« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

2009年9月20日 - 2009年9月26日

アニメdeボサノバ♪(あのうた/あのうた2/ANIME ON BOSSA/カトレア)

 ども、EXILE(エグザイル)をEXCEL(エクセル)と読んで娘に笑われたたいちろ~です。
 さて今回のお題は、”今、お気に入りの音楽教えて!”ですが、ご覧のように最近の歌はでんでんダメですね。80年代ぐらいにさかのぼるとそこそこいけるんですが。あと、アニソン系はまあまあ大丈夫。
 ということで懐かしのアニメソングをちょっとひねって、ボサノバアレンジのアニソンCDをご紹介。

Photo_16
写真は”ゆんフリー写真素材集”より
カトレアの鉢植えです
















【CD】あのうた/あのうた2(romi  インディーズ・メーカー)
 70~80年代の懐かしのアニメソングを、ボサノバテイストの新アレンジでカバーしたアルバム。
 1には”悲しみよこんにちは”、”やつらの足音のバラード”、2には”残酷な天使のテーゼ”、”愛・おぼえていますか”、”勇気100%”とメジャー曲からマイナーな名曲までを多数収録(*1)。
【CD】ANIME ON BOSSA(岩男潤子 ユニバーサルJ)
 こちらもアニソンを、ボサノバテイストでアレンジしたアルバム。
 ”キューティーハニー”や、”想い出がいっぱい”、”ロックリバーへ”などを収録(*2)。
【花】カトレア
 中南米原産のラン科の植物。美しい花を咲かせることから”洋ランの女王”と呼ばれています。花言葉は”とも呼ばれています。
 花言葉は”品格と美”、”成熟した大人の魅力”など。

 奥様がJAZZ好きなので、JAZZアレンジのCDは結構持っていますが、ボサノバテイストというのは珍しかったので借りてみましたが、いや~はまりましたね、これが! 言ってみれば、子供っぽいチューリップの花がいきなり大人の魅力のカトレアに変身したようなもの。あの絶叫系アニソン”愛をとりもどせ!!(*3)”でさえラブ・ソングに聞こえてくるから不思議。
 恐るべし、アレンジの力!

 私自身、あまりカラオケって好きじゃないんですが、会社の付き合いでたまに行くことはあります。で、なんの因果かアニソン大会を始める奴がいて(「あんたやろ!」と突っ込まれそうですが違いますってば!)、ついつい歌ってしまうんですね、これが。
 ただ、いいおぢさんがアニソンてのもな~、と心のどこかで叫ぶ声があって、”歌っちゃダメだ、歌っちゃダメだ!”と思いながらやっぱり歌ってしまうのであります。

 でも、ボサノバテイストにすると、なんとなく大人の雰囲気これでカラオケできないかな~
 ”愛をとりもどせ!!”なんて、スナックでおねいさん口説くのにも使えそうだし、”やつらの足音のバラード”なんて、サラリーマンのふとしたため息のような曲だし、"勇気100%”なんて元気の出そうな曲だし。

 おぢさん世代には意外とニーズがありそうなので、”USEN”や”UGA"(*4)でやってくんないかな~。演歌の世代がそろそろ引退する昨今、次世代のサービスドメインとしては有望だと思うんですけど。

 ちなみに、私の最近のカラオケの定番はジャズのスタンダードナンバー”Fly Me to the Moon"。かっこよく聞こえますが、エヴァンゲリオンのエンディングテーマです(^_^;)ゝ。
 ”英語耳ドリル(*5)”で練習しました。

 この3枚のCDはイージーリスニング、ドライビングのBGMとしても最適。一度ぜひ聴いてみてください

《脚注》
(*1)1には”悲しみよこんにちは”~
 悲しみよこんにちは:”めぞん一刻”のオープニングテーマ
 やつらの足音のバラード:”はじめ人間ギャートルズ”のエンディングテーマ
 残酷な天使のテーゼ:TV版”新世紀エヴァンゲリオン”のオープニングテーマ
 愛・おぼえていますか:映画版”超時空要塞マクロス”の挿入歌
 勇気100%:”忍たま乱太郎”のオープニングテーマ
(*2)”キューティーハニー”や~
 キューティーハニー:TV版”キューティーハニー”のオープニングテーマ
 想い出がいっぱい:”みゆき”のエンディングテーマ
 ロックリバーへ:”あらいぐまラスカル”のオープニングテーマ
(*3)愛をとりもどせ!!
 TV版”北斗の拳”の主題歌。原作 武論尊、作画 原哲夫のコミックをアニメ化。
 原曲は”大都会”でミリオンセラーを出した”クリスタルキング”が歌っています。
 でも、この曲って歌詞だけ読むと確かにラブソングなんだよな~
(*4)”USEN”や”UGA"
 ”USEN”は有線放送の会社で業界1位。"UGA"は”USEN”の子会社である”BMB”の運営する通信カラオケ。美声で歌うジャイアンや歌うパンダのコマーシャルをやってるあれです。
(*5)英語耳ドリル
 サブタイトルは”発音&リスニングは歌でマスター”。日本人は英語の発音がうまくできないのは音が聞き取れないからということで、簡単な歌を繰り返し聞くことで英語が上達できるという本。
 事情があって買ってみましたが、この一曲で挫折しました。


 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

レインボーマンのパロディーか、チャンドラーへのオマージュか?(仮面ライダーW/風車)

 ども、ハードボイルドなブロガー、たいちろ~です。
 さて、エヴァ的エンディング(*1)を迎えた”仮面ライダーディケイド”の後番組、”仮面ライダーW(ダブル)”ですが、けっこうはまっています。
 新番組の宣伝を見てた時はレインボーマン(*2)のパロディーかと思いましたが、探偵モノのオマージュだったんですね、一応。肉体労働者は”探偵物語”だし、頭脳労働者は”フィリップ君”だし。
 ということで、今回はガキんちょはもちろん仮面ライダー人気を支えるお母様方もあまりご存知でない元ネタ探しの旅であります。

Photo
写真はたいちろ~さんの撮影
カリフォルニア州にある風車です





【TV】仮面ライダーW(ダブル)
 2009年9月より放映開始された平成仮面ライダー第11作目(テレビ朝日)。
 翔太郎とフィリップの2人が合体して変身するという”超人バロム・1(*3)”のような仮面ライダー。
【旅行】カリフォルニア州にある風車
 米国は、カリフォルニア州で大規模な風力発電ファームを建設してるとのことなので、風力発電用の風車だと思われます。
 風力発電自体はエコ、低価格などのメリットがある反面、出力が安定しない、設置場所を選ぶなどの欠点もあり、あまり街中に設置するのは向かないと思うんですが。

 さて、ざっと思いついた元ネタですが
①帽子の探偵&ガキっっぽい女の子 ← 探偵物語
 帽子の探偵といえば松田優作演じるTV版”探偵物語”。YouTubeの映像を見ていただければ、まんまです。主人公の探偵”工藤俊作”の名はマンガ”名探偵コナン(青山剛昌)”のコナン君の本名、工藤 新一のオリジナルでもあります。
 ガキっぽい女の子+探偵は映画版”探偵物語”。主人公のお嬢様を薬師丸ひろ子が担当。松田優作も主演していますが、TV版とは別物。映画は見ていませんが、主題歌はよく覚えいています。

②主人公がフィリップ君 ← フィリップ・マーロウ
 レイモンド・チャンドラーの生み出したハードボイルド小説の探偵が”フィリップ・マーロウ(Philip Marlowe)”。探偵事務所のシーンでは代表作の”長いお別れ”が原書”The Long Goodbye”と新訳”ロング・グッドバイ(村上春樹訳)”で置いてありました。

③仮面ライダーW(ダブル) ← W(ダブル)の悲劇
 仮面ライダーのほうはアイスクリーム2段重ねでしょうが、夏樹静子の推理小説に”Wの悲劇”があります。というより、薬師丸ひろ子の主演で映画化されたので、こっちのほうが有名かも。さらにそのオリジナルがエラリー・クイーンの推理小説”Xの悲劇”。

④お前の罪を数えろ! ← 三つ数えろ
 決め台詞の”お前の罪を数えろ!”ですが、これもレイモンド・チャンドラーのマーロウ物”大いなる眠り”の映画名。主演はハードボイルドモノの名優”ボギー”こと”ハンフリー・ボガート”。この人も帽子がよく似合います。

⑤第2話 帽子が風で飛ぶシーン ← 人間の証明
 ”人間の証明”は、森村誠一の長編推理小説。こちらも松田優作の主演で映画化(1977年)。”母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね”という西條八十の叙情的な詩と、帽子が風で飛んでいくシーンはとても印象的でした。

⑥第3話 サブタイトル”Mに手を出すな” ← 現金に手を出すな
 現金は”げんきん”ではなくて”げんなま”。往年の名優ジャン・ギャバンによるフランス製ギャング映画。さすがにここまで古いと見てはいませんが、ギャバンはシムノンのメグレ警視役(*4)も当たり役だったそうです。

 あまりハードボイルドモノを多く読んでいるわけではないですが、それでもざっとあげるだけでもこれぐらいあるのだから、その道のマニアがいれば1年間で謎本1冊が書けるぐらいネタあるんだろ~な~
 よっぽど好きモノのスタッフがいるんでしょうけど、頼むから”電ライナー殺人事件”をオーナーがワトソン役で解決するなんてのはやめてくださいね(*5)。

 街の名前が風都だったり、やたら大きな風車があったり、仮面ライダーがマフラーしてたり(*6)と”風”をモチーフにしたシーンは初代ライダーを彷彿とさせますが、中身はかなりコミカル。でも、けっこう期待してたりなんかしてますよ!

《脚注》
(*1)エヴァ的エンディング
 多くの謎をぶんなげたままでTVシリーズを終了させて、映画で謎を(いちおう)解決させるという最終回の手法。エヴァはもちろん”新世紀エヴァンゲリオン”の略。でも、仮面ライダーも12月の映画公開まで引っ張るか~~
(*2)レインボーマン
 川内康範原作の特撮ヒーローシリーズ。”月火水木金土日”と七つの能力をもつ戦士。後半では2つの能力が合体するとこなども元祖”W”。
 ”W”は意外とレインボーマンの設定を忠実になぞっていて、”サイクロン”の緑はレインボーダシュ4(草木の化身)のカラーリングで、風使いの能力、”ルナ(月)”の金色でうにょ~~んと伸びる能力はレインボーダッシュ1(月の化身)のカラーリングで、すべての関節をはずしてヘビみたいになる能力の相似形です。
 でも、あんまり知らないだろ~な~、この放送がNET(現テレビ朝日)で流れたの、1972年だし。
(*3)超人バロム・1
 白鳥健太郎と木戸猛が、二人の友情のエネルギーによって合体し超人バロム・1に変身するというストーリー。1972年に日本テレビ系で放映。冗談のようですが、原作は”ゴルゴ13”の生みの親、さいとうたかお。
(*4)シムノンのメグレ警視役
 メグレ警視はジョルジュ・シムノンによる推理小説、”メグレシリーズ”の主人公。これもまだ読んでいないので、今度読んでみましょう。
(*5)”電ライナー殺人事件”をオーナーをワトソン役で~
 ”電ライナー”は”仮面ライダー電王(でんおう)”に登場する時を越える電車。”電ライナー殺人事件”の元ネタはアガサ・クリスティの”オリエント急行殺人事件”です。登場する名探偵はエルキュール・ポアロですが、ワトソン役で電車会社の重役が登場しています。オーナー役はもちろん石丸謙二郎で・・・が
(*6)仮面ライダーがマフラーしてたり
 どっちかつ~と”サイボーグ009”に見えるんですが・・・

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

ケータイの中身は気になる以前に見せないのがルール(気持ちが伝わる手紙・はがきの書き方全集/ゼフィランテス)

 ども、情報セキュリティ管理責任者のたいちろ~です(これは本当)。
 近所の道端にゼフィランテスの花が咲きました。さほどメジャーな花ではないですが、下の写真のように白い6弁花と、黄色い葯(やく)をつけるなかなかに清楚な花です。
 ゼフィランテスの花言葉は”便りがある”というもの。名前の由来であるギリシャ神話の西風の神様”ゼフィロス(*1)”から”風が便りを運ぶ”というものだそうです。
 ということで、今回のお題はメールつながりで、”恋人のケータイの中身、気になる? 気にならない?”ですが、奥様や娘、息子の携帯電話の中身がまったく気にならないといえばウソになりますが、それ以前に”人に見られないようにする”、これがルールです。

T0216
写真はたいちろ~さんの撮影
近所の道端に咲くゼフィランテスです





【本】気持ちが伝わる手紙・はがきの書き方全集(PHP研究所)
 読んだわけではありませんが、Amazon.comで”手紙の書き方”で検索したら一番最初に出てきたのがこれでした。手紙を書くケースごとに例文を集めた本です。
【花】ゼフィランテス
 ヒガンバナ科の球根草で、ペルーが原産。和名は”タマスダレ”ですが、どうも”南京玉すだれ(*2)”を連想するので、学名のほうを載せました。


 最近ではどこの会社でも”情報セキュリティ管理規定”というものがありまして、私の会社の場合だと以下のようなものです。

①会社支給の携帯電話について
 ・携帯電話にはパスワード等を必ず設定する
 ・住所録には個人を特定できるフルネームを登録しない
 ・社用のメールは見たらすぐ消して、携帯電話内に保存しない
 ・年に1回はサンプル調査でこのルールが守られているか監査を行う

②私用の携帯電話について
 ・会社支給の携帯電話のルールに準拠することを推奨する(*3)

 なんだか、がちがちだと思われるかもしれませんが、これは個人情報保護法(*4)の観点から決められたもの。
 警視庁の統計(平成20年度)によると、携帯電話の遺失届点数は166,852件、返還率は73.7%。警視庁の管轄する東京都の人口はだいたい日本の10%程度なので、ざっくり計算すると全国で170万人近くの人が携帯電話を落として、そのうち40万人近くは戻ってこない計算になります。
 ここまでくると、”携帯電話の紛失は当たり前に起こる”ことを前提にリスク管理を考える必要がでてきますので、上記のような厳しい運用規定が作られるわけです。

 まあ、昔からの紙の手紙だと、”手紙の書き方”のような形式美みたいなものがあって、勝手に人の手紙を読まないみたいなマナーが定着していますが、携帯電話のメールて、私も含めて条件反射的に打っているケースもままあります。なので、読まれて誤解されやすい内容になってしまうのかも。
 いちおう、私も女性からメールをもらう事がまったくないとは言いませんが、返信を打つのはけっこう気を使います。もし旦那様や恋人が返信を見て、あらぬ誤解を招くようだと相手の女性に迷惑をかけることになりますし(*5)。
 ま、普段から身ぎれいにしておくにこしたことはありませんけどね。

 上の情報管理規定の話は、携帯電話のパスワードをかける言い訳には良いかもしれませんが、浮気がばれてあとでもめても私は責任持てませんのでそのつもりで。
 なんだか、花のは話が殺伐とした内容になって申し訳ない。

 ところで、このブログを書いているときに、古くからの友人の女性から”引越ししました”のメールを頂きました。どうもお引越し疲れのご様子ですので、励ましのお返事メールをだそうと思っています。
 決して、浮気じゃありませんよ、奥様

《脚注》
(*1)ゼフィロス(ゼピュロス)
 美少年”ヒュアキントス”を太陽神”アポロン”と争った西風の男性神。二人に嫉妬したゼフィロスが突風を起こしてヒュアキントスを殺し、アポロンがヒュアキントスの血から作ったのが”ヒヤシンス”の花です。
(*2)南京玉すだれ
 ”さては南京玉すだれ♪”の歌にあわせて伸縮自在のすだれの形を変えて見せる大道芸。調べてみると”日本南京玉すだれ協会”というのがありました。
(*3)準拠することを推奨する
 私物ですので婉曲に言ってますが実際には”やれ!”といっているのと同じです。
(*4)個人情報保護法
 正式には”個人情報の保護に関する法律”。2006年4月に施行。個人情報の流出は賠償金などの経済的損失のみならず会社の企業価値(信頼性、イメージなど)を損ねるので、非常に神経質になっています。
(*5)あらぬ誤解を招くようだと~
 誤解でないようなラブラブな関係になることを期待しないわけでもないんですが・・・

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

カルネアデスは朝蜘蛛を殺すか?(蜘蛛の糸/蜘蛛)

 ども、”無益な殺生はせぬ(*1)”のたいちろ~です。
 さて今回のお題は、”何となく信じている「迷信」ってある?”ですが、”朝蜘蛛を殺すな”ですかね。寮の部屋が1階ですので、時々小さな蜘蛛が入ってきますが、つまんで庭に逃がすようにしています。まあ、朝っぱらから無益な殺生をするのもなんなんでぐらいの気持ち(*2)ですが、深い意味はありません。

0200


写真はたいちろ~さんの撮影
近所の公園で、朝の散歩で見つけた蜘蛛です










【本】蜘蛛の糸(芥川龍之介 新潮文庫他)
 お釈迦さまが、地獄で苦しむ罪人のカンダタを蜘蛛の糸を使って救おうとするお話。芥川龍之介の初の児童文学作品。初出は1918年(大正7年)の「赤い鳥」創刊号。
【動物】蜘蛛(くも)
 網を張って虫を捕食することで知られていますが、分類上では昆虫ではありません(脚が8本、頭部と胸部の境界が明確でない、触角がない等)。
 蜘蛛の糸は意外と強靭で、強度は同じ太さの鋼鉄の5倍、伸縮率はナイロンの2倍もあるのだそうです。

 迷信では”朝の蜘蛛は福が来る、夜の蜘蛛は盗人が来る”という内容ですが、一般的には、朝の蜘蛛は吉兆(待ち人来るとか)として扱われているようです。蜘蛛自体は害虫を捕まえる益虫ですが、蜘蛛の網(巣)を作るのは意外と早く1時間ぐらいしかかからないので、見つけたら早めに取らないとすぐに巣を作られてしまいます。

 さて、蜘蛛に関する小説といえば、真っ先に浮かぶのが芥川龍之介の”蜘蛛の糸”。お釈迦さまが蜘蛛の糸を使って悪人のカンダタを救おうとするお話はご存知だと思いますが、改めて読んでみると(*3)けっこう変なお話です。

 なぜ、一番の悪人であるカンダタが”蜘蛛を助けたことがある”という理由だけでお釈迦さまが救おうとしたのか? 他にもっと軽い罪で地獄に落とされた人から見れば、”なんでこいつだけが!(*4)”と思っても無理の無いこと。だったら俺もと思って救いの糸にしがみついたのに、カンダタの発言のせいで一蓮托生に地獄に落っことされたのでは、たまったもんじゃありません。

 さて、表題にある”カルネアデス”というのは古代ギリシアの哲学者です。この人が出した問題に”カルネアデスの舟板”というのがあって、内容は以下のとおり。

 一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、一片の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。その後救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われなかった。(Wikipediaより抜粋)

 これは、現代の日本の法律では刑法37条「緊急避難」に該当する行為で、現在の法律でも無罪になるんだそうです。
 どうも、SFではこの考え方が好きなようで、”冷たい方程式テーマ(*5)”なんかはまさにこれ。他にも”トップをねらえ!”や星野之宣のマンガに”カルネアデス計画”というのが出てきます(*6)。

 小学校では”自分だけ助かろうとしたカンダタの心が”うんぬん言ってたような覚えがありますが、そんなに簡単な話ではなさそう。
 ”助かった凶悪犯人と、助からなかった可憐な少女”みたいな組み合わせを裁判員制度で扱ってみたらなかなか哲学的な裁判になるでしょうね。市民感情と法理論がかみ合わない例として新たな判例ができそうですが。

 ということで、”もし私が地獄に落ちたら、ちゃんと恩返しをするのだぞ!”と言い含めて、蜘蛛を逃がしているわけであります。

《脚注》
(*1)無益な殺生はせぬ
 ルパン三世に登場する十三代目石川五ェ門の名セリフ。”ルパン三世 カリオストロの城”のラストシーンでは、勝負のついた敵キャラから”(私を)切れ”という言葉に対し、このセリフを言ってます。
(*2)朝っぱらから無益な殺生~
 でも、育てている植物につく虫はためらわず駆除します。この辺がガーデナーの業の深いところかも・・・
(*3)改めて読んでみると
 青空文庫でも読むことができます。
(*4)なんでこいつだけが!
 ”オルトロスの犬”というTVドラマ(TBSで放映)で、あらゆる傷や病を治すことができる「神の手」の持ち主から救われた人に対して”お前だけが救われやがって”みたいな迫害のシーンが出ていました。
 私はほとんど見ていませんが、主演が滝沢秀明ということもあってか、奥様と娘がはまっています。
(*5)冷たい方程式テーマ
 燃料や空気が限られた宇宙船で密航者が発見されると、密航者は船外に廃棄しないといけないという状況の元でのクルーの苦悩を扱ったもの。”冷たい方程式”はトム・ゴドウィンによるSF小説の古典的名作。原題は”The Cold Equations”。
(*6)”トップをねらえ!”や星野之宣のマンガに~
 ”トップをねらえ!”はガイナックスによるアニメ作品。星野之宣のマンガは”カルネアデス計画”という短編で、”はるかなる朝(集英社)”に収録。
 ともに、地球を救うために敵/相手の星を殲滅するという内容。


奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ