« これは何時代の発言でしょうか?(大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清/高橋是清翁記念公園) | トップページ | 認めたくないものだな、自分の酒の上の過ちというものを(長恨歌/海棠) »

ハンプティ・ダンプティ 落っこちた(マザーグース/卵)

【本】マザーグース(谷川 俊太郎訳 講談社文庫)
 主にイギリスで伝承されてきた童歌の総称。数え歌、なぞなぞ、言葉あそびなど、1000を超えているそうです。日本では、谷川 俊太郎訳がメジャーかな?。
 ボニージャックス、うつみみどり、熊倉一雄らが歌っているのをカセット(*1)で持っています。
【料理】
 物価の優等生で、ほとんど価格が上昇していません。その秘密は”所さんの 目がテン!”に詳しく説明されています。

Photo
イラストは”鏡の国のアリス(ルイス・キャロル)”に登場するハンプティ・ダンプティ。描いているのはイラストレーターのジョン・テニエルです。




 ども、自炊する単身赴任者、たいちろ~です。

 今回のお題は”目玉焼きにかけるのは何?”ですが、私はマヨネーズ派。塩、コショーにマヨネーズをかけて、ハーブスパイスを振りまけます。ハーブは”ピザ”、”イタリアン”、”プロヴァンス”の3種類あって、その日の気分で使い分けています。香りというのは食欲をそそる要素ですし、このひと手間でプチリッチな気分になります(*3)。
 卵は、栄養バランスを考える自炊派の人にはありがたい食材です。とりあえず卵があれば、出し巻き卵、オムレツなどおかずになりますし、オムそば、金糸卵などの彩り、ゆで卵にして輪切りをレタスに乗せるだけでも、”これはサラダだ!”と強気で主張することができます(誰に?)
 意外と日持ちもしますし、なんといっても安いのが魅力。うちの母親はよく”今日は玉出(たまで)で玉子が1円やった!(*4)”と言ってました。
円で玉と

 話は変わりますが、今回はコマネタの”目玉焼きにかけるのは何?”に載せていますが、表題の”ハンプティ・ダンプティ 落っこちた”がなんで”玉子料理”の話題に出てくるかわからない人も多いのではないかと。

    Humpty Dumpty sat on a wall.
    Humpty Dumpty had a great fall.
    All the king's horses and all the king's men
    couldn't put Humpty together again.

  ハンプティ・ダンプティが 塀の上
  ハンプティ・ダンプティが おっこちた
  王様の馬みんなと 王様の家来みんなでも
  ハンプティを元に 戻せなかった

   (日本語訳はWikipediaより)

 ”ハンプティ・ダンプティ”はマザーグースの童謡に登場するキャラクターです。歌詞のなぞなぞの答えが”卵”です。

 メロディはYouTubrなどでお楽しみください

 マザーグースは昔、それ自体は谷川 俊太郎訳でちょっとはやりましたが、日本で定着してるかというとちょっと疑問。でも”ロンドン橋落ちた”、”きらきら星”、”メリーさんの羊”、”10人のインディアン”なんかはメジャーです。”誰がクックロビン(こまどり)を殺したの?(Who killed Cock Robin?)”なんてのもあります。でも、一番歌っているのが、”クックロビン音頭(*6)”だったりして。

 ミステリーのガジェットとして使われることも多いので、一般的な本読みというより、ミステリマニアのほうが良くご存知かもしれませんね。アガサ・クリスティや、ヴァン=ダイン、神恭一郎事件簿(*7)なんかに登場します。

 そういえば、最近この手の古典ミステリーを読んでないな~。
 学生時代は、けっこうはまったんですけどね。

 最後ではありますが、世界経済がハンプティ・ダンプティにならないことを願っています。

    Worldwide wealthy rode on a bubble.
    Worldwide wealthy had a great bubble.
    All the Finance Minister and all the president's staff
    couldn't put wealthy back again.

  世界中の金持ちが バブルにのっかった
  世界中の金持ちが バブルから落っこちた
  ずべての大蔵大臣と 大統領のスタッフを集めても
  お金持ちを元に 戻せなかった



《脚注》
(*1)カセット
 今の若い人はほとんど見たこと無いでしょうね~。CDが出る前はメジャーな音楽媒体でしたが。そういえば、先日、電車の中でカセットのウォークマン(*2)を聴いているオヤジがいて、タイムスリップしたかと思いました。
(*2)ウォークマン
 一般名称化していますが、ウォークマンはソニーのポータブルオーディオプレーヤーの総称。ですので、”ポータブルオーディオプレーヤーを聴いている”と書くのが正しいですが、そんな名前で呼ぶ人はほとんどいません。プレステと並んでソニーの最も成功した製品のひとつです。
(*3)プチリッチな気分になります
 私はお酒のディスカウントストア”やまや”で買っていますが、150円ぐらいだったかな?1本あれば、価格を忘れるぐらいもちます。プロの料理人もつかっているぐらいですので、買っておいてソンはありません。
(*4)今日は玉出(たまで)で玉子が1円やった!
 ”玉出”は大阪にある激安スーパー。”1000円買ったらxxは1円”のセールをやっています。たぶん名前は本社のある大阪市西成区”玉出”から。
(*5)メロディはYouTubrなどで~
 検索してみると、複数のメロディがありました。こちらは、きらきら星に似たパターン
(*6)クックロビン音頭
 ”パタリロ(魔夜峰央 白泉社)”はパタリロ国王と「美少年キラー」の異名をもつMI6のエージェント、バンコラン少佐が主人公のギャグ漫画で後にアニメ化。バンコラン少佐は凄腕のプレイボーイですが、お相手は美少年専門です。最初にアニメ化の話を聞いたときは”マジですか?!”と思いました。
 ”クックロビン音頭”はアニメ版のエンディングテーマですが、一度聴いたら忘れられない迷曲です。ちなみに、ローゼンメイデンバージョンというのも存在します。
(*7)アガサ・クリスティや、ヴァン・ダイン、神恭一郎事件簿
 アガサ・クリスティはイギリスの生んだ「ミステリーの女王」。日本名は”阿笠”(ウソです)。エルキュール・ポアロやミス・マープルのシリーズが有名。
 ヴァン・ダインの代表作”僧正殺人事件”では、”誰がこまどりを殺したの?”がガジェットに使われています。
 神恭一郎は、和田慎二の漫画”スケバン刑事”などに登場する長髪の私立探偵。私の知る限りもっともイケメンの探偵さんです。”左の眼の悪霊”では”6ペンスの唄”が使われていました。初出は1975年ですが、現在でもメディアファクトリー版で入手可能


« これは何時代の発言でしょうか?(大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清/高橋是清翁記念公園) | トップページ | 認めたくないものだな、自分の酒の上の過ちというものを(長恨歌/海棠) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44783027

この記事へのトラックバック一覧です: ハンプティ・ダンプティ 落っこちた(マザーグース/卵):

« これは何時代の発言でしょうか?(大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清/高橋是清翁記念公園) | トップページ | 認めたくないものだな、自分の酒の上の過ちというものを(長恨歌/海棠) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ