« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

35歳で独身で(OL進化論/ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所)

【本】OL進化論(秋月りす 講談社)
 OLたちの日常を描いた秋月りすの4コマ漫画。”モーニング(講談社)”に連載。ジュンちゃんと森下くんのカップル、課長さん、35歳独身の田中くんといった、いかにもいそうな会社員たちのエピソードが癒されます。
【旅行】ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所
 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地にあるニッカのウイスキー蒸留所。森にかこまれた閑静なレンガ造りの工場です。2009年で操業40周年。横に新川川(ニッカワガワ)が流れていますが、名前は偶然の一致だそうです。

Dcf_0093 Dcf_0100 写真はたいちろーさんの撮影。
左はニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所の風景。
右は樽を利用した花壇です。



 先日、会社でいっしょに働いている男性(独身)が35歳の誕生日を迎えました。
 おめでとうごうざいます。
 ということで、今回のお題は”35歳”であります。

 そこで、本の話題として”OL進化論”で最長シリーズ(*1)になりました”35歳で独身で”をご紹介。
 独身男性として登場するいじられキャラが”田中くん”。総務系のお仕事(*2)をする会社員で、とってもいい人。OLの受けも悪くないんですが、なぜか独身なんですね。本人は結婚にあこがれているようですが、どうもOLたちに結婚対象と見られていないようです。

 なぜ、結婚できないかをつらつら考えて見ますと、

あくまで”いい人”
 何かで読みましたが、女性にとって”悪い男”の反対語は”いい人”ではなくて”ど~でもいい人(無関心)”だそうです。
 「独身なのに“いい夫・いい父親”として完成されている」というのは、女性にとって食指が動かないのかもしれません。昨今の”ちょいわるおやじ(*3)”ぐらい山っ気がないともてないのかも。いい人には受難の時代です。
友達が独身男性
 社内を除いて、付き合いのある友好関係がほとんど”独身男性”。
 たしか”負け犬の遠吠え(*4)”だったと思いますが、”独身女性は独身女性とつるむ
”といった話がありました。
 周りに安心材料があると、とかく人間は安心するもの(*5)。多少の切迫感は必要です。
基本的に”草食動物”
 OL進化論では”35歳、独身女性”のネタもありますが、こちらはキャリア志向で、マンションを買ったりとアクティブな女性が登場します。
 課長さんが、自分たちを”草食動物”にたとえていますが、やはり、狩猟系の要素も必要なのかもしれません。
 ただし、やりすぎると犯罪者なのでご注意ください。

 別にマンガだからというわけではなく、実社会も同じでしょうか。マンガは社会を写す鏡ですから。

 話は変わりますが、”35歳”というと、ウィスキーもこの年が節目になります。”35年”はウィスキーの貯蔵=成熟期間を表すそうです。35年ものとなるとけっこうな値段しますが(*6)、これは”天使の取り分”のせいだそうです。
 ウィスキーとかブランデーのように樽などに入れて熟成を必要とするお酒は、熟成中に水分やアルコール分が蒸発するので、最終的な製造量が目減りするそうです。この減ってしまう分が”天使の取り分”。

 まあ、私のように50歳近くなると天使さんが髪の毛を取っていってしまいますが・・・

 ディオゲネス(*7)じゃあるまいし、人間を樽に入れるわけにはいきませんけれども、モテるためには年齢に応じて、天使=周りの女性たちに、取り分=よい影響を与えることも必要なのかもしれません。

 まあ、ウィスキーも結婚するそうなので(*8)、人間としてもぜひ・・・(以下自主規制)(*9)
 
 ウィスキーの製造工程は、上記の宮城峡蒸溜所が工場見学させてくれます。タンクの並んだビール工場と違って、時間がゆっくり流れるような工場はまた違った趣があります。広々した敷地で、レストランもあるので子どもづれでもOK。ウィスキーの試飲もできます(ただし、車を運転しない人限定)。お勧めの観光スポットですので、仙台にお越しの際はぜひ立ち寄ってください。作並温泉もすぐ近くにあります。

 ところで、最近のOL進化論では”35歳で独身で”のネタが”中年入門”になってきています。
 わかりますか、○○くん!


《脚注》
(*1)最長シリーズ
 初期のころは、美人で優秀、有能なスーパー社長秘書、令子さんの「社長秘書令子」シリーズが好きでした。最近は描かれていないのが残念。
(*2)総務系のお仕事
 OLが多い部署で、ほとんど会社にいるので、たぶん総務関係だと思います。
(*3)ちょいわるおやじ
 不良がかった中年男性=おやじのこと。
 バブル景気全盛期にやんちゃな20~30代をすごし、小金持ちで自分の趣味に金をかけて、センスがよくって、といったイメージだそうですが、幻想だと思いますよ、同世代のオヤジとして言わせてもらえば。まあ、”ちょいわるオタク”と言われるよりはマシでしょうけど・・・
(*4)負け犬の遠吠え(酒井順子 講談社)
 酒井順子の自虐系エッセイ。”どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」”と言い切ったところがすごいです。面白く読ませていただきました。
 この本が婦人公論文芸賞を受賞したそうですが、女性の社会進出の成熟を感じます。
(*5)周りに安心材料があると~
 私の会社の人も、同じ30代の独身男性の結婚が決まって”部で唯一の独身男性”になった時はへこんでいました。
(*6)けっこうな値段しますが
 ニッカ”竹鶴35年”は1本73,500円、サントリー”山崎35年”は50万円します。一生に一度ぐらいは飲んでみたいものです。
(*7)ディオゲネス
 古代ギリシアの哲学者。大樽を棲家にしていたので「樽のディオゲネス」と言われました。その思想は”欲望から解放されて自足すること、動じない心を持つことが重要”
(*8)ウィスキーも結婚するそうですが
 モルトウィスキー(原料は大麦)と、グレーンウィスキー(原料はとうもろこし)をブレンドして再貯蔵することをマリッジと言います。
(*9)以下自主規制
 昨今、”早く結婚しろ”は男女を問わずセクハラ用語の筆頭です。
 昔は上司とか近所の世話焼きのおばちゃんとかが出会いを紹介してくれたもんですが、最近はめっきりなくなったようです。あまりセクハラというのも、晩婚化を進める原因の一つではないかと、逆に心配になることもあります。

認めたくないものだな、自分の酒の上の過ちというものを(長恨歌/海棠)

【本】長恨歌(白居易)
 中国・唐の時代、白居易によって作られた長編の漢詩。唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のエピソードを歌ったものです。引用すると長いので、ご興味のある方はWikipediaに全文と現代語訳が載っていますので、そちらをご覧ください。
【花】海棠(カイドウ)
 春に淡紅色のちいさな花を咲かせる中国原産の落葉小高木。花言葉は”艶麗(えんれい)”。近所の園芸店で売っていましたが、写真を撮りそこねました。

Photo
写真は”SozaiRoom”より





 ども、酔いどれ中間管理職のたいちろ~です。
 昨日も呑んでました。今日も今、飲み会から帰ってきたところです。

 ところで、草なぎ剛さんのすまっぱ事件(*1)がすごいことになっています(2009年4月25日現在)。酒の上とはいえ、いい大人のやることではないのは確かですが、個人的には逮捕はちょっと行き過ぎかな~と思います。保護でしょう、普通は。
 ”マスコミが騒ぎすぎだ”とテレビのワイドショーでも取り上げていました。

 まあ、”私 脱いでもすごいんです(*2)”というほど肉体に自信がないので、この手の失敗はしたことないですが、酒と失敗は双子の兄弟のようなものでしょうか。

 と、いうことで今回のお題は”酒の上での失敗”。

 私の場合、酒を飲むと眠くなるタイプなので、よくやるのが電車の乗り過ごしです。
 以前、出張に行った時、おお酔っ払い状態で三原からとなりの広島まで新幹線で移動しました。駅で降りてタクシーに乗って運転手さんに”バスセンターまで(*3)”とお願いしたところ、”ここですよ”とのお返事。恥をしのんで”すいません、ここどこですかぁ?”とお聞きしたら、”博多ですよ!”
 仕方がないので駅にもどってベンチで休んでいましたら、ホームレスのおじさんが”100円ちょうだい”と寄ってくるので、しかたなくホテルを探して泊まりました。広島出張のはずが、おみやげが博多名物”明太子”だったので、奥様におもいっきりバカにされました。

 乗り過ごし距離 第1位:広島~博多間  281km
 乗り過ごし距離 第2位:新大阪~岡山間 180km
 乗り過ごし距離 第3位:東京~千葉往復  79km
と、乗り過ごし距離ではダントツの第1位です。

 さて、”酒、花、失敗”の三題話ということで、今回の花は”海棠(かいどう)”です。

  海棠の眠り未だ足らず

 唐の玄宗皇帝が、酔ってまだ眠そうな顔で現れた楊貴妃(ようきひ)を見て言った言葉から。楊貴妃は世界三大美女(あとふたりはクレオパトラと小野小町)の一人ですが、やはり美女は酔っても美女なんですね。
 両頬がほんのり色づき,瞳は夢見るごとくうっとりと、酔いのさめきらないなまめかしさを見てとのことですが、薄紅色の花をつける「海棠」にたとえるセンスは見習いたいものです

 ただ、この言葉は恋人に言ってもらってこそ華。呑みつぶれていびきかいてるね~ちゃんが自分で言おうもんなら”だ~~って寝とれ!”とツッコみましょう(*4)。
 ましてや、電車を乗り過ごすようなおぢさんが言っても、何の意味もありません。

 その後、いろいろあって玄宗皇帝は楊貴妃の殺害を許可することになりますが、そのエピソードを長編の漢詩にまとめたのが白居易の”長恨歌”になるわけです。

  在天願作比翼鳥
  在地願為連理枝

  天にあっては願わくは比翼の鳥となり
  地にあっては願わくは連理の枝となりましょう

 ”比翼の鳥”、”連理の枝”というのは源氏物語にも引用されていて、古典の授業で習った(ような気がします)が、出典はこれだそうです。
 結婚式の主賓のおっちゃんあたりが使いそうなネタですが、願いだけで愛が続かないのが世のままならないところ(*5)。でも、大切なことなんでしょうね、こういう気持ちは。
 ところで、楊貴妃は、玄宗皇帝の寵愛を受けたことが安史の乱の原因となったということで”傾国の美女”とも呼ばれて言います。
 現在のようにセクハラに厳しい視線が向けられる中、酔っ払って何かしようものなら、良くて”警告の美女”、悪くすれば”訓告の美女”、最悪は”(解雇)通告の美女”になりかねません。
 
  認めたくないものだな、自分の酒の上の過ちというものを(*6)

 と言って、認めてくれるほど、今や世間は甘くありません。
 酒は呑んでも飲まれないことが肝要です。

 では、最後に一言

  世の中に 酒と女はかたきなり どうぞかたきにめぐりあいたい
           (江戸時代の狂歌師 太田蜀山人の言葉)


《脚注》
(*1)すまっぱ事件(素まっ裸事件)
 SMAPの草彅 剛さんが全裸でさわいでいたとして、公然わいせつの現行犯で逮捕された事件(2009年4月23日)。私は草なぎさんのファンなんで、ぜひ復活して欲しいと思ってます。
(*2)私 脱いでもすごいんです
 エステサロンTBCのコマーシャルより。1995年に放映。主演は北浦共笑(きたうら ともえ)さん。ぜひ、確認をさせていただきたいものです。
(*3)バスセンターまで
 広島、福岡を訪れたことのない方のために説明しますと、博多のバスセンタは博多駅のすぐ横、広島のバスセンタはJR広島駅から3km近く離れた場所にあります。ちなみに、広島バスセンター横には広島市民球場がありましたが、2009年年10月に閉館になりました。
(*4)自分で言おうもんなら~
 ”笑う大天使(川原泉 白泉社文庫)”の中で、猫かぶり女子高生 和音さんが養育係の俊介さんにこれを言って、”ふふん!”と鼻で笑われるエピソードが出てきます。
 ”海棠の眠り未だ足らず”の詳しい説明は”はなだより”をご参照ください。
(*5)願いだけで愛が続かないのが~
 私は今でも愛していますよ、奥様。公式見解としては・・・
(*6)認めたくないものだな~
 機動戦士ガンダムのシャア少佐の名言。使い古されたネタで申し訳ありません。

ハンプティ・ダンプティ 落っこちた(マザーグース/卵)

【本】マザーグース(谷川 俊太郎訳 講談社文庫)
 主にイギリスで伝承されてきた童歌の総称。数え歌、なぞなぞ、言葉あそびなど、1000を超えているそうです。日本では、谷川 俊太郎訳がメジャーかな?。
 ボニージャックス、うつみみどり、熊倉一雄らが歌っているのをカセット(*1)で持っています。
【料理】
 物価の優等生で、ほとんど価格が上昇していません。その秘密は”所さんの 目がテン!”に詳しく説明されています。

Photo
イラストは”鏡の国のアリス(ルイス・キャロル)”に登場するハンプティ・ダンプティ。描いているのはイラストレーターのジョン・テニエルです。




 ども、自炊する単身赴任者、たいちろ~です。

 今回のお題は”目玉焼きにかけるのは何?”ですが、私はマヨネーズ派。塩、コショーにマヨネーズをかけて、ハーブスパイスを振りまけます。ハーブは”ピザ”、”イタリアン”、”プロヴァンス”の3種類あって、その日の気分で使い分けています。香りというのは食欲をそそる要素ですし、このひと手間でプチリッチな気分になります(*3)。
 卵は、栄養バランスを考える自炊派の人にはありがたい食材です。とりあえず卵があれば、出し巻き卵、オムレツなどおかずになりますし、オムそば、金糸卵などの彩り、ゆで卵にして輪切りをレタスに乗せるだけでも、”これはサラダだ!”と強気で主張することができます(誰に?)
 意外と日持ちもしますし、なんといっても安いのが魅力。うちの母親はよく”今日は玉出(たまで)で玉子が1円やった!(*4)”と言ってました。
円で玉と

 話は変わりますが、今回はコマネタの”目玉焼きにかけるのは何?”に載せていますが、表題の”ハンプティ・ダンプティ 落っこちた”がなんで”玉子料理”の話題に出てくるかわからない人も多いのではないかと。

    Humpty Dumpty sat on a wall.
    Humpty Dumpty had a great fall.
    All the king's horses and all the king's men
    couldn't put Humpty together again.

  ハンプティ・ダンプティが 塀の上
  ハンプティ・ダンプティが おっこちた
  王様の馬みんなと 王様の家来みんなでも
  ハンプティを元に 戻せなかった

   (日本語訳はWikipediaより)

 ”ハンプティ・ダンプティ”はマザーグースの童謡に登場するキャラクターです。歌詞のなぞなぞの答えが”卵”です。

 メロディはYouTubrなどでお楽しみください

 マザーグースは昔、それ自体は谷川 俊太郎訳でちょっとはやりましたが、日本で定着してるかというとちょっと疑問。でも”ロンドン橋落ちた”、”きらきら星”、”メリーさんの羊”、”10人のインディアン”なんかはメジャーです。”誰がクックロビン(こまどり)を殺したの?(Who killed Cock Robin?)”なんてのもあります。でも、一番歌っているのが、”クックロビン音頭(*6)”だったりして。

 ミステリーのガジェットとして使われることも多いので、一般的な本読みというより、ミステリマニアのほうが良くご存知かもしれませんね。アガサ・クリスティや、ヴァン=ダイン、神恭一郎事件簿(*7)なんかに登場します。

 そういえば、最近この手の古典ミステリーを読んでないな~。
 学生時代は、けっこうはまったんですけどね。

 最後ではありますが、世界経済がハンプティ・ダンプティにならないことを願っています。

    Worldwide wealthy rode on a bubble.
    Worldwide wealthy had a great bubble.
    All the Finance Minister and all the president's staff
    couldn't put wealthy back again.

  世界中の金持ちが バブルにのっかった
  世界中の金持ちが バブルから落っこちた
  ずべての大蔵大臣と 大統領のスタッフを集めても
  お金持ちを元に 戻せなかった



《脚注》
(*1)カセット
 今の若い人はほとんど見たこと無いでしょうね~。CDが出る前はメジャーな音楽媒体でしたが。そういえば、先日、電車の中でカセットのウォークマン(*2)を聴いているオヤジがいて、タイムスリップしたかと思いました。
(*2)ウォークマン
 一般名称化していますが、ウォークマンはソニーのポータブルオーディオプレーヤーの総称。ですので、”ポータブルオーディオプレーヤーを聴いている”と書くのが正しいですが、そんな名前で呼ぶ人はほとんどいません。プレステと並んでソニーの最も成功した製品のひとつです。
(*3)プチリッチな気分になります
 私はお酒のディスカウントストア”やまや”で買っていますが、150円ぐらいだったかな?1本あれば、価格を忘れるぐらいもちます。プロの料理人もつかっているぐらいですので、買っておいてソンはありません。
(*4)今日は玉出(たまで)で玉子が1円やった!
 ”玉出”は大阪にある激安スーパー。”1000円買ったらxxは1円”のセールをやっています。たぶん名前は本社のある大阪市西成区”玉出”から。
(*5)メロディはYouTubrなどで~
 検索してみると、複数のメロディがありました。こちらは、きらきら星に似たパターン
(*6)クックロビン音頭
 ”パタリロ(魔夜峰央 白泉社)”はパタリロ国王と「美少年キラー」の異名をもつMI6のエージェント、バンコラン少佐が主人公のギャグ漫画で後にアニメ化。バンコラン少佐は凄腕のプレイボーイですが、お相手は美少年専門です。最初にアニメ化の話を聞いたときは”マジですか?!”と思いました。
 ”クックロビン音頭”はアニメ版のエンディングテーマですが、一度聴いたら忘れられない迷曲です。ちなみに、ローゼンメイデンバージョンというのも存在します。
(*7)アガサ・クリスティや、ヴァン・ダイン、神恭一郎事件簿
 アガサ・クリスティはイギリスの生んだ「ミステリーの女王」。日本名は”阿笠”(ウソです)。エルキュール・ポアロやミス・マープルのシリーズが有名。
 ヴァン・ダインの代表作”僧正殺人事件”では、”誰がこまどりを殺したの?”がガジェットに使われています。
 神恭一郎は、和田慎二の漫画”スケバン刑事”などに登場する長髪の私立探偵。私の知る限りもっともイケメンの探偵さんです。”左の眼の悪霊”では”6ペンスの唄”が使われていました。初出は1975年ですが、現在でもメディアファクトリー版で入手可能


これは何時代の発言でしょうか?(大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清/高橋是清翁記念公園)

【本】大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清(松元 崇 中央公論新社)
 大蔵大臣などを歴任した大政治家 高橋是清を軸に、日露戦争から第二次世界大戦前までの財政の状況を描いた歴史書。著者の松元 崇も大蔵省(現財務省)のエリート官僚です。
【旅行】高橋是清翁記念公園
 東京都赤坂にあった高橋是清の邸宅跡を公園にしたもの。カナダ大使館の横にあります。そんなに大きくはないですが、木立の多い落ち着いた公園です。日曜朝に行きましたが小鳥のさえずりが心地よかったです。

20090419 20090419_2
写真はたいちろ~さんの撮影
左は公園内の池と灯篭、右は高橋是清翁の銅像です

 さて、問題です。下記は何時代の話でしょうか?

 救済事業だといって用もない道路を拓いたりするが、それに使う金は、その土地に落ちても、事業が終わると拓いた道は生業の助けにならず、村は以前にも増して窮追する例がしばしばある。(中略)農村に限らず、失業の問題でも無意味な救済はしてはならぬ。それは相手に間違った安心を与えるからである。(本書より引用)

 答え
 高橋是清の1935年(昭和10年)ごろの発言です(*1)。高橋是清は1936年(昭和11年)の二・二六事件(*2)で暗殺、その後の軍部の暴走により第二次世界大戦(1941年)に つながっていきます。

 今回のお題は”健全財政”ということで、”大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清”を取り上げます。

 高橋是清は日銀総裁、大蔵大臣、総理大臣を歴任した政治家であり、財政のエキスパート。その高橋是清が目指したのが”健全財政”のように読み取れます。個人の家計にしろ国家の財政にしろ、収入と支出のバランスをとるのは大前提。つまり、”ご利用は計画的に(*3)”です。ましてや、国家財政に”おまとめローン(*4)”なんてありません。

 本書を読みますと、国家財政は
  ①国家の収入を増やすのは増税か国債の発行
  ②税負担は必ずしも国民に均等にかかるわけではない
  ③ほっておけば支出は増える。
   特に戦争の機運が高まると軍事予算の拡大要求が大きい(*5)
 ことがわかります。

 国家戦略として、戦争なんかしないのが一番です。まあ、時代背景を考えると、国防上の予算要求拡大はわからんでもないですが、それにしても海軍と陸軍の確執とか、関東軍の暴走とかはいただけません。ましてや、軍部からの

 「国債は国民の債務なると共にその債権なるを以って、国債の増発も国民全体としては財の増減が無い故に、内国債である限り国債の増加も国民全員負担の増加にあらず、何等恐るゝに足らず。(本書より引用)」

 の発言に至っては、はっきり言って”借金返す気ないやろ、おまえら!”とつっこんでしまいそうです。

 財政に関して高橋是清が懸念しているは、モラルハザードと野放図な拡大。上記の道路建設や、失業問題にしても、”安易にやるな”と警鐘を鳴らしているわけです。
 軍事費についても、立派な軍隊を作っても国民が維持できなければ、役に立たないといった趣旨の発言をしています。私自身はコンピュータ業界の人間ですが、多くの仕様をとりいれて立派なものを造っても維持メンテのコストが膨大になるという例がままあります。何事にもLCM(*6)的な観点は必要です。

 で、これにブレーキをかけるのが”財政の論理”、つまり国家の収支バランスです。戦争に勝っても国家が困窮すればそれは”財政的な負け戦”
 歴史的経緯でおっかけていくと、昔の戦争は勝った国が負けた国から賠償金を分捕って戦争費用の充当に当てるという財政構造になっていました。日露戦争の場合、日本は外国から借金をして戦争をしましたが、賠償金が取れなかった=財政的には負け戦。この負債がめぐりめぐって農村部に過度に経済的な負担をかけ、農村出身者の多い軍部の青年将校の決起を促し、二・二六事件につながっていくわけです。
 ましてや、ドイツに対する過度な賠償金要求がナチス・ドイツの台頭を招いたという反省から、現在では敗戦国への賠償金請求が行いにくい状態です。今、戦争をやったら少なくとも財政的には”勝者なき戦い”にならざるをえません。

 このへんのカラクリについては、もうちょっと学校で教えたほうが良いんじゃないですかね。背後にある問題をすっとばして”二・二六事件”という出来事だけを覚えさせても、その重要性がわかるように思えません。
 まあ、政治家としては、あまり触れて欲しくないテーマなのかもしれませんが。

 財政の論理の敗北について、吉田茂(*7)がこんなことを言っています。

 「特に大蔵大臣は、事(こと)予算編成に関する場合は、各省大臣を同時に敵にせねばならぬ立場のもので、その立場を強力にすることは、政治の根本を正す所以である。(中略)この機関は民主政治において最も重要な機関である。(本書より引用)」

 さすがに明治の男は気骨があります。まあ、このやり方に問題がないわけではないですが(*8)、政局がらみでばらまき財政をやっている孫の現状を見たらなんということやら・・・(*9)

 本書は、”高橋是清”という人物名がタイトルについていますが、いわゆる伝記のような記載はほとんどなく、大蔵省から見た財政史といったほうが合っている気がします。
 現在の2009年度予算において、与野党ともに大盤振る舞いをやってるのを見ていると、こういった本を読んで一度冷静に考えたほうがいいのかもしれませんね。

《脚注》
(*1)昭和10年ごろの発言です
 本書にて正確な記述はないですが、前後の文脈からこのころとしました。
(*2)二・二六事件
 2月26日~29日に、青年将校らによるクーデター未遂事件。斎藤内大臣、高橋蔵相、及び渡辺教育総監が殺害されました。高橋蔵相が狙われたのは、軍部予算の削減案が陸軍軍人の恨みを買ったからというのが教科書的な説明。
(*3)ご利用は計画的に
 消費者金融のコマーシャルでは最後に出てくるフレーズ。薬のコマーシャルの”ピンポ~ン”と同じ。薬の場合は注意喚起の文章を入れることが薬事法で決まっているんだそうですが、これもそうなんでしょうか?
(*4)おまとめローン
 複数の金融機関からの高額な借り入れをまとめてひとつすることで、金利を低くし、返済総額を抑えることが出来る方法のこと。複数の金融機関で商品化されているサービスですが、重要なのは借入総額が減るわけではないこと。
 ”おまとめローン.org”などに詳しく載っていますが、まあ、これを使う状況にならないことが肝要かと。
(*5)特に戦争の機運が高まると~
 本書であつかっている時代は日露戦争~第二次世界大戦前です
(*6)LCM(life cycle management)
 企画~開発(初期コスト)~運用・メンテ(ランニングコスト)~廃棄をトータルでとらえるという考え方。注意しないと初期コストよりもランニングコストのほうがかかるケースも結構あります。身近な例では、パソコンのプリンタは購入代金はしれていても、インク代のほうが圧倒的にかかるといったものです。
(*7)吉田茂
 戦後の混乱期に5回にわたって総理大臣をつとめた大政治家。戦後の自由民主党政治の基礎を築いた人でもあります。
(*8)このやり方に問題がないわけではないですが
 Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely.
 「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」
   ジョン・アクトン(イギリスの歴史家・思想家・政治家)
(*9)政局がらみでばらまき財政をやっている孫~
 現内閣総理大臣、ローゼン麻生閣下であります(2009年4月現在)

天下取っても二合半(俺の空/吾唯足知)

【本】俺の空(本宮ひろ志 集英社文庫)
 日本最大の財閥、安田グループの次期総帥の安田一平が、グループ首脳も認める人生の伴侶=奥さんを見つける旅にでるという物語。1976年に週刊プレイボーイに連載。
 今回のテキストはファーストシーズン版です(*1)
【旅行】吾唯足知
 ”われ、ただ足るを知る”と読みます。京都の龍安寺(りょうあんじ)にある”知足の蹲踞(ちそくのつくばい=手水鉢)”に刻まれている文字。徳川光圀の寄進と伝承されています。

Photo
写真は”京都伏見の整体日記”より




 先日、会社のお嬢さんと”陣内智則はなぜ浮気をしたのか?”の話をしました。

  私    藤原紀香が奥さんだったら、私なら絶対浮気なんかしない
  お嬢さん 藤原紀香でさえ、落とせたんだから、他の女の人でも
       落ちると思ったんじゃないですか?!


 なるほど、そういう見方もあるんですね。
 でも、離婚してしまったら何にもならないでしょうに・・・

 ということで、今回のお題は”それなりの満足”。

 若いころは山登りをしていましたが、山に登っていると、”大自然の広大さと個人の小ささ”を感じざるをえません。街にいて、開発された所だけしか見ていないと”人間ってすご~い”と思いますが、山にいると人間が足跡を残していない場所はいっぱいあります(*2)。

 一種の達観なのでしょうが、悪いことではないと思います。
 以前、アフリカに行ったときにツアーコンダクターの人が”人生感に影響を受けたのは、南極と、サハラ砂漠と、キロマンジェロ”と言ってました。共通するのは人類が作ったものがな~んもないとこ。圧倒的な大自然を前にすると人は謙虚になります。

 謙虚さというのは、欲望と満足のどこで折り合いをつけるかと言うこと。野望とか、上昇志向とかを持つのはよいですが、欲望に振り回されていては本末転倒です。

 座って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半(*3)

 ”天下を支配しても、座ったらたたみ半畳、寝れば一畳しか使えない、一日に二合半以上のご飯を食べることはできない”つまり、どんなに偉くなっても、本当に必要なものはたかが知れているといった意味。織田信長が自戒をこめて言ったなど諸説あるようですが、天下を指呼の間に治めた信長の発言であれば、なかなかに興味深い言葉です。

 ”座って半畳~”の載っている本として、”俺の空(*4)”がお勧め。本宮ひろ志といえば少年ジャンプ創成期以来の”熱血マンガ家”という印象ですが、主人公の安田一平、戸川万吉、矢島金太郎(*4)など立ち位置の違いはあれ、出世には意外と淡白です。偉くはなっていますが、出世の野望に燃えているわけではなく、自分の信じた道の結果として偉くなっているだけ。人として、こうありたいものです。

 同様の言葉が、”吾唯足知”。写真を見ていただければ判りますが、真ん中の水をためておく四角い部分を”口”に見立てているところがエスプリがきいています。

 知足の蹲踞のある龍安寺は禅宗の一派ある臨済宗のお寺。一般に禅宗は知識ではなく、悟り=”煩悩に左右されることなく、智慧の力によって解脱すること”を重視します(*5)。
 まあ、煩悩の最たるものが出世やお金と考えると、名声にも収入にもならないブログをだらだら書いて満足しているってのも、まあ仏の思し召しかもしれません


《脚注》
(*1)ファーストシーズン版です
 この後、刑事編、三四郎編、、オールマン版、俺の空 '03が掲載されました。
(*2)人間が足跡を残していない場所はいっぱいあります
 登山道はしょせん線でしかありません。でも、道を外れてうろつきまわるのは遭難の危険性が高いので絶対避けてください。
(*3)座って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半
 ”起きて半畳”という言い方もあります。
 料理をされる方は判ると思いますが、一回で食べるご飯の量としては、一合で1/3余るぐらい。山登りをしていた時は一回に2合食べたことはありますが、今ではそんなに食べられません。もし食べたとしたら、間違いなくメタボになります。
(*4)戸川万吉、矢島金太郎
 戸川万吉は”男一匹ガキ大将(少年ジャンプ)”、矢島金太郎は”サラリーマン金太郎(週刊ヤングジャンプ)”の主人公。
(*5)悟り=”煩悩に左右されることなく~
 宗教は教義によっていろんな解釈があります。まあ、一般論ということでご容赦ください。


飛鳥五郎という男を殺したのは貴様だな!?(すごい科学で守ります!/ギター)

  ども、日曜日は早起きおとうさん、たいちろ~です。
 今回のコマネタのお題は”好きな『戦隊モノ』、教えて!”
 これは、参加せずにはいられないネタ!
 ということで、ゴレンジャー世代のおぢじさんも一筆書かせて頂きます。

【本】すごい科学で守ります!(長谷川 裕一 、日本放送出版協会(*1))
 スーパー戦隊モノに登場するメカを、SF的?視点で分析した本。ぜんぜん別々な話をとにもかくにも一本の線でまとめた妄想力はりっぱ。続編に”もっとすごい科学で守ります!”、”さらにすごい科学で守ります!”もあります。
【音楽】ギター
 代表的な弦楽器。昔の歌本にはギターのコードが記載されていて、軽音楽部の連中は一所懸命練習してました。時には武器にもなります(*2)。

Guitar
イラストは”イラストわんパク”より




 
 数多いヒーロの中でも、かっこよさといえばやはり”宮内洋”でしょう。70年代の特撮ヒーローシリーズを支えた名優です。”キザ”を演じさせたら、その存在感は平成のイケメンライダーなど足元にも及びません

秘密戦隊ゴレンジャー】サブリーダ:新命明 / アオレンジャー
 スーパー戦隊シリーズの第一作。なんといっても”青=クール、サブリーダー”を印象付けた功績は大です。原作は石ノ森章太郎。この人は、仮面ライダーを含め、現在のスーパーヒーロータイム(*3)の礎を築いたまさに巨匠です。

ジャッカー電撃隊】行動隊長:番場壮吉 / ビッグワン
 スーパー戦隊シリーズ、第二作。白いスリーピースに、テンガロンハット&ステッキ。そのキザっぷりは、言葉で説明するより映像で見れば一目瞭然。YouTubeでお楽しみください。
 戦隊モノでは、本作品までが石ノ森章太郎の原作だそうですが、扱いが小さいのがちょっと残念(*4)。あのキャラクターはなかなかマネのでくるもんじゃございません。

仮面ライダーV3】主人公:風見志郎 / 仮面ライダーV3
  3人目の仮面ライダー、Victory3(*5)。このあたりまでは、まじめに?見てました。平成ライダーはどちらかというと優しいキャラが多いですが、このころのライダーは”戦う意思”というか、目力が違います。

快傑ズバット】主人公:早川健 / 快傑ズバット
 そのキザっぷりを遺憾なく発揮させた作品
 表題の”飛鳥五郎という男を殺したのは貴様だな!?”は主人公、早川健のセリフから。
  変身前の早川健(YouTubeより)
  変身後の快傑ズバット(YouTubeより)

 見比べてもらえば判りますが、圧倒的に早川健のほうがカッコいいです。
 ちなみに、居合い切りの達人”風 流之介”を演じたのは、死神博士こと天本英世さん。
 ギターを弾く特撮ヒーローとしてはジロー(*6)と双璧をなす存在。最近は太鼓の達人のようなライダー(*7)もいますが、当時のメインストリームはやはりギター。ギターをうまく弾けることが若者のステータスでした。今やカラオケでしかミュージックしないおと~さんだって、昔はフォークシンガーしてたんだぜ、坊や。

 ブログを書くにあたって、久しぶりにYouTubeで観ましたが、やはりかっこいいですね~ さすがに古さはありますが、熱さは現在の戦隊モノや、平成ライダーシリーズに勝るとも劣りません。

 戦隊モノの赤に関する考察を”仮面舞踏会=ディケイド”で書きましたので、そちらもどうぞ。

 初期のスーパー戦隊モノについては、”すごい科学で守ります!”の解説がおもしろいです。著者は漫画家の長谷川 裕一。知っていても何の役にも立たない知識の塊ですが、究極のホラはリアリティにつながる好例ではあります。

 で、戦隊モノでの一番のお気に入りはというと、実は”フラビージョ様(*8)”だったりして・・・(^_^;)ゝ


《脚注》
(*1)日本放送出版協会
 通称”NHK出版”。民放の番組をNHKが本にするか!? でも08年の紅白歌合戦のメインは”相棒(テレビ朝日)”だったしな~
(*2)時には武器にもなります
 ウィリアム・ワイラー監督の不朽の名作”ローマの休日”ではオードリー・ヘプバーン演じるアン王女が、追っ手をギターで殴り倒すシーンがあります。
  大暴れするアン女王(1分10秒ごろ)
  写真をプレゼントされるアン女王(6分30秒ごろ)
 ぜひ、観ていただきたい傑作です。
(*3)現在のスーパーヒーロータイムの礎を築いた~
 TV朝日の日曜朝7:30~8:30の戦隊モノ+仮面ライダーの時間帯。
 現在の戦隊モノの原作は八手三郎ですが、仮面ライダーは石ノ森没後10年近くたつにもかかわらず、現在でも”原作 石ノ森章太郎”のクレジットが記載されています。
(*4)扱いが小さいのがちょっと残念
 石ノ森萬画館のホームページでも、ゴレンジャーのコーナーはありますが、ジャッカーのコーナーはありませんでした。
(*5)Victory3
 ”仮面ライダー THE NEXT”に登場するV3は”Version 3”。昭和のV3は仮面ライダー1号、2号の手で外科手術によって改造されましたが(医師免許あるのか?)、平成V3は、ナノロボットによって改造されたという設定です。科学の進歩を感じますね。
(*6)ジロー
 ”人造人間キカイダー”に登場するロボット。良い子の鉄腕アトムと違い、不完全な良心回路を持つと言う設定がシュール。原作はこれも石ノ森章太郎。つくづくこの人は天才です。
(*7)太鼓の達人のようなライダー
 仮面ライダー響鬼のこと。敵を太鼓のばち(音撃棒)でどつきまわすという、あまり他に見られない戦い方をしています。冗談で」言ったつもりでしたが、”太鼓の達人 仮面ライダー響鬼バージョン”てのがありました。
 音楽の質の高さではNo.1.その魅力はこちらでお楽しみください。
(*8)フラビージョ様
 『忍風戦隊ハリケンジャー』に登場する敵キャラ。演じるのは”あず”こと山本 梓。
 戦隊シリーズには最多の4作品に登場だそうです。


バッテラは寿司だが、きずしは寿司でない(駅弁ひとり旅/富山のますの寿司/笹)

【本】駅弁ひとり旅(監修:櫻井 寛、作画:はやせ 淳 双葉社)
 弁当屋の主人、中原大介氏が電車で日本一周をしがなら全国の駅弁を食べまくるという漫画。駅弁自身もさることながら、描かれている電車や車窓からの風景もとっても素敵です。
【旅行】富山のますの寿司
 富山県を代表する駅弁。寿司飯の上に薄切りのマスを並べて笹で包んだもの。百貨店等で駅弁大会を開催すると必ず出てくる定番。
【花】(ささ)
 昔、山登りをしていた時に出くわすのが藪こき。1m近くある植物の茂みの中をえっちらおっちら歩くことです。で、多いのが笹ブッシュ。笹は葉の端が鋭利なので、夏の暑い季節でも長袖シャツで歩かないと傷だらけになります。

2009041
写真はたいちろ~さんの撮影
近所の公園にて。



 ども、全国を股にかけ、仕事をしてるふりをしているたいちろ~です。
 まじめに仕事をしているかはさておき、けっこう出張はあります。
 やはり出張の楽しみといえは食べること。私は鉄道派(*1)なので、けっこう駅弁も食べております。
 ということで、今回は”駅弁”のお話

 独断と偏見ですが、駅弁は3ツに分類することができます。

①メインが決まっているもの
  だいたい、”XX弁当”と書いてあるのはこれ。食べたことある中で代表的なのは名古屋の”味噌カツ弁当”、横浜の”シューマ弁当”、仙台の”牛タン弁当”など。
②いろんな食材が入っているもの
  いわゆる”幕の内弁当”。意外と食べてません。
③お寿司系の弁当
  生ものですが、保存性を上げる工夫がされています。同じく富山の”ますの寿司”、福井の”焼き鯖寿司”、大阪の”バッテラ(*3)”、奈良・和歌山の”柿の葉寿司”など。

 私は、③のお寿司派です。
 理由は、魚介類がメインであること暖かくなくてもおいしいこと食べるのに手間がかからないこと(*4)などです。
 魚介類というのは地域色が強いので、やはり地元で食べたいもの。牡蠣は松島、ホタルイカは富山、ハモは京都とか。同じように、駅弁も地元の魚や独特の味付けものを食べたいものです。

 好物は、”ますの寿司”、”柿の葉寿司”など。
 ”ますの寿司”は味もさることながら、色、固く締めているので食べやすいこと。
 ”柿の葉寿司”は、サバ、サケなどバリエーションがあるし、柿の葉で包んであるのでそのまま手で食べたられることです。

 2つに共通するのは、葉っぱでくるんであることですね。これには理由があって、笹の葉、柿の葉とも殺菌作用があるからだそうです。古人の知恵といったところです。

 最近、駅弁ガイドブック代わりに読んでいるのが、”駅弁ひとり旅”。最新刊(2009年3月現在)の7巻では北東北を旅行中です。
 表題は”駅弁”+”ひとり旅”ですが、鉄ちゃんネタ(*5)が半分以上、しかも美女とふたり旅。でも、面白いので全然ノープロブレム。

 7巻では、北東北の豊富な魚介類を利用して、帆立釜めし(青森)、鮭はらこめし(盛岡)、ハタハタすめし(秋田)、小唄寿司(八戸)などが取り上げられています。モノトーンのマンガながら、本当においしそう。メタボぎみのひげ親爺、大介氏と道連れの美女がうまそうに駅弁食べてます。

 ”駅弁を食べる”というテーマで、これだけ味わい深い作品にしているのはさすが。出不精のひとも、デブ症の人も、”駅弁を食べに旅でも出るか”という気にさせてくれる1冊です。

 ところで、”駅弁”といえば、そんな名前のエッチな体位もありました(*6)。
 駅弁の立ち売りがほとんどいなくなった現在、説明なしでいつまで通用するんでしょうねぇ。
 下品なオチで申し訳ない。


《脚注》
(*1)鉄道派
 出張に際して、同じ場所でも飛行機に乗る人と電車で行く人がいます。東京基点だと、富山、岡山あたりが分岐点。時間の長短や最終便なとの要素がありますが、最終的には趣味と腰の問題(*2)。
 同僚の鉄道オタクは、大阪から青森への出張で、電車を乗り継いで行きました。新大阪~東京~八戸~青森で7時間半ほどかかります。
 はっきり言ってこいつはアホです。
(*2)腰の問題
 腰痛持ちは長時間座っていることができないので、座っている時間の短縮が最優先課題。こればっかりは年には関係ないようです。
(*3)バッテラ
 寿司飯の上にきずし(東日本ではしめさば)を乗せて、白板昆布を重ねた押し寿司。うちの実家にはバッテラ用の木枠があって、両親がよく作ってました。
(*4)食べるのに手間がかからないこと
 私は電車や飛行機で本を読む人なので、手間がかからないことは重要です。まあ、サンドウィッチ(カードゲームをしながらでも食べられる)と同じ発想です。
(*5)鉄ちゃんネタ
 いわゆる鉄道オタクのネタ。鉄ちゃんは鉄道発祥以来の歴史と旅行ブームの中、比較的社会に認知されているオタクですが、多分、本人は”鉄道マニアと呼んでくれ”と言いそうです。
(*6)そんな名前のエッチな体位もありました
 女性が男性の首に手を廻し、男性が女性の腰を支え、持ち上げてエッチをする形。映像的には面白いんですが、筋力の強さと腰の丈夫さに自信がなければ、ぎっくり腰になりかねません。でも、気持ちいいんですかねぇ、これ。
 Wikipediaでは、”立位”で調べると検索できます。

桜の木の精って男なんだって(櫻の園/二ヶ領用水宿河原堤桜並木)

【本】櫻の園(吉田秋生 白泉社文庫)
  数百本の桜に囲まれて、”桜の園”と呼ばれる名門女子高校”桜華学園”。ここの演劇部は、春の創立祭りに『桜の園』(*1)を上演するのが伝統です。演劇部に所属する少女たちの人間関係と心理を描いた青春マンガの名作。
 初出は1985年の『LaLa』(*2)に連載されました。
 2回映画化されていますが、今回のテキストは原作のマンガ版。
【旅行】二ヶ領用水宿河原堤桜並木(にかりょうようすいしゅくがわら)
 二ヶ領用水は、神奈川県川崎市を流れる疎水(用水路)。武蔵小杉駅、宿河原駅(ともにJR南武線)付近は神奈川県では桜の名所として有名。水辺にプロムナードがあったりして、散策するにも良いところです。

2009040501 2009040502
写真はたいちろ~さんの撮影
桜が満開でした。





 先日(2009年4月5日)、会社の人たちとお花見に行ってきました。
 わ~い、デートだ!(*3) 

 ということで、今回のお題は”お花見”であります。

 あまり有名すぎる所では込みそうということで、二ヶ領用水の宿河原宿堤をチョイスしました。
 二ヶ領用水は住宅街を流れていることもあって、カラオケとかで大騒ぎしている団体がおらず、静かに桜を観ることができるのも、高ポイント。
 そぞろ歩きするにも適当な距離なので、お散歩気分も満喫できます。
 お店とか屋台は少ないので、お弁当をもってお出かけするのが良いでしょう(*4)。

 思った以上にお勧めの穴場スポットです。

 写真撮ったり、疎水のほとりのプロムナードにシートを引いてず~っとおしゃべりしたりしてました。名古屋の縦ロールの話とか、寮生活の話とか、女子高時代の話しとか。
 こういうのって、結構好きですね。ちょっと、高校生っぽいですが。
 とても楽しかったです。
 来年もよければ一緒に行きましょう。

 さて、表題の”桜の木の精って男なんだって”というのは、『櫻の園』(吉田秋生)に登場する女子高校生で演劇部員の杉山さんのセリフ。話しのお相手は同じく演劇部の部長さんで男嫌いの志水さん。言われた志水さんは、桜の木から飛びのいています。

  それじゃあ

  この学校は百人の男にとりかこまれているってことなの
  悪い冗談だわ、なんてグロテスクなの
  ここを”桜の園”って呼ぶのと同じくらい


  『櫻の園』に登場する女の子たちは、みんな何がしかのコンプレックスを持っています。志水さんの場合は”しっかりしたお嬢さん”と言われること。”かわいいお嬢さん”、”かわいいお嬢さん”と言われないことが、かえって自分を縛りつけいると感じているようです。
 あと、小学校4年生で生理がきて、”おませさん”と言われたことが男性嫌いのトラウマになっています。

  ふくらみかけた胸に布をまきつけ
  歩く時は、しらずしらず前かがみになった
  胸がはりさけそうなのは
  自分のみじめさか
  邪険にしていた乳房(ちぶさ)の痛みか

 高校生の娘を持つおと~さんとしては、悩んでしまいますね。

 25年近く前の少女マンガですが、吉田秋生独特のシャープな線と、軽くくだけた雰囲気は、今読んでも古さを感じさせません。
 現在でも入手可能なロングセラー(*5)ですので、ぜひ読んでいただきたい名作です。

《脚注》
(*1)桜の園(岩波文庫 他)
 ロシアの劇作家アントン・チェーホフによる戯曲。読んでる途中です。
  南ロシアの5月,美しく咲いた桜の園に5年ぶりに帰ってきた当主ラネーフスカヤ夫人。しかし,広大な領地はすでに抵当に入り,まもなく競売にかけられる運命にある。さまざまな思いの交錯するなか,いよいよその日がやって来た…(Amazon.comより)
(*2)LaLa
 『花とゆめ』と並ぶ、白泉社発行の少女漫画雑誌。若いころ読んだ感想では、『花とゆめ』が、スケバン刑事(和田慎二)、ガラスの仮面(美内すずえ)、笑う大天使(川原泉)といった、マニアックでもメジャー受けする作品、『LaLa』は、月の子(清水玲子)、日出処の天子(山岸凉子)、綿の国星(大島弓子)とマニア度をディープ化させたような印象でした。
 てか、男子高校生がなんでそんなもん読んでる!
(*3)わ~い、デートだ!
 すいません、見栄張りました。
 昨年入社の女性と並んで写真を撮ったら、”親子みたい!”と言われてしまいました。 ま、二廻り以上年の差があればね・・・
(*4)お店とか屋台は少ないので~
 ビールとワイン、お菓子だけ持っていっておつまみは現地調達にしました。思いのほか、お店があんまりなくて、焼き鳥、お好み焼き、フルーツぐらいしが買えず、貧乏花見になってしまいました。ごめん!
 来年も行くようなら、お寿司ぐらい持って行きます。
(*5)現在でも入手可能なロングセラー
 私が持っているのは2008年3月15日発行の第23刷です。
 やはり、名作は長く読み継がれて欲しいものです。

決断力不足は、シュークリーム分不足のせい?!

【本】あずまんが大王(あずまきよひこ メディアワークス)
【DVD】あずまんが大王(原作:あずまきよひこ、監督:錦織博、キングレコード)
 ふつ~の女子高校生の、ふつ~の高校生活を描いた4コママンガ。アニメ化もされました。癒し系コミックの名作です。”シュークリーム分”は4巻に掲載。
【旅行】神戸)レーブドゥシェフのシュークリーム
 ”レーブドゥシェフ”は神戸にある洋菓子屋さん。ここのシュークリームは絶品です。垂水駅前(神戸)の小さなお店から、よくお土産に買って帰りました。


_0105 写真はたいちろ~さんの撮影

レーブドゥシェフのシュークリームの写真がなかったので、近所のスーパーで買ってきました


 ども、最近、人間ドックで”高血圧ぎみ”と診断された、たいちろ~です。
 血圧が上がったのは、やはりイライラすることが増えたせいでしょうかね。これでも一応幹部社員(*1)の端くれなので、いろいろな会議に出席することが多いですが、イライラの原因は”なかなかモノが決まらない”ということ。
 リスクセンシティブ(*2)になるのはいいんですが、”そんなん、やってみてから考えたってえ~やん”という典型的なB型の私(*3)としては、ちゃっちゃと決めて、ちゃっちゃと進めてくれたほうがうまくいくと思ってしまうのであります。

 まあ、高血圧の最大の原因は”メタボ”になってきたってことでしょうが・・・

 ということで、今回のお題は”~分”。糖分とか塩分とかの”~分”です。

 イライラの原因としてよく言われるのが、”カルシウム分”の不足。
 ”そんなにイライラするんやったら、煮干でもかじっとけ!”と突っ込まれそうですが、Wikipediaで調べると、「血液中のカルシウム濃度が不足すると精神不安定に陥る」という説は医学的には間違いとのこと。仮にカルシウム不足が原因でイライラするようだと、それ以前に重度の骨粗鬆症になっているそうです。勉強になりました。

 煮干はカルシウム不足を補う健康に良い食品ですし、よいおつまみにもなります。ただ、煮干だけっていうのはちょっとビンボくさいですが(*4)。


 さて、会議が長引くと集中力や思考力が低下するもの。これは”シュークリーム分”の不足が原因です。

 ”シュークリーム分”とは
   シュークリームに含まれる成分
   シュークリーム分が足りなくなると疲労や集中力・思考力の低下等の症状が現れる
  勉強していると、減ってくる

 『現代用語の基礎知識2006』にも掲載された、りっぱな一般用語です(*5)。
 オリジナルは”あずまんが大王”から。ダイエット娘、水原暦さんの発言。

 私もシュークリーム、大好きです。洋菓子の中ではリーズナブルなお値段ですし、まったりとした甘みが美味です。
 一押しは、神戸のレーブドゥシェフのシュークリーム。ちょうど新婚時代に食べておりましたので、甘い思い出かと思っていましたが、三宮を始め6ケ店に増えているところを見るとおいしいと思ったのは私だけではないようです。
 最近は神戸に行ってないので、長らくご無沙汰になっているのが残念。ぜひ東京にも出店して欲しいものです。

 ”あずまんが大王”は、のんびりしたい気分の時にはお勧めの1冊。どこから読んでもおもしろいですし、4コママンガですのでちょっとした隙間の時間でも楽しめます。
 以前にも、一度ブログで書いていますので、そちらのほうもご一読ください。

 あ~、それにしても、会議の時にシュークリームが出ないかな~
 そしたら、いい知恵だって出るかもしれないのに・・・



山あり、海あり、温泉あり、風光明媚で食べ物も美味(プラチナタウン/仙台/けやき)

【本】プラチナタウン(楡 周平 祥伝社)
 総合商社部長の山崎鉄郎は、財政再建団体(*1)入り直前の緑原町の町長を引き受ける羽目に。起死回生の策として打ち出したのが企業誘致に失敗した土地に、老人のための街を作る計画。表紙はコメディーっぽいですが、りっぱな新社会派小説
【旅行】仙台
 宮城県の県庁所在地。人口約100万人で東北地方の中心的存在。伊達政宗の城下町、仙台七夕などで有名。
【花】けやき(欅)
 ニレ(楡)科の落葉高木。定禅寺通り(仙台市)のけやき並木などが有名。逆三角形に枝が伸びて、夏は葉が繁り、冬には落葉します。夏に木陰を作り冬は日当たりが良くなりますので、大きな庭があればぜひ植えてみたい木です。

20090201
写真はたいちろ~さんの撮影
等々力公園のけやき(冬)





 単身赴任のおぢさん、たいちろ~です。単身赴任については、”遠距離恋愛”と見得を張っていますが(*2)、単に、家族が一緒に引っ越してくれなかっただけ。家族は仙台に住んでいますが、仙台という街は家族ならずとも住むにはとってもよい所です。
 ということで、今回のお題は”ふるさと自慢”

 仙台市(宮城県)のいいとこをあげると、

〔気候が温暖〕
 東北地方ですがそんなに雪がふりません。夏も涼しいです。住んでみて判ったんですが、仙台七夕が盛り上がるのは、夏の終わりの祭りなんですね。七夕が過ぎるとだんだん秋の気配になります。関西出身者にとっては信じられない感覚(*3)。
〔適度に都会で、適度に田舎〕
 東北唯一の政令指定都市であり、それなりに百貨店や、飲み屋街なども充実しています。まあ、車で30分も走ればけっこう田園風景になりますけど。
〔温泉が多い〕
 秋保温泉、作並温泉、ちょっと離れますが、鳴子温泉など温泉が豊富。日帰りであれば1000円程度で温泉旅館を利用できますので、温泉フリークの私としては嬉しい限りであります。
〔海あり、山あり、観光地あり〕
 松島海岸、宮城蔵王、鳴子渓谷、伊達政宗ゆかりのスポットと、遊びに行くところには事欠きません。
〔食べ物がおいしい〕
 石巻、気仙沼などの漁港があり、魚介類は豊富。昔は唯一、牡蠣だけは食べれませんでしたが、仙台に住んでから大好物になりました。
 一ノ蔵、日高見、浦霞といった日本酒も豊富です。

 さて、今回の本は、”プラチナタウン”。仙台市近郊の村が、これらのメリットを活かして高齢者誘致をするお話です。

 プラチナは、”お金を持ってるシルバー層=プラチナ”で、工場誘致に失敗した用地にハッピーリタイア高齢者の街を建設するといったアイデアがベース。ビジネスプランとしては、なかなかに秀逸です。手元に本がないので、覚えているものからピックアップすると

 ①比較的富裕な高齢者の誘致  ⇒ 人口の増加 
 ②介護するための人の誘致   ⇒ 雇用の創出
 ③自然を活かした娯楽の提供  ⇒ 強みを活かす戦略
 ④住宅、商業施設等の建築産業 ⇒ 産業の創出
 ⑤地元流通/農漁業の活性化  ⇒ 地場産業の活性化
 ⑥リバースモゲージ(*4)による資金調達 ⇒ 資金計画の提案
 ⑦東京から新幹線で2時間   ⇒ 利便性の強調

 あながち荒唐無稽という訳でもありません。私が、昔住んでいた近くに印旛村というところがありますが、病院とニュータウンを中核に、バリアフリーの街づくりというのをやっていました。
 東京から電車で1時間程度かかりますので(*5)、通勤にはちょっとしんどいですが、会社勤めがなけば関係ありませんし、逆に何かあったときに家族が来るのであれば近い距離とも言えます。
 なにより、日本医科大学千葉北総病院(*6)があるのが強み。年をとるとどうしても病院のお世話になることが増えますが、近くに大きい病院があると安心できます。

 実際にやるとなると、いろいろハードルは高いでしょうが(*7)、八方塞がりの状態を打破するのは、これぐらいのブレイクスルー(*8)な発想もありかと。


 ”プラチナタウン”は自治体職員の方は読んでみて損はない1冊です。
 ただ、実際にやってみて、さらに財政赤字を増やすのだけは勘弁してください。


《脚注》
(*1)財政再建団体
 オブラードで包んだ言い方ですが、要は、破産状態の地方自治体。最近だと、北海道夕張市が2007年にこれになりました。比較的豊かに見える宮城県でさえ、破綻の可能性が示唆されています。
(*2)人には”遠距離恋愛”と見得を張っていますが
 たまには”妻とは別居中なんだ・・・”とかなんとか言って、おねいさんを口説いてみたいものです。
(*3)関西出身者にとっては信じられない感覚です
 関西ですと”お盆を過ぎると海にクラゲが出て泳げない”という話題が出ますが、仙台人にはお盆過ぎに泳ぎに行くという発想自体がありません。
(*4)リバースモゲージ
 持家を担保に融資を受けるシステム。老後の生活資金調達方法の一つとして注目されています。住宅ローンと違い、限度額に達するまで毎月一定額を受け取ることができ、死亡した後に担保となっていた不動産を売却して借入金を一括返済する仕組みです。
(*5)東京から電車で1時間程度かかりますので
 あと電車賃が高いのが難点。乗り換えはないですが、都営浅草線~京成線~北総公団線と3社またがりなので、日本橋駅~印旛日本医大駅で1,170円かかります。
(*6)日本医科大学千葉北総病院
 TVドラマ”ブラックジャックによろしく”(佐藤秀峰 TBS)や、”コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(フジテレビ)”のメインロケ地だったそうです。
(*7)実際にやるとなると~
 やはり最大のネックは人材。”プラチナタウン”はフィクションですが、元総合商社部長のノウハウ、プランニング力、人脈がフルに活かされています。このようなブッとんだ事業は生半可な人間にできるものではないのかと。
(*8)ブレイクスルー
 進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破を意味する英単語(Wikipedia)。 もっとも危険なビジネス用語のひとつです。10人いて10人賛成する意見はブレイクスルーとは呼べません。最初はアホ扱いされる覚悟が必要です。ただし、うまくいったら”勝てば官軍”。

仮面ライダー、バイクも早いが手も早い(仮面ライダーディケイド/クローバー)

【TV】仮面ライダーディケイド(TV朝日)
 平成仮面ライダーの10作目。過去に登場した9人の仮面ライダーと戦うストーリーですが、けっこう盛り上がっています。SF的にいうとパラレルワールド(並行世界)モノですが、なんでいちいち職業が変わる?!
【花】クローバー
 和名はしろつめぐさ。四ツ葉のクローバーは”4”にネガティブなイメージをもつ日本人にとって、数少ない幸福のシンボル。CDの”Around40~アラフォー~”のジャケットに使われています。(以前のブログはこちら

Dcf_0078 写真はたいちろ~さんの撮影
四ツ葉はありませんでした



 俳優の水嶋ヒロ=仮面ライダーカブトと、絢香さんがご結婚されました。まったく、オダギリジョー=仮面ライダークウガと香椎由宇さんの年の差結婚といい、最近の仮面ライダーはやってくれます。
 水嶋&絢香は、なんでも交際約半年でのスピード結婚とのこと。オダギリ&香椎は交際期間は長いそうですが、交際を始めた時の香椎由宇は18歳ぐらいだぞ!(*1)
 最近、女優やアイドルとの結婚といえばお笑い芸人がトレンドですが、仮面ライダーもこれに続くのか? 戦隊モノもがんばれ!(*2)

 ということで、ご結婚おめでとうございます。

 さて、現在(2009年4月現在)放映中の”仮面ライダーディケイド”ですが、”仮面ライダー555(ファイズ)(*4)編”につっこんでいます。

 登場する敵キャラは学園のエリート集団”ラッキークローバー(*5)”。
 ということで、今回のお題は”学園の支配者”。

 ”花より男子(*6)”といい、”クローズ(*7)”といい、古くは”ねらわれた学園(*8)”といい、なんで学校なんて支配しようと思うんでしょうね。3年で卒業するし、受験生なら実質活動期間は2年もないでしょうに。

 35年ほど前ですが、高校で生徒会長なるものをやっておりました。
 はっきり言って、権力を行使する場面なんて一度もなかったですね。クラブの予算編成といっても、恣意的に予算なんかつけた日にゃ大問題になりますし、何かの人事権があるわけでなし。委員長属性(*9)の女の子なんてフィクションの世界です。まあ、世間体は良いかもしれませんが、特に尊敬されていたわけでもないです。(これは役職ではなく、私の人格の問題です)

 まじめな話、世話焼きのおばちゃん気質がないと生徒会なんでつとまりません。ただ、50歳近くになった今でも、生徒会のメンバで年に何回か集まっていますので、一番の財産は良い縁にめぐり合えたことだと思っています

 ”世界征服!”というならともかく、何のために学園なんか支配しようと考えるんでしょうか? 尊敬を集めたいなら、体育会系で全国大会にでたほうが直接的ですし、とりまきからちやほやされたいだけなら、小学生以下のメンタリティです。ましてや、権力をかさにきたところで、もてないヤツはもてないです。

 ま、私達の時代でも、なり手の少なかった生徒会ですが、最近はどうでしょうか? 実利はほとんどないですが、長い目でみればやってみても、損はないと思いますよ。

 仮面ライダーは、来週も見てしまうでしょう。
 ところで、主人公の門矢 士はなぜ大型バイクに乗っている? この世界では高校生のはずだろう!(*10)。


《脚注》
(*1)交際を始めた時の香椎由宇は18歳ぐらいだぞ!
 毎日jpの記事によると、
 ”二人は、05年11月、映画「パビリオン山椒魚」(06年公開)の撮影で知り合ってすぐに交際が始まったという。オダギリさんは「最初から結婚のことが根底にあったと思う」と明かした”
 とのこと。
(*2)戦隊モノもがんばれ!
 日曜7時30分からTV朝日放映の特撮シリーズ。09年4月時点では”侍戦隊シンケンジャー”が放映中。暦母狙いか?(*3)
 仮面ライダーと並んでイケメン&アイドルの登竜門ですが、グループ交際のせいか、あまり結婚の話題がでません。
(*3)暦母狙いか?
 ”歴女”、”戦国乙女”と呼ばれる歴史好きな女性たちが増えてきているそうです。昔は戦国時代や幕末で薀蓄たれるのはおぢさんの特徴だったんですがねえ。女性のインテリジェンスの高まりとみるか、ギャル(死語)のおぢさん化と見るか、はたまた現代の男性がへたれすぎるのか・・・
 でも、直江兼続×上杉景勝というボーイズラブネタはやめてください。
(*4)仮面ライダー555(ファイズ)
 本編は平成仮面ライダーシリーズの4作目。おそらく唯一民間企業が開発した仮面ライダー。よく開発稟議書が通ったものです。
 仮面ライダーなので強いんですが、強い衝撃を与えるとベルトが外れて変身が解けるという弱点があります。この手のウェポンシステムとしては致命的な欠陥だと思うんですが・・・
(*5)ラッキークローバー
 本編では、敵であるオルフェノクのエリート集団という設定。
(*6)花より男子
 ”はなよりだんご”と読みます。神尾葉子の少女漫画。井上真央、松本潤で実写化。見てませんが、映画化までされているので、はやっているのでしょう。
(*7)クローズ
 高橋ヒロシの不良漫画。主人公が番長(死語)として全校をまとめることを目指すというストーリ。私は読んでいませんが、長男がはまっています。
 ”クローズZERO”として2007年に映画化。主人公の滝谷 源治を演じるのは小栗旬。
(*8)ねらわれた学園
 眉村卓のジュブナイルSF小説。今風にいうとライトノベルです。1981年に大林宣彦監督、薬師丸ひろ子主演で映画化されました。
(*9)委員長属性
 萌え属性のひとつ。
 学業優秀、容姿端麗、黒髪ストレート(時には三つ網)、メガネ、できれば巨乳。
 申し述べておきますが、生徒会の女の子はみんな美人さんでした。
(*10)主人公の門矢 士はなぜ大型バイクに乗っている?~
 門矢 士(かどやつかさ)の搭乗するマシンディケイダーのベースマシン、ホンダのDN-01のエンジンは狭角V型2気筒680cc、運転には大型二輪免許が必要です。つまり、満18歳以上でないと免許がとれません。3月放映時に新3年生だとしたら、免許を持っているのはムリのはずです。それとも留年という設定でしょうか?

 初回放映時のブログはこちら

雲と霧の違い?雷様がいるかだよ(クラウド・コンピューティング/雲と霧)

【本】クラウド・コンピューティング(西田 宗千佳 朝日新書)
 Googleのサービスや、iPhoneを題材に、”クラウド・コンピューティング”をわかり易く解説しています。副題は”ウェブ2.0の先にくるもの”。
【自然】雲と霧
 雲も霧も大気中にかたまって浮かぶ水滴または氷の粒のこと。雲といっても、高度に特に限定はないそうです。地上が雲に覆われていると、霧になります。

Dcf_0033
写真は、たいちろ~さん撮影。
宮城県の泉ケ岳にて。空中に飛んでいるのはパラグライダーです。


 コンピューターというのは、”ドッグイヤー(*1)”と言われるほど進歩の早いテクノロジー。進歩が早いと言うことは、言葉の消費もとんでもなく早いと言うこと。まるで、新年のお笑い芸人の一発芸を見ているようなものです。
 先端のトレンドであった”BBS(*2)”や、天下を盗りかけた”TRON(*3)”でさえ、今では覚えている人も少なくなったことでしょう。
 ゴルゴ13の新刊のタイトルは”ユビキタスの迷路”ですが、一世を風靡したこの”ユビキタス(*4)”ですら、”今どき~”という感じです(*5)。

 ということで、今回のお題は最新のコンピュータ用語から”クラウド・コンピューティング”を。

 ”クラウド・コンピューティング”という本を読みましたが、この本によると、”クラウド・コンピューティング”とは”ネットの力を活用した、新しいコンピューティングの方法”のこと。
 グーグルのCEOエリック・シュミット氏の「”雲(クラウド)”のような、巨大なインターネットにアクセスすれば、その利益、恵みの雨を受けられる時代になっています」との発言が元になっているそうです。(ともに本書からの引用)

 でも、コンピュータ業界のはしくれで働く身としては、ちょっと違う印象がありますね~。
 ”雲”というのは、ふわふわのイメージがありますが、同時に小説やアニメでは”異界への門”、”何かを守るバリア”みたいな使い方もされています。
 ”異界への門”としては、”ジパング”、”四次元の爆撃機”(*6)のように雷雲を抜けると第二次世界大戦の時代に飛ばされるとか。”何かを守るバリア”では”天空の城ラピュタ”や、”首都消失”(*7)のように、向こう側に行かせない何かみたいな。

 要は、”向こう側に何があるかよ~わからん状態”であります。
 インターネットにしろ、クライアントサーバにしろ、今や必要な情報のほとんどがネットワークの向こう側にあります。スタンドアロンのパソコンなんて使い方は、すでにほとんどありえません(*8)。

 技術的には”クラウド・コンピューティング”自体はそんなに新しいものではありません。本書でも、”クラウド・コンピューティング”は「現象」という扱いをしています。このへんが、コンピュータの用語が判りにくい原因かも。
 売っている側が言ってはなんですが、どちらかというと”マーケティング用語”と思ったほうがいいのかも。”ロングテール(*9)”もそうですが、技術とマーケティングをちゃんと別けて説明しないとますますコンピューターをわけのわからないものにしてしまいそうです。
 詳しくは本書をお読みください。コンピュータに詳しくない人でも概要は理解できます。
 
 ま、”便利ならばいいじゃん!”という達観をもったほうが思い悩むより精神衛生上は良いでしょう。自転車が倒れない原理を説明できなくても、自転車には乗れます。

 それに1年もたてば、また新しい言葉がでてくるんですから。

 えっ、クラウドコンピューティングが1年後に消えたらどうなるかって?

  話が雲だけに、”雲散霧消”でございます。


 お後がよろしいようで(笑)


《脚注》
(*1)ドッグイヤー(dog year)
 犬の1年は、人間の7年にあたると言われることになぞらえて、コンピュータの1年の進は他の業界の7年分に相当するという意味で使われています。
(*2)BBS
 ”bulletin board system”の略。電子掲示板システムのこと。2ちゃんねるのご先祖様。
(3)TRON(トロン)
 1984年に東京大学の坂村健教授によって提唱された、協調動作する分散コンピューティング環境のアーキテクチャ。(判らなければスルーしていただいてかまいません)
 BTRONは小中学校の教育パソコンの仕様として採用されかけましたが、いろいろあって中止。ただし、ITRONは日本では組み込みOSとして採用され、業界標準なっています。
(*4)ユビキタス
 ラテン語で「神はあまねく存在する」という意味。転じて、”いつでも、どこでもコンピュータを利用できる環境”という使われかたをしています。
(*5)”今どき~”という感じです
 ”ユビキタスの迷路”は”ゴルゴ13シリーズ(さいとうたかお リイド社)”の151巻に収録。2008年12月19日発刊。オープンソースをめぐるお話です。ゴルゴ13は、ビッグコミック(小学館)への掲載から単行本になるまで5年近くタイムラグがあるのでこのようなことが起こります。雑誌掲載は2003年7月。
(*6)”ジパング”、”四次元の爆撃機”
 ”ジパング”はかわぐちかいじ作の漫画。モーニング(講談社)に連載中。イージス艦「みらい」がミッドウェー沖を航行中にタイムスリップ、第二次世界大戦に巻き込まれていくお話。
 ”四次元の爆撃機”は星野 之宣作の初期の漫画。雷雲の中で旅客機がB29に遭遇。旅客機は時空を越えて原爆投下直後の広島に。では、B29はどこに?
(*7)”天空の城ラピュタ”や、”首都消失”
 ”天空の城ラピュタ”はスタジオジブリのアニメ。雲が空中に浮かぶ島”ラピュタ”を守っています。
 ”首都消失”は1987年公開のSFパニック映画。小松左京の短編小説”物体O(オー)”が原型。首都・東京が正体不明の「雲」に覆われて外部との連絡が途絶してしまうお話。
(*8)スタンドアロンのパソコンなんて使い方は~
 ネットワークに繋がっていない状態をスタンドアロンと言います。プレステ3といったゲーム機ですら、ネットワーク接続が当たり前の時代、ネットワークがなければパソコンはおもちゃ以下の存在なのかもしれません。
(*)ロングテール(Long Tail)
 あまり売れない商品でかせぐというネット販売の考え方。日本語でいうと、”塵も積もれば山となる”。Amazon.comが代表例。ビジネス的には正論ですが、だからといって、おいそれとマネのできる代物ではありません。

転職、苔を生ぜず(強欲資本主義 ウォール街の自爆/みょうが)

【本】 強欲資本主義 ウォール街の自爆 (神谷 秀樹 文春新書)
 ニューヨークの日本人投資銀行家によるアメリカ版「失敗の本質」。 これを読むと、リーマンやメリルといった大手金融機関に公的資金を突っ込むのか?というアメリカ国民の怒りがよく理解できます。
【花】みょうが(茗荷)
 葉の部分と別の所に出てくる花が食用になります。自分で植えているのでそんなもんと思っていましたが、TVのクイズで出題されていたところを見ると、意外に知られていない? 千切りにしてそうめんの薬味に使ってるので夏のものと思っていましたが、”みょうがの花”の季語は秋。

Myouga3
写真は、”みょうがのレシピと育て方ガイド”より




 今月をもちまして、めでたく年金受給資格者になりました
 よくガンバッタぞ、私!
 しかし、まあ、25年もひとつところで働けたもんです。

 ということで、今回のお題は”転職”です。

 会社員の小田原中継所が見えてきた身としては(*1)、まあ、定年まで走り終わるしかないんでしょうね。リストラされないだけでもありがたいご時勢。それにこの年で転職しても、雇ってくれるとこは少ないでしょうし。

 表題の”転職、苔(こけ)を生ぜず”はもちろん”転石、苔を生ぜず”のもじりですが、このことわざは真逆の意味があります。(大辞林 第二版より)

 ①活発な活動を続けている者は、いつまでも古くならないことのたとえ。
 ②一か所に落ちつかない者は大成しないことのたとえ。

 就職でいうと、①のほうは、雇用流動化の促進、スキルの市場価値、②は雇用の安定確保、終身雇用といったところでしょうか。人は好況の時は前者を、不況の時は後者を口にします(*2)。最近の新社会人は後者だそうですが、大切なのは、どのような生き方を選択するかということ。先は長いんですから、後になってあたふたしても手遅れです。KYと言われようが(*3)、確固とした意思を持ったほうが良いとおぢさんは思います。

 話は変わりますが、ガーデニングには”植え替え”というのがあります。植物が大きくなった時に大きな鉢に移すとか、収穫量が減ってきたときに別の場所に植え替えるとか。 地植えの場合だと、植え替えに向くものと、向かないものがあります。私が植えているものだと、ネギ、ニラ、みょうがなどは植え替えをしています。

 この3ツに共通しているのは、生命力が強いこと。ほっておいてもどんどん大きくなります。
 植物と人間を一緒にするのはなんですが、人間の生命力でいうと、体力、精神力、そしてスキル。コンサルタントや、トレーダーが転職して高給を取れるのはこれがあるからです。
 ”強欲資本主義 ウォール街の自爆”にアメリカのトレーダーの実態が書いてありますが、あのふてぶてしさは凡百の人間がおいそれとマネできるものではありません。それとてスキルと相応の実績を上げてのこと。人の金とはいえ何十億単位でギャンブルやっているようなものですから、根性のない私なんなには向かない職業です。

 逆に自分にスキルがないと、転職を考えるのはいかがなものかと。誰でもできる仕事というのは、”誰にでもすぐ変更させられる”というリスクを含んでいると言うことです。要は、転職を考えるなら、”私ならでは”のスキルを養う覚悟が必要ではないかと思います。

 ネギ、ニラ、みょうがはみんな根が短いですが、それでもちゃんと育っています。短い根でも栄養=スキルを吸収できることが、植え替えのできる条件なのかもしれません。
 ま、おぢさんは、無駄に根だけが張っちゃってますので、根っこが切れてしまうとすぐ枯れてしまうんでしょうね。

 先日、入社式がありました(*4)。

 毎年、すぐ退職する人もいれば、将来社長になる人が出るかもしれません。おぢさんからいえる事は、”自分の人生は自分で創るもの”だということです。誰も責任なんかとっちゃくれません。人のせいにすることなんて論外ですし、言ってみたところで大した役にはたたないです。

It's no use crying over spilt milk
 (後悔先に立たず)

 あなたの人生に幸あらんことを!
 あと、すいませんが、おぢさんの年金分は稼いでください (^_^;)ゝ


《脚注》
(*1)会社員の小田原中継所が見えてきた身としては
 22歳の入社から60歳の定年までの社会人の人生を箱根駅伝の往路にあてはめると、鶴見中継所(21.4Km目)が30歳、戸塚中継所(44.6Km目)が38歳、平塚中継所(66.1Km目)が45歳、小田原中継所(84.6Km目)が52歳、ゴールの芦ノ湖(108.0Km目)で定年です。
 5区の山登り=子供の学費+住宅ローンで一番つらくなる頃かと・・・
(*2)人は好況の時は前者を、~
  人は戦争を始めるとき、”人の命より大切なものがある”と言い、戦争を終えるとき”人の命より大切なものはない”と言います。
(*3)KYと言われようが
 KY(空気が読めない)はネガティブな印象ですが、人の顔色ばっかし見ながら生きてくのはつまらんですよ。まあ、軋轢を生む覚悟は必要ですけど。
(*4)先日、入社式がありました
 このブログは2009年4月3日に書いています。着慣れていない背広や、紺ブレが初々しいです。自分も四半世紀前はあ~だったんでしょうか・・・

チューリップでバブルを連想するようになったはの何時からだろう(ソロスは警告する/おやゆびひめ/チューリップ)

【本】ソロスは警告する (ジョージ・ソロス 講談社)
 伝説の投資家、ジョージ・ソロスの書。副題は”超バブル崩壊=悪夢のシナリオ”。サブプライム問題の初期の段階で今日の状況を予期しているのはさすがです。
【本】おやゆびひめ(アンデルセン)
 花から生まれた親指ほどの小さい女の子が、苦労の末に幸せになるという、代表的な童話。下のアフリエイトの本は、立原 えりか、いわさき ちひろ版です。
【花】チューリップ
 春を代表する花。幼稚園時代には一度は描いたことがあるはず。花言葉は”華美”、”恋の告白”など。オランダのイメージが強いですが(オランダの国花です)、原産地はトルコなど中近東だそうです。

Dcf_0068
写真は、たいちろ~さんの撮影。
近所の公園にて。



 確か”悪魔の逆三角形”(*1)といった呼び方だったかと思いますが、下記のような詐欺の手口があります
 ある人数を2グループに別けて、半分の人に”一週間後にA社の株が上がる”、残りの半分に”株が下がる”というメールを出します。一週間後に、当たったほうのグループに同じことを繰り返して行きます。そうするとある期間”必ず当たる預言者”を生み出すことができます。A社の株は、市場で変動するものであれば、日経平均だろうが、為替相場だろうがなんでもかまいません。そこで”ある人数”が最後の一人になるまで何週間ぐらいかを近似させると、下のようになります(*2)。
  1000名程度のe-Mailを持つ素人: 10週間(        1,024名)
  証券アナリスト会員数 約2.3万人: 14週間(      16,384名)
  MIXI会員数   約1630万人: 24週間(16,777,216名)
 別に証券アナリストやMIXIがこんなことをやるとは言っていません。ただ、預言者というのはその気になれば人為的に作り出すことが可能であると言っているだけです。現在では、e-Mailアドレスさえ入手できれば、メールを出す限界コストはゼロに近いので、コスト的には実現可能かもしれません(*3)。

 ところで、予言めいたものを、世界に冠たるファンド・マネージャー、ジョジ・ソロスが言っているとなると話は違ってきます。で、今回の本は”ソロスは警告する”です。

 ジョジ・ソロスはクォンタム・ファンド(*4)の創設者にして、世界有数のお金持ちですが、この本の主張はお金儲けではなく、「再帰性」を中心とした哲学の本に近いです。

 「再帰性」を簡単に説明すると”固定した現実のありようがあって観察する人の理解が得られる(認知機能)ことと、観察する人の理解が現実社会に影響を及ぼす(操作機能)ことが双方向に影響しあうことで、理解・操作のいずれも確たる結果を生み出せなくなる”というもの。 

 ”需要と供給の一致するところで、価格が決まる”(*5)ということを社会の時間に教えてくれましたが、覚えていますか? 経済学の基礎ですが、実は”需要や供給と価格の関係を全員が正しく知っている”、”需要と供給は相互に関係なく決まる”と、現実社会ではけっこうムリめな前提に立っています。
 「再帰性」によると、人は不完全な知識しかない状態で、相互に干渉しあうので、価格は一意には決まらなくなります。ほかの人ならともかく、大物ファンドマネージャーがこんなことを言い出すのは(*6)意外以外のなにものでもありません。

 ご興味のあるかたは本書を読んでください。もっとちゃんと説明しています。
 後半は、今後の経済動向の見通しを述べていますが、私としては、前半の「再帰性」の部分のほうが面白かったです。

 「再帰性」に興味のある方、今後の世界経済を心配している方にはお勧め。
 ただし、この本を読んで、投資で一儲けしたいのであれば、それは自己責任です。

 ところで、チューリップと言われて、バブルを連想するようになったのは(*7)、いつごろからでしょうか
 子供のころは、おやゆびひめ(*8)だったのに・・・
 大人になるということは、知りたくもないことを知ってしまう道程なのかもしれません。

【重要なお願い】詐欺の手口について
 私自身は”詐欺の被害にあわないためには、詐欺の手口を知ることも重要”と考えているので、あえて書きましたが、絶対に実行しないでください。
 また、個人情報の流出は上記のようなリスクを含んでいることを充分ご認識ください。重ねてお願いするものです。


《脚注》
(*1)悪魔の逆三角形
 ”ラシャーヌ”か、”パタリロ”(魔夜峰央 白泉社文庫)だったと思いますが、手元に本がないので確認できませんでした。
(*2)何週間ぐらいあるかを近似させると~
  2の乗数ですので、手元の電卓で計算できます。
 等比級数的に増えるので、27週目で1.3億人と日本の人口を、33週目で86億人と世界の人口を超えます。まあ、変動なしというケースもありますが、単純化のために”上がる”、”下がる”の2パターンで計算しています。
(*3)限界コストはゼロに近いので~
 限界コストとは、1件増えるたびに増加するコストのこと。同じことをはがき(1枚50円)で計算すると1000名で約5万円、1680万人だと、約8.4億円かかります。
(*4)クォンタム・ファンド
 1970年の設立。ファンドは10年間で3,365%のリターンを出したそうです。1979年度の日経平均株価(6569.47円)からバブルピークの1989年12月29日(最高値 38,957.44円)の10年でさえ593%ですので、いかにすさまじいパフォーマンスかがわかります。
(*5)需要と供給の一致するところで
 価格が上がるほど手に入りにくくなる”需要曲線”と、価格が上がるほど供給が増える”供給曲線”の交わるところがモノの価格(均衡価格)です。レアもののアイテムに、ヤフオクで高い価格がつくと考えていただければよろしいかと。
(*6)大物ファンドマネージャーが~
 ファンドでは、適正価格からの乖離を分析して利益を得ています。代表的なものがブラックーショールズ方程式による適正価格(オプション・プレミアム)の計算です。Wikipediaに式が掲載されていますが、素人が理解できるしろものではありません。
(*7)バブルを連想するようになったのは~
 オランダで起こったチューリップ・バブルのこと。オスマン・トルコから輸入されたチューリップの球根に異常な高値がついて、その後、大暴落しました。バブルを扱っている本には必ず出てくる事例です。400年近く前のことですが、人間のやるこた、あまり変わっていません
(*8)おやゆびひめ
  このブログを書くにあたり、図書館の絵本コーナーで確認したところ、イラストは確かにチューリップの花ですが、意外なことに魔法使いのおばあさんがくれた花の種は”オオムギ”になっています。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ