« 男の手料理はいいかげんでいいのだ!(世界の料理ショー/ほや) | トップページ | 梅酒+年代記ラベル付き(果実酒の本/梅) »

11月は何でもないけど酒が飲めるぞ♪(11月のギムナジウム/エンドウ)

【本】11月のギムナジウム (萩尾 望都 小学館文庫)
 ギムナジウムの転入生エーリクは、そこで自分とそっくりの少年トーマに出会う。エーリクとトーマの関係は? 同じく萩尾 望都の名作である”トーマの心臓”とは別のお話。
【花】エンドウ
 、マメ科の一・二年草。グリンピース、サヤエンドウなど食用になります。なぜだかエンドウの花の花言葉は”必ずくる幸福”ですが、エンドウは”永遠の悲しみ”になります。

0052
写真はたいちろ~さんの撮影
寮の庭のエンドウ豆。
寮のおばさんが栽培しています。




 ども、射手座、亥年生まれ、B型と、行ったっきり帰ってこない性格のたいちろ~です。
 今回のお題は”あなたの好きな季節は何月?”なんですが、まあ、誕生月でもありますので、11月です。でも、好きな理由って、誕生月以外、な~んもないんですね、これが。
 秋には遅いし、冬には早いし、イベントもせいぜい七五三ぐらいだし。ハロウィン(*1)だって、10月31日でかすっているだけだし。
 表題の”日本全国酒飲み音頭(*2)”でも、1月は正月、2月は豆まきと毎月なにか酒を飲む理由があるのに、11月だけは何にもない扱いだし・・・

 でも、この何もなさというのも、それなりに気にはいってるんですけどね

 今回は、”11月”の本として、萩尾 望都の初期の傑作”11月のギムナジウム”をご紹介します。

 ギムナジウムとはヨーロッパで、主に大学への進学を希望する子供たちが通う学校で、日本でいう中高一貫教育にあたります。”11月のギムナジウム”の主人公、エーリクの通うギムナジウムは寄宿学校なので全寮制のようです。

 エーリクは、転入先のギムナジウムで自分と同じ顔をした”砂糖菓子”ことトーマと出会います。反発しながらも惹かれあう2人・・・。

 両親がいながら家庭的には不幸なエーリク。
 暖かい家族がいながら秘密を抱えるトーマ。
 雨の中、エーリクの母親に会いに行くトーマ。
 トーマの死に涙するエーリク。

 二人の秘密はトーマの死後明らかになりますが、母親の過ちによって生まれた二人の少年たちがとても叙情的に描かれています

 罪と秘密と愛が時を作った時
 そこに なにを考え なにを夢見 なにを愛し
 泣き憎み 待ち望んだか きみ
 遠い水色の目 僕の分身・・・!

(ネタバレになるんでまずはここまで)

 ところで、英語で瓜二つ(よく似ている)を”as like as two peas (in a pod)”と言いますが、”pea”はエンドウ豆のこと。エンドウ豆といえば、”メンデルの法則(*3)”を発見したメンデルが遺伝の研究で使ったことでも有名です。
 同じ遺伝子を持つ双子。そっくりな2人の少年のお話だからといって、萩尾望都がこんなことを考えてマンガを描いたとは思えませんが、不思議な一致です。

 別冊少女コミックに1971年掲載された50ページに満たない短編ですが、今でも入手可能ですので、ぜひ読んでいただきたい名作です。

 でも、この話もあんまり、11月に関係ないんだよな~。初出が11月号に載ったぐらいで。
 やっぱり、11月は不憫(*4)です。


《脚注》
(*1)ハロウィン
 カトリックの万聖節(11月1日)の前晩は、精霊や魔女が出てくるので、これらから身を守る為に仮面を被ってお祭りします。お化けカボチャ(ジャック・オー・ランタン)を作ったり、子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えてお菓子をもらって回ったりしますが、日本ではいまいちメジャーになりきっていないような気がします。
(*2)日本全国酒飲み音頭
 コミックバンドのバラクーダが1979年にリリース。要は、呑めりゃいんです、呑めりゃ。
(*3)メンデルの法則
 必ず背の高くなるエンドウ豆と、必ず背の低くなるエンドウマメを掛け合わせるとすべてが背が高いエンドウ豆になる(優性の法則)とか。理科で習いましたが覚えてますか?遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則です。
(*4)不憫
 かわいそうなこと。あわれむべきこと。また、そのさま。
 昔、
笑福亭鶴瓶と新野新の『ぬかるみの世界』で”佐賀不憫”というのがありましたが、これは、”福岡と長崎にはさまれて、佐賀を知らない人が多い”という意味です。
 神無月+体育の日の10月と、師走+クリスマスにはさまれて、11月(霜月)はやっぱり不憫かも・・・

« 男の手料理はいいかげんでいいのだ!(世界の料理ショー/ほや) | トップページ | 梅酒+年代記ラベル付き(果実酒の本/梅) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44955628

この記事へのトラックバック一覧です: 11月は何でもないけど酒が飲めるぞ♪(11月のギムナジウム/エンドウ):

« 男の手料理はいいかげんでいいのだ!(世界の料理ショー/ほや) | トップページ | 梅酒+年代記ラベル付き(果実酒の本/梅) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ