« 酒なくて 何の己が 桜かな(ギャラリーフェイク/桜) | トップページ | ドライブで聴いていい曲、悪い曲(中央フリ-ウェイ/東北自動車道) »

さよならだけが人生だ(唐詩選/梅と桜)

【本】唐詩選
 唐(7世紀~10世紀初頭)の詩選集。杜甫、李白、王維などの詩が多く掲載されています。編纂は明の李攀竜(りはんりょう、1514年 - 1570年)と言われています。
 共通一次(*1)以来、この分野はめっきりご無沙汰で・・・
【花】梅と桜
 ともに春を代表する花。花見といえばサクラですが、奈良、平安時代では梅を指すことの方が多かったようです。


2009021501 20090327 写真は、たいちろ~さん撮影。
左は鎌倉東慶寺のしだれ梅(2009年2月15日)
右は近所の桜(2009年3月27日)
まだ開花にはちょっと早いかな・・・



 私は、某社の企画関連セクションに所属しておりますが、現在の配属は3回目になります。さすがに、3回目ともなると、”恥ずかしながら帰って参りました(*2)”状態であります。

 3回目の配属ということは、2回は送別会をやってもらったということ。
 1回目の送別会の時ですが、景気づけに”いくぞー 1!、2!、3! ダーッ!”(*3)と言うところを、”いくぞー 3!、2!、1! ダーッ!”とカウントダウンをやってしまいました。
 あ~、恥ずかし! でも、”闘魂ビンタ”でなくて良かったか・・

 ということで、今回のお題は”さよならだけが人生だ”。

 原文は晩唐の詩人、于武陵(うぶりょう)の「勧酒(酒を勧む)」ですが、井伏鱒二(*5)の訳が有名。古典の時間だと思って、お付き合いの程を。
 ここ、試験にでるぞー(*4)

原文(*6)
 勧君金屈巵  君に勧む 金屈巵(きんくつし)
 満酌不須辞  満酌 辞するを須(もち)いず
 花発多風雨  花発(ひら)いて風雨多し
 人生足別離  人生 別離足る

井伏鱒二訳(厄除け詩集より引用)
 この盃を受けてくれ どうぞなみなみつがしておくれ
 花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ


問題(1)
 ここに記されている”花”は何でしょうか。

 ”月に叢雲(むらくも)、花に風(*7)”というぐらいなので、井伏鱒二訳は桜で間違いないと思いますが、于武陵のほうはどうでしょか? 于武陵は9世紀の中国の人ですので、梅の可能性が高いです。どなたか、正解をご存知の方いらっしゃいますか?

 この詩の解説は”耽読翫市 ─ 国語教師のブログ”に掲載されていますので、まじめな受験生の方はこちらをどうぞ。現役の国語の先生だそうですので、わかりやすく解説されています。


問題(2)

 さて、今年の春に私の3回目の送別会はあるのでしょうか???


《脚注》
(*1)共通一次
 正式名称は”大学入試共通第一次学力試験”。1979年~89年に実施された、現在のセンター試験の前身。年齢がわかるネタです。
(*2)恥ずかしながら帰って参りました
 元日本兵、横井庄一氏が太平洋戦争終結から28年目(1972年)にグアム島で発見され、帰国しました。”恥ずかしながら~”は、帰国時の挨拶で、この年の流行語になりました。これも、年齢の判るネタだな~。
 最近、”よっこらしょ”を”よっこいしょういち”と言うモトネタです。
(*3)いくぞー 1!、2!、3! ダーッ!
 ご存知、アントニオ猪木です。ちなみに、”1!、2!、3! ダーッ!”は商標登録されているそうです。
(*4)ここ、試験にでるぞー
 学校の先生の切り札のひとつ。仕事がら社内講師を時々やりますが、まず第一の目標は生徒を授業中に寝かさないことです。
(*5)井伏鱒二
 小説家。「ジョン萬次郎漂流記」、「山椒魚」など。読んでないな~。
(*6)原文
 金屈巵(きんくつし)は黄金の盃、満酌は、なみなみと注ぐこと、不須(もちいず)は必要がない(必須の須)です。
(*7)月に叢雲(むらくも)、花に風
 世の中の好事には、とかく差し障りが多いことのたとえ。叢雲はむらがり立つ雲、花嵐は、桜の花の盛りのころに吹く強い風、その風で桜の花が散り乱れること。

« 酒なくて 何の己が 桜かな(ギャラリーフェイク/桜) | トップページ | ドライブで聴いていい曲、悪い曲(中央フリ-ウェイ/東北自動車道) »

小説」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。垂渓庵です。

コメントを返しておきました。遅くなってごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44478359

この記事へのトラックバック一覧です: さよならだけが人生だ(唐詩選/梅と桜):

« 酒なくて 何の己が 桜かな(ギャラリーフェイク/桜) | トップページ | ドライブで聴いていい曲、悪い曲(中央フリ-ウェイ/東北自動車道) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ