« はじめて見た のぼりくる日 しずみゆく月(巨人の星/ユリ) | トップページ | 母がいんらんなときに身ごもると、娘は美しくなってしまうんだ(少女七竈と七人の可愛そうな大人/ななかまど) »

味噌汁だけどナベ料理!(ミソ・スープは哲学する/芋煮会)

 ども、朝はパン食派だったたいちろ~です。

 今回のお題は”あなたの好きなお味噌汁の具”です。自宅、実家とも朝はパン食派だったので、味噌汁はあまりの見ませんでしたが、寮生活になって朝は和食になりました。で、好きな具は木曜日の”貝”であります(*1)。
 さて、”味噌汁つながり”ということで、今回のテーマは”芋煮会”。東北地方以外の方にはなじみがないかもしれませんが、宮城、山形では秋の一大イベントです。


5
写真は”東海林 順の一人旅”のHPから
まあ、こんな感じです


【本】ミソ・スープは哲学する(川原 泉 白泉社文庫)
 シンセサイザーのスーパスター ハワードさんは、昔助けてもらった郁さんのミソ・スープが忘れられず、日本に探しに来ます。音楽的インスピレーションが湧き上がるミソ・スープの謎とは?
 食べ物に執着する連作”食欲魔人シリーズ”の作品です。
【旅行】芋煮会(いもにかい)
 東北地方を中心に秋に行われるアウトドア料理会。川原などで大なべに肉や山芋などを煮て味噌か醤油の味付けをします。言ってみれば”収穫祭”みたいなものです。


 仙台に転勤になって驚いたことのひとつに、秋にはコンビニで”薪(まき)”が売っていること。いや、マジで。スーパーやCoopでも、食材や食器とセットで大なべを貸してくれます(要予約)。また、いたるところの川原で”芋煮会場”というのぼりが立っていて食材とナベ、薪をワンセットで提供してくれます。芋煮会場だと若干割高ですが、野外なので天候に左右されるため、我が家ではこちらをよく利用します。

 レシピは大きく別けると

  仙台風:豚肉+里芋を仙台味噌で味付け
  山形風:牛肉+里芋を醤油で味付け


 になりますが、私のもっている”るるぶ 山形”だと地方によって4種類に分かれるとか。シンプルながら立派な郷土料理です。
 有名なイベントとしては9月の第1日曜日に山形市で開催される”日本一の芋煮会フェスティバル”。直径6mの大なべとショベルカーで約3万人分(*3)をいっぺんにつくるという豪快なもの。映像を見ていただくとわかりますが、ほとんど工事現場のノリです。まだ行ったことはありませんが、ぜひ訪れてみたいと考えています。(2009年度は9月6日に開催。詳しくは公式HPなどをご参照)

 作り方はいたって簡単で、仙台風の例としては
  材料
   里芋,豚バラ肉、油揚げ、ごぼう、長ネギ、しいたけ

   しめじ、こんにゃく、味噌、だし醤油、日本酒
  調理法
   ①材料を食べやすい大きさに切る。
   ②里芋とごぼうを大なべに入れて、アクを取りながら火を通す。
   ③火が通ったら他の材料を入れてさらに煮る。
   ④最後に、味噌などで味付けをする

 まあ、材料はお好みですし、火さえ通っていれば味付けはそんなに気にしなくても大丈夫。野外で食べればどんなものでもおいしくいただけます。そうだろ、スティーブ?(*3)
 むしろポイントは川原では炉作りかと。おとうさんの本領発揮です。薪に火をつけたり火かげんの調整はそれなりにテクニックがあります(*4)。味噌はあまり強火で煮てはいけないと家庭科で習いましたが、アウトドアなので”そんなのかんけ~ね~”でもOK!

 基本はアウトドアですが、我が家では秋になると家でもよく作ります。味噌汁というより立派なナベ料理。最近はゆでたサトイモもスーパーで売っていますので、簡単に作れます。
 ご家庭でも、ぜひお試しのほどを。

 最後ですが、味噌汁を扱った作品って、あまり思いつきません。朝、お母さんが千六本(大根の千切り)の味噌汁を作っているとか、平和な食事風景なんかにはありそうですが以外に独立してるのは少ないのかも。その中でもお勧めなのが川原 泉の”ミソ・スープは哲学する”。いちおう恋愛話なんですが、色気より食い気?
 ダイエット中でなければ、何時読んでも楽しめる作品です。

《脚注》
(*1)木曜日の”貝”であります
 寮の朝食では、木曜日の味噌汁の具は”貝”に決めているそうです。6年近く住んでるんですが、おばさんに言われるまで気がつきませんでした。
(*2)約3万人分
 公式HPによると、里芋3t、牛肉1,2t、コンニャク3,500枚、ネギ3,500本、味付けの醤油700ℓ、日本酒50升、砂糖200kg、水6t、使う薪も6tだそうです。
(*3)そうだろ、スティーブ?
 ”世界の料理ショー”のグラハム・カーの名セリフ。前にこのネタでブログを書いたので、つい使っちゃいました。
(*4)それなりにテクニックがあります
 大学時代に山登りのクラブに入ってました。雨の中でもごはんが作れるようにと、薪に火をつけたあと、いったん水で消して、また火をつけるという練習もやりました。よもや、社会人になってこんなワザが役に立つことがあるとは思いませんでしたけど。

« はじめて見た のぼりくる日 しずみゆく月(巨人の星/ユリ) | トップページ | 母がいんらんなときに身ごもると、娘は美しくなってしまうんだ(少女七竈と七人の可愛そうな大人/ななかまど) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

味噌汁の具、具というより私は誰がなんと言おうと豚汁最高!汁物とおかずのコラボみたいで、これとご飯だけでOK!大阪は天六交差点近くにあるカウンターだけの中華の店・十八番。注文をするときにはメニューにある番号を叫ぶだけ。(実際狭いスペースに常に人がいっぱいだから)その店の昼の定食時間帯前の午前中限定メニューが”豚汁定食”これだけ。¥400で釣りが来ちゃうし、これだけで十分腹いっぱい!!あ~食いてぇ!

もう見ました、面白いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/45037288

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌汁だけどナベ料理!(ミソ・スープは哲学する/芋煮会):

« はじめて見た のぼりくる日 しずみゆく月(巨人の星/ユリ) | トップページ | 母がいんらんなときに身ごもると、娘は美しくなってしまうんだ(少女七竈と七人の可愛そうな大人/ななかまど) »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ