« 忘れたい過去(スカイ・クロラ/まりちゃんズ/梅) | トップページ | 家とピアノとパンジーと(あなた/名作マンガの間取り/パンジー) »

処女を失うとき(文学少女と穢名の天使/椿)

【本】“文学少女”と穢名(けがれな)の天使(野村 美月 ファミ通文庫)
 物語を食べちゃうぐらいに愛する遠子先輩を主人公とする“文学少女”シリーズの第4作目。クリスマス間近の街から消えた、音楽高校に通う少女をめぐるミステリー。
【花】椿
 花言葉は、”完璧な魅力”、”理想の恋”など。サザンカ(山茶花)と似ていますが、椿は冬から春にかけて咲き(春の季語)、花が丸ごと散る(落ちる)(*1)のに対し、サザンカは秋の終わりから冬にかけて咲き(冬の季語)、花びらが個々に散ります。

20090301 20090307
写真は、椿の花とつぼみ。
たいちろ~さん撮影。寮の庭にて



 寮の庭で椿が咲きました。そろそろ、春なんですね。
 寮には椿とさざんかが植えてありますが、実は今年、寮のおばさんに聞いて初めて両方あることを知りました。まあ、こういったブログを書くようになってから興味を持ち出したことです。

 ところで、椿って”女性の花”という気がしませんか?
 資生堂のコマーシャルのように、椿と女性はとてもイメージが合っているように思います。写真を見ていただければ判りますが、大輪の赤い花は言うに及ばず、花開く直前のつぼみでさえ、官能美を感じてしまいます。

 椿を扱った作品として有名なのが”椿姫”。デュマ・フェスの戯曲、ヴェルディのオペラですが、浅学非才の悲しさで読んでません。ということでラノベファンの私としては、”椿姫”をモチーフにした“文学少女と穢名(けがれな)の天使”をご紹介します。

 ライトノベルの形態をとっていますが、中身はしっかりした推理小説。名探偵役の”文学少女”こと遠子先輩は、古今東西の名作を素材に事件の核心に迫るというストーリー。話の題材はガストン・ルルーの”オペラ座の怪人(Le Fantome de l'Opera) ”ですが、椿姫のストーリーも大きくかかわってきます。
 キーワードは”椿”。これ以上はネタバレになるので言えませんが、ヒントをひとつだけ。”椿姫”の原題は”La traviata(ラ・トラヴィアータ)”。「道を誤った女」という意味です。

 ところで、椿のもうひとつの特徴として、”花が丸ごと散る(落ちる)”というのがあります。女性のイメージとあいまってか、かつてのマンガでは、
 ”椿の花がぽとりと落ちる”=”処女を失う、恋人との初めての夜
という表現がお約束でした。

 これと同じような表現が”朝チュン”。スズメのさえずりが、一夜を過ごした男女の後朝の別れ(*3)の表現でした。朝をつげる鳥という表現はけっこう昔からあるようで、ロミオとジュリエット”でも使われています。二人が迎えた朝のシーンでは、

  まだ朝じゃないわ。
  あなたのおびえた耳をつらぬいたのはナイチンゲール(小夜鳴き鳥)よ、
  ひばりじゃないわ

といってジュリエットがロミオを引きとめようとするシーンがあります。
(セリフは「藤原竜也×鈴木杏バージョン」より)

 昔はこういった修辞的な表現に、けっこうロマンチシズムを感じてたんですね。
 少女マンガでも平気でえっちぃシーンが出てくる昨今、ギャグのネタにされてしまうのはちょっと悲しいです(*4)。
 使われなくなった言葉を「死語」といいますが、使われなくなったマンガ表現も「死画」とかいうんでしょうか

 “文学少女”シリーズは、気軽に読める推理小説としても、良い作品だと思います。また、モチーフに使われた原作を併せ読むのも、読書の幅を広げる良いきっかけになろうかと(*5)


《脚注》
(*1)花が丸ごと散る(落ちる)
 ”落椿(おちつばき)”といいます。首が落ちる様子を連想させるので、お見舞いに持っていくことはタブーとされているそうです。
(*2)資生堂のコマーシャル
 SMAPの歌う”Dear WOMAN”のコマーシャルのこと。美しい女性たちが、さらさらのロングヘア(好きです!)をなびかせて歩くさまはとってもButifulです。ちなみに、資生堂のシンボルマークは「花椿」。
(*3)後朝の別れ
 「きぬぎぬのわかれ」と読みます。相会った男女が一夜をともにした翌朝。また、その朝の別れという意味(大辞林より)。
  後朝の濡れて別れし東雲ぞ(宇津保)
(*4)ギャグのネタにされてしまうのは~
 一例として木村紺の”巨娘(講談社)”から。焼き鳥屋で働くジョーさん(♀)は”うちのメニューにも、スズメいれっかなー”とつぶやいています。
 木村紺は”神戸在住(講談社)”の作者でもありますが、画風や、カット割は同じなのに、こんなに違うテイストの作品を書くのは驚きです。
(*5)モチーフに使われた原作を併せ読むのも~
 他にも、人間失格(太宰治)、嵐が丘(エミリー・ブロンテ)、友情(武者小路実篤)など。私はこれをきっかけに人間失格と、銀河鉄道の夜(宮沢賢治)を読みました。


« 忘れたい過去(スカイ・クロラ/まりちゃんズ/梅) | トップページ | 家とピアノとパンジーと(あなた/名作マンガの間取り/パンジー) »

小説」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

やっぱりファーストキスをしていない処女の女の子は梅の花の香りがして可愛いねぇhappy01shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44384517

この記事へのトラックバック一覧です: 処女を失うとき(文学少女と穢名の天使/椿):

« 忘れたい過去(スカイ・クロラ/まりちゃんズ/梅) | トップページ | 家とピアノとパンジーと(あなた/名作マンガの間取り/パンジー) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ