« 兵(つわもの)どもが夢の跡(20世紀少年/万博記念公園) | トップページ | すこしの孤独は、ここちよいのだ(荒野/北鎌倉のうさまん) »

ピクリングハンバーグはおいしいのだ!(範馬刃牙/ピクリングスパイス)

【本】範馬刃牙(板垣恵介 秋田書店文藝春秋)
 少年チャンピオンに連載の板垣恵介のコミック。『グラップラー刃牙』シリーズの第三部にあたります。”小国の軍事力に匹敵するといわれる、やたら強い親父に戦って勝つ”という話を延々90巻(外伝除く)、今だ連載継続中。
【花】ピクリングスパイス
 ピクルス(塩漬け)に使うハーブミックス。マスタード、オールスパイス、シナモン、コリアンダー、ジンジャー、クローブなどが入っていて、ピクルス特有のとても良い香りがします。大型の食品店で入手可能。

Dcf_0060
写真は、たいちろ~さんの撮影



 私のブログは気取って”花と本”のテーマと言ってますが、元々はハーブと野菜、つまり単なる食いしん坊です。今の単身赴任寮でも、食べることができるものしか植えていません!(力説するようなことではないですが)

 ということで、今回のココログの”あなたの得意料理を教えて!”には、ぜひとも参加せねばと言う次第です。

 家庭菜園をしていて難儀なのは、良くも悪くも収穫時期が重なること。昨年(2008年)はプチトマトが大豊作でした。けっこう会社でも配りましたが、それでも余ってしまいました。プチトマトは適当な時期に収穫しないと、実割れをおこして見た目も悪いので、大量にトマトのピクルスを作りました(*1)。

 で、次に困るのがピクリングスパイスがあまってしまう事。ピクルス自体はサラダなどの付け合せや、サンドイッチに使えますが、それ自体を山ほど食べるものではないですし、冷蔵庫に保存するにも限界があります。レシピにもよりますが、大体コーヒー壜1壜分のピクルスに小さじ1杯ぐらいですから、賞味期間が長いとはいえそうそう一瓶使い切れるものではありません。
 で、今回ご紹介するピクリングハンバーグとなるわけです。

 元々、ハンバーグには香辛料としてナツメグを入れるので”代わりになるかな~”ぐらいの思いつきで作ってみましたが、以外なほどマッチします。ポイントはピクリングスパイスをできるだけ細かく砕くとこぐらいです(*2)。

【ピクリングハンバーグのレシピ(4人分)】
材料:合びき肉 200g、たまねぎ 小1/2~1/4個、パン粉 適量、牛乳 少々
     卵 1個、ピクリングスパイス 小さじ1杯 塩、こしょう
①たまねぎをいためる(別にいためなくても可)
②ボールに、いためたたまねぎ、合いびき肉、牛乳で湿らせたパン粉、砕いたピクリングスパイス、卵、塩、こしょうをよく練り混ぜる。
③適当な大きさに取り分けて、空気を抜きながら楕円形に形を整える
④フライパンに油を入れてよく熱し、真ん中を少しへこませて(あとで膨れてきます)焼く。最初は強火で、焼き目がついたら中火にする。

 えらそうに書いていますが、実際作る時はかなり適当にやっています。ハンバーグのレシピは料理の本にはたいてい載っていますので、ナグメグの変わりにピクリングスパイスが入っていると思えば間違いないです。

 夏場はピーマンも収穫できるので、肉詰めにして、トマトケチャップとコンソメスープで煮ても美味。多めに作って、残りをスパゲッティとあえてもいけます。
 ハンバーグは、味は後からソースなどでととのえられるので、火加減さえ注意すれは、いいかげんに作ってもそれなりのものができます。

 ”男の手料理”は、大雑把に作ってもおいしいのだ!

 ピクルスに関する本ですが、レシピに関するものを除くとほとんど思いつきませんでした(*3)。
 無理やり探したのが、”範馬刃牙”に登場する”ピクル”。1億9000万年前の岩塩層から塩漬けの状態で発見された原人です。塩漬けのティラノサウルスといっしょに発見されました(*4)。このコミックも格闘系コミックの常として、ライバルがどんどん強くなって行きますが(*5)、この設定はさすがにぶっとんでいます。
 無理やりくっつけたネタなので、料理のレシピと思ってこのブログを読まれたお嬢様、奥様方はスルーしていただいてかまいません。お父さん方にはカタルシスのあるコミックですが、読むには根性がいりますよ。なんせ90巻(2009年2月現在)ですから。

 ピクリングハンバーグは、味自体は普通のハンバーグですが、口に入れたときにただようピクルスの香りがなんともいえません。
 作り方自体は難しくないのでぜひ、一度お試めしください。


《脚注》
(*1)大量にトマトのピクルスを作りました
 コーヒー壜で4本分です。プチトマトはもっと大量にあったのですが、壜が4本しかなかったのでこの量に限定されました。うち3本は会社のお嬢さん方のプレゼントしました。ちょっと酸味が強かったかな?
(*2)ポイントはピクリングスパイスを~
 実際に購入されるとわかりますが、ピクリングスパイスの中身はほとんどホール(種子の形がそのままのもの)ですので、すり鉢などで細かくしないと食感が悪くなります。
(*3)レシピに関するものを除くと~
 ハンバーガーとかには入っていますが、日本人はあまり食べないようです。アメリカでのキュウリのピクルスの年間消費量が2kgに対し、日本では30g程度だそうです。
(*4)塩漬けのティラノサウルスといっしょに発見されました
 科学考証なんて、やぼなことを言ってはいけません。
 そんなことを気にしていては、このコミックは楽しめませんよ。
 余談ですが、picklesは複数形で、漬物の意味では複数形を使うとのこと。よって、一人しかいない原人”ピクル”はsがつかないのが正しい表現です。
(*5)格闘系コミックの常として~
 ”ドラゴンボール”、”北斗の拳”を想像してもらえればわかります。

« 兵(つわもの)どもが夢の跡(20世紀少年/万博記念公園) | トップページ | すこしの孤独は、ここちよいのだ(荒野/北鎌倉のうさまん) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/44057050

この記事へのトラックバック一覧です: ピクリングハンバーグはおいしいのだ!(範馬刃牙/ピクリングスパイス):

« 兵(つわもの)どもが夢の跡(20世紀少年/万博記念公園) | トップページ | すこしの孤独は、ここちよいのだ(荒野/北鎌倉のうさまん) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ