« 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) | トップページ | お正月のリース(夏子の酒/稲穂) »

ゲーム機戦国絵巻(日本を変えた10大ゲーム機/もみじまんじゅう)

ゲーム機戦国絵巻

Photo

写真は”にしき堂”のホームページから(抜粋)






【本】日本を変えた10大ゲーム機(多根清史 ソフトバンク新書(*1))
 懐かしいインベーダーゲームから、プレイステーション3までの10台のゲーム機の栄枯盛衰を紹介した歴史書?。ソフトとしてのゲームではなく”ハードウェア”としてのゲーム機をとりまく事情を詳しく説明しているのが特徴。
【花】もみじまんじゅう
 もみじの葉っぱの形をした広島県の銘菓(今回は名花ではありません)。今や”佐賀のがばいばあちゃん”でベストセラー作家になったB&Bの島田洋七のギャグ(*2)でも有名。このおかげで、宮島のローカルなお菓子が一気に全国区になったとのこと。

 このようなブログを書いているので誤解をされそうですが、私自身はゲームをほとんどやりません。(中学生の長男ははまっていますが)。ですが、ゲーム機の本を読むのは好きなんですね。ということで、今回はゲーム機の歴史の話です。

 今回取り上げるのはソフトバンク新書の”日本を変えた10大ゲーム機”。登場するのは、インベーダー、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、プレイステーション(以下プレステ)、プレステ2、Xbox,ニンテンドーDS,Wii,プレステ3の10台。
 自分史と重ねると、インベーダー(1978年)が浪人時代、ファミコン(1983年)が大学~新入社員時代、スーパーファミコン(1990年)、プレステ(1994年)が30代、プレステ2(2000年)が40代になります。(いずれも発売年度)
 この、”自分史に重ねる”というのが実は重要で、これだけマーケット規模のある工業製品で自分の人生を重ねられるものはそんなにないんですね。現在30代以上の人であれば、”このゲーム機の時代には○○をしていた”という話ができるはずです。今どき、インベーダーの話をしても若い人には歴史上の事実でしょうが、”名古屋撃ち(*4)”は中高年世代には、説明不要のキーワードです。まあ、今の若い人だってドット絵のマリオ(*5)の話を小学生にすれば、同じような目に合います。

 この本を読んでわかるのは、
①新しいゲーム機はハードウェア性能はUPするが、性能差が絶対ではない(*7)
②新しい技術がビジネスモデルを変えていく
③流通経路等、周辺の社会環境を含めた変革がビジネスを左右する
 等々。

①は最近のプレステ3vsWiiの人気の差の例です。
②、③の合わさった例が、スーファミとプレステ(初代)の違いに表れています。
 当時(1990年代前半)のスーファミはROMカセットで任天堂の一括受託生産、対するプレステはCD-ROMでメーカと小売業者の直接取引。流通経路だけ見ても、専売公社と楽市楽座くらいの違いがあります。

 ROMカセットは高コストで小容量、CD-ROMは低コストで大量生産が可能と、言ってみれば、高級素材でパティシエが作るケーキと、機械で作るもみじまんじゅうの違いのようなものです。
 実際、もみじまんじゅうとCD-ROMは、焼き型に材料を流し込んで固めるという、原理的には同じ作り方になります(*8)。

 どちらにしても、約束された世代交代(*9)に向かって群雄割拠する様子は、歴史好きのおぢさん達なら”ニンテンドーは織田信長で・・・(*10)”と議論しそうです。

 ”休みにゲームばっかりして”とお母さんに怒られている高校生にお勧め。両親世代と共通の話題にはなりますし、”歴史は繰り返す”ことがよく分かります。

 それでは、皆さん 良いお年を 

《脚注》
(*1)ソフトバンク新書
 今でこそネットワーク/携帯電話の会社であるソフトバンクですが、元々はソフトウェアの卸会社。そのせいか新書もコンピュータ関連の出版が多いです。社長の孫 正義氏も立志伝中の人物で、この人の本も数多くでていますし、けっこう読みました。
(*2)島田洋七のギャグ
 1980年代前半の漫才ブームでは、”もみじまんじゅう~”、”ひろしま↑、おかやま↓”。がありました。もみじまんじゅうの大手”にしき堂”のホームページには”昭和55年(1980年) もみじ饅頭ブーム(B&B)”という記載があります。
(*3)インベーダー~
 インベーダーゲームは、タイトーの”スペースインベーダー”などのゲームの総称。奥様も若かりしころははまったそうです。以下ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、DSは任天堂、プレイステーション3機種はSONY,Xboxはマイクロソクトです。説明不要でしょうが、登録商標の関係で記載しました。
(*4)名古屋撃ち
 インベーダーで高得点を狙うテクニックの一つ。キャンディーズ、フォーリーブスという呼び方があったのも時代です。詳細はWikipediaの”スペースインベーダー”に出ています。
(*5)ドット絵のマリオ
 世界でもっとも有名な配管工のおぢさん。ポリゴン(*6)全盛の現在では信じられないでしょうが、昔はドット絵といって、キャラクターを点々(ドット)で表示していました。
(*6)ポリゴン
 3次元コンピュータグラフィックスで、三角形などの組み合わせで立体を表示します。簡単に言うと、この三角形(ポリゴン)の数が多い方が表面をきれいに表現できるため、最近のゲーム機の性能を計る指標になっています。
(*7)性能差が絶対ではない 
 出典は、機動戦士ガンダムのシャア少佐の言葉から。
 「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないことを教えてやる」
 実力のある人が言うからこその名言です。
(*8)焼き型に~
 スタンパーと呼ばれる原盤(焼き型)を作成し、ポリカーボネイト(あんことタネ)を流し込んで、圧力をかけて(フタをして)、固める(焼く)という行程です。原理的には同じと言いましたが、ナノメートルレベルの精度が要求されます。
(*9)約束された世代交代
 コンピュータの世界では”ムーアの法則(集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18~24か月ごとに倍になるという経験則)”があって、急速に技術革新が進んでいます。
(*10)ニンテンドーは織田信長で・・・
 ニンテンドーは新しいマーケットを開拓したので織田信長とか、SONYは既成の市場をひっくり返したので、薩長連合とか。おぢさんの数だけパターンがありそうです。


« 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) | トップページ | お正月のリース(夏子の酒/稲穂) »

ゲーム」カテゴリの記事

経済の本/DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/43572558

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム機戦国絵巻(日本を変えた10大ゲーム機/もみじまんじゅう):

« 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) | トップページ | お正月のリース(夏子の酒/稲穂) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ