のマンガ”怪物くん”に出てくるドラキュラは血の変わりにトマトジュースを飲んでましたね。これで代替できればとっても安上がりなんですが。


 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ