« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日

こんな夜に貴女に乗れないなんて♪(雨上がりの夜空に/県立地球防衛軍/アカシア)

 ども、雨にぬれながらたたずむたいちろ~です(*1)。
 さて、今回のお題は”「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?”ですが、忌野 清志郎さんが亡くなられ(*2)、良くこの曲がかかっていたので今回はRCサクセションの”雨上がりの夜空に”をチョイスしました。

1045l
写真は”SozaiRoom.com”より
アカシアです



【CD】雨上がりの夜空に(RCサクセション、作詞・作曲 忌野清志郎他)
 1980年に発表された忌野清志郎をメンバーとするRCサクセションの曲。
【本】県立地球防衛軍(安永 航一郎)
【DVD】県立地球防衛軍(原作 安永航一郎,監督 早川啓二,脚本 伊藤和典)
 1983年より連載された安永航一郎(やすながこういちろう)のマンガ。86年にOVA化。原作はサブタイトルがすべて”ウルトラセブン”のサブタイトルのパロディになっています。
【花】アカシア
 3~4月に輝く黄色い花が咲く常緑樹。花言葉は”優雅、友情、秘密の愛”など。バレンタインデー(2月14日)の誕生花だそうです。


 歌詞だけ読むと、雨上がりの夜にドライブに出かけようとするけど、エンジンがかからなくて発車できないという曲なんですが、忌野 清志郎の独特のメロディーラインで歌うと、そ~は聞こえませんね。

  どうしたんだ、Hey Hey Baby
  バッテリーはビンビンだぜ

  こんな夜におまえに乗れないなんて
  こんな夜に発車できないなんて


 ビンビンはオ○ン○ンを連想させるし、発車も音だけなら”発射”かと思っちゃうし。(下品なネタですいません)。NHKのニュースでもこの曲をかけたんでしょうか?(*3)
 ところで、忌野 清志郎といえば、一般の人はほとんど聴いたことのない迷曲(?)に”S.F”というのがあります。これは、アニメ版”県立地球防衛軍”をRCサクセションが担当していて、”S.F”はその主題歌です。
 
 もともと、私の友人の友人であだ名が”鳥坂さん(*4)”という人に教えてもらいました。この人の学校の後輩が”安永 航一郎”ということで、”面白いよ!”と薦められました。
 いや~、面白かったですね!

 ”世界征服を企む地元材木屋の若旦那チルソニアン将軍率いる電柱組と、それを阻止せんとする県立地球防衛軍との戦い”なんですが、県立ですよ、県立! そもそも、電柱組からして、世界征服の始めに県(*5)”の征服を企むというセコさです。

 実に1980年代前後のSFシーンがノリノリのアニメです。

  ・おめーだって、喜んでスティーブ・オースチンより
   すげーの作るっていったじゃねーか
  ・(インドといえば)レインボーマンがいるじゃない!
  ・アニメ版の第一話が”県立作戦第一号
  ・アニメ版の第二話が”魔の店へ飛べ”(*6)

 声優がまたすごくて、正義の味方がアムロ(古谷徹)に、ブライト艦長(鈴置洋孝)にスレッガー中尉(玄田哲章)に、ララァ(潘恵子)に、悪の首領チルソニアン将軍がシャア少佐(池田秀一)にと、ほとんど”裏ガンダム”と断言しても過言ではありません。

 今回は、かなり脱線してしまいましたが(*7)、雨と花といえば、”アカシアの雨がやむとき(*8)”でしょうかね。”このまま死んでしまいたい”という女の子に”アカシアの雨にうたれて?”とつっこむギャグもあったし(*9)。
 でも、これも古いのでパスということで。

 ”県立地球防衛軍”はAmazon.comで見ると、本、VTRとも絶版のようですが、アニメ版はYouTubeで見ることができます元気だったころの忌野 清志郎のミュージックがそこにあります


《脚注》
(*1)雨にぬれながらたたずむたいちろ~です
 メロディーは三善英史のデビュー・シングル””より。作詞 千家和也、作曲、浜圭介。確かこのレコード買った覚えがあるのでネタにしようかと思ったんですが、1972年発売と古すぎるので、パスしました。
 アデランスバージョンはこちら。時間って残酷です。
(*2)忌野 清志郎さんが亡くなられ
 2009年5月2日に癌性リンパ管症により死去。
 ご冥福をお祈りいたします。
(*3)NHKのニュースでもこの曲をかけたんでしょうか?
 忌野清志郎の代表曲に”い・け・な・いルージュマジック”がありますが、この曲は資生堂のCM(1982年)テーマソングなのでこんなことを気にしました。
(*4)鳥坂さん
 ”究極超人あ~る”に登場する光画部(=写真部)のセンパイ。会社員なのに長髪にサングラスをしていて、ほんとにそっくりでした。
(*5)県
 モデルは、一村一品運動で有名だった○分県かと。
(*6)おめーだって、喜んでスティーブ・オースチンより~
 スティーブ・オースチンは”600万ドルの男”に登場するサイボーグ。レインボーマンはインドで修行した特撮ヒーロー。”県立作戦第一号”のモトネタはウルトラマン第1話”ウルトラ作戦第一号”、”魔の店へ飛べ”のモトネタはウルトラセブン第11話”魔の山へ飛べ”です。別にわかったからと言ってだれもほめてはくれない知識ですけど。
(*7)今回は、かなり脱線してしまいましたが
 今回だけか?
(*8)アカシアの雨がやむとき
 1960年に発売された西田佐知子の曲。作詞 水木かおる、作曲 藤原秀行。
(*9)”このまま死んでしまいたい”という女の子に~
 ラシャーヌだったかパタリロだったか・・・(ともに魔夜峰央のマンガ)

今だったらキューティソニー、かな?(昭和特撮大全/文鳥)

 ども、昭和の怪獣王子、たいちろ~です。
 先日、昭和の特撮のブログを書いたんですが、それもあって”昭和特撮大全”という本を読みました。
 で、今回のお題は”古き時代の特撮”としてその本のご紹介なんですが、先にお断りしておくと、40代以上で、”テレビばっかり見てないで、勉強しなさい!”とオカンに怒られていた方でないとわからない話です。それでもよろしければ先にお進みください。

159
写真は”小鳥とぶらり鹿児島の旅”より
文鳥の写真。
文鳥とセキセインコが遊んでる写真のつまったHPです。


【本】昭和特撮大全 甦る伝説のヒーローたち(岩佐 陽一 三才ブックス)
 昭和30年代の月光仮面からの特撮ヒーロー、ヒロインの番組を集めた本。解説でありますが、そのころ子供だったおぢさんの思い出話でもあります。
【自然】文鳥(ブンチョウ)
 スズメ目カエデチョウ科の鳥類。体長13~14cm。英語では”Java Sparrow”。雛のころから飼いならすと手乗り文鳥になります。


 私もオカンに怒られていた口なので、この手の話題はけっこうついて行ける方だと思っていますが、この本はそんな私から見てもかなりディープです。”ウルトラマン”や”仮面ライダー”、”ゴレンジャー”は鉄板ですが、”シルバー仮面”、”アイアンキング”、”レットバロン”あたりは見た記憶がある程度、”カゲスター”や”魔人ハンター ミツルギ”あたりになると放映してたのは知っていましたがさすがに見たことのない作品です。(たぶん、この時点で話についていってる人は少ないのではないかと・・・)

 代表して1本説明しますと、1967年に放映された”光速エスパー”。
 主人公の”東ヒカル”は光速ロケット、レーザーガンなどの7つの能力を秘めた強化服を着て悪のエイリアンと戦うというお話ですが、そのスタイルはヘルメットをかぶったスキューバダイビングといった趣。でも、当時はけっこうスタイリッシュだったんですよね、これでも。
 サポートメカの”チカ”もかわいかったし。”チカ”はたぶん文鳥をモデルにしたような肩のり型のロボット。改めて調べるとヒカルのオカンがテレパシーで操っている設定だそうですが、プログラミング言語はやはりJava(*1)でしょうか?

 ”光速エスパー”は当時の東芝のマスコットキャラクターで、主人公”東ヒカル”も東芝のコマーシャル(*2)からとった様子。当時、電気屋さんの店頭に光速エスパーの人形があったよな~ 今、あの人形どうなっているんだろう。
 考えたら、スポンサーのキャラクターを堂々とヒーロー番組にしてしまうんだから、おおらかな時代でした。本書では脚注にちょこっとあるだけですが、”ナショナルキッド(*3)”というのもありました。さすがにここまで古いと見てはいませんけど。

 今なら、スポンサーがSONYで、”キューティソニー(CutieSONY)(*4)”てな感じでしょうか?
 音楽で世界制服を企むマッキン党のポッド怪獣(*5)と戦う正義の戦士キューティソニー!
 すいません、悪い冗談です。最近残業が多いのでちょっと疲れています・・・(*6)

 話を戻します。
 
 この本で取り上げている作品というのが、マニアックというか歪んでいると言うか(*7)、”おはよう!こどもショー(*8)”系はいくつか取り上げているのに、”キカイダー”や”がんばれロボコン”、”ジャンボーグA”、”マグマ大使”はとかは扱っていないし、巻末のリストにいたっては”丸出だめ夫”、”快獣ブースカ”なんてのは名前すら出てきません。
 そのかわり、川内康範(*9)はこよなく愛しているようです。

 普通、本というのは、”面白いか、面白くないか”、”役に立つか立たないか”などで評価されますが、この本を読まれる人の評価は”面白いか、わからないか”のどちらかではないかと。
 ニッチなマーケットで、かつ、ピンポイントの読者向けの本。いったい何冊売れたのか人ごとながら気になります。


《脚注》
(*1)Java
 サン・マイクロシステムズによって開発されたオブジェクト指向プログラミング言語。アプリケーションの動作がOSに依存しないのでけっこう普及しています。(これを説明すると長くなるので、興味のあるかたは自分で調べてみてください)
(*2)東芝のコマーシャル
 当時は”光る~光る東芝~~”というコマーシャルソングが流れていたのは、ご年配の方なら記憶にあるはず。
(*3)ナショナルキッド
 ナショナルはパナソニック(旧松下電器産業)のブランド名。こういうことも書いとかないと、10年もたてばわからない人も出てくるんでしょうね。
(*4)キューティソニー
 もちろんオリジナルはキューティハニー(CutieHoney)。永井豪原作のSFアクションお色気マンガ&アニメ。
 昔、おぢさんが子供のころはアニメの変身シーンにどきどきしていましたが、今では倖田來未がカバーした主題歌のほうがメジャーになりました。
(*5)ポッド怪獣
 ポッド(pod)は、英語でエンドウのさや、まゆ、格納庫といった意味です。まあ、ウルトラセブンのカプセル怪獣(ウインダム、ミクラス)をイメージしていただければよろしいかと。
(*6)最近残業が多いのでちょっと疲れています・・・
 だったら、ブログなんか書いていないで、とっとと寝なさい!
(*7)歪んでいると言うか
 じゃ、何がまっすぐなんだ?
(*8)おはよう!こどもショー
 1965年~79年に日本テレビ系列で放映された朝の子供番組。”おはスタ(TV東京)”、”ウゴウゴルーガ(フジテレビ)”、”ひらけ!ポンキッキ(フジテレビ)”などのご先祖様です。
 本書では”行け! グリーンマン”と”行け! 牛若小太郎”を取り上げていますが、さすがに記憶にないです。
(*9)川内康範
 作詞家、脚本家、政治評論家。特撮では”月光仮面”、”レインボーマン”、”ダイヤモンド・アイ”、”コンドールマン”などを担当。”おふくろさん”の作詞家でもあります。
 ”月光仮面”のモットーは「憎むな、殺すな、赦(ゆる)しましょう」ですが、森進一は赦せなかったようです。

帰りなんいざ、田園まさにあれなんとす(帰去来の辞/仙台の田舎)

 ども、単身赴任のおとうさん、たいちろ~です。
 さて、今回のお題は”都会と田舎、住むならどちらがいい?”ですが、”都会で働いて田舎に暮らす”でしょうか。実は単身赴任で東京で働いて、自宅は仙台とこれに近い生活をしています。ただ、”都会で働いて”がない家族は仙台が気に入っていて東京に来てくれません。このままだと定年まで単身赴任でしょうか
 ということで今回ご紹介するのは”田舎暮らしの本”。まんま”田舎暮らしの本”という雑誌もありますが、最近軽めの本が続いているので今回は古典から”帰去来の辞”にしました。

0026
写真はたいちろ~さんの撮影
仙台の田舎。あけびを取りにいった時に撮影しました



【本】帰去来の辞(陶淵明 とうえんめい)
 魏晋南北朝から宋(南朝)時代の人(365年~427年)。後世”隠逸詩人”、”田園詩人”と呼ばれた文学者。
 ”帰去来”と聞いてさだまさしを連想した人(*1)はおそらく40代以上の方かと。タイトルのオリジナルはこれです。
【旅行】仙台の田舎
 仙台市といえば、東北のニューヨーク、東北の自由の女神と言われる”伊達政宗像”がありますが、ちょっと車で走るとけっこうな田舎です(*2)。


 〔原文〕
   歸去來兮
   田園將蕪胡不歸
   既自以心爲形役
   奚惆悵而獨悲

 〔書き下し文〕
   帰りなんいざ
   田園将(まさ)に蕪(あ)れなんとす なんぞ帰らざる
   既に自ら心を以(もっ)て形(からだ)の役(しもべ)となす
   奚(なん)ぞ惆悵(ゆうちょう)として独(ひと)り悲しむや


 〔現代語訳〕
   さあ、早く帰ろうよ
   故郷の田園がいまにも荒廃しそうなのに
   どうして帰らずにいられよう
   自ら求めて精神を肉体の奴隷と化してしまっているのに
   ひとりくよくよと嘆き悲しんだところで、どうなるものでもない

      ”中国名詩選 中(岩波文庫 松枝 茂夫 編)”より引用
        ※全文は”壺齋散人”のHPでもごらんいただけます

 これは、陶淵明が役人生活を止めて故郷へ帰った時の詩。淵明、41歳です。
 田舎に帰ろう。世俗との交わりを絶ち、再就職なんか望まない。親戚との話や音楽や読書を楽しみに余生を送ろう。春には田んぼに出かけ、季節の移り変わりを喜ぶ。そしてゆるゆると天命の尽きるを待とう。
 そんな詩です。

 今年で年金受給資格者となったおぢさんとしては、定年後はこうありたいです
 
 私自身、”北の国から”的田舎(*3)に住んだことはないですが、やはり定年後は仙台に戻るのもいいかも。私は図書館とBOOKOFFとTUTAYAがあれば、どこでも生きていけます

 それにガーデニングなんぞを趣味にしていると(*4)、季節の流れというか、人の都合でない世界というのを感じます。食べるのに困らない程度にお金があれば、こういう隠遁生活にとっても憧れます。現役時代は出世を望まず、定年してからも贅沢を望まず、晴れた日には庭仕事をし、雨の日には読書を楽しむ(*5)。事情が許せば(*6)、今からでもそんな生活がしたいです。

 だから、ちゃんと年金はくださいね!


《脚注》
(*1)”帰去来”と聞いてさだまさしを連想した人
 さだまさしが1976年に発売したソロ1枚目のオリジナル・アルバム。
 ”多情”仏心”、”第三病棟”、”童話作家”、”転宅”など、初期の名曲が収められています。
(*2)東北のニューヨーク~
 漫才師”U字工事”のネタ。最近の若手の中ではけっこう気に入ってます。
(*3)”北の国から”的田舎
 さだまさしの主題歌『北の国から〜遥かなる大地より〜』つながりで。別に舞台になった富良野が田舎だと言ってるわけではありません。
 大学時代、私の友人が第一シーズン(1981年放映)のロケに出くわして、エキストラとして出演しています。
(*4)ガーデニングなんぞを趣味にしていると
 カッコつけて言ってますが、キュウリ、トマト、シソなど食べられるものしか植えていません。
(*5)晴れた日には庭仕事をし~
 だから私のブログのタイトルは”晴耕雨読”です
(*6)事情が許せば
 住宅ローンと、子供の学費が残っているので事情が許してくれません

初日から遅刻じゃかなりヤバイって感じだよね!(エヴァンゲリオン/お米)

 ども、ブログ界の碇ゲンドウ(*1)、たいちろ~です。
 さて、今回のお題は”毎日の朝食、あなたはご飯派? パン派?”ですが、本来はパン派なんですが、単身赴任寮の朝がご飯なので、今はご飯派です。
 で、今回のテーマは”朝食と遅刻”。

0055
写真はたいちろ~さんの撮影
近所で植えられているお米なんですが、
なぜ植えているかは不明。





【DVD】新世紀エヴァンゲリオン(監督 庵野秀明、GAINAX)
 今や日本を代表するアニメ。今回の表題は”学園エヴァ”と呼ばれるTVシリーズの”世界の中心でアイを叫んだけもの(*2)”のシーンより。おそらく日本アニメ史上、最も難解な最終回。
【花】お米
 普通の米飯に用いられるのが粳米(うるちまい)、成分はアミロース約20%とアミロペクチン約80%。アミロースを含まず、アミロペクチンだけが含まれる米が糯米(もちごめ)です。


 パンをくわえて走る女の子。別の道から走ってくる男の子。
 見通しの悪い角でぶつかる2人


 ”Boy meets girl(*3)”の定番のシーンです。
 代表例としては、エヴァンゲリオンの最終回。幼馴染のシンジとアスカが遅刻しそうなので、走って登校中。同じく遅刻しそうで走っている転校生のレイ。交差点で出会いがしらにごっつんこ。これが二人の初めての出会いになります(*4)。
 このブログを書くにあたり、ぱらぱら他の人のブログを見てましたら、なっちーさんもこのネタやってました。 まあ、それなりに有名なシーンです。

 でも、誰の発言かは忘れましたが”実際にパンをくわえて走っている女の子を見たことがない!”。
 確かに言われてみれば、見たことないですね~~

 遅刻の象徴的なシーンですが、まあ、パンでないと絵になりません。おにぎりだとのどにつまりそうだし、めざしをくわえたんでは貧乏侍っぽいし。
 ウイダーinゼリーは、道端に容器が捨ててあるのを見たことがあるのでたぶんマジでやってる人がいそうです。気分はもう木村拓哉で(*5)。
 でも、女子高生がやるんではね~。

 ウイダーinゼリーのホームページを見ていると”父の日は、ウイダーinゼリーで頑張るお父さんを応援! 日頃の感謝を込め、ウイダーinゼリーをプレゼントしよう!”というのが載ってました(2009年6月21日現在)。でも、感謝の気持ちがあるならお父さんに朝飯ぐらいちゃんと作って欲しいものです(*6)。

 ところで、最近お米を使ったパンというのが売っています。
 パンは本来、グルテンを多く含む小麦でつくられていて、グルテンを含まないお米ではなかったんですが、米粉にグルテンを追加したりしてパンにしています。小麦のパンよりもっちり感があっておいしいです。
 
 ところで、これってご飯派? パン派?


《脚注》
(*1)碇ゲンドウ
 エヴァンゲリオンの主人公”碇シンジ”の父親。仕事人間だわ、子供には冷たいわ、部下を愛人にするわ(しかも母娘とも)と、どう見ても父の日にプレゼントをもらえるタイプの人ではないです。
 これを書いているのが父の日なので、ちょっと入れてみました。
(*2)世界の中心でアイを叫んだけもの
 題名はハーラン・エリスンのSF小説”世界の中心で愛を叫んだけもの”から。まだ読んでいません。ちなみに、
 エリスン ”世界の中心で愛を叫んだけもの”
   ⇒ エヴァンゲリオン”世界の中心でアイを叫んだけもの”
      ⇒ 片山恭一 ”世界の中心で、愛をさけぶ”
 つながりになります。
(*3)Boy meets girl
 音楽では作詞・作曲 小室哲哉、ミュージシャン trfが有名ですが、今回この話題はでてきません。あしからず。
(*4)これが二人の初めての出会いになります
 まあ、パンツが見えたの見えないのという話はお約束ということで。
 ちなみに、本作品中、唯一元気な綾波レイのシーンです。
(*5)気分はもう木村拓哉で
 木村拓哉が走りながら”ウイダーinゼリー”を飲むというCMがありました。
(*6)お父さんに朝飯ぐらいちゃんと作って欲しいものです
 別にウイダーinゼリーに恨みがあるわけではありません。念のため。

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ