« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月15日 - 2009年3月21日

家とピアノとパンジーと(あなた/名作マンガの間取り/パンジー)

【CD】あなた(小坂明子)
 既に去った恋人と、小さな家での生活を想像する女性の思いをピアノの弾き語りでつづった名曲。発売当時、小坂明子は16歳の高校生で、歌詞は授業中に作ったそうです。1973年、第6回ヤマハポピュラーソングコンテストのグランプリを獲得。
【本】名作マンガの間取り(影山明仁 ソフトバンククリエイティブ)
 サザエさん、ドラえもん、ちびまる子ちゃんなど、マンガに登場する家の間取り集。影山明仁は、建築コンサルタントを営む本職です。映像と間取りが合わないものを合理的に図面におこす苦労がしのばれます(*1)。
【花】パンジー
 白、黄、オレンジ、紫、スミレ色とカラフルな花が春に咲きます。花言葉は、”もの思い”。”パンジー”はフランス語の「パンセ(考える)」という意味。大きめの花を”パンジー”、小さめの花を”ヴィオラ”と呼びます。

20090203 20090205
写真は、たいちろ~さん撮影。
近くの公園のパンジー。





 3月といえば、人事異動の季節。今年は転勤あるのかな~、ということでお引越しの話。

 もう時効だと思いますので白状しますが、規定違反でピアノを運ばせてしまいました。知らなかったんですぅ~、ピアノは特別のトラックで運ばないといけないなんて~。

 関西から東京に転勤の時です。奥様が”実家にあるピアノ”(*2)を持って行きたいと言い出しました。家と奥様の実家は近かったので、会社の総務の方に”途中で寄って、ついでに積んでってもらえまへんか?”と相談しました。一応、規定では家の中のものは会社負担で運ぶことになっていましたが、それ以外は本来規定外。”ええですよ”とのお返事をいただきましたのでお願いしたところ、当日、ピアノ専門のトラックが・・・。
 小心ものの私は”別料金で請求されたらどないしょ~”と、どきどきしていましたが、結局請求書が回ってくることもなく、今日に至っています。

 ちなみに、そんなこんなで運んだピアノですが、現在は奥様手作りのリースの飾り棚になっています(*3)。

 とはいいながら、引越しの一番の失敗は、その後の転勤で”家族といっしょに引越しをしなかったこと”でしょうか。おかげで単身赴任生活が続いています。

 ま、気楽っちゃ、気楽なんですが、単身赴任も(^_^;)。

 家とピアノということで、今回のお題は”あなた”。
 この物件のリクエストは
  ・新築、一戸建ての注文住宅
  ・建物は小さくて良い。ただし大きな窓があること
  ・子犬が飼えて、子供が遊べるぐらいの庭付き
  ・真っ赤なバラと白いパンジーを植える花壇あり
  ・オプションは”暖炉”、”ブルーのじゅうたん”、”犬小屋”
 ”名作マンガの間取り”に、物件の間取りがでています。影山明仁の設計によると
   リビング+夫婦の寝室+子供部屋(1部屋)
の2LDK平屋建てになっています。

 特に庭へのコメントがないので、ガーデナーとして補足を空想してみます。
 まず、子供が遊べるとなるとそこそこ広い庭が必要です。また、子犬と遊ぶにはせめて芝生ぐらい植えたいですね。夏にだんな様が芝刈り機を押しているのも、見ている分にはほほえましいものです(*4)。
 パンジというのは、1本だけ植えるというより地面に敷きつめたほうが美しくなります。また、背が低いので、中程度の高さの花と組み合わせたほうが良いでしょう。となると、それなりに奥行きと広さのある花壇になります。
 薔薇は手間がかかるのでパンジーの奥に植えると世話がしにくくなります。別のスペースを確保しましょう。
 子供部屋は1つですが、子供は2人以上おつくりになる可能性もあるでしょうから、第二子誕生にそなえて、増築用の場所も確保しておきたいです。


 ガーデナーにとって頭の痛い問題ですが、園芸用品ってけっこうかさばるんですね。大物の芝刈り機とか、腐葉土、芝の目土、肥料、園芸ばさみといった小物 等々。それに、夏は不要になる暖炉のファイアーセット(火かき棒やスコップなど)や、ドックフードなどの犬用品の収納もあります。それに”暖炉”をご要望されているので、マキを置いておく場所も必要になります。

 小さな家をご要望のため、”名作マンガの間取り”では家の中に収納スペースをとっていません。となると、納屋は必須。さすがにこの家にスチールの納屋は似合わないので(*5)ログハウスっぽいのが欲しくなります。

 つつましやかなリクエストに聞こえますが、総敷地面積を考えると、けっこう高額物件になりそうです。東京への通勤圏内ですと億単位の物件?!
 
 ”名作マンガの間取り”は引越しに備えて物件探しで苦労されている皆様には、一服の清涼剤になるかも。あ~でもない、こ~でもないと悩んでいる時に、”この押入れでドラえもんが寝てたらい~な~”とか、想像の羽を伸ばすのもおつなものかと。

 会社の転勤は、望む人、望まない人さまざまですが、必ずアドバイスする一言があります。

  どこに行っても、”住めば都”ですよ!

 ま、単身赴任はお勧めしませんが・・・


《脚注》
(*1)映像と間取りが合わないものを~
 空想上の構築物を現実の図面におこす試みは時々ありますが、なかなか合わないことが多いようです。以前何かで読みましたが、比較的SF設定がしっかりしている”宇宙戦艦ヤマト”でさえ、あの第二艦橋(大スクリーンのある戦闘指揮所)はどう考えても広すぎるとのことです。
(*2)実家にあるピアノ
 新婚時代のマンションは狭かったので、実家に置いたままにしていました。
(*3)奥様手作りのリースの飾り棚になっています
 奥様と娘の名誉の為に申しておきますが、二人ともちゃんとピアノは弾けます。ただ、マンションの防音がイマイチのため、自粛しているだけです。
(*4)見ている分にはほほえましいものです
 夏の芝生は成長が早いので、ちょっとほっとくと見栄えが悪くなります。また庭の端は芝刈り機でうまく刈れないので、園芸ばさみかトリマーで別にカットする必要があります。真夏の日差しの中でこれをやるのはけっこうな重労働です。
(*5)スチールの納屋は似合わないので
 物置製造・販売の皆様、別にスチールの物置にダメ出しをしているわけではありません。単に気分の問題です。我が家では重宝させていただきました。

処女を失うとき(文学少女と穢名の天使/椿)

【本】“文学少女”と穢名(けがれな)の天使(野村 美月 ファミ通文庫)
 物語を食べちゃうぐらいに愛する遠子先輩を主人公とする“文学少女”シリーズの第4作目。クリスマス間近の街から消えた、音楽高校に通う少女をめぐるミステリー。
【花】椿
 花言葉は、”完璧な魅力”、”理想の恋”など。サザンカ(山茶花)と似ていますが、椿は冬から春にかけて咲き(春の季語)、花が丸ごと散る(落ちる)(*1)のに対し、サザンカは秋の終わりから冬にかけて咲き(冬の季語)、花びらが個々に散ります。

20090301 20090307
写真は、椿の花とつぼみ。
たいちろ~さん撮影。寮の庭にて



 寮の庭で椿が咲きました。そろそろ、春なんですね。
 寮には椿とさざんかが植えてありますが、実は今年、寮のおばさんに聞いて初めて両方あることを知りました。まあ、こういったブログを書くようになってから興味を持ち出したことです。

 ところで、椿って”女性の花”という気がしませんか?
 資生堂のコマーシャルのように、椿と女性はとてもイメージが合っているように思います。写真を見ていただければ判りますが、大輪の赤い花は言うに及ばず、花開く直前のつぼみでさえ、官能美を感じてしまいます。

 椿を扱った作品として有名なのが”椿姫”。デュマ・フェスの戯曲、ヴェルディのオペラですが、浅学非才の悲しさで読んでません。ということでラノベファンの私としては、”椿姫”をモチーフにした“文学少女と穢名(けがれな)の天使”をご紹介します。

 ライトノベルの形態をとっていますが、中身はしっかりした推理小説。名探偵役の”文学少女”こと遠子先輩は、古今東西の名作を素材に事件の核心に迫るというストーリー。話の題材はガストン・ルルーの”オペラ座の怪人(Le Fantome de l'Opera) ”ですが、椿姫のストーリーも大きくかかわってきます。
 キーワードは”椿”。これ以上はネタバレになるので言えませんが、ヒントをひとつだけ。”椿姫”の原題は”La traviata(ラ・トラヴィアータ)”。「道を誤った女」という意味です。

 ところで、椿のもうひとつの特徴として、”花が丸ごと散る(落ちる)”というのがあります。女性のイメージとあいまってか、かつてのマンガでは、
 ”椿の花がぽとりと落ちる”=”処女を失う、恋人との初めての夜
という表現がお約束でした。

 これと同じような表現が”朝チュン”。スズメのさえずりが、一夜を過ごした男女の後朝の別れ(*3)の表現でした。朝をつげる鳥という表現はけっこう昔からあるようで、ロミオとジュリエット”でも使われています。二人が迎えた朝のシーンでは、

  まだ朝じゃないわ。
  あなたのおびえた耳をつらぬいたのはナイチンゲール(小夜鳴き鳥)よ、
  ひばりじゃないわ

といってジュリエットがロミオを引きとめようとするシーンがあります。
(セリフは「藤原竜也×鈴木杏バージョン」より)

 昔はこういった修辞的な表現に、けっこうロマンチシズムを感じてたんですね。
 少女マンガでも平気でえっちぃシーンが出てくる昨今、ギャグのネタにされてしまうのはちょっと悲しいです(*4)。
 使われなくなった言葉を「死語」といいますが、使われなくなったマンガ表現も「死画」とかいうんでしょうか

 “文学少女”シリーズは、気軽に読める推理小説としても、良い作品だと思います。また、モチーフに使われた原作を併せ読むのも、読書の幅を広げる良いきっかけになろうかと(*5)


《脚注》
(*1)花が丸ごと散る(落ちる)
 ”落椿(おちつばき)”といいます。首が落ちる様子を連想させるので、お見舞いに持っていくことはタブーとされているそうです。
(*2)資生堂のコマーシャル
 SMAPの歌う”Dear WOMAN”のコマーシャルのこと。美しい女性たちが、さらさらのロングヘア(好きです!)をなびかせて歩くさまはとってもButifulです。ちなみに、資生堂のシンボルマークは「花椿」。
(*3)後朝の別れ
 「きぬぎぬのわかれ」と読みます。相会った男女が一夜をともにした翌朝。また、その朝の別れという意味(大辞林より)。
  後朝の濡れて別れし東雲ぞ(宇津保)
(*4)ギャグのネタにされてしまうのは~
 一例として木村紺の”巨娘(講談社)”から。焼き鳥屋で働くジョーさん(♀)は”うちのメニューにも、スズメいれっかなー”とつぶやいています。
 木村紺は”神戸在住(講談社)”の作者でもありますが、画風や、カット割は同じなのに、こんなに違うテイストの作品を書くのは驚きです。
(*5)モチーフに使われた原作を併せ読むのも~
 他にも、人間失格(太宰治)、嵐が丘(エミリー・ブロンテ)、友情(武者小路実篤)など。私はこれをきっかけに人間失格と、銀河鉄道の夜(宮沢賢治)を読みました。


忘れたい過去(スカイ・クロラ/まりちゃんズ/梅)

【DVD】スカイ・クロラ(VAP)
  平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる時代。「大人」にならない“キルドレ”とよばれるパイロットたちの物語。監督は押井 守(*1)、原作は推理小説家の森 博嗣、司令官の声優は女優の菊地凛子と豪華メンバー。
【CD】まりちゃんズ
 1974年に彗星のように登場し、そのままどっかいっちゃったフォークグループ。この時期にピンポイントで深夜放送にハマった人でないと知らないでしょうが、出す曲がかたっぱしから放送禁止歌になるという、異色のバンドです。
【花】
 花言葉は、”高潔”、”潔白”、”忠義”など。花見といえばサクラですが、奈良、平安時代では梅を指すことの方が多かったようです。

2009021503 2009021504
写真は、たいちろ~さん撮影。鎌倉東慶寺にて



 そろそろ、春めいてきました。梅が咲き、桜の開花宣言なども出始めています。

  東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ

 無実の罪で大宰府に配流された菅原道真(*2)の有名な和歌です。
 ”主人がいなくても、春を忘れないで”と歌ったこの和歌にちなんで、今回のお題は”忘れる”です。

 先日、”スカイ・クロラ”を見ました。
 パイロットたちは、”キルドレ”と呼ばれる”戦士しない限り死なない人間”。人工的に作られた人間。飛行機の部品に近い語られ方をしています。

 パイロットの一人”三ツ矢 碧(みどり)”のセリフ
  同じことを繰り返す、現在と過去の記憶をどんな風にしてつないでいるのかを
  想像だけど、たぶん、とても忘れっぽくなって、
  夢を見ているような、ぼんやりした感情が精神を守っているはず
    (中略)
  自分が経験したことだっていう確信がない、手ごたえがぜんぜんないの
    (中略)
  思い出せない、思い出せない、考えても、考えても、
  子供のときのことが決まったシーン意外、何も思い出せないの


 自分というアイデンティティは、記憶と不可分なもの。”真夜中の戦士(*4)”での記憶のない戦士、”アルジャーノンに花束を(*5)”での失われていく知性への不安など、このテーマを扱った作品には名作が多いのは、”自分とは何者だ”という自己存在への根源的な問いかけに、記憶が深くかかわっているからでしょうか?

 菅原道真の”人に忘れられる不安”、三ツ矢 碧の”過去を忘れてしまっている不安”のように”忘れる”とは”不安”を掻き立てずにはいられないもののようです。

 ところが、一方、”忘れてしまいたい過去”があるのも事実。自分の過去なら酒を飲むに限りますが(*6)、人の記憶となるとそうもいかないもの。
 
 スカイ・クロラのエンドロールに”藤巻直哉”の名前があったのに気づかれた方はどれだけいらっしゃるでしょうか? 博報堂DYメディアパートナーズ(*7)の社員ですが、もうひとつの顔は”藤岡藤巻”という歌手。大橋のぞみの後ろで『崖の上のポニョ』を歌っているおっさん二人組の片割れです。

 一見、人のよさそうなおっさんですが、この人には伝説のフォークグループ”まりちゃんズ”のメンバという、とんでもない過去が。
 ”ブスにはブスの生き方がある(*8)”、”尾崎家の祖母(ばばあ)”といった、題名を見ただけでヤバそうですが、実際、曲を聴くともっとヤバいです。調子こいて忘年会で歌おうもんなら、一発で会社の人権擁護委員会に訴えられます(*9)。TV出演時にもほとんど話題にされませんが、まあ、言えんわな~。

 ”スカイ・クロラ”は飛行機好きにはお勧め。ただ、押井 守が作ると、青空もなぜか冬の津軽海峡の空に見えるんですよね。
 ”まりちゃんズ”は、まあ、シャレのわからない人は聞かないほうが良いかと。


《脚注》
(*1)押井 守
 名前だけでお客の呼べる数少ない監督。代表作は、”攻殻機動隊”、”機動警察パトレイバー”、”うる星やつら”(アニメ)、”紅い眼鏡”(実写)など。
 認識、自己に対する哲学的なまでの長台詞が特徴。
 1984年に公開された”うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー”は同年の”風の谷のナウシカ(宮崎駿監督)”よりも高い評価を、私はしています。
(*2)菅原道真
 平安時代の学者、政治家。天満宮は菅原道真を祀った”学問の神様”として有名ですが、元々は祟り封じのために作られたもの。まあ、”カーネル・サンダースの呪い(*3)”を解くために、人形を甲子園球場に飾る動きがあるぐらいですから、今も昔もやることは変わりません。
(*3)カーネル・サンダースの呪い
 1985年に阪神タイガースが優勝したおり、興奮したファンが優勝の立役者”ランディ・バース”に似ていたケンタッキー・フライドチキンの”カーネル・サンダース人形”を道頓堀川に投げ込むという事件がありました。
 このあと、タイガースは長期にわたり低迷を続けたことから、”カーネル・サンダースの呪い”という都市伝説が定着。関西ではけっこう有名な話ですが、大阪出身の今年入社の新人は”知りまへん。なんせ、1歳のときの話ですから”とのこと。時の流れを感じます。
 2009年3月10日に25年ぶりに発見され、甲子園球場内の店舗にて公開する構想や2010年完成予定の甲子園歴史館に展示する構想があるそうです。
(*4)真夜中の戦士(Midnighi Soldier)
 永井豪の初期SF短編の名作。記憶のない異形の戦士たちが、いきなり戦いを強いられるという物語。「シリーズ昭和の名作マンガ」として朝日新聞出版より復刻。
(*5)アルジャーノンに花束を(Flowers for Algernom)
 ダニエル・キイスによるSF小説。知的障害の為、幼児並の知能しか持たないが心の優しい青年チャーリーは、手術により天才的な頭脳を持つにいたる。しかし、この手術には致命的な欠陥があり・・・
 SFでは”アルジャーノン・テーマ”と呼ばれ、1作品のみでジャンルを形成するという稀有な作品。名作です。
(*6)自分の過去なら酒を飲むに限りますが
 忘れてしまいたいことや、どうしようもない寂しさに
 包まれた時に男は、酒を飲むのでしょう
  河島英五 ”酒と泪と男と女”より
(*7)博報堂DYメディアパートナーズ
 博報堂DYホールディングスの100%子会社。3つの広告会社(博報堂、大広、読売広告社)と連携してメディア・コンテンツビジネスを担う中核企業です。
(*8)ブスにはブスの生き方がある
 YouTubeで検索すると2本あるんですが、もう一本はムゴすぎるので、当たり障りのない(あくまで画像的にですが)、アイドルマスターのほうにしました。
(*9)一発で会社の人権擁護委員会に訴えられます
 実際に、女性団体にバッシングされ放送禁止になっていますが、当たり前です。一応、前向きなメッセージも入っているんすけどね。


« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ