« 幸せな高校生活ということ(あずまんが大王/ラズベリー) | トップページ | 烏丸丸太町?(マルタの鷹/サンフランシスコ) »

戦闘用アンドロイドのメイドさん(まほろまてぃっく/桔梗)

戦闘用アンドロイドのメイドさん

Kikyou
写真は”名所旧跡めぐり(清明神社)”より




【本】まほろまてぃっく(原作:中山 文十郎, 作画:ぢたま某)
【DVD】まほろまてぃっく(監督: 山賀博之、GAINAX ジェネオン エンタテインメント)
 宇宙からの侵略者と戦う戦闘用アンドロイド”まほろさん”が、残された1年の寿命をかつて自分が殺してしまった司令官の遺児”すぐるくん”のメイドとして生活する・・・。基本はラブコメですが、しっかりSFしています。
【花】桔梗(ききょう)
 紫色で星型の上品な花が咲きます。陰陽師”安部清明”の五芒星は形が似ていることから”清明桔梗紋”とも呼ばれており、弾除けとして帝国陸軍の軍帽に刺繍されていたそうです。

 表題の”戦闘用アンドロイドのメイドさん”と聞いて、たぶん、前のめりになる人と、思いっきり引く人とに二分されるのではないかと思います(*1)。でも、ストーリー自体はけっこうハードな設定のSFです。主人公のまほろさんは、外宇宙からの侵略者”セイント”と戦うためのに生み出された”ヴェスパー”の戦闘用アンドロイド。そんでもって、地球を影で支配する”管理者”が出てきて、サイボーグを作っていたり、とか、とか。でも、そんな中でちゃんとラブコメしているところがすごい。

 アニメ版を作成した”GAINAX(*2)”は、源流をたどると関西地方の大学に在籍しているSF研究会のメンバに行き着きます。監督の山賀博之を始め、GAINAXの創設メンバーはちょうど私と同世代で、青春時代に、ヤマト、ガンダム、スターウォーズ(*3)といった、SFの拡大期(*4)を過ごしています。で、大人になって”ビジュアルとしてのSF”、”ジャンルを超えたSF”の作品を数多く生み出すはめになりました。

 桔梗の花は、亡くなったすぐるくんのお父さんの墓前にお供えしている花。すぐるくんは、だれがその花を供えているのか知らないので”桔梗の人”と呼んでいます。それ以外にも、挿入歌の”紫陽花(あじさい)の咲く庭で(*5)”とか花の話題もけっこうあります。まほろさんのCVの川澄綾子さんが、オープニングの”かえりみち(*6)”やこの曲を始め、いくつかの曲を歌っています。叙情的な詩とメロディラインで名曲ぞろいです。
 ちなみに、私のメールの着メロ(*7)はこの”かえりみち”です。

 戦闘美少女の系譜ですが、職業がメイドさんとなると一味違うんでしょう。

 ところで、気になるんですが、まほろさんって、戦闘用アンドロイドなのに、アシモフの”ロボット工学三原則(*8)”にあんまり準拠してません。恋のライバル?の式条先生をけっこうぼこぼこにしているし。平気で身分詐称(つまりウソ)をしているし。コンピュータ関係者(*9)の立場で言えば事前のプログラミングなしに、とっさの状況判断でウソをつくのはかなり高度な知識処理が必要です。そういう点では、鉄腕アトムより高度なAI機能を持っていると言えるでしょう。

 昨今、”メイドさん”の一言で色眼鏡で見られがちですが、間違いなく名作です。エンタテインメントという観点では、同じGAINAX作品のエヴァンゲリオンを凌ぐかも

《脚注》
(*1)二分されるのでは~
 99対1を二分と言い切ればですが。マイノリティの尊重は民主主義の基本です。
(*2)GAINAX(ガイナックス)
 アニメーション作成会社。”エヴァンゲリオン”を作った会社といえば、おわかりになるなる方も多いかと。”王立宇宙軍 オネアミスの翼”、”トップをねらえ!”は、SFアニメの秀作。最近では”天元突破グレンラガン”が放映されています。
(*3)ヤマト、ガンダム、スターウォーズ
  ヤマト:宇宙戦艦ヤマトの最初の放映版。1974年放映
  ガンダム:機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)。1979年放映
  スターウォーズ:ここでは、エピソード4を指します。日本では1978年公開
 今でこそですが、ヤマト、ガンダムは放送回数が短縮されるほど視聴率がとれない作品でした。
(*4)SFの拡大期
 それまでのSFは文学の中でも一段下のジャンルと見られており、”士農工商、SF作家。早川コケたらみなコケた”といわれていました。”早川”はSFを専門に出版していた早川書房のことです。
(*5)紫陽花の咲く庭で
 すぐるくん家は、庭付き一戸建て。バーベキューパーティのできるほど広い庭で、紫陽花が植えられていますし、ぐりという名の犬も飼っています。うらやましい・・・
(*5)かえりみち
 作詞 くまのきよみ、作・編曲 増田俊郎
 ねえ、きっと「願い言葉」は空へと届いて、後悔も涙も、思い出になるはず
(*7)着メロ
 音声の着メロは”Fly Me to the Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)”。ジャズのスタンダード・ナンバーにして、エヴァンゲリオンのエンディングテーマ。やれやれ・・・
(*8)ロボット工学三原則
 SF作家アイザック・アシモフの提唱したロボットが従うべき3つの原則。
 自立思考のできるロボットで、正義の味方の側はほぼ従っています。
 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない
(*9)コンピュータ関係者
 一応、コンピュータ関連の会社に勤務しています。

« 幸せな高校生活ということ(あずまんが大王/ラズベリー) | トップページ | 烏丸丸太町?(マルタの鷹/サンフランシスコ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/43752572

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘用アンドロイドのメイドさん(まほろまてぃっく/桔梗):

« 幸せな高校生活ということ(あずまんが大王/ラズベリー) | トップページ | 烏丸丸太町?(マルタの鷹/サンフランシスコ) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ