« 比較政策論的ネット選挙のススメ(いなかのねずみと町のねずみ/菊) | トップページ | 木星は太陽にならなさそうだけど、素晴らしい事が起こる年でありますように(2010年/ゴクラクチョウカ) »

昔、冒険に憧れたおぢさんたちに・・・(カールじいさんの空飛ぶ家/ゴムの木)

 ども、がんこぢぢいに向かって一直線のたいちろ~です。
 やっとこさ、”カールじいさんの空飛ぶ家”を観に行ってきました。いや~、かれこれ20年ぶりぐらいでしょかね、一人で映画にいくなんて
 面白かったですよ、カールじいさん。私もあんなじいさんになれたらいいな~と思いつつ(*1)、今回は”カールじいさんの空飛ぶ家”のご紹介であります。

0280

写真はたいちろ~さんの撮影
北海道大学植物園の”デコラゴムノキ”の花です
なんとなく、”さあ、いくぞ”みたいな気合が感じられちゃいます。





【映画】カールじいさんの空飛ぶ家(製作総指揮 ジョン・ラセター PIXAR)
 愛する妻を失って、頑固じじいになったカール・フレドリクセン。家を追い出されることになったカールじいさんはたくさんのゴム風船を家にくくりつけ、”家”ごと冒険の旅に出ます。妻と約束した”パラダイスの滝”をめざして・・・
 2009年公開のフルコンピューターアニメ。私は3Dバージョンで見ました。
【花】ゴムの木
 樹液などからゴムを資源として採取できる樹木の総称。ゴムの原材料としてはパラゴムノキをさすことが多いそうですが、この樹の原産地はブラジルとのこと。
 ”パラダイスの滝”のモデルとなった、エンジェル・フォールのあるベネズエラはブラジルの近くなので、ゴム風船にとってはある意味里帰りのようなものかも。

”カールじいさんの空飛ぶ家”公式ホームページ

 人間、年をとると涙腺がゆるくなるんでしょうか、けっこう泣けましたね。妻のエリーがなくなるシーンで、のっけからウルウルもんです。
 子供のころ、二人で秘密基地!にしていた廃屋同然の家を改装、ウエディングドレスのまま、材木を切っているエリーも素敵だし。不幸なこともあったし、決してお金がある生活ではなかったようですが、セリフのない回想シーンにもかかわらず、この二人は幸せだったんだな~と思います

 若いころは風船売りだったカールじいさんですが、いかにエリーと”パラダイスの滝”に家を建てるっていう約束をしたとしても、風船で家ごと空に浮かべるなんて発想と、行動力ってすごいよな~。
 前回のブログでウォルター・ホッジスの”空とぶ家”(*2)のことを書きましたが、カールじいさんもこの本を読んだんじゃないかなと思ったらどきどきしました。

 偶然、家に乗り合わせた少年ラッセルをつれて、不時着しかけた家を”パラダイスの滝”まで歩いて引っ張っていくのもすごいし、崖をぴょんぴょん走っていくシーン(*3)もハラハラドキドキです。

 感動的だったのは、友達になった怪鳥ケヴィンをラッセルが助けに行くところ。浮かなくなった家を再び浮上させるために家具を捨てていきます。そこには二人で座った思い出の椅子も・・・
 悪役の冒険家マンツが過去の栄光と誇りに縛られているのと対象的に、カールじいさんは”今、大切なのもを守るため”に思い出の品物を犠牲にすることをいとわない強さ!
かっこいいです!!

 マンツの飛行船で帰るシーン。

  ラッセル   :お家、残念だったねフレドリクセンさん
  カールじいさん:いいさ、ただの家だ

 パンフレットにも載ってるシーンですが、実にいい顔してるんですな、カールじいさん! ラッセルとケヴィンを守ったってことが、なにものにも変えがたい喜びであることが伝わってきます。 

 偶然ですが、映画館の隣の席に初老のご夫婦が見に来ておられました。この映画は子供や若い人というより、こんなご夫婦に見ていただきたい作品。アニメーションが子供たちのものだけじゃないってことがわかる、おぢさん、おばさんのためのファンタジーです。

 2009年度に見たDVD、映画の中でもベスト3に入る傑作(*4)、ぜひご覧ください。

《脚注》
(*1)私もあんなじいさんになれたらいいな~
 ヒゲが濃かったので、”カールのおじさん”と呼ばれた事はありまが・・・
(*2)ウォルター・ホッジスの”空とぶ家”
 発明家のベンおじさんの発明したガスで、ニッキィとリンダは家ごと空に飛んでいってしまいます。冒険童話の傑作ですので、ぜひこちらもお読みください。詳しくはこちらのブログでどうぞ。
(*3)崖をぴょんぴょん走っていくシーン
 公式HPで宮崎駿がコメントを寄せていていますが、このぴょんぴょんシーンで宮崎監督の”ルパン三世 カリオストロの城”でのルパンが塔の上を走っていくシーンを思い出しちゃいました。
(*4)DVD、映画の中でもベスト3に入る傑作
 後の2本は、若き日のカーク船長の活躍を描く”Star Trek”,ライトノベルが原作の青春SFコメディ”涼宮ハルヒの憂鬱”シリーズなんかが面白かったです。
 考えたら、今年だけで50本以上、DVDを見てるんだからな~。ヒマなんか、このおぢさんは?!

 奥様ブログ 「フラワークラフト作家”Ann”のひとりごと」はこちら

« 比較政策論的ネット選挙のススメ(いなかのねずみと町のねずみ/菊) | トップページ | 木星は太陽にならなさそうだけど、素晴らしい事が起こる年でありますように(2010年/ゴクラクチョウカ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/47134294

この記事へのトラックバック一覧です: 昔、冒険に憧れたおぢさんたちに・・・(カールじいさんの空飛ぶ家/ゴムの木):

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

« 比較政策論的ネット選挙のススメ(いなかのねずみと町のねずみ/菊) | トップページ | 木星は太陽にならなさそうだけど、素晴らしい事が起こる年でありますように(2010年/ゴクラクチョウカ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ