« 桜の木の精って男なんだって(櫻の園/二ヶ領用水宿河原堤桜並木) | トップページ | 飛鳥五郎という男を殺したのは貴様だな!?(すごい科学で守ります!/ギター) »

バッテラは寿司だが、きずしは寿司でない(駅弁ひとり旅/富山のますの寿司/笹)

【本】駅弁ひとり旅(監修:櫻井 寛、作画:はやせ 淳 双葉社)
 弁当屋の主人、中原大介氏が電車で日本一周をしがなら全国の駅弁を食べまくるという漫画。駅弁自身もさることながら、描かれている電車や車窓からの風景もとっても素敵です。
【旅行】富山のますの寿司
 富山県を代表する駅弁。寿司飯の上に薄切りのマスを並べて笹で包んだもの。百貨店等で駅弁大会を開催すると必ず出てくる定番。
【花】(ささ)
 昔、山登りをしていた時に出くわすのが藪こき。1m近くある植物の茂みの中をえっちらおっちら歩くことです。で、多いのが笹ブッシュ。笹は葉の端が鋭利なので、夏の暑い季節でも長袖シャツで歩かないと傷だらけになります。

2009041
写真はたいちろ~さんの撮影
近所の公園にて。



 ども、全国を股にかけ、仕事をしてるふりをしているたいちろ~です。
 まじめに仕事をしているかはさておき、けっこう出張はあります。
 やはり出張の楽しみといえは食べること。私は鉄道派(*1)なので、けっこう駅弁も食べております。
 ということで、今回は”駅弁”のお話

 独断と偏見ですが、駅弁は3ツに分類することができます。

①メインが決まっているもの
  だいたい、”XX弁当”と書いてあるのはこれ。食べたことある中で代表的なのは名古屋の”味噌カツ弁当”、横浜の”シューマ弁当”、仙台の”牛タン弁当”など。
②いろんな食材が入っているもの
  いわゆる”幕の内弁当”。意外と食べてません。
③お寿司系の弁当
  生ものですが、保存性を上げる工夫がされています。同じく富山の”ますの寿司”、福井の”焼き鯖寿司”、大阪の”バッテラ(*3)”、奈良・和歌山の”柿の葉寿司”など。

 私は、③のお寿司派です。
 理由は、魚介類がメインであること暖かくなくてもおいしいこと食べるのに手間がかからないこと(*4)などです。
 魚介類というのは地域色が強いので、やはり地元で食べたいもの。牡蠣は松島、ホタルイカは富山、ハモは京都とか。同じように、駅弁も地元の魚や独特の味付けものを食べたいものです。

 好物は、”ますの寿司”、”柿の葉寿司”など。
 ”ますの寿司”は味もさることながら、色、固く締めているので食べやすいこと。
 ”柿の葉寿司”は、サバ、サケなどバリエーションがあるし、柿の葉で包んであるのでそのまま手で食べたられることです。

 2つに共通するのは、葉っぱでくるんであることですね。これには理由があって、笹の葉、柿の葉とも殺菌作用があるからだそうです。古人の知恵といったところです。

 最近、駅弁ガイドブック代わりに読んでいるのが、”駅弁ひとり旅”。最新刊(2009年3月現在)の7巻では北東北を旅行中です。
 表題は”駅弁”+”ひとり旅”ですが、鉄ちゃんネタ(*5)が半分以上、しかも美女とふたり旅。でも、面白いので全然ノープロブレム。

 7巻では、北東北の豊富な魚介類を利用して、帆立釜めし(青森)、鮭はらこめし(盛岡)、ハタハタすめし(秋田)、小唄寿司(八戸)などが取り上げられています。モノトーンのマンガながら、本当においしそう。メタボぎみのひげ親爺、大介氏と道連れの美女がうまそうに駅弁食べてます。

 ”駅弁を食べる”というテーマで、これだけ味わい深い作品にしているのはさすが。出不精のひとも、デブ症の人も、”駅弁を食べに旅でも出るか”という気にさせてくれる1冊です。

 ところで、”駅弁”といえば、そんな名前のエッチな体位もありました(*6)。
 駅弁の立ち売りがほとんどいなくなった現在、説明なしでいつまで通用するんでしょうねぇ。
 下品なオチで申し訳ない。


《脚注》
(*1)鉄道派
 出張に際して、同じ場所でも飛行機に乗る人と電車で行く人がいます。東京基点だと、富山、岡山あたりが分岐点。時間の長短や最終便なとの要素がありますが、最終的には趣味と腰の問題(*2)。
 同僚の鉄道オタクは、大阪から青森への出張で、電車を乗り継いで行きました。新大阪~東京~八戸~青森で7時間半ほどかかります。
 はっきり言ってこいつはアホです。
(*2)腰の問題
 腰痛持ちは長時間座っていることができないので、座っている時間の短縮が最優先課題。こればっかりは年には関係ないようです。
(*3)バッテラ
 寿司飯の上にきずし(東日本ではしめさば)を乗せて、白板昆布を重ねた押し寿司。うちの実家にはバッテラ用の木枠があって、両親がよく作ってました。
(*4)食べるのに手間がかからないこと
 私は電車や飛行機で本を読む人なので、手間がかからないことは重要です。まあ、サンドウィッチ(カードゲームをしながらでも食べられる)と同じ発想です。
(*5)鉄ちゃんネタ
 いわゆる鉄道オタクのネタ。鉄ちゃんは鉄道発祥以来の歴史と旅行ブームの中、比較的社会に認知されているオタクですが、多分、本人は”鉄道マニアと呼んでくれ”と言いそうです。
(*6)そんな名前のエッチな体位もありました
 女性が男性の首に手を廻し、男性が女性の腰を支え、持ち上げてエッチをする形。映像的には面白いんですが、筋力の強さと腰の丈夫さに自信がなければ、ぎっくり腰になりかねません。でも、気持ちいいんですかねぇ、これ。
 Wikipediaでは、”立位”で調べると検索できます。

« 桜の木の精って男なんだって(櫻の園/二ヶ領用水宿河原堤桜並木) | トップページ | 飛鳥五郎という男を殺したのは貴様だな!?(すごい科学で守ります!/ギター) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

YouTubeでいろいろ探っていたら、モーニング娘。の道重さゆみが”鉄オタ”であることを告白して、ブルートレインについて熱く語っている動画を見つけました。A個だのB個だの、最近の若い子は”鉄ばなれ”がひどすぎる!と嘆いていました。また、モー娘。の中国人メンバーのJunJunが駅弁についてこれまた熱く語っていました。今のモーニング娘。ていったいどうなっているの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44674420

この記事へのトラックバック一覧です: バッテラは寿司だが、きずしは寿司でない(駅弁ひとり旅/富山のますの寿司/笹):

« 桜の木の精って男なんだって(櫻の園/二ヶ領用水宿河原堤桜並木) | トップページ | 飛鳥五郎という男を殺したのは貴様だな!?(すごい科学で守ります!/ギター) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ