« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日

ブログはまだ書けないけど、きっと覚えます(ルパン三世 カリオストロの城/薔薇)

 ども、”クラリス、好きじゃ~~~~(*1)”のたいちろ~です。
 今回のお題は”宮崎アニメ、好きなのはどれ?”ですが、やはりNo.1と言えば”ルパン三世 カリオストロの城”!
 おじさまは語りますよ、このネタは!

Photo
写真は”Endless Travel”より。
ピンクの薔薇



【本】ルパン三世 カリオストロの城(監督 宮崎駿、出演 山田康雄、島本須美)
 ルパン三世は「ゴート札」という偽札の謎を追って、カリオストロ公国に潜入するが、そこで誘拐されそうになるクラリス・ド・カリオストロを助ける。
 1979年公開の宮崎駿の初監督作品。
【花】薔薇(ばら)
 薔薇は花言葉が多い花です。”情熱の赤いバラ(*2)”が有名ですが、赤は”愛情、情熱”、黄色は”友情、可憐”白は”尊敬、純潔”など。


 ”なつかしのアニメ特集”ではラストシーンルパンとヒロインのクラリスの別れ(*3)、銭形警部の名セリフ(*4)が有名ですが、私が好きなのは、塔の中に閉じ込められたクラリスをなぐさめるためにルパンが手品をしたシーン(日本語版が見つからなかったので、英語版で)。握った手の中から小さなピンクの薔薇を出したり、小さな万国旗を出したり。つながった万国旗の糸がルパンとクラリスの絆を感じさせます。
 バックに流れる”炎のたからもの(*5)”もすごくマッチしています。

 ピンクの薔薇の花言葉は”美しい少女”。
 二人の関係は”赤の愛情”ではないでしょうし、”黄色の可憐”や”白の純潔”も悪くはないんですが、やはりクラリスといえば”美しい少女”でしょうか。調べてみて思いましたが、宮崎駿の芸の細かさがわかります。

 ヒロインのクラリスの声を担当したのが島本須美さんです。宮崎アニメのヒロインでは定番の声優さん。他に”風の谷のナウシカ(*6)”の主人公のナウシカが有名ですが、原点はこちら。でも、”となりのトトロ”のお母さん役のときはちょっと驚きました。

 私の高校の友人に、”クラリスのおじさまカセット”というカセットテープ(*7)を持っているやつがおりました。何かというとクラリスの”おじさま”という声だけを集めて、延々くりかえすというシロモノ。一度、聴かせてもらいましたが、あれは良いものです。ダビングさせてもらっとけばよかった・・・
 そういえば、こやつは”DAICONⅣ”のオープニングアニメ(*8)にもかかわっておったな~。主人公の女の子はクラリスを彷彿とさせるキャラクターです。

 かくいう私も、大学祭の上映映画では、実行委員長の強権でこの映画の上映を決めましたが・・・(^_^;)ゝ

 ”カリオストロの城”は、1979年公開と30年前の作品ながら、現在でも絶大な人気を誇る日本アニメ界の名作。現在でも日本テレビ系の『金曜ロードショー』では数年に一度放映されており、安定した視聴率を記録しているそうです。(Wikipediaより)

 ぜひ、ごらんいただきたい宮崎アニメの最高峰であります!


《脚注》
(*1)クラリス、好きじゃ~~~~
 ”めぞん一刻(高橋留美子)”から。主人公、五代 裕作の雄たけび。ヒロインの音無 響子さんの声はクラリスと同じく島本須美さんが担当しました。
(*2)情熱の赤いバラ
 ”あたしンち”(けらえいこ)のアニメに登場するお母さんが鼻歌で歌っています。
(*3)ルパンとヒロインのクラリスの別れ
 クラリス)私も連れてって
      どろぼうはまだできないけと、きっと覚えます

  ←可憐だ・・・(by 石川五ェ門)
(*4)銭形警部の名セリフ
 銭形警部)くそっ、一足遅かったか・・・ ルパンめ、まんまと盗みおって
 クラリス)いえ、あの方は何も盗らなかったわ
      私のために私に戦ってくださったんです
 銭形警部)いや、やつはとんでもないものを盗んでいきました
      あなたの心です

 クラリス)はい!
(*5)炎のたからもの
 作詞 橋本淳、作曲 大野雄二、唄 ボビー。名曲です。
(*6)”風の谷のナウシカ”
 公開は1984年。最近では”らき☆すた”で主人公”泉こなた”のお母さん”泉かなた”を担当してました。この番組としては、ほのぼのしたエピソードですが、次回予告ではナウシカのパロディをされておりました。
(*7)カセットテープ
 なんせ、1979年ですから。
(*8)”DAICONⅣ”のオープニングアニメ
 ”DAICONⅣ”は1983年に開催された第22回日本SF大会のこと。TV版”電車男”オープニングの原点がこれ。オープニングアニメは大学生の作成ながら、そのセンスオブワンダーとそのクオリティから高く評価されています。当時のスタッフは岡田斗司夫、武田康廣、庵野秀明、山賀博之、貞本義行と、のちにガイナックスの中核メンバになり”エヴァンゲリオン”を作成することになります。

同性愛者には、目に見えない翼があるんだよ(翼人たち/ハエトリグサ)

 ども、”ブログ界のバンコラン少佐(*1)”こと たいちろ~です(ウソです)。
 先日、植木市に行きましたところ、珍しく食虫植物を売っているお店がありまして、”ハエトリグサ”なぞありました。で、たまたま今読んでいる本”翼人たち”に食虫植物のことが書いてありましたので、今回はこの本のご紹介。
 お題は”同性愛者の翼”です。


0110
写真はたいちろ~さんの撮影。
植木市で見つけたハエトリグサ



【本】翼人たち(森 奈津子)
 普通のOLの未来子(みきこ)は同性愛者の男岸田から、同性愛の世界の秘密の話を聞かされる。かつての高校の友人桃枝と再会することで、本人も同性愛者であったことを発見し・・・
 ”シロツメクサ、アカツメクサ(光文社文庫)”に収録。
【花】ハエトリグサ(蠅捕草)
 北アメリカ原産の食虫植物。葉を素早く閉じて獲物を捕食する。英語では葉の縁のトゲをまつ毛に見立てることから”Venus Fly Trap(女神のハエ取り罠)”。


 同性愛者の男、岸田さんによると、同性愛者の背中には、目に見えない翼があるんだそうです。

  背中のあたりを見ながら 目をゆっくりゆっくりとすがめていくと
  ある瞬間に、その翼が見えるんだよ
 (本文より)

 私自身は、そっちのケはないので見たことはありませんが、素敵なイメージだと思います。迫害される世の中から、おおらかな別世界に対する憧憬の現れが翼とのこと。

  これは、逃亡のための翼なんだよ
  しかも、役立たずの (本文より)

 時々、背中から翼が生えて、窓から飛んでいくイメージを見ることがあります。別に仕事に行き詰っているとかいうわけではありませんが、つまらない浮世を離れて大空を飛んでいけたらい~な~と。空中浮揚(*2)ではなく、やはり翼があって、はばたいて、滑るように飛んだりするのがいいですね。もっとも、その翼のイメージがコウモリというのが難ですが・・・(*3)

  だけどいつか気付くでしょう その背中には
  遥か未来めざすための羽根があること
 (*4)

 ”翼人たち”では逃亡のための翼といっていますが、背中の翼には未来への飛翔というイメージもあります。同性愛者の未来はよくわかりませんが、まあヒカル・スールー(*5)の例もあることですし、以前よりは社会も寛容になっているのではないかと。
 昨今の、腐女子ブーム(*6)を見ていると、美形のカップリングへの妄想は(以下自主規制)。

 話は食虫植物に戻ります。高校の友人で同性愛者の桃枝さんにせまられた時シーンで、
  下着の内側に、熱く息づくものがあった
   (中略)
  ひそやかに脈打ち蜜をしたたらせる肉食の花のイメージが、
  脳裏でちらついた
 (本文より)

 特に何の花とは書いていませんが、ハエトリグサっぽいですね(*7)。そういう目(どんな目だ!)で見ると、確かにハエトリグサってけっこう卑猥かも。トゲトゲの凶悪さが先に立ちますが、女性のそれだとイメージすると、男性をくわえ込んだそれは(以下自主規制)。

 森 奈津子の本は、”先輩と私”もそうですが、公立図書館でも借りることのできる官能小説です。
 お好きかどうかは本人の資質しだいですが、たまに読むにはいいかもです。


《脚注》
(*1)バンコラン少佐
 魔夜峰央の漫画”パタリロ!(白泉社)”に登場するMI6(イギリス情報局秘密情報部)所属の凄腕エージェント。”美少年殺し(びしょうねんキラー)”の異名を持つ同性愛者です。
(*2)空中浮揚
 レビテーション(Levitation)と呼ばれる超能力をイメージしています。
(*3)その羽のイメージがコウモリというのが難ですが・・・
 いわゆる”デビルマン(永井豪)”ですね。
 大魔神サタン(12枚の翼を持つ堕天使)やシレーヌのほうが美しいんですが、美しすぎて私には合いません。
 そういえば、デビルマン=不動明とサタン=飛鳥了って、今なら絶対BL(ボーイズラヴ)のネタだろうな~。受け攻めの意見は分かれそうだけど。
(*4)だけどいつか気付くでしょう~
 ”新世紀エヴァンゲリオン(TV版)”のオープニングテーマ。歌 高橋洋子 作詞 及川眠子 作曲  佐藤英敏。
最近は”あのうた2”でromiがカバー。ボサノバテイストのアレンジがお勧めです。
(*5)ヒカル・スールー
 ”スタートレック(オリジナルシリーズ)”に登場するU.S.Sエンタープライズ号の主任パイロット。演じたジョージ・タケイは同性愛者であることをカミングアウトし、2008年にパートナーと挙式しました。
(*6)腐女子ブーム
 ”猫とホモさえあれば、それで充分”(となりの801ちゃん 小島アジコ)
(*7)ハエトリグサっぽいです
 あのトゲトゲのある部分は”葉”ですが、それをつっこむのはヤボというものです。

若山弦蔵は低音の魅力♪(ザ・ロック/サンフランシスコ)

 ブロガーのたいちろ~は低脳の魅力
 あ~あやんなっちゃったンあーンああ驚いた~(*1)

 ということで、今回のお題は”映画、あなたは字幕派? 吹き替え派?”ですが、私は吹き替え派ですね。ということで、今回は声優さんのお話。

2004写真はたいちろ~さんの撮影。
サンフランシスコのケーブルカー。映画の中ではバラバラに壊れてしまいますが・・・


【本】ザ・ロック(監督 マイケル・ベイ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント)
 ”ザ・ロック”ことアルカトラズ島刑務所からの唯一の脱獄者、ジョン・メイスン(ショーン・コネリー)が、化学兵器のスペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)とともににテロリストと戦う物語。
【旅行】サンフランシスコ
 アメリカ カリフォルニア州の都市。坂が多く、古色蒼然としたケーブルカーが走っている風光明媚な街ですが、対岸にアル・カポネを収監したアルカトラズ島や、ハードボイルド小説のサム・スペードシリーズの舞台になるなど、意外にハードな面も。


 映画に、アニメに、コンサートにと、今やアイドルなみの人気を誇る人もいる声優ですが(*2)、映画の吹き替えで存在感のある人と、アニメに向く人がいらっしゃるようです。
 で、映画派の代表と言えばこの人、ショーン・コネリーの声の担当、若山弦蔵
 007シリーズの初代ジェームズ・ボンドが代表作ですが、ここはちょっとひねって”ザ・ロック”から。
 ショーン・コネリー演じるメイスンは元イギリス諜報部員ということで、見ようによっては(まんまかも!)007の後日談のような設定。”ザ・ロック”は1996年ですので、65歳のはず(*3)。若山 弦蔵は67歳ですが、ご両人とも相変わらずの健在ぶりを発揮されていました。
 私自身はやや高い目の声ですので、こういう低音の声はあこがれます。”人は見た目が9割”といいますが、声の比重はもっとあると思いますね。特に男のセクシーさは”声”によるところが大きいのでは。
  
  テリー・サバラス   = 刑事コジャック   = 森山 周一郎
  ピーター・フォーク  = 刑事コロンボ    = 小池 朝雄(*4)
  ウィリアム・シャトナー= カーク船長     = 矢島 正明
  デヴィッド・マッカラム= イリヤ・クリヤキン = 野沢 那智

 心ならずも、古い作品ばかりになってしまいましたが(*5)、子供の頃に聞いた”男のかっこいい声”が刷り込まれている結果でしょうか?

 アニメだとルパン三世(第一シリーズ)の男達(*6)。

  ルパン三世 = 山田 康雄
  次元 大介  = 小林 清志

  銭形警部  = 納谷 悟朗(*7)
  石川五ェ門 = 大塚 周夫

 意外ですが、アニメでメジャーでも映画の吹き替えで顔が見えてこない声優も少なからずいらっしゃいます。

  古谷 徹 = 星飛雄馬(巨人の星),アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)
  森 功至 = 大鷲の健(科学忍者隊ガッチャマン)、ガルマ・ザビ(機動戦士ガンダム)
  富山 敬 = 古代進(宇宙戦艦ヤマト)、伊達直人(タイガーマスク)
  石田 彰 = 渚カヲル(エヴァンゲリオン)、アスラン・ザラ(ガンダムSEED)

 アニメでは主役級で活躍されていますので不思議です。いろいろ考えましたが、最初に見たインパクトの強さなのか、リアルな肉体を持つ俳優と、デフォルメされたアニメキャラの違いなのか、はたまたギャラのせいなのか・・・
 まあ映画で見るジャンルも偏っているので思い違いかもしれません。

 別格なのはやはり永井一郎。サザエさんのお父さん(磯野波平)、宇宙戦艦ヤマトの船医、佐渡先生など、コミカルな中にも安心感のあるキャラから、うる星やつらの錯乱坊(チェリー)といった100%ギャクキャラまで。映画ではスターウォーズのマスター・ヨーダが当たり役(*8)。波平さんの張りのある怒鳴り声は日曜夜の定番といっても過言でないかと。

 この話題だと、いくらでも書けますが、長くなるのでこのあたりで。今回はできませんでしたが機会があれば、ぜひ”女性編”も書きたいものです。
 いつもですと、YouTubeにリンクを張りまくるんですが、今回は多すぎるので止めました。ぜひレンタルビデオ屋で借りてお楽しみください。
 財力があれば購入もOK! ただし、定額給付金を使い込んで夫婦喧嘩になっても責任持ちません


《脚注》
(*1)あ~あやんなっちゃったンあーンああ驚いた~
 ウクレレ漫談の牧伸二”ヤんなっちゃった節”のパロディなんですが、わッかるかな~、わかンね~だろ~な~~
(*2)今やアイドルなみの人気を誇る人もいる声優ですが
 声優の平野綾さんなど、オリコンでベスト10に入るわ、グラビアに出るわ、イメージビデオを出すわ・・・
(*3)66歳のはず
 ショーン・コネリーは1930年生まれ(Wikipediaより)。ちなみに007シリーズの第1作 ドクター・ノオ(007は殺しの番号)は1962年ですので、ジェームス・ボンドは31歳になります。
 ちなみに若山 弦蔵は1932年生まれ。
(*4)小池 朝雄
 新シリーズ時には小池 朝雄が逝去していたために石田太郎が声を演じましたが、私的のはやはり小池朝雄がしっくりきます。
(*5)古い作品ばかりになってしまいましたが
 刑事コジャック、刑事コロンボは同名の作品、カーク船長は”スター・トレック(宇宙大作戦)”、イリヤ・クリヤキンは”0011 ナポレオン・ソロ”に登場。矢島正明はナポレオン・ソロ(ロバート・ヴォーン)も担当しています。
(*6)アニメだとルパン三世(第一シリーズ)の男達
 1971~72年に放映。作画監督は大塚康生で途中より高畑勲と宮崎駿のジブリコンビが参加。声はルパン三世を栗田貫一、石川五ェ門を井上真樹夫と変更されていますが、やはり第一シリーズが一番インパクトがありました。
(*7)納谷 悟朗
 ルパン三世ではコミカルな銭形警部を演じていますが、かっこいいのは宇宙戦艦ヤマトの”沖田艦長”。子供のころは年をとったらああいう大人になりたいと思っていました。(*8)マスター・ヨーダが当たり役
 さすがに、”獣拳戦隊ゲキレンジャー”(2007年~8年 テレビ朝日)で”マスター・シャーフー”の声を担当された時は、マスター・ヨーダまんまでした。

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ