« ブログを始めて1ケ月になりました(ブログをつくりたい!/2001年宇宙の旅/デイジー) | トップページ | 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) »

巣ごもりにお勧め(銀河英雄伝説/黄色い薔薇)

巣ごもり(*1)にお勧め

Photo
写真はSozaiRoomから



【本】銀河英雄伝説(田中芳樹 徳間デュアル文庫他)
 銀河帝国の常勝”ラインハルト・フォン・ローエングラム”と、自由惑星同盟の不敗の魔術師”ヤン・ウェンリー”の戦いを軸に、フェザーン自治領主”アドリアン・ルビンスキー”を加えた宇宙SF版三国志(*2)。
【花】黄色い薔薇
 Wikipediaによると、バラが歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』だそうですが、黄色い薔薇は比較的新しく1900年とのことです。

 明日、26日は私の会社の仕事収めです。今年は9連休ということで、長い休みに最適な本ということで、”銀河英雄伝説”の紹介です。

 銀河英雄伝説は、田中芳樹原作で、上記の説明に”宇宙SF版三国志”とありますが、”赤壁(レッドクリフ)(*3)”ブームの中、SFという固定概念をはずせば、SFファン&三国志ファンの両方楽しめる一粒で二度おいしい小説です。それもそのはず、田中芳樹は中国の歴史物も数多く執筆しており、”SFはどうも・・・”という中高年の方はそちらをどうぞ。

 本編が文庫本で20冊、外伝が9冊となかなかに読み応えのあるSF小説で、1日に3冊ずつ読んでも10日は十分楽しめます。ちなみに原作にほぼ忠実にアニメ化もされており、劇場版アニメ3作、OVA本編110話、外伝52話とこちらも大量。24時間ぶっと~しで見ても、まる3日もかかります。ガンダムじゃあるまいし(*4)。

 さて、これだけ長い小説だと花の話題にも事欠きませんが、今回は帝国軍を代表して、ウォルフガング・ミッターマイヤー元帥のエピソードを。
 ”疾風ウォルフ(ウォルフ・デア・シュトルム)”の異名を持つ良将ですが、お父さんは造園業者との設定。その割には花言葉に疎く、奥様のプロポーズに”黄色い薔薇”を持っていくお間抜けなところがあります。”黄色い薔薇”の花言葉は”変わらぬ友情(*5)”。今なら、”家族割しましょう”と口説く時に”ただともがいいね!”言っているようなもの(*6)。世のお嬢さん方も、プロポーズのお断りに、胸ポケットに黄色い薔薇を挿すぐらいのセンスは欲しいものです(まあ、男性から見れば断られるには変わりありませんが・・・)。ちなみに、ミッターマイヤーはプロポーズを受けてもらって、ちゃんと結婚しています。

  ”読んでから見るか、見てから読むか(*7)”ですが、活字中毒者は原作から、アニメ、クラシック派(*8)はアニメ版からが良いです。

 小説版は2007年から創元SF文庫版(カバーイラストは星野之宣)が出ていますので、こちらが入手しやすいですが、アニメ版と両方見たいのであれば、徳間デュアル文庫(カバーイラストはアニメと同じ道原かつみ(*9))がお勧め。中古でよければAmazon.com他で入手可能です。

 ”無人島に持って行きたい本”という質問がありますが、私はためらわずこれです。

《脚注》
(*1)巣ごもり
 本来は鳥などが巣にこもっていることですが、転じて休みなどに家に閉じこもってすごす事。不景気の産物。無職の人がやると”引きこもり”になります。
(*2)三国志
 曹操(魏)、孫権(呉)、劉備(蜀)の三国が争覇を争って戦う中国古典にして、水伝に並ぶ人気のある物語。私は吉川英治版(講談社)で読みました。
(*3)赤壁(レッドクリフ)
 Mission: Impossible Ⅱの ジョン・ウー監督により映画化。長江の赤壁での総力戦を描く。三国志のもっとも盛り上がるエピソードのひとつ。。
(*4)ガンダムじゃあるまいし
 CSのアニマックスがアニメ”機動戦士ガンダム”を2009年1月1日0時~21時30分まで全43話を一挙に放映すること。放映する方もいい度胸してますが、見る方もそれなりの根性が必要です。
(*5)変わらぬ友情
 ほかにも”不貞”、”嫉妬”もあるようです。どれにしてもプロポーズ向きではありませんね。
(*6)”家族割しましょう”と~
 ソフトバンクのサービス。CM、白戸家の”兄フラれる”編をご参照
(*7)読んでから見るか、見てから読むか
 角川映画の第二作『人間の証明』(1977年)のキャッチコピー。日本のメディアミックス(小説、映画、テレビなど異なるメディアの組合せ)の代表的な成功例。当時の角川春樹はプロデューサとしての天才性を遺憾なく発揮しています。
(*8)クラシック派
 BGMがほとんどクラシック。マーラ、ラヴェル、ワーグナーなど、クラシックの名曲が綺羅星のごとく出てきます。
(*9)道原かつみ
 漫画家。道原かつみ版のコミックもあります。ただし、アドリアン・ルビンスキーは色っぽいおねえさん。後半の展開をどうするつもりでしょう?


« ブログを始めて1ケ月になりました(ブログをつくりたい!/2001年宇宙の旅/デイジー) | トップページ | 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) »

小説」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528774/43530397

この記事へのトラックバック一覧です: 巣ごもりにお勧め(銀河英雄伝説/黄色い薔薇):

« ブログを始めて1ケ月になりました(ブログをつくりたい!/2001年宇宙の旅/デイジー) | トップページ | 巣ごもりにお勧め(続き)(銀河英雄伝説/赤い薔薇) »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ