« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2009年10月18日 - 2009年10月24日

フロアによってエスカレーターの立ち位置が違う仙台って?!(サンダーバード/ウルトラセブン/JR仙台駅)

 ども、出張流れ者、たいちろ~です。
 今回のお題は”エスカレーター、右と左、どっちを空ける?”ですが、これって出張の多い仕事の私にはけっこう切実な問題なんですよね~
 東京の人は右を空けますが、関西の人は当然のように左を空けます。ところが仙台は関西風に左を空けますが、新幹線ホームへ上がるエスカレーターでは東京風に右を空けます。子供たちといっしょに観察したので間違いありません。おそらく東京からの出張者が多いせいかとは思いますが、無意識にやっているだけにタチが悪いです。
 頼むから、アナウンスぐらいしてくれよ~

_0075

写真はたいちろ~さんの撮影。
JR仙台駅です。
8月上旬に撮影したので、七夕飾り付き。




【DVD】サンダーバード(Thunderbirds)
 ジェリー・アンダーソンによる特撮人形劇。日本での初放映は1966年に。スーパーメカを駆使した国際救助隊(International Rescue)の活躍に心躍らせたものです。
 特急”雷鳥”が”サンダーバード”に変わった時、ちょっと嬉しかった関西人は多いはず(*1)。
【DVD】ウルトラセブン
 円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組。説明不要のスーパーヒーロー。初放映は1967年。
【旅行】JR仙台駅
 杜の都、仙台の玄関口。Wikipediaによると、旅客収入額はJR東日本の駅の中では東京駅、新宿駅に次いで第3位とのこと。これは仙台駅から首都圏間の新幹線利用客が多いためだそうです。やっぱりね~

 さて、エスカレーターの出てくる本やDVDといえば、若い人ならエヴァごっこ(*2)でしょうが、オールドファンにとってはやっぱりサンダーバード1号の発信シークエンス。あのサンダーバードの音楽を聴くと今でも”さあ、行くぞ!”みたいな元気が出ます。

 ただ、子供心に不思議だったのは”なぜ、人ではなくメカを動かすのだ?!”
 そりゃ、あれがないと間抜けなのはわかっているんですが、どう考えても人を動かすほうがコストは安いはず。こんなことを気にするなんてヒネたガキだったんでしょうね、我ながら。でも、一度は前田建設に見積もって欲しいと今でも思っています(*3)。

 ところで、この”斜めに上がる(下がる)”というエスカレーター型の移動機器(*4)って以外と無いんですね。人間の乗るエスカレータと、長距離移動のケーブルカーはありますが、その中間になるものが。”AKIRA(*5)”とか数えるほどしか思いつきませんでした。技術的な問題もなさそうだし、安全性もありそうで、絵的にも面白そうなのにね。
 これに対して垂直のエレベーター型はいっぱいあるんですが、やはりオールドファンとして上げたいのはウルトラホーク1号の発信シークエンス。やっぱりこの”出動するぞ!”という感覚がたまりませんぜ!

 冷静に考えると無駄な時間だし(*6)、バンクシステムの賜物(*7)かもしれませんが、いいじゃありませんか、効果的に使われているんだし!
 ま、さして楽しくもない通勤時間のエスカレータ、たまにはサンダーバードの音楽でも口ずさみながら乗ってみるのもいいかも。
 変な人扱いされても責任持ちませんけど。

《脚注》
(*1) 特急”雷鳥”が”サンダーバード”に変わった時~
 特急”雷鳥”は大阪駅~金沢駅・富山駅を走るJR金沢間を走るJR西日本の列車。”スーパー雷鳥(サンダーバード)が”サンダーバード”に改称したのは1997年のことだそうです。
(*2)エヴァごっこ
 エヴァンゲリオンの基地は地下にあるという設定から、けっこうエスカレータのシーンが出てきます。んでもって、長いエスカレーターがあるとついついエヴァごっこをしてしまいそうになります。
 ”となりの801ちゃん”(小島アジコ 宙出版)にもそんなネタあったな~
(*3)前田建設に見積もって欲しいと~
 前田建設は売上高3,943億円、従業員数3,790名(21年3月期、ともに連結)を誇る一流企業ですが、おちゃめなのは”ファンタジー営業部”があること。マジンガーZの格納庫や銀河鉄道999の線路の見積もりを行っています。
 土木工学系の知識はないので、見積もりの妥当性はわかりませんが、少なくともまじめに見積もっていることは確か。
 2冊が書籍、インターネットでも連載が継続しているので、土木系志望の学生さんにはぜひ詠んでいただきたいものです
(*4)エスカレーター型の移動機器
  ここでは、地面に対して搭乗部分が斜めになって、重力に水平に向いている機器をさしています。また、地面に対して垂直に移動する乗り物をエレベータと総称しています。用語の定義は科学の基本ということで・・・
(*5)AKIRA(アキラ)
 大友克洋による日本の漫画。アキラが冷凍されているポッド(玄室といったほうがいいかな?)へは斜めに動くエスカレータが配備されています。初単行本では2巻に収録。
(*6)冷静に考えると無駄な時間だし
 ウルトラセブンの場合だと攻撃されるリスクがあるので、貴重なメカを退避させる意味から必ずしもムダとは言い切れないかもしれませんが、サンダーバードの場合だと明らかに過剰設備ではないかと・・・
(*7)バンクシステムの賜物
 バンクシステムとは、特定のシーンの動画などを保存して、別の部分で流用する方式。日本初の連続テレビアニメーションの”鉄腕アトム”で利用され、アニメを毎週放送にした重要なやりかたです。命名は手塚治虫とのこと。

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

確実に『お父さんなんか大嫌い!』がぶっ飛んでくるな(三匹のおっさん/スタートレック/ミツマタ)

 ども、”おじさま”と呼ばれてみたいおぢさんたいちろ~です。
 おじさま、おじさん、おっさん、おっちゃん、このビミョ~な言語感覚に想いをはせつつ、クラリス(*1)、もとい、”三匹のおっさん”のご紹介であります。

2009021501


写真はたいちろ~さんの撮影。
鎌倉円覚寺みつまた。
ごらんのように、3つの又に分かれています。




【本】三匹のおっさん(作 有川 浩、イラスト 須藤 真澄 文藝春秋)
 定年後、ゲーセンに再就職した剣道の達人、柔道家で居酒屋の元亭主、機械をいじりの天才の工場経営者。3人のおっさん+孫と娘の高校生コンビによるご近所版スーパー戦隊?小説。年金貰ってのんびりしているだけがおぢさんではないんですよ~
【DVD】スタートレック
 アメリカのSFテレビドラマ。日本では1969年に初放映。カーク船長率いるU.S.Sエンタープライズ号による宇宙探検の物語。STO(Star Trek The Original Series)の作成から40年以上を経て、いまだに新作が作成されるという人気シリーズです。
【花】ミツマタ(三椏 三又)
 枝が必ず三つに分岐する、ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木。英語の”oriental paperbush(東洋の紙の低木)”からもわかるように紙の原料になります。

 三人組のおぢさんといえば、伝説の時代劇”三匹の侍(*2)”とか年のわかるネタもありますが、やはり、スタートレックの3人組カーク船長、Mr.スポック、ドクターマッコイなんかが思い出されます。調べてみるとアメリカでの放映が1966年で、カーク船長役のウィリアム・シャトナーは当時35歳、設定上は30歳前半なのでおぢさん扱いすると怒られそうですが、観ているこっちは小学生なので充分おぢさんです。
 いつの間にかあっさり抜いてるんだもんな~。昨日、渡辺謙(*3)と同い年と知って愕然としたとこだし・・・

 話は戻って、三匹のおっさんとスタートレックの3人組ってけっこう相似形なんですよね。パッっと見、そうは見えませんが。

〔清田清一(キヨ)=カーク船長〕
 定年後、ゲーセンに再就職した剣道の達人。おっさん3人組のリーダー的な役どころ。ヤクザまがいの男を撃退する胆力と知恵、孫にウザがられながらも尊敬を勝ち取っていくというなかなかの人格者でもあります。
〔立花重雄(シゲ)=ドクターマッコイ〕
 柔道家で居酒屋の元亭主だけあって、客あしらいなんかにも長けているムードメーカー。3人のたまり場でもある居酒屋でしょっちゅう呑んでいるようですが、店の後を任せた義理の息子にはあれこれ言わない節度も持ち合わせています。けっこうできそうでできないんですよ、これって。
〔有村則夫(ノリ)=Mr.スポック〕
 機械いじりの天才の工場経営者。頭脳派ながら、改造スタンガンによる”エレクトリカルパレード"という必殺技をお持ち。清一の孫、祐希いわく「三匹の中で最も危ねえおっさん」。そういえば、Mr.スポックもナーブ・ピンチ(*4)という必殺技があったな・・・

 べつにドラマに限らず、現実でも”リーダー”、”ムードメーカー”、”頭脳派”の組み合わせによるプロジェクトって上手くいくんですよね。”リーダー”がいないと方向性が定まらないし、”ムードメーカー”がいないとギスギスするし、”頭脳派”がいないとイケイケドンドンでブレーキがかからないし。そういった意味では両作品とも絶妙な配置であります。

 ところで、則夫とMr.スポックとの違いは娘の早苗ちゃんを溺愛していること。早苗ちゃんと祐希くんのキスシーンには激昂。まあ娘を持つ父親としてわからんでもないですが、スタンガンを振り回すのはね~。
 清一と重雄が則夫を説得というか面白がるシーン

  清一:口うるさい親父は娘に嫌われるぞ。
     あんな場面を見てて口なんぞ出そうもんなら、まず間違いなく
  重雄:ああ。確実に『お父さんなんか大嫌い!』がぶっ飛んでくるな。
     一週間や十日は口すらきいてもらえないこと請け合いだ

 おぢさん、いや娘を持つお父さんは何時までたっても大変です。

 花で取り上げたミツマタは、特に日本では紙幣の原料になります。登場する若者がカネに絡んだ悪さをするヤツが多いのに、おっさんたちはけっこうお金には淡白。自警団を作っていろんな事件を解決するものボランティア感覚ですね。年をとるということは現世的な欲望を離れて自由に生きることを知る道程でもあるのでしょか?
 できればこういうおっさんになりたいものです。

 ”三匹のおっさん”は、相変わらずのストーリ・テリングとキャラ設定のサエを見せる有川 浩の一品。須藤 真澄の初期の頃のゆうきまさみを思わせる早苗ちゃんのイラストもかわいいし。
 ”大人のためのライトノベル”とも言える作品です。ぜひご一読のほどを。

《脚注》
(*1) クラリス
 ルパン三世に登場する可憐なヒロイン。16歳のクラリスがルパンを「おじさま」と呼んでいます。かつて、この”おじさま”というセリフだけを集めた”クラリスのおじさまカセット”なるものが実在しました。
(*2)三匹の侍
 1963年~69年にフジテレビで放映された時代劇。出演は丹波哲郎、平幹二朗、長門勇、監督は五社英雄と今考えるととんでもない豪華メンバーによる作品。子供のころよく観てました。
(*3)渡辺謙(わたなべ けん)
 日本を代表する俳優。1959年10月21日生まれ。”ラストサムライ”(2003年)でのサムライ勝元盛次、”バットマン ビギンズ”(2005年)のテロ集団”影の同盟”の首領ラーズ・アル・グール役で国際的にも有名。
 この秋公開の”沈まぬ太陽”で主演。この日本航空の大変な時に・・・
(*4)ナーブ・ピンチ
  首のところを押さえることで相手を一瞬で気絶させるワザ。中学校の時、やたら握力が強いヤツがいて、こいつがよくマネをしてました。気絶まではしませんが、やたら痛い!

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

ところで、ハロウィンって何?(涼宮ハルヒちゃんの憂鬱/かぼちゃ)

 ども、ブログ界のどてかぼちゃ(*1)たいちろ~です。
 先日、奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」で、ハロウィンのディスプレイの話が載っておりました。玄関とかリビングにジャック・オー・ランタン&魔女をディスプレイした写真を載せております。
 ハロウィン自体もディニーランドとか、サンリオの企業努力のせいか、けっこう日本でも定着してきました。お菓子も売れてるようですし(*2)。
 と、いうことで今回のお題は本質的な疑問”ハロウィンって何?”であります。

1000693 0189









左の写真は奥様の撮影。ハロウィンのディスプレイであります。
本文とほかの写真は奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」をご覧ください。
右の写真はたいちろ~さんの撮影。
東京国際フォーラムにあったジャック・オー・ランタン用のかぼちゃです。

【DVD】涼宮ハルヒちゃんの憂鬱(原作 谷川流、作画 ぷよ、制作 京都アニメーション)
 谷川流&いとうのいぢのライトノベル”涼宮ハルヒの憂鬱”のパロディ作品。にもかかわらずマンガ版3巻で100万部突破のヒット作品です。
 今回のハロウィンの話は第13話でDVDの”次(第2巻) ”に収録。
【花】かぼちゃ(南瓜)
 原産は南北アメリカ大陸。カロテン、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜。健康にいいんですが子供のころはあまり好きではなかったです。
 日本でよく栽培されている緑色のかぼちゃは”西洋カボチャ”、ハロウィンで使われるオレンジ色のは”ペポ種”という種類です。

 さて、問題です。以下の問いに答えなさい。
  Q.1 ハロウィンっていつ?
  Q.2 ハロウィンに使われる”ジャック・オー・ランタン”ってなに?
  Q.3 ハロウィンはそもそも何のお祭り?

 まあ、日本人で3つとも正確に答えられる日本人って、少ないでしょうかね。

Q.1 ハロウィンっていつ?
 先日、東京駅にディズイニーシーのポスターがいっぱいあったので、一緒にいたディズニーフリークの女性に”ハロウィンっていつ?”と聞いたところ”さあ~~”とのお返事。そ~だよな~。だってディズニーハロウィンって2ケ月近くやってるんだもん(*3)。
 正解は10月31日です。

Q.2 ハロウィンに使われる”ジャック・オー・ランタン”ってなに?
 諸説あるようですが、Wikipediaによると”生前に堕落した人生を送ったまま死んだ者の魂が、死後の世界への立ち入りを拒否され、悪魔からもらった石炭を火種にし、萎びて転がっていたカブをくりぬきそれを入れたランタンを、片手に持って彷徨っている姿だとされている。”とのこと。
 魔よけなんだそうですが、あの顔で魔よけと言われてもな~
 まあ、鬼瓦(*4)みたいなもんでしょうか?

Q.3 ハロウィンはそもそも何のお祭り?

  ハルヒちゃん:ハロウィンについて知っていることを提供しなさい
  キョンくん :えっ、いや~、カボチャとコウモリが必要なんじゃないか?

    (中略)
  ハルヒちゃん:かぼちゃ被ったマントの男がコウモリをまとえばいいのかしら?
  キョンくん :オレもそう思ったけど、たぶん違うだろうな

    (中略)
  小泉くん  :なにやら、得体の知れないモノになりましたね
  キョンくん :邪教の神でも祀っているみたいだな

 まあ、日本人の一般的な認識ってこんなもんでしょうか?
 出来上がったのは、人体模型にカボチャ製のマスクにロウソク3本立てて、マントにコウモリが飛んでいるといったシロモノ。不気味なスカルマン(*5)といった様相です。
 (映像はYouTubeでどうぞ)

 ”カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前の夜(10月31日)は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていたので、これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚く”あたりがおおむね正解のようです。キルスト教の行事のようですが、キリスト教の地域で必ず祝われるという訳ではないのだそうです。
 私自身、キリスト教に詳しいわけではないので、よくわかって書いてるわけではありません。

 まあ、定着しつつあるハロウィンですが、日本人って由来なんか気にせず楽しめる国民性なんでしょうね。クリスマスだって何の日かわからなくても結構盛り上がっているし(*6)。
 でも、昨年川崎のハロウィン・パレードを見ましたが、”仮装”がいつの間にか”コスプレ”に変わっている感じ。エヴァはいるは、ショッカーはいるは、ポニョはいるは、ラムちゃんはいるは、それはちょっと趣旨が違うと思うぞ。まあ面白いからいいけど。

 ご興味がありましたら、奥様ブログ「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」もご覧ください。

《脚注》
(*1) どてかぼちゃ(土手かぼちゃ)
 どこにでも転がっている役立たずといった意味。カボチャは土質を選ばずどこででも育つが、土手のかぼちゃは肥料を与えれないので食べには向かないことから。
(*2)お菓子も売れてるようですし
 ”ハロウィン「お菓子市場」急成長 パッケージ特別仕様も続々登場
 2009年10月18日(日)配信 J-CASTニュースより
(*3)ディズニーハロウィンって2ケ月近くやってるんだもん
 2009年度は9月10日から11月3日まで。日本の風物詩だったら、盆踊りを6月中旬からやっていいるようなものです。
(*4)鬼瓦(おにがわら)
 寺社などの屋根の端につけられている鬼の顔をかたどった瓦。
 手塚治虫の”火の鳥 鳳凰編”に茜丸と我王が鬼瓦を作る競争をする話があります。名作ですので、こちらもぜひお読みください。
(*5)スカルマン
  石ノ森章太郎の漫画”スカルマン”の主人公。 ”仮面ライダー”の原型となった作品です。のちに島本和彦、MEIMUなどがリメイク。実写、アニメ版も作成されましたが、オリジナルは1970年の少年マガジンに掲載された100ページの読みきり作品。
(*6)クリスマスだって何の日かわからなくても~
 クリスマスはイエス・キリストの”降誕”を祝うキリスト教の記念日。キリストの生まれた日というのははっきりしないので、”誕生日”というのは正確ではないのだそうです。

アマゾンがターミナスになる日(ファウンデーション/パピルス)

 ども、積読がたまってしょうがないたいちろ~です。
 図書館に本屋にB○○K○FFにと本探しに余念のない毎日ですが、おかげで本がたまる一方です。フィリップ君のように脳内本棚がある人や(*1)、ビルひとつ本棚代わりに持っている女の子(*2)はいいですが、一般の本読みにとって本の置き場所というのは切実な問題。で、電子書籍も場所をとらなくていいんですが、なかなか手が出なくて。
 そうこうしている内にAmazon.comから電子ブックリーダ”Kindle”が日本でも発売されることになりました(2009年10月19日発売予定)。当面は英語書籍のみだそうですが、日本の本が読めるようになったら買うかな~これ。B○○K○FFめぐりも趣味のひとつなのでいつでも読めるということと、ぶらぶらしながらふと手にとって見るというのの違いってけっこう微妙です。

6
写真は草津市水生植物公園のHPから。
パピスルの写真。行ってみたいな~この公園。





【本】ファウンデーション(アイザック・アシモフ  早川文庫)
 滅亡の危機に直面した銀河帝国。この危機を予言した心理歴史学者のハリ・セルダンは滅亡の後に続く3万年の暗黒時代を千年に短縮するために、宇宙の知識を集めた銀河百科辞典を編纂する”ファウンデーション”を辺境の惑星”ターミナス”に設立する。
 ”銀河帝国興亡史”の第一作。
【花】パピスル(Papyrus)
 ”紙(paper)”の語源であるカヤツリグサ科の植物。記憶媒体としてのパピルスは古代エジプトではすでに利用されていたとのこと。現存するパピルス文書の最古のもの(デルヴェニ・パピルス)は紀元前340年のものだそうです。

 さて、この”Kindle”ですが、その有用性の本質はパソコンもどきで文章が読めることではなく、その後ろにある28万冊以上のタイトル。同じく”Googleブック検索”も著作権問題が決着すれば、絶版書を含む膨大な書籍(*3)がいつでも読めるようになります。

 ということで、久しぶりにアイザック・アシモフの”ファウンデーション”を読んでみました。このお話に出てくる”銀河百科辞典”というのは、惑星ターミナスに移住(追放された)科学財団”ファウンデーション”が編纂する百科辞典のことです。第一巻が発行されるまでに55年の歳月を要し、以後も改版がつづいているという膨大なもの。
 これだけ見ると、ウィキペディアに似ているようですが、ウィキペディアはだれでも編集に参加できるオンライン百科事典なのに対し、銀河百科辞典はむしろ”人類の英知の避難所”という意味合いが強いです(設立時点)。
 ちなみに、ウィキペディアを運営しているのは非営利団体”ウィキメディア財団(Wikimedia Foundation Inc)”。こちらもファウンデーションです。

 1巻目の”ファウンデーション”では、コンピュータを使ってる記載はありませんが、それは当たり前で、最初に雑誌に掲載されたのは1942年とのこと(訳者あとがきより)。"ENIAC(*4)"よりも前のことです。重要なのは、アシモフといえどこの当時に現在のコンピュータネット社会を予想できなかったということより、小説が書かれたのが第二次世界大戦当時という背景の中、戦後の復興には科学技術が不可欠であるというイマジネーションを持っていたことでしょう。

 その後、東西冷戦とその終結により知識が世界レベルで拡大していくわけですが、拡散している知識がネットワークによって手元ですぐに見ることができるというのは、私のような知識集約型のブログを書く人にとってはとっても助かります。
 単なるオタク的な知識だけかもしれませんが・・・

 グーグルもアマゾンも本をスキャンして読者に提供するというサービスを提供していますが、利便性のほかにも知識の散逸を防ぐとか(*5)の意味でも、ありかなと思っています。それにネットで見れると本が売れなくなる(書店という流通経路を含めて)ので困るとの意見もありますが、レンタルビデオ店のようにひとつのマーケットを形成するようになったりとか(*6)、音楽の有料配信サービスがビックビジネスになっているように(*7)、時代に合わせてサービスのデリバリ形態は変わっていくのはある意味必然だと考えます。
 パピルスという記憶媒体は、中国で発明された紙に取って代わられたそうですが、紙もまたいつかは違う媒体に取って代わられるんでしょうね。レコードなんかも発明されて100年強でCDになっちゃたし(*8)。

 ま、現在のファウンデーションであるアマゾン、グーグル、ウィキペディアが今後どうなっていくかはわかりませんが、コンピュータネットのインフラとして人類の発展に貢献して欲しいな~と、コンピュータサイエンス志望の娘の進学希望を見ておどうさんは思ってしまうわけであります。

《脚注》
(*1) フィリップ君のように脳内本棚がある人や
 ”仮面ライダーW”(テレビ朝日系 2009年9月~)に登場する主人公のひとり。頭の中に本棚があってなんでも検索できる"人間Google"のような人。
(*2) ビルひとつ本棚代わりに持っている女の子
 小説”R.O.D”に登場する稀代の本読み”読子・リードマン”のこと。この女性はほとんど本棚にするためだけに神保町にビルを1つ丸ごと借り切っています。愛書狂(ビブリオマニア)にとっては垂涎の的。
(*3)絶版書を含む膨大な書籍
 本というものがどれぐらい存在するかというと、日本の書籍、雑誌に限定しても図書が約905万3千冊、逐次刊行物が約1,247万4千点。この数は日本で発行される書籍を保管する義務のある国立国会図書館の蔵書数(平成19年年度末現在)なので、これをやや上回るぐらいと見てよいでしょうか。
(*4)ENIAC(エニアック)
 世界最初のコンピュータのひとつ(異説もあるので)。ペンシルベニア大学で初めて公開されたのは1946年のことです。
(*5)知識の散逸を防ぐとか
 帝国データバンクの調査によると、2008年に倒産した出版社は52社。その出版社の本は絶版になってしまうでしょうから入手はますます困難になります。
(*6)レンタルビデオ店のように~
 日本レコード協会の調査によると2008年度のCDレンタル店舗数は3,051店舗、CDの総在庫枚数は約4,022万枚と今や一大マーケットになっています。
(*7)音楽の有料配信サービスが~
 2008年の有料音楽配信の総売り上げは約905億円(前年比120%)、ダウンロード件数は約4億8000万件。同じく日本レコード協会の調査より。
(*8)レコードなんかも~
 現在の円盤型のレコードの発明は1887年。CDがコンシューマー製品として発売されたのは1982年、CDの生産枚数がLPレコードを逆転したのが1986年のことです。ちなみに、音楽配信の売上高がシングルCDを上回ったのは2006年。


 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ